スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←バレンタインコラボ企画!!  バスケットに愛を込めて 前編 →賽は投げられた 10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【バレンタインコラボ企画!!  バスケットに愛を込めて 前編】へ
  • 【賽は投げられた 10】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

コラボ企画

バレンタインコラボ企画!! バスケットに愛を込めて 後編

 ←バレンタインコラボ企画!!  バスケットに愛を込めて 前編 →賽は投げられた 10
「オ・・オッパ・・」
ミニョは、急に怒って階段を上がってしまったテギョンに、
  どうしたらいいのか・・眉を思いっきり下げると・・

口元へと手を当てた・・。

テーブルの上には、
  まだ、つい今まで食べられていた料理の後の、食器だけが残り・・

その食器だけを見ても、
テギョンが、
  ミニョの手作りした料理を、とてもキレイに、
    丁寧に食べつくしてくれたことが窺えた。

ひゅん・・・

ミニョの胸が、
  まるで高いところから急に落とされたかのように締め付けられ・・


どき・・
  どきん・・どきん・・・

いつもより、やや早く感じる胸の音を感じつつ、
    苦しく締め付けられるような胸に手を当てると・・

 
ミニョは、
  もう一度、階段の方を見上げ、

テギョンを・・どうしていきなり怒らせることになってしまったのか、考えた・・。
・・・今日はバレンタインデイなのに・・・

後で渡すときに出して、驚かせようと、
   チョコの入ったバスケットを隠している、戸棚へと目をやった・・。
 
オッパへの気持ちを大量に・・
         詰め込んだのに・・・ (ウン(・▽・)
                        ちょっと、間違ってるかもだけどね・・(笑))
どうしていつも、
   肝心なときに、うまくオッパを喜ばせてあげられないんだろ・・
 ・・・こんな日に、怒らせちゃうなんて・・
       
すでに・・
   ミニョの頬は淡い桃色に染まり・・

目は、
  とろんとしてきていた・・。

・・・ミニョのばか・・
   オッパを怒らせちゃうなんて・・・

そればかりが考えの大半を占め・・

   肝心な・・(そう肝心な・・)なぜ、テギョンが怒ったのか・・に、
 たどり着けない・・。 (まさに・・そのチョコ・・なのに・・)


恋人にとっては、愛 を確認し合う大事な日でもある、バレンタイン。

ミニョは、
    ニ階を見上げると、

姿の見えないその距離に・・

ずっと・・遠く感じるその距離に・・

胸が、きゅ・・
       痛くなり・・
きゅっと・・
        桃色に染まる、頬の下、口許を尖らせると

  立ち止まっていた足を
    チョコの入った戸棚の方へと・・進めた・・

~~
ち。
  ミニョの奴・・・

テギョンは、
  ピシッとしわ一つない、襟元と、胸元にあるポケットに
           紺と赤のラインの入ったチェックのシャツの

首元にある、ボタンを数個、緩めた。

顔が熱く、
   なんとなく、ふらつく足元・・


ミニョを思い浮かべながら睨む目もとも・・
    どことなく、とろんと鈍い感じが見て取れる・・


 そんなことは自身では気づきもしないテギョン・・

ミニョの動作、言葉のひとつひとつに
   チョコはまだかとドキドキわくわくしていた自分を思い出し・・・

そのあとに・・
   
       「オッパ、大丈夫ですか? もう、寝ましょう」
そう言った、
    ミニョの心配そうな顔が、思い浮かべると、
一人、わくわくしていた自分が
             みじめな気がした・・

「・・・寝ましょう・だと・・・!??」

テギョンが、
   さも信じられないとばかりに、大きめな声で、呟いた。

「俺への愛を表すチョコ・・も渡さずにか!??」
目を細めながら、
   顎へと手を当てたテギョン・・

いらいらと落ちつけない胸の奥から湧き出る渦を
   どうしようもなく感じると、

右へ左へと・・
   その足を止めることなく動かした後・・

ふと・・
  その足が止まった・・・

目を一瞬横へと動かし・・考えた・・
   と、思ったら・・

その目を大きく見開き・・
    口までもが、驚くように、開いた・・

・・・もしかして・・
   寝ましょう・・と言ったのは・・・

 今日こそ・・・一緒に・・・
    その・・
        なんだ・・

俗によく言う、
   『プレゼントはわ・た・し♪』・・・てやつなのか・・・
                (すでに酔ってるからね(笑))

