スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ホンギお誕生日おめでとう企画  ジェルミの気持ち →ホワイトデーコラボ企画のお知らせ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【ホンギお誕生日おめでとう企画  ジェルミの気持ち】へ
  • 【ホワイトデーコラボ企画のお知らせ】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
決着、その後に……

決着、その後に…… 5

 ←ホンギお誕生日おめでとう企画  ジェルミの気持ち →ホワイトデーコラボ企画のお知らせ
 台湾公演の前日に、A.N.JELLは現地入りをした。
 ミニョは本人の希望もあって、ソウルに残ることになった。
 ここ数日の週刊誌もワイドショーも、二人の不仲説を大々的に取り上げている。
 そのことに関して事務所側もA.N.JELLも、テギョンですら何も言わない。
 ミニョは、ソウルに残ってユナと決着をつけようと思っていた。
 ペンダントを取り返すべく、ミニョは一人、撮影所にやって来た。
(オッパたちは、今夜の便で帰ってくる! それまでに、何としてでも取り返さなきゃ!)
「あれ? ミニョさん、今日はどうしたの?」
 仲良くしてもらっているスタッフが驚いた顔をした。
「こんにちは。撮影を見学に来ました」
「大丈夫? いろいろ取り沙汰されてるけど……」
「はい。ありがとうございます」
 ミニョは深くは答えずに、ぺこりと頭を下げると、ユナの元に向かった。
 彼女は事務所の車の中で休んでいた。
「あら、あなた。何しに来たの?」
 マネージャーが不機嫌な顔でミニョを見て言った。
「イ・ユナさんと少しお話がしたいんですが」
「何よ、また、何かしようって言うんじゃ?」
「マネージャー。ちょっと向こう行っててよ」
 車の中からユナが降りてきた。
「でも……」
「大丈夫よ。何かされそうになったら大声で叫ぶから。ね、コ・ミニョさん」
 ニコッとユナは笑った。
 マネージャーが不安そうな顔をしながら行ってしまうと、ユナは外に置かれてある簡易椅子に座った。
「で、用件は何?」
「返してください」
 ミニョはユナに向かって手を差し出した。
「私のペンダントを返してください」
「あなたもしつこい人ね。嫌だって言ったでしょ?」
「あのペンダントは私の大事な人がくれた大事な物なんです。返してください」
「何なのよ、あんた? あんな物が大事な物? ふん、たかがペンダントじゃないの? ああ、あなたの首にかけられたファン・テギョンからの首輪ってワケね? お似合いだわ。あはははは!」
「オッパを侮辱するのはやめてください!」
「あら、怒ったの? 首輪じゃなきゃ、鎖かしら? それとも、飼い犬に与えるご褒美?あはははは!」
「あなたって人は……」
 ミニョは耐え切れずに手を振り上げた。
 ガシッ!!
 その腕を誰かが掴んだ。
「えっ?」
「やめとけ。そんなバカ女、殴るだけお前の手が損だし、お前の可愛い手が汚れるだけだ。そうだろ、ミニョ?」
「……オッパ!!」
 ミニョは自分の腕を掴んでいるテギョンの顔を見て驚いた。
「何で? どうして、ここに? まだ台湾じゃ……?」
「ライヴが終わって、すっ飛んで帰って来たんだよ。なあ、お前ら?」
「えっ?」
「そうだよ、ミニョ。すっごい心配したんだから」
「ホントだ。お兄ちゃんは夜も眠れずに、音程をハズすほど、心配したんだぞ」
「バカ! それはとちっただけだろ」
 言いながら三人が、現れた。
「お兄ちゃん? ジェルミ? シヌさん?」
「どうして? なんて野暮なこと訊くなよ。言っただろ、すっ飛んで帰ってきたって。後から、マ室長と社長にこってり絞られるだろうけど、まあ、いいさ」
「な、何なのよ、あんたたち!! ナイト気取りってわけ? この子、今、私のこと叩こうとしたのよ! 見てたでしょ?」
「うん。見てたよ。でも、その前のあんたの悪行もしっかり録画したよ」
「はぁ? 悪行? 録画って……」
「ジャジャーン! 最新式の日本のビデオカメラ! 台湾でいいヤツがあったんだよね。つい、買っちゃった。こんなことに使うとは思わなかったけど、いい画が撮れたよ」
 ジェルミが嬉しそうに再生ボタンを押した。
「ほらね」
 さっきの会話がしっかり録画されている。
「ふてぶてしい顔してるよね? 国民の恋人が呆れちゃうよなぁ」
「な、な、な……!」
「この映像、テレビ局や雑誌社に売ったら、高値がつくだろうね? どう思う、シヌヒョン?」
「おいおい、俺たちは仮にもA.N.JELLだぞ? 天使がそんなことしたら、マズイだろ、なあ、ミナム?」
「マズくはないでしょう? 世のため人のためなんだから。悪を懲らすのは、いつでも正義の味方の役目じゃない? まさにA.N.JELLが下すにはふさわしい、お仕置きだと思うよ」
 三人はニヤニヤ笑いながら言う。
「あんたたち、まさか、それを流すって言うんじゃ……」
「怖いものなんかないんだろ、あんたには? 天下御免のイ・ユナさん。だから、俺が好きだとかラジオで喋ってみたり、裏でアレコレ工作してみたり。こっちが黙ってりゃ、いい気になりやがって。いい加減に我慢も限界なんだよ!!!」
 テギョンのものスゴイ怒鳴り声に、ユナはビクッとした。
「あんたんとこの事務所なんて、一捻りで潰せるんだぞ? さ、出せよ」
「えっ?」
「あんたが不当に隠し持ってる、ペンダントだよ」
 ユナはそれでもまだ余裕があるのか、テギョンとミニョを交互に睨みつけた。
「早く、出せ!」
 もう一度、テギョンに怒鳴られて、ユナは渋々、車にあったカバンからペンダントを取り出した。
「こんなもの返せばいいんでしょう! ふん、何よ!」
 悪態をつきながら、ユナはペンダントをミニョに投げつけた。
「お前……!」
「いいんです、オッパ! 何もしないでください」
 ミニョはペンダントを拾うと、愛おしそうにハンカチで拭き取った。
「戻ってきただけで……私は……」
 ぎゅっと大事そうに両手で挟み込むと、ぽろぽろと涙をこぼした。





