スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←素直になれなくて →第一歩 8 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【素直になれなくて】へ
  • 【第一歩 8 】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
第一歩

第一歩 7

 ←素直になれなくて →第一歩 8 
「あ、あの、パーティーって何ですか?」
「事務所の創立記念パーティーだ。お前も招待されてる」
「わ、私もですか? そんなこと訊いてません!」
「当たり前だ。今、初めて言ったんだから」
「オッパ!」
「何だよ? いいから、このまま事務所に行って、ワンコーディに支度をしてもらえ。この前みたいな、チンドン屋にはならないはずだから」
 思い出したのかテギョンはクスリと笑うと、ハンドルを大きく切った。
 事務所ではワンコーディが待っていた。
「遅かったわね。間に合わないかとやきもきしたわよ。さ、ミニョ、いらっしゃい」
「あ、あの、お姉さん……」
「早くして! 時間がないんだから!」
 言いながらワンコーディはミニョの手を引っ張って部屋に消えていった。
「俺は後でまた来るから、ミニョを頼んだぞ」
 部屋の中に入ったワンコーディに声をかけた。
「さ、ここに座って。まずはメイクからね。ドレスを着てから、髪を整えましょうね」
 しゃべってる間もワンコーディの手は休まず動いている。
「あ、あのお姉さん、私……」
「黙って! メイクが上手くいかないでしょ!」
「はい……」
 手際よくミニョの顔にメイクをすると、ドレスに着替えさせ、髪形を整える。
 ベアトップドレスとコーディネイトするため、顔と肩まわりをすっきり見せて、美しい肌を強調させるように編みこみでアクセントを添えたアップスタイルにした。
「さ、出来たわよ。キレイよ、ミニョ。あんた、ますますいい女になってるわね」
 ミニョは目をゆっくりと開けた。
 鏡に映る自分は別人のようだ。
「あの……これ……」
「そうよ、あんたよ。じゃあ、王子様を呼びましょうかね」
 呼びに行かないうちに、部屋の外で待っていたテギョンがしびれを切らして、
「おい、まだなのか? いい加減にしないと、遅れ……」
 部屋に入ってきてビックリした顔でミニョに見惚れる。
「あ……お、お前……」
「オッパ……」
 ミニョもタキシード姿のテギョンに思わず見惚れている。
「何、ぼんやりしてんのよ! 遅れるわよ! お互い後でいくらでも見れるんだから!」
 ワンコーディに怒られた。
「あの子達は?」
「ああ、下の迎えの車で待ってる」
「そう。さ、早く行きなさい。遅れたら大変よ」
 ワンコーディに見送られて、テギョンとミニョは部屋を出た。
 歩きながらテギョンはドキドキしていた。
 いつもと違うミニョはあまりにも艶かしくて、美しい。
 擦れ違う事務所の男性スタッフが思わず振り返るほどだ。
 テギョンはそのたびに、ジロリと睨みつける。
「おい、ちょっと、こっちに来い!」
 堪らずにテギョンはミニョの手を引いて、植木鉢の陰に連れて行った。
「どうしました、オッパ?」
 自分が選んだドレスなのに、大きく開いた肩に強調される胸元が気になって仕方がない。
(っち! もっと肌の露出してないドレスにすればよかった。これじゃ、あいつらの視線だって危ないぞ!)
「オッパ?」
 覗きこむミニョの顔があまりにも色っぽくて、思わずテギョンは抱き締めた。
「そんな顔するな」
「えっ?」
「そんな顔すると、他の男がほっとかないだろ」
「あの……どういう……」
「こういう意味だ」
 言い終わらないうちに、テギョンはミニョの唇に強くキスをした。
「……っ!!」
「そんな色っぽい目で他の男を見るなよ」
 ミニョは顔を真っ赤にして、コクコクと頷いた。
「大丈夫か? 歩けるか?」
 恥ずかしさから、ミニョの足が震えている。
「抱き上げてやろうか?」
「えっ!?」