どくん・・
  どくん・・・

心臓が、大きく鳴る・・

いくらミニョでも、
   このバレンタインというビッグイベント・・

ワンコーディか、ヘイか・・
     入れ知恵をされたにちがいない・・  (すでに断定・・(笑))

全身が、心臓になったのではないかと言うくらい、
   全身に響く心臓の音に・・

もはや・・
  テギョンの考えはまひしてしまったようだった・・

首をひねると・・
   普段よりも鋭さの欠けた・・少しとろんとした目を細め、

もう一度、考えなおすかのように、
   腕を組みながら、片方の手で顎を軽く押さえる。

・・・そうだ・・
  朝も・・早く帰ると言った俺に目も合わせず、
      何か意識しているようだった・・

ちらちらと、
   ジュースを飲みつつも、テギョンの様子を赤い顔で、見つめるミニョ・・
(注:テギョンの目線で、お伝えしています・・)
                           (赤い顔・・それは・・アルコールのせいでは・・)
「オッパ?」
「ん? どうした?」
「どうしたって、大丈夫ですか? 何だか目がとろんとしてますよ」
なぜだか、
    そわそわした様子で、心配そうだった・・

「とろん? んなワケないだろ。大丈夫だ! それより、もっと飲むぞ!」
「まだ飲むんですか? もう、やめたほうがいいですよ!
(その後もあるんですから・・酔っちゃうと・・・)」
どこか・・
   目もとが潤んでいた気がする・・

そうか・・!!!

   そういう・・ことか・・!!???
           (心の言葉まで改ざん疑惑・・!!!)


「いいや、まだ飲む(チョコをもらうまではな!)」
 
言いながらグラスにシャンパンを並々注いだうえ、
    それを一気に飲んだから・・

ついにミニョは・・・・

「オッパ、大丈夫ですか? もう、寝ましょう」

ミニョなりに・・
   そのまま言ったということか・・・!!!

「いいや、まだだ! ミニョ、お前、何か忘れてないか?」
「忘れ物、ですか? いいえ」
 それがチョコのことだと思わないミニョは頭を振った。

恋人にとっては、愛 を確認し合う大事な日でもある、バレンタイン。

忘れ物などない・・
   バレンタインに贈るのは、
      愛だ!!

チョコとは。。決まっていないはずだ・・!!!
                         (どどーーーーん・・・効果音・・)
目を見開いたテギョンの・・
    結論が・・出てしまった・・・

俺はバカだ・・
  そうとも知らず・・こんなにもシャンパンを飲んで・・

そう、考えたテギョンが慌てて、
   部屋にある、小さな冷蔵庫から、水を取り出すと、

それを一気に・・
   飲んだその時・・・


とんとんとん・・
  
扉が、控え目な音でノックされた・・


どく!!!!!

テギョンの心臓が・・
     大きく跳ね・・

ばっ!!!!

