スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←星をとってきて 7 →星をとってきて 9
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【星をとってきて 7】へ
  • 【星をとってきて 9】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
星をとってきて

星をとってきて 8

 ←星をとってきて 7 →星をとってきて 9
 この少し前に、テギョンも眠れないまま悶々としていた。
 ベッドには入ったものの、ミニョのことばかり考えてしまう。
「ああっ、クソッ!」
 起き上がると、水でも飲もうと思った。冷たい水を飲んで頭を少し冷やせば、眠れるかもしれないと。
 ミナムの部屋の前を通ると、明かりは消えていた。
「もう寝たのか?」
 自分のこの何とも言えない気持ちに反して、あいつはぐーぐー寝てるんだろう、と思うとちょっとムッとした。
(叩き起こしてやろうか?)
 とさえ思ったが、やめた。
 そんなことをして、100点から1点でも減点されるのが嫌だったからだ。
 キッチンに下りて、ミネラルウォーターを取って二階に上がってくると、テラスに続くドアが開いているのが見えた。
「?」
 こんな時間に誰かいるのかと、ふと思った。
(まさか、泥棒か?)
 とまで思ったが、ここはセキュリティ管理がしっかりしているから、外からの侵入はまずありえない。
 とすると、考えられるのは誰かが外に出たことだ。
 まさかとは思ったが、テラスに続くドアに近づいてみた。
 テラスの柵に誰かがいるのが分かったが、夜盲症のテギョンにはそれが誰なのかは判別できない。
 じっと目を凝らしていたが、明かりのないテラスでは月明かりだけが頼りで、よく見えない。
「オッパ……」
 呟きとも囁きとも取れる小さな声で、それがミニョだと分かった。
「何だ?」
 思わず聞き返していた。
 びっくりして振り返ったミニョの姿がぼんやりと見える。
「オッパ!?」
「だから、何だ?」
「お、起きてたんですか? いつからそこに?」
「さっきからだ。こんな時間にお前こそ何してるんだ?」
「私は、眠れないものですから、星を見に……」
 テギョンはテラスに出ようとしたが、自分の足元さえおぼつかないぐらいの闇夜だ。一歩踏み出すことさえできない。
「おい、手を貸せ」
 伸ばした手をミニョが慌てて取った。
 手が触れ合うたびにテギョンはドキッとする。
「大丈夫ですか? こっちです」
「ああ……」
 握られた手をぎゅっと握り返した。柵まで連れて来られたが、離したくない。
「オッパ?」
「俺は暗くて足元さえ見えないんだ。このまま手は握ったままにしていろ」
「……はい」
 恥ずかしそうに俯くミニョが可愛い。思わずテギョンの頬が緩む。
「こんな時間に何してたんだ?」
「はい。星を見ていました。キレイだなって思ったら、外に出て見たくなったものですから……」
「俺には何も見えない」
 テギョンは目を細めて夜空を見たが、ただ暗やみが広がるだけだった。



良かったら1ぽちと1拍手をお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【星をとってきて 7】へ
  • 【星をとってきて 9】へ

~ Comment ~

No title

おはようございます!
DOKIDOKIv-343わくわくe-343です!
二人の気持ちがしっかり伝わってきますよ~i-236
手をつなぐってなんかいいですよねi-228
私もつないでほしい…i-239
ふぁいてぃん(^.^)/~~~

Re: muyumuyuさん

おはようございます。
ドキドキ伝わってよかった。
自分がテギョンと繋いでる気分に
なりながら書いてますv-398
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【星をとってきて 7】へ
  • 【星をとってきて 9】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。