「歩けないなら、車まで抱いて連れて行ってやる」
「だ、大丈夫です! 歩けます!!」
「そうか。面白くないな。じゃあ、ほら」
 テギョンは腕を軽く曲げ、ミニョをエスコートする仕草を見せた。
 嬉しそうにミニョはするっとテギョンの腕に自分の腕を絡ませた。
 表ではこの日のためにテギョンがアン社長に用意させたリムジンが止まっていた。
「うわあっ……!」
 ミニョは思わず声をもらした。
「どうぞ、お姫様」
 運転手がドアを開けてくれ、車に乗り込むと、ぽやんとした顔のジェルミとシヌ、そして嬉しそうな顔のミナムが待っていた。
 みんなタキシード姿だ。
「遅くなって悪かったな」
 リムジンの中は広々としていた。
 五人が座っても充分なゆとりがある。
「ミニョ……キレイだよ」
 見惚れたジェルミが心ここにあらず、と言った感で言う。
「ありがとう、ジェルミ」
「見違えたよ、ミニョ」
「シヌさん……。ありがとうございます」
 二人のミニョを見つめる目が気に入らないテギョンは、わざとらしくミニョの腰に手を回すと、
「もっとこっちに来いよ」
 と引き寄せた。
 体を密着させ、三人に見せ付ける。
「あ、あのオッパ……」
 三人の目を気にしたミニョが離れようとするが、腰をぐっと掴んだまま放さない。
「まったく。リムジンで迎えにきたと思ったら、今度はこんなサプライズか? お前も人が悪いよな」
 ミナムが呆れたように言う。
「ふん。いいだろ。俺がアン社長に出した条件だよ」
「条件? 何だそれ?」
「いろいろとな」
 ニヤリとテギョンは笑うと、車の揺れに合わせてミニョの肩にわざとらしくキスをしたりする。
 シヌやジェルミはその度に、顔をそむけたり、赤くしたりする。
 その様子を楽しんでいる様子のテギョンを見て、
「呆れたヤツだ」
 ミナムは苦笑した。
(しょうがないか。ようやく二人っきりの平和が戻ってきたんだ。少しぐらいは許してやるのが、メンバー愛か?)
 リムジンはパーティー会場のホテルに到着した。
 運転手がドアを開けてくれる。
 ホテルの外にはすでに数社の記者と、ファンが待っていた。
 たかれるフラッシュの嵐の中をミナム、ジェルミ、シヌの順で降りていき、最後にテギョンがミニョの手を取って降りた。
 一斉にどよめきが起きる。
「あれ、コ・ミニョさんよね?」
「テギョンさん、彼女を伴って来たの?」
「ちょっと、スゴイんじゃない??」
 ざわめきはテギョンたちを大きく包む。
「じゃ、行くぞ」
 テギョンのエスコートでミニョを囲むようにしてメンバーはホテルに悠々と入って行く。
「大丈夫か?」
「わ、私、緊張して……」
 小刻みにミニョの体が震えるのが腕を通して伝わる。
「俺がついてるから安心しろ」
 そう言うと、テギョンは組んでいた腕をほどいて、ミニョの腰を抱かかえるようにして歩き出した。
 きゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!
 一斉に悲鳴が上がる。
 その声に見送られながら、ホテルのパーティー会場に向かった。
「遅かったな。さ、こっちの控え室で……おい、誰だ?」
 マ室長はメンバーとやってきたミニョを見てビックリした。
「何言ってる。ミニョだ」
「ミ、ミニョさん!? ほ、本当に??」
「何をそんなに驚くんだ? こいつがこんな恰好したらおかしいとでも言いたいのか?」
 テギョンがムスッとした顔で睨みつける。
「そ、そうじゃないよ! ただ、ビックリして。はあ……女は化けるとはよく言ったもんだな」
 変な風に感心するマ室長の胸ぐらをテギョンがぐいっと掴んだ。
「それはどういう意味だ? ええ?」
「わあっ!!! ヒョン!!! ダメだよ、暴力はいけないよ!!!!!!」
「やめろよ、テギョン!!」
 ジェルミとシヌに止められなかったら、マ室長はパーティーに出席できなかったはずだ。
「オッパ! 落ち着いてください。大切な席で暴力なんて」
 ミニョにまでたしなめられて、ようやくテギョンは手を放した。
「口には気をつけろ」
 ふん! っと言うと、控え室に向かった。






