スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←第一歩 12 →第一歩 14
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【第一歩 12】へ
  • 【第一歩 14】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
第一歩

第一歩 13

 ←第一歩 12 →第一歩 14
 ふたたび家に戻ると、テギョンの機嫌は悪いまま。
 車の中でも一言も口を利かなかった。
「で、お前の夢って何なんだ?」
 腕組みしたまま仁王立ちでテギョンが言う。
 ソファに座ったミニョはテギョンを見上げながら、困った顔をした。
「あの……それは……」
「さっき言いかけてただろ。言えよ」
「……怒りませんか?」
「訊いてみないと分からない。言えって」
「……だ……大学です」
 ミニョが消え入るような小さな声で言った。
「えっ? 何?」
「……大学です!」
「だ、大学? 何だそれ?」
 思わぬ答えにテギョンは驚いて次の言葉が出て来ない。
「何で大学なんか? あっ!」
 さっきのシヌの言葉が思い出された。

『俺、大学受けようと思ってるんです』

「まさか、お前……シヌと示し合わせて!」
「は? シヌさん? 何のことですか?」
「シヌだよ! あいつが大学に行くからお前も行きたいとか言うんじゃないだろうな!?」
「ええっ! 違いますよ! それは誤解です! 私はオッパのお役に立ちたくて!」
「いいや、そうなんだ! お前、さっきシヌが大学を受けるって言った時も驚かなかったじゃないか」
「あ、あれは……」
「あれは何だよ? お前は事前に知らされてたってことだろ? 何でだ? 何でお前が?」
 ミニョは問い詰められて口ごもった。
 それが余計にテギョンには気になる。
「言えよ。何で知ってたんだ? お前たち、まさか俺の知らないところで……!!」
「違います! まったくの誤解です!! シヌさんが大学を受けるのはつい最近、偶然知ったんです。でも、内緒にしといてくれって言われて……。それで……」
「本当にそれだけか?」
「当たり前です! 私とシヌさんの仲を疑うなんてヒドイです。……私にはオッパだけなのに」
 ミニョは言いながら涙ぐんだ。
「シヌさんのこと内緒にしてたのは悪いことですが、誰にも言わないでくれって頼まれたから。だから……」
「ごめん。悪かった」
「オッパのバカ……。シヌさんにまで焼もち妬かないでください」
「……妬くさ」
 ボソッとテギョンは言った。
「えっ?」
「あいつはお前のことが好きだった」
「……知ってたんですか?」
「沖縄であいつはお前に告白してた」
「!! 見てたんですか?」
「ああ……」
「ご、誤解しないでください! ちゃんと断りましたから」
「知ってる。じゃないと、今、お前が俺のところにはいないはずだ」
「オッパ……」
 ミニョは立ち上がるとテギョンに抱きついた。
「私にはオッパだけです。これまでもこれからも」
「そ、そんなことは分かってる」
 照れくさそうにそう言うと、ミニョの前髪を上げて、おでこにキスをした。
「で、何で大学なんだ?」
「それは……いろいろ考えた結果です」
「いろいろ考えた? 何を?」
「どうやったらオッパのお役に立てるかずっと考えてました。お姉さんにも相談したんです」
「そのことを相談したのか?」
「はい。お姉さんは資格を取ったらどうだって言いました。最初はそのつもりだったんですけど、いろいろ悩んで、大学を受けてみようって思ったんです」
「だから、何で?」
「私、演劇の勉強をしてみようと思うんです」
「はぁ?? 演劇の勉強だと? 何で?」
「オッパのお仕事を少しでも理解するためです。本当は音楽科を受けようかとも思ったんですけど、芸能界のことを勉強して、オッパの今後のお役に立ちたいんです」
「だから、何でそんなこと勉強する必要があるんだ? お前、芸能界に入るつもりか!?」
「違います! そうじゃないです! オッパのお仕事を理解して、陰から支えたいんです」
「陰から支える?」
「そうです。私が少しでもお仕事を理解したら、オッパのお役に立てるかと思って。……やっぱり怒りましたか?」
 不安そうな顔でミニョが見る。
 テギョンはただ嬉しかった。
『ミニョほど、あんたのことを思ってくれる子はいないわよ』
 と言ったワンコーディの言葉が思い出された。
「怒ってない。ありがとう、ミニョ」
「オッパ……。じゃあ、許してくれますか?」
「ん? 許す? 何をだ?」
「大学を受けることです」
「ダメだ!」
 即答だった。
「は?」
「大学なんて行かなくてもいい。お前は俺の側にいればいいんだ」
「オッパ!」
「もちろん、新人バンドのマネージャーもしなくていい。俺からちゃんと社長に断りを入れてやる」
「どっちもダメなんておかしいです」
「何がおかしい? 大学なんて行かなくても芸能界の勉強をしたければ、いくらでも教えてやる」
「そういうことじゃなくて……」
「とにかくダメなものはダメだ!」
「……オッパの分からず屋!!」
 ミニョはそう言うとテギョンから離れて部屋に行ってしまった。
「わ、分からず屋だと? どっちがだ!」
 些細なことでケンカをしてしまい、今回ばかりはどっちもひかなかった。





おはようございます。
ミニョの夢・・・大学受験でした。これは、ブログをはじめる時に
たくさん考えたお話の中の一つで決めていたことです。
最初は看護科とも考えたんですが、ユナとの絡みのお話から、
芸能界のことを知るのもいいかなって思いました。
あ、でも、私は芸能界通の人間ではないので、勉強に関しては
詳しく書くつもりはありません(笑)
学校生活を通して、また新たなミニョとテギョンの関係を書いてみたいと
思いました。

今日も一日、みなさんが笑顔でいられますように。

いってきます!!
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【第一歩 12】へ
  • 【第一歩 14】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

おはようございます。
やっとリアルタイムに更新されるお話に追いつきました!