なぜだか急いで、
   いつものベッドへともぐりこんでしまった・・

「オッパ・・?」
そっと、ミニョが入ってきた・・

「眠ってしまいましたか・・?」

こっぽりと、
   ミニョの方へと背を向けて、布団をかぶるテギョンへと
そっと聞くミニョ・・

しまった・・
   目をぎゅっとつぶりながら・・
             テギョンは思った・・

眠ったふりをしてしまったら・・
  せっかくの機会を・・・

そうは思ったが・・
   
一度ベッドで眠ったふりをしてしまった手前、
   「実は起きています」
とも出て行き辛い・・

くそ・・

考えなしに行動してしまったことへの後悔で
    その顔を歪めたテギョン・・
布団をかぶる形で、
  その身を潜めていると・・・

ぎし・・

テギョンのちょうど、背中あたりに、
     ミニョがベッドへと上がった揺れを、感じた。

・・どっくん・・
   どくん・・
どくん・・・

テギョンの心臓が痛みを感じるくらいに響き、
   その振動がミニョへと伝わらないか、不安にすらなるくらいだった・・

「オッパ・・?」

そっと、
  横を向いて布団をかぶるように眠ったテギョンの
       肩へと手を乗せたミニョ・・

「こんな日に・・
   ごめんなさい・・」
ミニョの、悲しそうな呟きが・・
    聞こえてきた。

見開いていた目を
    そっと横目で後ろに感じるミニョへと移すテギョン・・

「私はなんでこう・・
   うまくオッパに喜んでいただくことができないんでしょう・・

いつもいつも・・
   迷惑ばかり・・・。
せっかく用意したのに・・

すん・・
   すん・・」

泣いているのか・・
   鼻をすするような音の聞こえたテギョン・・

ぎょ!!!
慌てて、その目をまた見開くと・・

う・・うぅんっ・・
     ごほ・・ごほ・・
わざと・・・・

咳ばらいをした。

「オッパ?」
背中に聞こえるミニョの声・・・

「・・・俺に・・・何か・・
   用意したものがあるんだろ・・?」
まだ
  その顔を布団にもぐらせたまま・・
ミニョへと背を向けて聞いたテギョン。

「は・・・ハイ!!!」
ミニョが、
   はっきりと、そう言った・・

どくん・・
   どっくん・・

寝ころんだテギョンの喉元までも
   その心臓は出てきそうなほどに騒ぎ・・・

ご・・くん・・

飲みこめない息を
    無理やりのみこんだ・・。

「あの・・」
言い辛そうにするミニョの目の前に・・・

す・・

テギョンが起き上がって振り向いた・・・
   
今にも泣きそうに、
   目を潤ませて、少し、どこかとろんとした目をしたミニョ・・



眉をやや下に下げ、
   その目を見上げるように、テギョンへと向けた・・

ふん・・
 その愛しさに・・
    抱きしめたくなるような、可愛らしさに・・・

自身の衝動を抑えると、
  つい、弛む口許を少し、あげながら、

「なんだ?」
テギョンが、意地悪そうに、
   そう聞いた・・。

ミニョの答えを聞く前に・・
テギョンが・・
  ミニョの頬へと手を置き、
      その唇へと・・テギョンのそれを近づけようとした

・・・とき・・・

「こ・・これ・・・」

ミニョが、
  その背中から、
   大きな白のレースが可愛くあしらわれた少し大きめのバスケットに

溢れんばかりに・・
   いや、むしろ溢れた分まで、飾り付けるというより、
     押さえつけるために、先に、赤いリボンのついた、
包まれた透明のラップの中に入ったチョコを・・・

テギョンに手渡した・・

口・・づけようとしていたテギョン・・

「は・・?」
テギョンの目が。。。
    ぱちくりと・・見開かれた・・・

「オッパ・・
   いつも、ありがとうございます♪

本当に・・
   大好きです!!!!」
頬を赤らめて・・
     ミニョが笑った・・

ひく・・ひく・・

テギョンの笑顔が引き攣る。。。

さっきまで、あんなにも待ちわびていたチョコ・・
   それも・・・こんなにも大量の・・

「あ・・あぁ・・」
テギョンが、
  チョコへとその目を向けてそう・・答えたとき・・

ちゅ・・

テギョンの頬に・・
   柔らかい、ミニョの唇の感覚が・・・

!!!!

テギョンがミニョへと向いたとき・・
 
すでに・・
   ミニョは・・

こてん・・・

テギョンの横で、眠ってしまっていた。          

「オッパ・・
   だいすきです・・」
眠りながら、
   呟くミニョ・・

!!!!
自身の・・
  買ってきたシャンパンをひどく後悔したが・・

その寝顔に・・
やや、自嘲気味に笑うと・・
   そっと、ミニョの唇へと、何か・・呟きながらキスをした・・。

~~
次の日・・
 事務所にそのバスケットはあった・・

「ねェ!!あれ!!
   自慢!??自慢なの!!???」
ジェルミが、
  フードを頭までこっぽりとかぶり、
    ネックウォーマーをその口許を隠すように持つと、
さも、悔しそうに叫んだ。

はは・・
   笑いながら、シヌがジェルミの肩へと手を置いた。

「なんだよ・・
   うらやましいか・・?
溢れるくらいの俺へのミニョの気持ちだからな♪」
椅子へと長い脚を組みながら
   口へとチョコを放り込むテギョンはいつもに増して得意げで・・

すると・・
  いつものように、少し、遅れて入ってきたミナム。

じろりとそんなミナムを睨んだジェルミ・・

「お前も国民の妖精ユ・ヘイから、
   どうせ溢れんばかりの気持ち♪もらったんだろ・・」
ヘイのマネには到底思えない、
   丸い目をぱちぱちさせながら、
      両手を可愛く組みつつ、最後は白けたように言うと

