スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←彼女が帰ってきた 10 →彼女が帰ってきた 12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【彼女が帰ってきた 10】へ
  • 【彼女が帰ってきた 12】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
彼女が帰ってきた

彼女が帰ってきた 11

 ←彼女が帰ってきた 10 →彼女が帰ってきた 12
「今日、帰国することをお前に伝えないようにミニョに言ったのは俺だ」
「お前! 何で、お前がそんなことする権利があるんだよ!」
「兄だから」
 しれっとミナムは言った。
「!」
「って言うのは冗談で。本当は、ある理由からなんだよ」
「さっきから、理由があるって言ってるけど、その理由って何だ?」
「……母さんの、墓参りだ。今日が命日なんだよ」
「!」
 テギョンは驚いて、ミナムの顔をじっと見つめた。
「ミニョの帰国と、母さんの命日が重なったんだ。それなら、二人でそっと母さんの墓参りに行こうって考えて。だから、帰国することは俺以外には教えないようにってミニョには言ったんだ。言えば、お前のことだから絶対、空港まで迎えに行くだろうし、そうなれば静かに帰国って訳には行かないだろ」
「……そうだな」
 ミナムの言う通りだと思った。テギョンが空港に現れれば、すぐに騒ぎになるし、記者やテレビ局も駆けつけるに違いない。
『世紀の大告白から半年! ファン・テギョンの恋人、帰国か!?』
 なんて、大々的に騒ぎ立てるに決まっている。そうなれば、静かに墓参りなんてできる状況じゃなくなる。
「だから、お前には知らせずにいたんだ」
「だったら、何で今日ここに俺を呼んだんだ?」
「それは……」
 ミナムは少し考えてから言った。
「母さんに会ってほしかったからだ」
「…………」
「お前の母親のことはミニョから聞いている。お前の母親のせいで、母さんが俺たちを一人で産んだことも、その後亡くなったことも。訊いたとき俺は、絶対お前の母親を許さないって思った。母さんを死に追いやったお前の母親に俺は憎しみさえ感じた。ミニョも同じだと思った」
「…………」
「でもミニョは、お前の母親を許した……。そして、お前への愛も貫き通した。ミニョがアフリカ行きを決めたのは、お前を忘れるためだと思ってた。でも、違ってたんだ。忘れるためじゃなく、お前のためだった。自分が側にいると、母親のことを思い出し、お前がつらいんじゃないかと思ったそうだ。お前にこれ以上苦しんでほしくない。そのためには、自分が姿を隠すしかない。どんなに愛していても、お前が苦しむ姿を見るくらいなら、自分が苦しんだほうがいいってな。……バカだよな」
「……あいつらしいよ」
「はっきり言って俺はお前が好きじゃない。ミニョを幸せにできる奴だと思わないからだ。でも、ミニョはお前が好きだって言うし、お前もミニョを愛してるって言う。俺はこの半年間考えた。どうしたら、お前を許せるだろうかって。そして、思ったんだ。母さんの墓参りをして、それで決めようって。だから、今日、お前を呼んだんだ。お前にも、母さんの墓参りに付き合ってほしいからな」
「俺にも?」
 テギョンは驚いた。一生かかっても、ミニョたちの両親の墓参りには行けないだろうと思っていたからだ。自分の母親のしたことを思えば当然だし、行ける身ではない。
「どうするか決めるのはお前自身だ」
「…………」
 自分が行っていいのかとテギョンは迷った。
「お兄ちゃん……」
 いつの間に戻ってきたのか、ミニョが飲み物を抱えてそこに立っていた。



どうでしょうか? ミナムの心情を書いてみました。
読みにくくなかったでしょうか? 書きながら、アレコレ
考えちゃいました。
よろしければ1ぽちお願いします。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【彼女が帰ってきた 10】へ
  • 【彼女が帰ってきた 12】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメントをくれた方へ

コメントありがとうございました。
嬉しくて、コメントを読みながら泣いちゃいました。
更新するたびにドキドキしながら、喜んでもらえるかなって、
思っています。
頑張って楽しいお話、ドキドキするお話を書いていきます。
これからもよろしくお願いします。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【彼女が帰ってきた 10】へ
  • 【彼女が帰ってきた 12】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。