おはようございます。ユナとの決着が始まります。
今回のお話のことで、私は大事な人を傷つけてしまいました。
自分の言葉のまずさに、ヘコんでます。
お話、読んでくれてるかな? そうだと嬉しいです。
私のコメントの返信などで、みなさんが傷つかれたり、不快な思いを
していないかと、不安になります。
もし、そんなことがあったら、ごめんなさい。

今日も、頑張ります。
みなさんにとってもいい一日でありますように。

いってきます!!
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【ホンギお誕生日おめでとう企画  ジェルミの気持ち】へ
  • 【ホワイトデーコラボ企画のお知らせ】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

本当にナイトのようですね(ノ∀`*)
困ったときには必ず駆けつけてくれる
そんなA.N.JELLたちが大好きです!
ユナ!ざまぁみろといいたいww

言葉って難しいですよね・・・
話していればニュアンスとかも
伝わるのでしょうが、言葉だけだと
本当に難しいです・・・
でも、なつあおいさんの言葉たちは
イキイキしてて好きですよ(^ω^)
頑張ってください!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ミニョ~!!

もう!!可愛すぎですね!!今日も朝からキュンキュンです~♪♪
これから仕事かと思うとテンション下がります…(笑)
ミニョはミニョですね☆★優しいけど強い…いい女です(^^)
こんな女性になりたいもんです(・ω・)
ミニョ、ファイティ~ン!!ですね!!ではまた来ます~♪♪

素敵すぎ!