「・・いや・・?」
ミナムが、
   きょとんとした顔で、そう答えた。

そして、
  あぁ・・♪とばかりに、テギョンのバスケットチョコへと目を向けると・・

「俺も、とろけた生チョコは
     1つ、もらったけど・・・」
にやりと笑って言った。
その言葉に、ミナムへと顔を向けた3人・・
「とろけた生チョコ1つ?」
ジェルミがごくり・・その喉を鳴らして聞くと
「あぁ・・♪」
ミナムが笑った。

「濃厚な生チョコを1つ・・」
  ミナムが、またも、ジェルミへとん~っと唇を突き出してキスをしようとした。

!!!!!!

3人が、
  ほぼ同時に、目を見開いた・・

「チョコは1つだけど・・
 
 愛情表現はひとつじゃないからね・・」
軽く、呟きながら
  暖かい部屋に、その首へと巻いていたマフラーを外したミナム・・


!!!!!!!!!!

3人が・・
   絶句した・・・

そのミナムの首元に散らされた・・
   赤い点・・点・・・

テギョンが、
   真っ赤になった・・

・・・その日・・・
ミナムへのテギョンのいつもに増して、厳しい集中攻撃が続いたのは。。
   ある意味・・
      仕方のない話・・

・・
その日も、
   いつものように、ミニョの待つ家へと帰ったテギョン・・

「おかえりなさい♪」
笑って、出迎えたミニョに
  ふてくされるかのように、その唇を尖らせると・・

目を細め、
  まだ、大量に余ったチョコをミニョへと見せた。

「皆さんと一緒に
     食べたんですか?」
聞くミニョに
「お前の気持ちを分けられるわけがない。」
そっけなく答えたテギョン・・

やっぱり・・
  多過ぎたかしら・・

テギョンの表情を窺っていたミニョを横目で見ると・・

「だから・・・

   お前も手伝え・・」
そう言って
   テギョンの口へと放り込んだチョコを・・

ちゅ・・・

ミニョへと、渡した・・

ん!!!!

驚いたように目を見開いたミニョ・・

「こっちの方が数倍うまい。」
テギョンが笑いながら、
    もう一度・・ミニョの口の中にとろけたチョコを・・味わった・・。

「これがなくなるまでは・・
   こうやって食べるのを手伝うんだぞ・・」
テギョンが意地悪そうに・・笑った・・

こ・・くん・・
目を見開きながら、
   茫然と頷いたミニョ・・に

また、笑いながら
  その唇についた、茶色いチョコを
     優しく舐めた・・。

まだまだバスケットに大量に残る、ミニョの気持ち・・

このチョコがなくなるころには・・・

  どきどきと、止まらない心臓と
     甘い甘い、口づけ・・
~~
「俺も・・
    愛してるから・・

いつか・・な・・。」

テギョンが、眠るミニョへとつぶやき・・
   そっと・・キスをした・・。





おはようございます。きゃあーーーーーーー!!!
どうでしたか? キュン死にしちゃいましたか?
私は・・・・しちゃいました。
あんな私のお話が、のあさんの手にかかると、こんな可愛いお話に。
ブログやってて良かったです
朝からテンションが上がりっぱなしで、最高です。
このままの気持ちで、仕事に行きます。

ちょっと昨日の晩にフライングしてお話更新しちゃいました。
もし、見ちゃった方、どうも、すみません。
忘れてください
今日が本番です。

今日も一日、みなさんにとっていい日でありますように。

いってきまーす
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【バレンタインコラボ企画!!  バスケットに愛を込めて 前編】へ
  • 【賽は投げられた 10】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます

おはようございます。
お二人の素敵なコラボ!!
キュンキュンしちゃいました☆
次回のコラボはホワイトデーでしょうか??
本当に素敵なお話ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

さすがバレンタイン。

さすがバレンタイン、とお酒の力!
テギョンの妄想がそこまで行くとは・・・。
やはり欲求不満ですかね・・・(^-^;
これから山のようなチョコキスを毎日し続ける二人を想像すると、とろけてしまいそうです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは。

