スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←彼女が帰ってきた 6 →彼女が帰ってきた 8
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【彼女が帰ってきた 6】へ
  • 【彼女が帰ってきた 8】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
彼女が帰ってきた

彼女が帰ってきた 7

 ←彼女が帰ってきた 6 →彼女が帰ってきた 8
 時間を少し戻して、十二時仁川空港到着の飛行機の中に、コ・ミニョは乗っていた。
 懐かしい韓国の地に降り立つまであとちょっと。
(ヒョンニム! 私、帰ってきました!)
 ミニョは思い切り、そう叫びたい心境だった。
 髪の毛も伸び、女の子らしい格好をしたミニョは、どこから見ても女の子にしか見えない。髪にはテギョンにもらったピンが挿してある。
 ミニョの帰国が決まったのは二週間も前だった。チケットの手配に時間がかかり、少し遅い帰国となった。
 そのことをまずテギョンに知らせようとしたが、仕事中だったテギョンは携帯の電源を切っていて、繋がらなかった。ミナムが一人別行動の仕事だったこともあり、電話は先にミナムに繋がってしまった。
「お兄ちゃん? 私、帰国が決まったのよ」
「ホントか? 良かったなあ。いつだ?」
「来月の18日のお昼の便で着く予定なの」
「来月の、18日?」
 ミナムの声が急に小さくなった。
「どうしたの、お兄ちゃん?」
「いや、何でもない。もう、テギョンには知らせたのか?」
「まだよ。どうして?」
「じゃあ、俺以外、誰にも知らせるな」
「どうして? ヒョンニムには知らせないと」
 ミニョはびっくりした。一瞬、ミナムとテギョンの仲が悪いのかと思ったからだ。
「お兄ちゃん、ヒョンニムのこと嫌いなの?」
 何かを勘違いしているミニョがミナムにはおかしかった。
「違うよ。ただ、その日は大切な用があるから、二人で行きたいところがあるんだ」
「二人で? どこに?」
「それは、帰ってからのお楽しみだ」
「うん。でも、ヒョンニムには伝えたいな。ダメ?」
「ダメだ。あいつには俺から話しておくから、お前からは一切しゃべっちゃダメだからな」
「うん……」
 ミニョはテギョンを騙すようで気が引けた。やっぱり一番に知らせたかった。
「ごめんな、ミニョ。でも大事な用だから」
「分かった、お兄ちゃん」
 渋々承諾したものの、それからテギョンから電話がかかるたびに、電波の悪いフリをしながら(ホントに悪いときもあった)何とかごまかした。
 空港には兄のミナムが迎えにきてくれているはずだ。
 飛行機が仁川空港に着いた頃、ちょうどミナムも駐車場に着いていた。
「ちょっと、まさか、空港の中まで迎えに行く気なの?」
 ユ・ヘイは大きな帽子に大きなサングラスをかけて顔を隠しているが、ミナムは小さめのサングラスだけだ。
「当たり前だろ? 可愛い妹が帰国してきたんだぞ」
「ふん! 可愛い妹ね。じゃあ、一人で迎えに来ればよかったでしょ!」
 ユ・ヘイは唇を尖らせて、むくれた。
「俺はバイクしか持っていない。バスでミニョを迎えに行けばよかったとでも言うのかよ?」
「そうすればいいじゃない。さぞかし大騒ぎになったことでしょうね。早速、ネットに載るわよ」
「ヘイ。何、拗ねてるんだよ」
「ちょっと! 私は拗ねてなんかいないわよ!」
「分かったよ。確かに空港の中まで迎えに行ったら騒ぎになるから、ここで待つよ。それならいいだろ、お姫様」
 機嫌を崩したユ・ヘイを宥めるときに有効なのが、「お姫様」と呼ぶことだ。
「まあ、いいわ。仕方ないわね」
 ミナムはミニョの携帯にメールを送った。
『駐車場で待っているから、おいで。ただし帽子とサングラスで顔を隠すように』
 そのメールを見たミニョは、慌ててカバンから帽子とサングラスを取り出した。
(お兄ちゃんと同じ顔を見られたら、大騒ぎになるわ!)
 ミニョは帽子を深く被ると、大きなトランクを持ってゲートをくぐり、空港の駐車場に向かった。
 慌てていたため、ミニョは携帯の電源を無意識に切ってしまった。



 すみません。なかなかテギョンと出会えません(泣)
 あと2話ぐらいで、ラブラブモードに突入できたらなって思っています。

 頑張りますので、1ぽちいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【彼女が帰ってきた 6】へ
  • 【彼女が帰ってきた 8】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【彼女が帰ってきた 6】へ
  • 【彼女が帰ってきた 8】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。