おはようございます。昨日、出かけたら桜が咲いていました。
母校の中学校はまさに「桜坂」でした。
学校までずーっと続く坂道に桜が植えられていて、キレイでした。
その分、5月になると毛虫の大群が上から降ってきましたが・・・・。
南から上がっていく桜前線が早く東北地方に行って、被災地の方の心を
少しでも和ませてくれたらって思ってます。

今日も一日、みなさんにとって良い日でありますように。

(まだ早いですが)いってきまーす!!
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【素直になれなくて】へ
  • 【第一歩 8 】へ

~ Comment ~

おはようございます。子供はまだ中等部ですが通ってる東海大学相模が高校野球優勝で嬉しくて寝れず2時間しか寝てないので朝からお話読めて頑張ろうと力がでました。相変わらず焼きもち焼きのテギョンですね。自分で選んだドレスなのに。マ室長もこれからは発言きおつけるでしょうね。この先問題なくパーティーが終わることを願ってます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんなシチュエーション・・

大っ好きです!!すっごくいい♪♪
変身したミニョ・・・観たいです~~~♪♪ミニョの腰を抱かかえるようにして歩き出したテギョン・・素敵!!!かっこいいなぁ!!!

続きもわくわく待ってます♪

キレイだろうな~~

ドレスアップしたミニョ、キレイだろうなぁ~見てみたい!
タキシードでびしっと決めた4人とミニョ、絵になるだろうなぁ。
テギョンのやきもちぶりも微笑ましい。(周りの人達は大変だろうけど。)
テギョンの出した他の条件が気になる~!
あと、ミニョをパーティーに同伴しろと言ったアン社長の真意も…。

No title

このお話大好きです☆
かわいいミニョを見せたいような自分だけが見ていたいような・・・
ミニョうらやましい~。
続きが楽しみです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ゆみゆみさん

こんばんわ、ゆみゆみさん。

今年の高校野球は特に多くの感動を呼びましたね。
高校野球ファンとしては仕事の合間にしか見れなかったのが、
残念です。

自分で選んだドレスに自分でやきもきしちゃう。
テギョンらしいです。
マ室長の口は災いですね(笑)

Re: ぼくちゃんのママさん

こんばんわ、ぼくちゃんのママさん。

分かります! 私もきれいにして、一度でいいから男の人に
振り返ってもらったり、見惚れてもらいたいです。
唯一キレイって言われたのが(それも友達に)結婚式の
ときでした。
当然、他では言われません。
だから、お話ではミニョをどんどんキレイにしたいです。
やっぱり、私の願望がたくさん詰まったお話ですね。

お花見したいです。毎年言いながら、してないです。

Re: おはようございます、さん

こんばんわ、おはようございます、さん。

多分、お名前のところにタイトルを書いちゃったと
思うので、そのまま使わせてもらいました。

テギョンの出した、条件。
これが嵐を呼びます(って大袈裟??)
アン社長はサプライズ好きですからね・・・・。

次男さんの入園式、おめでとうございます。
明日は全国的に晴れだそうです。
雨だったら、気象予報士を恨んでください(笑)

桜坂。キレイですよ。夜はライトアップされて、おじさんたちが
宴会してるみたいです。

Re: ちゃこさん

こんばんわ、ちゃこさん。

テギョンに選んでもらったドレスを着て、エスコートされて、
さらに三人のイケメンナイトまでいて。
ミニョは幸せですね。
キレイになったミニョにはみんな釘付けだと思います。
マ室長は相変わらず口を滑らせますね。
彼のキャラはいい加減だけど、好きでした。

