スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←愛する日 愛される日 4 →イケメン的昔話 さるかに合戦
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【愛する日 愛される日 4】へ
  • 【イケメン的昔話 さるかに合戦】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

空に太陽がある限り

空に太陽がある限り 5 

 ←愛する日 愛される日 4 →イケメン的昔話 さるかに合戦
 番組の収録は順調に進んだ。
 A.N.JELLの収録の後に、ハヌルのいるVenusの収録となった。
「ああ、疲れた。マ室長、この後はもう終わりだろ?」
「ああ。今日はこれで終わりだ」
「じゃあさ、みんなでメシ食いに行こうぜ」
 ミナムが言った。
「それもいいな。ミニョも来てる事だし、久しぶりに食べに行くか。なあ、ジェルミ?」
 シヌが後ろにいるはずのジェルミに声をかけると、そこにいない。
「あれ? ジェルミ?」
「またトイレか?」
 ミナムがからかうように言う。
「さっきまではいたぞ。俺は先に行ってる。ミニョが待ってるからな」
「おい、待てよ。俺も行くよ」
 ミナムまで楽屋に戻ってしまい、シヌは一人でジェルミを待つことにした。
「どこに行ったんだ?」
 トイレまで行ってみたがいない。
「おかしいな……」
 まさかと思いながら、スタジオに戻ってみると、ジェルミがいた。
「何でここに?」
 ジェルミの視線の先を追ってみれば、Venusの収録中だった。
「ジェルミのヤツ……」
 シヌは思わず笑ってしまった。
「何してんだ?」
 ポンッと肩を叩くと、
「うわっ! ビックリした」
 ジェルミが振り返ってシヌを見た。
「何だ、あの子が気になるのか?」
「えっ?」
「さっきの、何て言ったかな? あのミニョに似た子だよ」
「ち、違うよ! ただ、何て言うか、ホントにドジなんだよね。さっきから同じ所でダンス間違えてるし、歌詞も間違ってるし」
「……それでよくアイドルになれたな」
「うん。俺も不思議でさ。つい、気になって……」
 何気ないジェルミの言葉にシヌは笑ってしまった。
(結局気にしてるじゃないか)
「もういいだろ? ミナムがメシを食いに行こうって行ってる。早く来いよ」
「あ、うん。分かった」
 ジェルミはハヌルのことを少し気にしながら、楽屋に戻った。

「ああ、俺ってドジ! 楽屋に忘れ物するなんて。ミナムのやつが急かすからだよ」
 バタバタっと局内を走っていると、
「ダメじゃないか! 何度言ったら分かるんだよ!」
 廊下の隅で、ハヌルとマネージャーがいるのが見えた。
「すみません……」
「何のために練習してるんだ? 他のメンバーに迷惑かけるんじゃない!」
「はい……すみません」
「まったく。お前だけ、居残りで練習だ」
「はい……」
 しゅんとして頭を下げたままのハヌルの姿がいじらしかった。
(さっきのことで怒られてるんだ。可哀相だな……)
 ジェルミは思わず立ち止まって、様子を伺った。
「もういいから、顔洗って来い。泣き顔なんか見せるんじゃない。自覚を持て!」
「はい……すみません」
 ハヌルは頭を下げたまま、トイレに向かった。
「…………」
 見ていたジェルミまでなぜか泣きたくなった。
 楽屋に戻って忘れ物を取って、ミナムたちのいるレストランに戻ろうとしたが、ハヌルのことが気になった。
「もう楽屋に戻ったかな?」
 トイレに行ってみたが、まさか中に入るわけにもいかないし、ここで待つわけにもいかない。
「俺、何してるんだ? レストランに行かなきゃ」
 はっとして歩き出したとき、階段の陰でしゃくりあげるような泣き声がした。
「……っひっく」
 そっと近づいてみると、小さく蹲ったハヌルが見えた。
 小さな肩が震えている。
「…………」
 ジェルミは声をかけたらいいのか迷った。
(そっとした方がいいのかな。でも……)
 そのまま立ち去ることが出来なかった。
「あ、あのさ……」
 はっとしてハヌルが振り返った。
「……ぶっ!」
 ジェルミは思わず吹き出してしまった。
「そ、その顔……! ぶっ……ぶははははっ!!!」
「えっ?」
「ご、ごめ……も、もう、ダメ……ははははは!」
 ジェルミはお腹を抱えて、ハヌルの顔を指差しながら笑った。
 ハヌルは顔を洗わないまま泣いていたため、マスカラが剥げてパンダ目になっていた。それがファンデーションに混じり、頬まで黒くしている。
 泣いているのに、その顔がおかしくてジェルミは笑ってしまった。
「ご、ごめん……でも、おかしく……て……」
「は、はあ……」
 泣いていたハヌルはあまりにも笑い続けるジェルミに呆気にとられていたが、釣られて笑った。
「ふふふ……そんなにおかしいですか?」
「おかしいなんてもんじゃ……あっ」
「はい?」
「ようやく笑ったね」
「えっ?」
「キミは笑ってるほうが可愛いよ」
 笑いを引っ込めたジェルミが指でそっとハヌルの涙を拭いながら言った。
「ジェルミさん?」
 ハヌルの胸がドキンと跳ねる。
「ん? もう泣き止んだ?」
「あの……ジェルミさんの指」
「指? 指が何?」
「……真っ黒ですよ。マスカラで」
「えっ!? うわっ! ホントだ!!」
「あはははは! ジェルミさんったら、おかしい」
 今度はハヌルが笑う番だった。
 その笑顔はジェルミの大好きなあの笑顔に似ていた。
(ミニョみたいに笑う子だな)
「でも、キミは違うね」
「え?」
「キミはキミだもんね。キミの笑顔は可愛いよ」
「……ありがとうございます」
 恥ずかしそうにハヌルは顔を赤らめた。