こんにちは^^
胸がスゥ~~っとしました!
すてきな三にんぐみ…ならぬ、四にんぐみでしたね(笑)
悪知恵担当は…ミナム?…シヌ?…2人がタッグを組むと怖ろしいことになりそうです…(汗)

気をつけようとは思いつつも勝手気ままにコメントしてしまいます…不快に想ったことがあったらごめんなさい。言葉って本当に難しいですね…。

ではでは、また遊びにきます!


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ゆみゆみさん

こんばんわ、ゆみゆみさん。

テギョンとミニョに明るい未来。
ホントそうですね。
ずっとツライお話ばかりだったので、
当分は楽しく幸せなお話を書こうと思ってます。

Re: 永遠さん

こんばんわ、永遠さん。

ミニョは最初の頃はホント頼りなくて、守ってあげなきゃ
いけない存在でした。
でも、それじゃあ、これからはダメですよね。
強くなって、テギョンとの絆をもっと深めてほしいです。

Re: めぐみさん

こんばんわ、めぐみさん。

お話を考えてくれて、ありがとうございます。
こんな形のお話になりましたが、気に入ってくれましたか?
もうすぐ決着がつきますので、楽しみにしてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: はなとも★さん

こんばんわ、はなとも★さん。

ようやくユナとの決着がつきそうです。
まだ、その後がありますが(笑)
ずーっとツライお話ばっかりだったので、
ユナとのお話が終わったら、当分は幸せなお話を書こうと
思ってます。

Re: ミニラママさん

こんばんわ、ミニラママさん。

ついに決着です!!
ようやく、ここまで来れました~(笑)
長かったですね。
ホントなら、もう終わってるはずなのに。
早く幸せなお話を書きたいです。

Re: くまぐまさん

こんばんわ、くまぐまさん。

ナイト登場です!!
王子様と三銃士って感じですね。
A.N.JELLがこんなことしていいの?
って思いながら書きましたが、意外とみなさんの
反応が良くて、ホッとしてます。

Re: みうさん

こんばんわ、みうさん。

ついに、この時がって感じです。
長かったですね。
私自身、ここまで長くなるとは思ってなかったので、
ようやくです。
もう、当分は幸せなお話だけを書きたいです(笑)
やっぱり二人にはラブラブがお似合いですから。

言葉の大切さを今回、実感しました。
顔晴れ・・・になりましたよ。

Re:ちゃこさん

こんばんわ、ちゃこさん。

ありがとうございます。大丈夫です!!
ようやく笑顔になれました。

四人のナイト(王子様と三銃士)の登場!!
ドラマじゃタイミングよく登場ってのは
普通ですよね。
「そりゃないよ~」ってツッコミながら、
自分のお話で書いちゃいました(笑)

Re: ももかんさん

こんばんわ、ももかんさん。

今のミニョだったら、きっとこうしただろうなって思いました。
誰かに頼るんじゃなくて、自分で解決する。
でも、ちゃんと守ってくれる人はいる。
幸せなことですよね。

私、いっつも言葉で失敗してます。
ダメな人です。でも、大丈夫ですよ。

Re: 笑さん

こんばんわ、笑さん。

ミニョもユナの意地悪のおかげ(?)でだいぶん、
強くなりました。
テギョンとの絆を守るためなら、頑張れますよね。

Re: nanoさん

こんばんわ、nanoさん。

今回の悪知恵担当は・・・・やっぱりビデオカメラを買った
ジェルミかな?
いや、ミナムでしょうね。妹思いのお兄ちゃんなら、
すぐに思いつきそうです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: りくさん

