スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←賽は投げられた 12 →決着、その後に…… 1
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【賽は投げられた 12】へ
  • 【決着、その後に…… 1】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
賽は投げられた

賽は投げられた 13

 ←賽は投げられた 12 →決着、その後に…… 1
 ミニョは部屋の前まで来て、躊躇っていた。
(どうやって部屋に入ろうかな? 普通にドアをノックしたらいいのかな?)
 オロオロしていると、いきなりドアが開いた。
 ゴンッ!
 ドアがミニョのおでこに当たり、
「痛ッ!」
 と叫んでいた。
「うわっ! 何してるんだ、そんなところで?」
 まさかそこにミニョがいるとは思っていなかったテギョンはビックリして言った。
「あ、あの……」
「何だ? 何か用か?」
「あ、あの……ここは、ここは私の部屋でもありますから!」
 思ってもいないことを口にして、ミニョはしまったという顔をしたが、もう遅い。
「……だったら、入ればいいだろ?」
「……ありがとうございます」
 テギョンが開けてくれたドアの隙間からミニョはするっと、部屋に入った。
 バタンとドアを閉めると、二人っきりになったが、気まずい。
 何から話したらいいのか分からないミニョは、ドアのところに立ったまま、ちらちらとテギョンを見るだけ。
「そんなとこに突っ立ってないで、座れよ」
 ぶっきらぼうにテギョンは言った。
「はい……」
 まだ怒ってるようなテギョンに、ミニョはおまじないをどう言ったらいいか分からずに困った。
(今、言う? でも、いきなりはおかしいかな?)
「何だよ、さっきから人の顔見て」
「えっ? いえ、何でも……」
 つまらなそうにテギョンはベッドに寝ころんだ。
 しばらく気まずい空気が流れたが、ミニョは意を決したように、テギョンに近づくと、
「オッパ!」
 いきなり呼んだ。
「何だよ?」
「あ、あの……私……」
 じーっとテギョンは下からミニョの顔を見上げた。
「私……その……」
 ミナムが教えてくれたおまじないが出て来ない。
「お……お……」
「お? 何だ?」
「……オッパ! ごめんなちゃい!」
 真っ赤な顔をしながらミニョが大声で言った。
「……はぁ?」
 言われたテギョンは面食らってぽかんとしている。
「ご、ごめんなちゃい、だと?」
「あ、あの……お兄ちゃんが、機嫌が直るおまじないだって……。違うんですか?」
 ミニョがおろおろしながら言う。
 ぷっ……。
 吹き出す声が小さく聞こえた。
「あいつら……!」
 テギョンはドアに向かうと、勢い良く開けた。するとダダダダッと三人がなだれこんできた。
「また、お前らか!」
「わあっ! ヒョン、違うよ!! ミナムが面白い物見せてやるって……」
「俺らは見せ物じゃないぞ!!! とっとと仕事に行け!!!!!!」
「ごめんなちゃい~!!!」
 三人は慌てて下に駆け下りていった。
「オッパ、ごめんなさい」
 ドアを閉めたテギョンにミニョはしゅんとなって謝った。
「……もういい。俺も悪かった」
「違います! オッパは何も悪くありません!」
「お前を不安にさせただろ? 俺がちゃんとお前を守ってやらなかったからだ」
「そうじゃないです。そうじゃないんです……私がオッパを守れるか不安で……怖くなって……」
 ますますしゅんとなっていくミニョがたまらずに愛しくなった。
 何も言わずにテギョンはミニョをきつく抱き締めた。
「お前が側にいるだけでいいんだ。それだけで、俺は安心なんだ。守ろうとか考えなくていい。ただ、側にいてくれ」
「オッパ……」
 ミニョは泣きながら必死でテギョンにしがみついた。
「ごめんなさい。ごめんなさい。もう、あんなこと二度と言いません」
「ミニョ……愛してる」
 テギョンはぽろぽろ涙がこぼれるミニョを顔を両手で挟んで持ち上げると、優しいキスを唇に落とした。
 ミニョにはすごく長く感じられたキスだった。
 唇が離れたとき、恥ずかしくてテギョンの顔がまともに見れなかった。
「何だ? お前、最近おかしいな? 何かあったのか?」
「えっ?」
 ドキッとした。
 ユ・ヘイに真実を訊いて以来、ミニョはテギョンを見るだけで、心臓がバクバク言ってしょうがない。
「何もありませんよ!」
「本当か? 怪しいな」
「怪しくないです! 全然」
「ふーん。まあ、いい。じゃあ、もう一回、仲直りのキスだな」
 ぐいっとミニョの腰を強く引き寄せると、おでこ、目、鼻、頬、最後に唇とテギョンはキスを落としていった。
 その度にミニョの体が小さく震える。
(もう、そろそろか?)
 そんなことを考えながら、テギョンはまた長いキスをミニョにしていた。
(ミニョ……大丈夫だ。俺には、お前だけだからな……)
 心の中でそう呟きながら、ミニョの柔らかい唇を存分に味わった。

 リビングではお腹を空かせた三人が、二人の降りてくるのを待っていたのは、まあ、仕方がないことだった――





おはようございます。本編の更新です。
甘甘を期待されていたら、ごめんなさい
みなさんの反応を見て、書き直そうかと思ったんですが、
そうなっちゃうと、限定記事になって、読めない方もいるので、
そのままで更新しました。
ミナムが教えることなので、アクマでもテギョンをからかいにいってます。
どうだったでしょうか? 