おはようございます。今日はジェルミのお話からです。
だんだんと近づいていく二人。まだ気持ちはどうなのかなって感じです。
この二人の恋に関しては、「障害」は作りたくないです。
明るく可愛い恋のお話にしたいなって思ってます。

今日はこちらは雨模様ですが、みなさんの心は快晴でありますように。

いってらっしゃいといってきます
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【愛する日 愛される日 4】へ
  • 【イケメン的昔話 さるかに合戦】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 こんにちは、なつあおいさん。 ハヌルとジェルミのお話わくわくしてきました。どんな展開が待っているのか楽しみです。
 先日、私のブログ画面が消えてしまった件ですが、なつあおいさんへのコメント内にはいつも「ベルママ」で投稿させていただいていたと思います。が名前は「ベルベルのママ」となっていたかもしれません。自分で投稿しておきながら、はっきりと覚えていないなんて・・・お恥ずかしいかぎりです。
 管理画面の登録は残っていたので、パスワード等を変更してもう一度ブログ画面を作り直しました。ブロトモ請求の再開をされましたら、お手数で本当に申し訳ないのですが、もう一度許可して頂けますでしょうか?
 ろくにPCを扱えない自分が情けないです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 永遠さん

こんばんわ、永遠さん。

ジェルミの恋。上手くいってほしいと思いながら
書いてます。
ドラマのような悲しい思いはしてほしくないですね。

Re: ベルママさん

こんばんわ、ベルママさん。

こちらには「ベルベルのママ」さんというお名前で、ブロとも登録されたままですが、
どうしましょうか?
同じ方なのかこちらでは判断ができないので、メッセージをいただければ
ありがたいのですが・・・。

Re: もかさん

こんばんわ、もかさん。

ジェルミの恋がようやく花開きました(笑)
ミニョに似ているハヌル。
でも、ミニョじゃないですからね。ハヌルはハヌルって
ジェルミも分かってます。

Re: かちさん

こんばんわ、かちさん。

ジェルミもよくテギョンに怒られてますよね。
そういう似たもの同士みたいなところが、
二人を結びつけたらいいなって思います、

Re: みうさん

こんばんわ、みうさん。

ハヌルがユ・ヘイタイプだったら、きっと言い返してたでしょうね。
でも、ミニョに近いから、やっぱり泣いちゃうかな。
それを笑顔で慰めるジェルミ。
ジェルミの笑顔は最高です。

Re: かずみ@JKSさん

こんばんわ、かずみ@JKSさん。

お名前はどちらでもいいですよ。
「かずみ」さんだって分かったら。

ジェルミの恋は幸せだらけにしたいです。
いつも笑顔で、ハートがいっぱいみたいな。

Re: きなこさん

こんばんわ、きなこさん。

いつかハヌルと「魔法のバス」に乗る日が来るでしょうか?
悲しいことがあったら、ハヌルにも教えてあげて欲しいです。
でも、そんなことがないのが一番ですね。

Re:☆せぶん☆さん

こんばんわ、☆せぶん☆さん。

ときめきって大事ですよね。
昔は私もときめいてました。今は、グンソク君にときめきっぱなしです。
ジェルミもハヌルにときめいてるかな?
ハヌルにミニョを重ねながら、ちゃんとハヌルを見てる。
幸せな恋をしてほしいです。

Re: りくさん

こんばんわ、りくさん。

A.N.JELLの愛する末っ子ジェルミ。
守ってあげたいキャラですが、恋をしちゃうと頼れる男になってほしいです。
ミニョとの悲しい恋は思い出にして、新しい恋でテギョン・ミニョ以上の
バカップルになってほしいです。

Re:JULIA さん

こんばんわ、JULIAさん。

すっごく嬉しい出来事ですね。
こっちにはそんな看板ないので、私にとっての嬉しいことと言えば、
本屋で何気に見つける雑誌に載ってるグンソク君です。
今日も女性週刊誌の表紙のグンソク君に思わず手が伸びちゃいました(笑)
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛する日 愛される日 4】へ
  • 【イケメン的昔話 さるかに合戦】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。