この時期、希望に満ちて一歩を踏み出せるお話って素敵ですね。
4月にはぴったりだと思います。
明日も楽しみにしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: たじさん

こんばんわ、たじさん。

ミニョが大学生になったら、きっともてるでしょうね。
友達もできて、きっと学生生活を楽しむと思います。
でも、テギョンはますますやきもきしそうです。

Re: ももかんさん

こんばんわ、ももかんさん。

春って新しいこと始めるのに、ぴったりですね。
ミニョが夢を叶えるために一歩前進。
シヌもそうですね。ミナムはユ・ヘイとの交際宣言。
ジェルミは・・・ないですね(笑)
あ、彼は恋に前進してます。
テギョンは・・・・なんでしょうか?

お子さんのそれぞれのご入学・ご入園おめでとうございます。
いろいろと大変だったみたいですが、もう落ち着かれましたか?
きっと、これからはいい日だけが来ますよ。
そう願っています。

Re: rosyさん

こんばんわ、rosyさん。

ここまでくるのに長かったんじゃないですか?(笑)
かなりの量のお話になってますから。
一度、整理しようと思いながらそのままの状態になってますね。

春と言えば新生活です。
ミニョにも新たな一歩が待ってます。
テギョンにもそうかもしれませんね。

Re: ちゃこさん

こんばんわ、ちゃこさん。

テギョンにとってみたら、ミニョが自分の知らない世界
いっちゃうから、不安でしょうね。
独占欲がますます強くなりそうです。
でも、ミニョにとったら新しい世界。友達も
できるでしょうし、サークルとかに入るのも
いいですね。

Re: りくさん

こんばんわ、りくさん。

大学に行きたい。韓国の若者なら、みんなそうなのかな?
学歴社会の韓国って、スゴイですよね。
ミニョの場合、ただ純粋にテギョンのためだから、学歴が
どうとかはないと思います。
ただ、テギョンにとってみたら、不安材料満載ですね。
大学なんて男の巣窟(笑)
手放しで喜んでいいよ、とは言えませんね。

旦那はギックリをやって以来、腰痛もちです。
私も腰痛もちで、起きれないほどヒドイこともありました。
今は体のあちこちにガタがくる年になって、あそこが痛いだの、
ここが痛いだのと言ってます(笑)

シヌのタイツ姿を想像して笑っちゃいました。
ミュージカルの知識に疎いと、タイツ姿しか浮かばないんですよね。
よっし! ミュージカル出演決定!(笑)
ダメですよね。怒られちゃいます。

Re: JULIA さん

こんばんわ、JULIAさん。

ミニョの夢って韓国の若者なら普通の夢なんでしょうね。
でも、A.N.JELLのメンバーは誰も大学に行ってないから、
やっぱり実感ないですね。
テギョンにしてみたら、不安で仕方がないと思います。
焼もち炸裂!?

お友達はとてもつらかったでしょうね。
今、みなさんがつらいと思います。いろいろ悩みや不安を抱えて、
ゆっくりこうやって過ごせることがどれだけありがたいか。
つくづく思い知らされます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ぼくちゃんのママさん

こんばんわ、ぼくちゃんのママさん。

ミニョの夢はテギョンのためのもの。でも、それを
テギョンが理解するのは難しいでしょうね。
大学なんて行ったら、擦れ違いの生活だし、誘惑は多いし。
だからこそ、テギョンは大反対でしょうね。

学歴社会の韓国じゃ当たり前なんでしょうね。
芸能人も普通に大学進学しますよね。

Re: ☆せぶん☆さん

こんばんわ、☆せぶん☆さん。

大学に通っててもおかしくないですね。
ミニョの今後については悩みました。あの性格だから、
保育士さんとか、看護師、はては孤児院で働く、とか
いろいろ考えましたが、最終的に大学進学にしました。
でも、何学ぶの??ってまた悩んじゃって(笑)
ユナとのお話がなかったら、何してたんでしょうか?
テギョンも心配でしょう。

Re: ファイティンさん

こんばんわ、ファイティンさん。

ミニョの夢は大学でした。
ゴールインもありですよね。
テギョンの夢はそれでしょうね。
早く自分だけのものにして、他の男が寄り付かないように
したいと思います。

ファイティンさんの学生生活には憧れます。
彼氏さんのお迎え。憧れでした。
私は女子高育ちで、大学も短大も行ってないので、
そういう学生生活に憧れましたよ(笑)
テギョンもきっとそうなると思います(笑)
こっそり大学までやってきそうです。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【第一歩 12】へ
  • 【第一歩 14】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。