こんばんわ、りくさん。

ミニョにもテギョンにもA.N.JELLにも、ようやく
明るい日差しが見えました。
ここまで長かったですね。
ツライお話を書いてると、ホント幸せなお話を書きたくなって、
ウズウズしちゃいます。
ユナのことを書き始めたときは、ここまで長くなるつもりがなかったので、
書きながら、無事に終わらせられるの?? って不安にも
なりました。
私もドラマのツライ部分って早送りしちゃうタイプです。
とにかく幸せなお話しか見たくなくて・・・・。
でも、その間のツライお話もその後の幸せやラブラブになるための、
大事なスパイスなんですよね。

言葉って大事ですね。相手を喜ばせる言葉もあれば、
不快にさせちゃう言葉もある。
私は今回、後者のほうをしてしまいました。
言葉の重みの意味をよく知りました。

Re: うめちゃんさん

こんばんわ、うめちゃんさん。

ミニョが一人で立ち向かうなんて、これまでだったら
考えられないことです。
でも、今回ばっかりは許せなかったと思います。
でも、最後は四人が助けに来てくれる。
ミニョのためだったら、駆けつけますよね。

違いますよ!! うめちゃんさんのことじゃないですから。

Re: ピロンさん

こんばんわ、ピロンさん。

最近のお話は、一気に書き上げちゃうことが多いので、
頭に浮かんだままを書いちゃいます。
それで、後から見直して手直しをするってことが
ほとんどなんで、おかしな点が多くて(笑)
今回も、一気に決着まで書き上げて、やっぱりおかしな点が
ちらほらと(笑)
手直ししてます。

Re: まっきーさん

こんばんわ、まっきーさん。

ありがとうございます。
言葉の大切さをしみじみと実感しました。
思いを伝える言葉を大事にします。

Re:ひかりさん

こんばんわ、ひかりさん。

ミニョにとってのペンダントは、ヘアピンと同じくらい大事な
モノですね。
テギョンにもらったものなら、例え紙切れ一枚でも
ミニョなら大事にすると思います。
そんなミニョだからこそ、テギョンも愛おしいと思うでしょうね。

全然です。いつも、コメを楽しみにしてます。

Re: びびあさん

こんばんわ、びびあさん。

胃潰瘍は大丈夫ですか? 私も昔、なったことがあります。
あれはつらかったです。
心臓に毛が生えてると自分で思ってたので(胃は関係ないですね)
ちょっとしたことで、胃を壊すとは思ってませんでした。
早く良くなるといいですね。

ミニョの窮地を知れば、みんなが心配して駆けつける。
でも、ミナムは相変わらずですが(笑)
緊迫した空気を和ませる人ですね。

Re: せぶんさん

こんばんわ、せぶんさん。

ようやく決着までこぎつけました!!
あとは、終わらせるだけです(笑)
もう、幸せなお話からずいぶん遠ざかってるので、
うずうずしてます。
当分はラブラブモードで行きたいです。

文章にしちゃうと言葉って難しいですね。
今回のことで、つくづく思いました。

Re: kaeruさん

こんばんわ、kaeruさん。

ミニョのピンチにいつも助けてくれる王子様と三銃士!!
いいですよね。イケメンばっかが四人も味方だなんて。
書いてて、ミニョが羨ましいです。

Re: akapi さん

おはようございます、akapiさん。

無事にペンダントが戻ってきました。
って言っても、ユナに投げつけられちゃいましたが。
ミニョにとって、テギョンを侮辱されることほど、
ツライことはないでしょうね。

Re: イッチーさん

おはようございます、イッチーさん。

ミニョのピンチにはこの四人の天使じゃなきゃ、
ダメでしょ(笑)
王子様と三銃士がついてるから、怖いものなしです。
ミニョだったら、きっとこうするだろうなって
思って決着させてます。

Re: めぐみさん

おはようございます、めぐみさん。

ありがとうございます。
どんな決着がつくか、期待にそえられるといいんですが。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ホンギお誕生日おめでとう企画  ジェルミの気持ち】へ
  • 【ホワイトデーコラボ企画のお知らせ】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。