きょうはお休みですが、月1の病院です。
はあ・・・・だるいです(笑)
待ち時間に妄想を膨らませながら、次のお話に続けたいと思います。

今日も一日、みなさんにとっていい日でありますように・・・・。

(病院に)いってきまーす!!
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【賽は投げられた 12】へ
  • 【決着、その後に…… 1】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます!

おはようございます^^

可愛らしいです!おまじないは ごめんなちゃい だったんですね(笑)
ミナムのいたずらの行方を、私も一緒になって覗きたかったです(笑)
ミニょの変化に気付き始めたテギョン!ようやく報われる時がくるのかな…?いまのままのミニョ&テギョンも好きなのでちょっと寂しい気もします…ってテギョンが聞いたら怒りそう(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは

仲直り出来て良かった~☆
ごめんなちゃい♪かわいいです。
ミニョが言うから許されますね。

またおじゃまします。

Re: ひびき☆かのん さん

こんにちわ、ひびき☆かのんさん。

ありがとうございます。
ほっこりしてもらえたら、本望です。
やっぱり二人はラブラブしてるときが一番いいですね。
幸せです。

Re: たくみままさん

こんにちわ、たくみままさん。

「おまじない」って訊いて、さらにミニョが恥ずかしがったら、
何だろうって思っちゃいますね(笑)
でも、ミナムらしい「おまじない」でした。
彼はテギョンをからかうことが楽しいはずです(私の二次小説の中では)
だから、こんなおまじないでした。

病院はいつも二時間、ヒドイときには三時間待ちなんて当たり前です。
だから、いつもウォークマンは必需品!!
今はスマフォで美男ですねの画像や、FTなんかのPVを見てます。
それから、暇なんで妄想の時間に当ててます(笑)

ありがとうございます。体に気をつけますね。

Re: ぼくちゃんのママさん

こんにちわ、ぼくちゃんのママさん。

ホント言うと、ケンカしたまましばらく、放っておこうかと
思ったんですが(笑)、それじゃあ、お話が進まないし、
いつまで経ってもラブラブな幸せな二人が書けないので、
早々に仲直りです。
素直にミナムの言う通りに実行しちゃうところが、
ミニョの可愛いところですね。
早く、二人に平和が戻るように頑張ります。

Re: せぶんさん

こんにちわ、せぶんさん。

ミナムにとってはテギョンはもうからかいの対象でしかなく、
妹のミニョを使って、今度もからかっちゃいました。
それを素直に実行するって分かってるからでしょうね。
ま、最後には必ずテギョンに怒られるのにね(笑)
覗き見なんかするからですよ。

病院は待ち時間が長いですが、妄想膨らませるには充分な
時間なんで今日も妄想してました。
えへへ。

Re: すうさん

こんにちわ、すうさん。

ミニョに言われちゃったら、さすがに怒ってるテギョンも許しちゃいますよね。
今度は、テギョンに言わせようかな。
ごめんなちゃい、ミニョって(笑)
ミニョはドキューーーンってなるかな?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: nanoさん

こんにちわ、nanoさん。

おまじないの言葉は・・・・ごめんなちゃい、です。
こんな言葉言われたら、怒ってても、笑って許しちゃいそうですね。
多分、許しちゃいますよ。
ミナムに完全にからかわれてるテギョン。
それを覗き見するシヌとジェルミって。

Re: ぴっぴ!!さn

こんにちわ、ぴっぴ!!さん。

ミナムに完全に遊ばれてます、テギョンはv-406
そんなこととも知らずに素直に実行しちゃうミニョ。
これからも、ミナムに遊ばれるんでしょうね。

そして、そんな二人を覗き見しちゃう三人。
いちゃこいてるだけなのに(笑)

イチャイチャしたっていいんですよね。
ラブラブだから。

「バニラ」なんですね。
早速、購入します。
わたしも同じ気分を味わいたいのでv-410

Re: ちゃこさん

こんにちわ、ちゃこさん。

完全に遊ばれてます。
いつかは義兄弟になるというのに、今からこんなので
大丈夫でしょうか?
もしかしたら、そのうち、ユ・ヘイまで絡んできて、
二人をからかうかもしれませんよ、