読ませていただきました!
のあさんとのコラボすばらしいです。
こちらの後編はのあさんらしさが出ててキュンキュンなりましたよ~!
のあさんの方にも、おじゃましてきましたが、あちらもすばらしい後編になっててよかったです。
なつさんが描く、バレンタインコラボのテギョン、かなりウケました。
ミニョの前だとこんなになっちゃうよね。うん。うん。って感じで・・・。
のあさんのテギョンの妄想の暴走もすごいですが(笑)
最後はラブラブで・・・♪ふふふ・・・。

次回はホワイトデーのコラボなんて催促しちゃいます。
お二人とも、息ぴったりなので楽しみにしてますよ^-!なんてね♪

こんにちは♪

バレンタインコラボ、ありがとうございましたぁ!!!!!
のあの作品の後編byなつあおいさん・・もう、だいっすきなテギョンの要素がふんだんにちりばめられ、すっごいお気に入りの作品になりました!!!きゅんきゅん死ですよ!!(笑)もう最強♪

いろいろメールのやりとりも楽しかったですし・・むふふ♪それに、迷惑をかけた点でも、大変失礼いたしました!!!

なつあおいさんのブログに載せていただけて、
ほんっとに、感激&申し訳ないくらいです・・・!!!!

ほんと楽しかったので、また、企画させてくださいね♪

なつあおいさん、大好きです!!!!
のあの愛も受け取ってくださいね(笑)ふふふふふ♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ばっきゅ~ん!!!

きゅんきゅんきゅんきゅ~ん!!!!!
お2人最高です♪
今日ぐんちゃんに会ってきたばかりだから・・・
更にきゅんきゅんです~!!!!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

キュンキュンです!

こんにちは^^
キュンキュンですね!!もう大満足です!!!
お話の中の、のあさんのツッコミ!キュン死ならぬ笑い死になりそうでした…あぶなかった…(笑)
最後はきっちりキュンキュンで締めて、もう大満足!お腹いっぱいです!
またコラボ企画があることを期待してます!!!

お二人にキュン死です♪

素敵なバレンタインコラボ企画ありがとうございました~!!!
もう、なつあおいさん、のあさん、お二人にキュン死しました(笑)
ストレートテギョンと妄想テギョンどちらも最高~d(^O^)b
ミニョの可愛い天然もツボです(^m^)
頭の上で花火あがってま~す☆
どどーーーーん・・・効果音・・・←(爆)でした^^

次はホワイトデーでしょうか!?
イベントのたびに期待しちゃいます・・・(^m^)

 



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

甘~いKISSをいっぱい!

テギョン君の期待もむなしく,やはりミニョからは文字通り,いっぱいのチョコと可愛いほっぺへのチューでしたね。
でも,KISSならもう遠慮なくじゃんじゃんできるのですから,甘~いチョコチューを毎日するのも楽しみでしょう。
チョコがなくなる頃には「いつか」がやって来るはず・・・。ラブラブですねぇ。
お二人のコラボ企画,どちらも甘~いチョコチューで,楽しませてもらいました。
キュン・キュン,ロマンチックバレンタインをありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: まゆ6・2さん

おはようございます、まゆ6・2さん。

お返事が遅くなって、ごめんなさい。
ステキなお話ですよね。
私のあのお話をこんな可愛くて、甘~いお話に
のあさんが変えてくれて、ほんとに感謝です。
私も今すぐにでも、韓国に飛んで韓国男性と
付き合いたいです。
旦那は・・・・どうしましょう?

Re:もぐもぐさん

おはようございます、もぐもぐさん。

お返事が遅くなって、ごめんなさい。
ありがとうございます。のあさんのお話は
ステキだったでしょう?
私は何度読んでも、顔がニヤけてしまいます。
また、コラボしたいなって思ってます。

Re: 水夢さん

おはようございます、水夢さん。

お返事が遅くなって、ごめんなさい。
可愛いですよね、この二人。
昔の自分を思い出します。
いつか、このチョコが(多分すぐでしょうね。テギョンが
意地になりそうだから)全部なくなったら、
そういう日もきますね。

Re: ぼくちゃんのママさん

おはようございます、ぼくちゃんのママさん。

お返事が遅くなって、ごめんなさい。
のあさんの書いてくれたお話はキュン死にでしたね。
あんな、甘いことされちゃったら、ミニョじゃなくても、
ドキドキしちゃいますね。
チョコ味のキス・・・・願望ですv-10
あ、旦那とじゃないですよ。もちろん、テギョンと。
ホント、二人には毎日が記念日ですね。