桜前線。早く東北地方にいってほしいです。
桜って見てるだけで、気持ちが和みますね。
そんな気持ちになってもらえたらって思います。

Re: ファイティンさん

こんばんわ、ファイティンさん。

桜ってホントにきれいですよね。
儚くて、淡くて・・・・。
桜見ると、春だなって思います。
昨日もたくさんの桜を見て癒されました。

ベアトップにせずに、がっちりなスーツにしたらよかったかも(笑)
それじゃ、あんまりかな?
でも、見られないとイヤだし、見られてもやっぱりイヤなんですよね。
複雑な心です(笑)
そういうところが好きなんですが。

私は大丈夫です。体の調子もいいです。
ただ、最近、やたらと早く寝て、早く起きるって生活してます。
健康優良オバサン??

Re: のあさん

こんばんわ、のあさん。

ミニョがドレスアップしたら、キレイでしょうね。
私にもう少し上手い文才と洋服に関する知識があれば、
想像しやすいんでしょうが、まったくダメでして・・・・。
写真を載せたらよかったですかね?
著作権の問題とかあるのかと思いながら、
いつも言葉だけになっちゃいます(笑)

テギョンにエスコートされるなら、されたいです。
でも、腰に手が回らないかも(笑)

Re: mannmaruさん

こんばんわ、mannmaruさん。

きっと、キレイですよ。
四人のイケメンにエスコートされるなんて、幸せですよね。
私もされたい。
アン社長はサプライズ好きです。

Re:もぐもぐらさん

こんばんわ、もぐもぐらさん。

男の人ってそういうところありますよね。
キレイな彼女は見せびらかしたいけど、
ジロジロ見られるのはイヤって言う。
まさにテギョンです。

Re: たくみままさん

こんばんわ、たくみままさん。

テギョンの出した条件。アン社長のサプライズ好き。
この二つが重なるといいことないです(笑)
ユナのときみたいにいやーな方向にはいかないですが、
ちょっとドタバタかな?

桜は今年は遅いですかね? こっちはそろそろ満開の見頃になります。
桜吹雪っていいですね。

今年の高校野球は感動で始まり、感動で終わりました。
「生かされてる命に感謝し」
あの言葉はいい言葉ですね。その通りだと思います。
早く桜が東北にも咲いて、ピンク色の桜吹雪になってほしいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: kaname さん

こんばんわ、初めまして、kanameさん。

お越しいただきありがとうございます。
こちらこそ、読み逃げをしてしまい、すみません。
コメぐらい残しなさい!って感じですよね(笑)
ついつい、お邪魔をしてしまいました。

私も二次小説をはじめたキッカケは、ななぼしさんでした。
ステキなお話で、感化されたと言うか、自分も書いてみたいって
思っちゃったのが始まりです。
書く前は、いろんな方の二次小説を読みあさってました。
あの頃はまだ、美男ですねの二次小説が少なくて・・・・。
今は、スゴイですね。一日一本ぐらいのペースで増えてるみたいでって
返信コメの内容じゃないですね(笑)

私もいつかは自分のブログをやめたときは、読む側に回って、
ゆっくり楽しみたいです。

また、遊びに行きますね。
お互い、更新頑張りましょう!!
ファイティン!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございますさんに

なってしまいました

すいません(^_^;)名前変えよっかな

Re:ピロンさん

こんばんわ、ピロンさん。

おかえりなさい。
お話は少しだけ進んでますね。
ミニョをドレスアップさせてのエスコートはテギョンに
とっても鼻高々でしょうね。

マッコリのCMに未だにお目にかかれていません。
早く見たいよー。

Re: 水夢さん

こんばんわ、水夢さん。

だったんですね(笑)
初めての方かなって思いながら、一応、そのままで
返信コメしちゃいました。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【素直になれなくて】へ
  • 【第一歩 8 】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。