Re: さんたさん

こんにちわ、初めまして、さんたさん。

お越しいただき、ありがとうございます。
お話も全部読んでいただき、ありがとうございます。

パスのことですが、本当にごめんなさい。
今は申請はしていません。いろいろな事情があってのことは、
読んでいただければ、分かってもらえると思いますが・・・。

正直、申請を再開しようかと考えてもいますが、まだちょっと
気持ちの整理がつかないので、ごめんなさい。
他のお話はいつでも読めますので、そちらを楽しんでもらえたら
嬉しいです。

Re: もぐもぐさん

こんにちわ、もぐもぐさん。

仲直りできました。おまじないの言葉って効き目あるんですね(笑)
今度はテギョンに言ってもらいたいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私は限定は読めませんが、本編からゆうと、もうそろそろいいんじゃないかなぁと思ったり。でも、大切なひとほど嫌われたくないから、なかなか手が出せないものですから。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: みうさん

こんばんわ、みうさん。

ミニョのごめんなちゃい、にはさすがに怒ってる
テギョンでも、許しちゃいますかね?

とある韓ドラで主人公の男の子が彼女に
言わせようとしたセリフです。
その時の男の子がすごく可愛くて、
テギョンに言ってもらいたい!って思いましたが、
ミニョに言わせちゃいました(笑)

Re: akapiさん

こんばんわ、akapiさん。

予想と違ってましたか?
まさか、ミナムが妹に「○○したらいいよ」とか
教えると思ってました?
さすがに、それはないです。
私の中のミナムはあくまでもテギョンをからかうことが
好きな子ですから。

Re: ぴのさん

こんばんわ、ぴのさん。

もうそろそろいいんじゃないかな……。
確かにそうですね。
でも、私はそれ専門じゃないんで、時期がよく
分かりません。
このままでもいいかなって思うことも
ありますよ(笑)
二人の雰囲気がそんな感じだから。

Re: dekotinさん

こんばんわ、dekotinさん。

ごめんなちゃいは、テギョンに言わせたかったです。
テギョンが言ったらどうだろう?
きっと、ミニョ以上によかったかも?

もう充分テギョンさんも焦らされたので、
いいかなって思ってます(笑)

Re: ファイティンさん

こんばんわ、ファイティンさん。

ホント、もし「ごめんなちゃい」なんて、ジェルミが言ったら、
逆鱗に触れて、殴られてるでしょうね。
ミニョだからこそ許されることです。
お互いのつらさが分かってるから、すぐに仲直りしちゃうところが、
ラブラブな所以。

はい、月1で病院に行ってます。
入院するってまではないですが(あったら仕事を理由に拒否してます)
待ち時間が長くて。
昨日は予約時間を1時間過ぎてました。
予約の意味がないです(泣)

Re: まこままさん

こんばんわ、まこままさん。

トイレは直りましたか?
限定記事にしちゃうと読めないので、今回は普通バージョンで(笑)
いつかは限定記事になっちゃいますが。

Re:kuri さん

こんばんわ、kuriさん。

よかったです。
私はこのお話書いたとき、何にも考えてなくて、
ただこのセリフを言わせたかったです(笑)
でも、意外やみなさんの反応が甘甘寄りだったんで、
あちゃーって思っちゃいました。
ミナムが完全にからかいにいってるので、今回は
お笑いで。

Re: kotaeさん

こんばんわ、kotaeさん。

今日はこっちも暖かくて、仕事中は汗をかきました。
おかげでセイデンキーにもやられませんでしたが。
「おまじない」
みなさん、やっぱり甘甘な方を想像していたみたいです。
あの状況では仕方がないですね。
でも、私の中ではあのセリフしかなくて、ホントはテギョンに
言わせたかったです。
今回はミニョということで。いつかは、テギョンにも・・・。

やっぱり小杉なんですね。
小杉強し!!(笑)

Re:りらりらさん

こんばんわ、りらりらさん。

おまじない効果があったみたいです。
さすがのテギョンもごめんなちゃい、なんて言われたら、
怒れませんね。
ジョリーも食わないケンカでした。

Re: グリーンさんさん

こんばんわ、グリーンさんさん。

おまじないが効いたみたいです。
ミナムはテギョンをからかうことに悦びを
見出してるかも。
この先も多分、遊ばれると思います。

仲直りのセレモニーは今回はキスでした。
あれ? 前回もだったかな??(笑)
毎回仲直りの後はラブラブですね。

Re: はなとも★ さん

こんばんわ、はなとも★ さん。

体はいたって元気です。
仕事を始めて快調なぐらいなんですが、
月1の病院はやめられないんですね。
お話を書くためにも入院だけは避けたいです。

Re: ainareさん

こんばんわ、ainareさん。

おまじないさえあれば、これからも仲直りできますね(笑)
これからの二人も頑張ります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: まこままさん

こんにちわ、まこままさん。

トイレ直ってよかったですね。
通常ですね、分かりました。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【賽は投げられた 12】へ
  • 【決着、その後に…… 1】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。