Re: みかんママさん

おはようございます、みかんママさん。

お返事が遅くなってしまい、本当にごめんなさい。
携帯から見ると、まさか、途中で切れてしまうなんて知りませんでした。
だから、のあさんはいつも携帯用を書いてるんだと、分かりました。
本当にごめんなさい。
こちらこそ、ご迷惑をおかけしました。
また、わざわざ機種変更までしてもらったなんて・・・・申し訳なくて、
何も言えません。
今後はこんなことがないように気をつけます。
これに懲りずに、遊びに来て下さいね。

Re: 湊さん

おはようございます、湊さん。

お返事が遅くなって、ごめんなさい。
のあさんに手によって、可愛くお話が完結しました。
私だったら、こんな可愛いお話には仕上がらなかったので、
ホントによかったと思っています。
山のようなチョコ。二人できっと存分に味わいながら、
食べるんでしょうね。
って、味わうのはテギョンだけ?

Re: みうさん

おはようございます、みうさん。

お返事が遅くなって、ごめんなさい。

キュン死にしちゃいましたか? やっぱりですね。
私も何度もしてるんで。
甘い! 甘すぎる! チョコよりも甘いって宣伝文句つけたい
ぐらいです(笑)
要注意:鼻血が出ます。
・・・とか(笑)

Re: マーガレット7さん

おはようございます、マーガレット7さん。

お返事が遅くなってしまい、すみません。
ありがとうございます。コラボが成功して、すごく嬉しいです。
のあさんに仕上げてもらったお話がすっごく可愛くて、甘くて、
ホントバレンタインにぴったりです。
また、コラボしたいと思います。

のあさんの書いてくれた後編の最後は、

テギョンが、眠るミニョへとつぶやき・・
   そっと・・キスをした・・。

ですが、もしかしたら、PCからじゃなく、携帯から読んでますか?
もし、そうだったら、最後が読めない可能性があります。
他の方にご指摘をいただいたのですが、それは本当にごめんなさい。

Re: ぴっぴ!!さん

おはようございます、ぴっぴ!!さん。

お返事が遅くなって、ごめんなさい。
バレンタインって言ったら、みんな甘くなっちゃいますよね。
チョコの甘さに加えて、ラブラブですからv-402
お話を読んじゃうとさらに甘くなっちゃうという。
私も朝からおかしいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ainareさん

こんにちわ、ainareさん。

お返事が遅くなって、ごめんなさい。
キュン死に続出ですね。
のあさんの甘~いお話はやっぱりいいですね。
読んでて、顔がニヤけちゃいます。
私は、旦那にあげてません。変わりにお客のお爺ちゃんが
「食べなさい」ってチョコをくれました。
美味しかったです(笑)

Re: りくさん

こんにちわ、りくさん。

お返事が遅くなって、ごめんなさい。
私のあんなお話がこんなに甘~いお話にデコレーションされちゃいました。
もう、どこから読んでも甘いです。
一人妄想してドキドキするテギョンなんて、可愛すぎて、からかいたくなります。
こんなに甘いテギョンもいいですね。
いつになったら、チョコはなくなるのかな?(笑)

私のお話はお笑いに走ってますね。甘くするつもりだったのに、
テギョン一喜一憂してるし。
ミニョのチョコだったらみんな欲しいでしょうね。
最後にもらうのは、やっぱりテギョンですけど。

私は例年のごとく誰にもあげてません。旦那がもらうチョコも
私のお腹におさまるので(笑)

Re: ちゃこさん

こんばんわ、ちゃこさん。

お返事が遅くなって、ごめんなさい。
キュン死に続出中です。みなさん、のあさんのお話に
ドキューンとやられたみたいですね。
ですよね。私もやられちゃいましたから。
どこから読んでも甘いなんて、金太郎飴ならぬテギョンチョコ?v-410
こんなに甘かったら溶けちゃいます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ファイティンさん

こんばんわ、ファイティンさん。

お返事が遅くなって、ごめんなさい。
キュン死にしちゃいましたか? めっちゃ甘いですよね。
チョコを毎日二人で食べたら、鼻血が出そうですね。
鼻血垂らしながら食べてるテギョンは想像できません(笑)
テギョンに自慢されちゃったら、誰だってジェラシーですよね。
ぷぷぷって感じです。

Re: シンジャさん

こんばんわ、シンジャさん。

お返事が遅くなって、ごめんなさい。
ありがとうございます。
のあさんのお話があまりにもキュン死にしちゃうものなんで、
もう続出ですね。
甘すぎます!! そりゃもう、大福にさらに粉砂糖かけて、
その上にチョコをどっさりかけたぐらいに!!
私のお話はもうギャグ路線?

また、コラボしたいですね。

Re: のあさん

こんばんわ、のあさん。

お返事が遅くなって、すみません。
今回のコラボ企画、誘ってくれてありがとうございます。
すっごく楽しかったです。
お互いのお話を完結させるのって、難しいですが、
それなりに勉強になりました。
のあさんのお話の甘いこと・・・・。
もう、溶けちゃいますよ。

また、今度コラボしましょうね。

Re: dekotinさん

こんばんわ、dekotinさん。

お返事が遅くなって、ごめんなさい。
二人にとっての初めてのバレンタインはやっぱり、
甘く締めくくられますね。
でも、お預けばっかですね。

Re: peroreeさん

こんばんわ、peroreeさん。

お返事が遅くなって、ごめんなさい。
バレンタインっていいですよね。
旦那に初めてあげたときを思い出しました。
あの頃は、ホントに幸せでした。人生バラ色って感じで。
今は、チョコをあげることもなうなりましたが、
あの頃を思い出して、幸せです。

Re: きなこさん

こんばんわ、きなこさん。

お返事が遅くなって、ごめんなさい。
あははは、確かにキスしすぎですね。
でも、いいんですよ。ラブラブな二人には、時と場所は関係ないですから。
まさに、ラブ注入i-175ですね。

Re:まこままさん

こんばんわ、まこままさん。

お返事が遅くなって、ごめんなさい。
ラウンジHに行かれたんですね。生グンソク君を堪能されたんですね。
羨ましいです。
福岡に今度もし来てくれたら、その時こそは、行きたいです!!
甘~いバレンタイン企画でした。

Re: まっきーさん

こんばんわ、初めまして、まっきーさん。

お返事が遅くなって、ごめんなさい。
コラボ企画をしてよかたです。喜んでもらえて、ホッとしてます。
のあさんのお話はキュン死にしちゃいますよね。
甘すぎますから。
チョコを二人で食べあったら、すぐになくなりそうですね。
テギョンが喜びそう。
また、コラボしたいと思ってます。

Re: アリエルさん

こんばんわ、アリエルさん。

お返事が遅くなって、ごめんなさい。
コラボ企画がうまくいってよかったです。
のあさんのお話で完結して、ホントによかったと思ってます。
甘くて可愛いお話ですよね。
テギョンのお返しって何だろう?

Re: まりのさん

こんばんわ、まりのさん。

ありがとうございます。
のあさんの可愛くて甘いお話にキュン死にですね。
これ以上に最高のバレンタインはないですよね。

Re: しいさん

こんばんわ、しいさん。

そうなんですね。生グンソク君はどうでしたか?
訊くまでもないですね、最高! のひと言ですね。
グンソク君に会って、のあさんのお話でキュン死に・・・
最高ですね。

Re: kuriさん

こんばんわ、kuriさん。

ありがとうございます。最高って言ってもらえたら、
嬉しいです。
私もこんなバレンタインはないですが、まあ、いつも無理矢理
ラブ注入してるんで(嫌がられてますが)毎日が、
バレンタイン? ですi-229
なーんちゃって。

Re:sola さん

こんばんわ、solaさん。

お話が長いですよね(笑)
ずーっと書いてるんで、どうしても全部読むのに時間かかっちゃいますね。
確かに、あの笑顔で有名な女優さんが実は裏ではこんな意地悪だったらって
考えたら、面白いですよね。
怖いですけど・・・・。

Re: グリーンさんさん

こんばんわ、グリーンさんさん。

ホント、あれだけのチョコを何日で食べきるつもりなんでしょうか?
テギョンだったら、一日四回、しっかり味わいながら食べそうですね。
そして、二人の甘~い時間・・・・
来年のバレンタインまで待ってたら、テギョン、ホントに
暴走しちゃいますね。

Re: せぶんさん

こんばんわ、せぶんさん。

体調の方は大丈夫ですか? よく聞きますが、
最近流行ってるんですかね?
早くよくなって、元気にヨーグルトムースを作ってあげてくださいね。

私のあんなお話が、のあさんの手によって素晴らしい完結になりました。
もう、甘すぎてキュン死にです。
お酒によって妄想爆走中のテギョン。焦らしすぎて、頭が混乱してるみたいです。
頑張れ、テギョン。未来は明るいよ。

Re: *デジトッキ*さん

こんばんわ、*デジトッキ*さん。

甘~いバレンタインでしたね。
あんな暴走(妄想)気味なテギョンもまたいいですね。
でも、誰だって妄想しますよね。
もしかして??って。
テギョンも男ですから、無理ないです。

Re: さくらさん

こんばんわ、さくらさん。

みなさん、キュン死にしちゃったんですね。
のあさんのお話は可愛くて甘くて、最高ですね。

Re: nanoさん

こんばんわ、nanoさん。

ありがとうございます。
コラボをしてよかったです。
のあさんの手にかかっちゃうと可愛くて甘いお話になりますね。

Re: muyumuyu さん

こんばんわ、muyumuyuさん。

のあさんのお話で完結しましたが、最高だったでしょう?
もう、このお話をもらったとき、朝からきゃあきゃあ騒いで、
うるさい! って言われちゃいました。
ホントに頭上に花火上がっちゃいますね。
ドドンパ!!(笑)

またコラボしたいです。

Re: はなとも★さん

こんばんわ、はなとも★さん。

のあさんの書いてくれたお話は最高だったですよね?
甘くて可愛い。
もう、こっちまで蕩けちゃいますね。

Re: kenkenさん

こんばんわ、kenkenさん。

最高のバレンタインを送られたみたいですね。
ラウンジHは楽しかったみたいで、良かったですね。
ミニョからもらったチョコを毎日二人で食べ合う。
毎日がもうバレンタインですね。

Re: ROSE・KISS さん

こんばんわ、ROSE・KISSさん。

毎日のキスに加えて、チョコチューはなくなるまでに日課ですね。
テギョンだったら、ゆっくりかな? それとも性急に??
どっちにしても、二人にとっては幸せでしょうね。

Re: まいまいさん

こんばんわ、まいまいさん。

蕩けるようなお話だったと思います。
甘くて可愛い。
二人にとっては最高のバレンタインだったでしょうね。

Re: kotaeさん

こんばんわ、kotaeさん。

のあさんのお話は最高ですよね。キュン死にしっかり私は
しちゃいました。
今回のお話を考えるときにまず浮かんだのが、韓国の
バレンタイン事情でした。
日本と同じなのかな? って思って調べたら、
「ええっ?? そんなのあげるの??」ってビックリしました。
でも、逆に日本と違ってて面白いかもって思いました。
フリルがついたバスケットにチョコ詰め放題なんて、日本じゃありえませんよね。
韓国の恋人事情って、面白いことが多いので、調べるのが楽しいです。

Re: ちぃちゃんさん

こんばんわ、ちぃちゃんさん。

ありがとうございます。
今回のコラボのお話は私はともかく、
のあさんのお話にはホント、キュン死にって言葉が
ぴったりでした。
最高ですね。

Re: YaeMo さん

こんばんわ、YaeMoさん。

甘いですよね? キュン死にしちゃいますよね?
もう、可愛すぎて、こっちまで蕩けちゃいそうです。

Re: シネちゃん大好きさん

こんばんわ、シネちゃん大好きさん。

おいしいバレンタイン。
まさに、テギョンにとってはそうでしたねv-10
これから、チョコがなくなるまで毎日おいしいですからv-411
私の周りにもグンソク君のような男の子がいたら・・・・。
叔母バカの私の目から見たら、10歳の甥っ子がイケメンなので、
将来に期待してます!!
あ、もちろん他の甥っ子もイケメンですよ(笑) 旦那以上に
愛してますからv-410

そうですね、今度はテギョン目線で書いてみたいです。

Re: マーガレット7さん

こんばんわ、マーガレット7さん。

本当にごめんなさい。
PCで見ることしか頭にない私をお許し下さい。
今後は気をつけますね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【バレンタインコラボ企画!!  バスケットに愛を込めて 前編】へ
  • 【賽は投げられた 10】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。