スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←恋心と野心 3 →恋心と野心 4
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【恋心と野心 3】へ
  • 【恋心と野心 4】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

空に太陽がある限り

空に太陽がある限り 11

 ←恋心と野心 3 →恋心と野心 4
「大丈夫?」
 ぐいっと腕を掴まれてハヌルははっとした。
「え?」
「どこまで行くつもり?」
 振り返るとジェルミだった。
「どこまでって……あの、おトイレに……」
 掴まれた腕が熱を持ったように熱い。
「トイレ? トイレなら、あっちだよ」
 指さす方向とは反対にハヌルは歩いていた。
「あ! あの……!」
 恥ずかしくなって顔を真っ赤にするハヌルが可愛い。
「おいで、迷子ちゃん。俺が連れて行ってあげる」
「あ、あの、けけけっこうです!」
「けっこうじゃないだろ? そんな脚で無理したらヒドクなるよ」
「え?」
 考え事をしていたときには痛いと感じなかったが、いざ歩こうとしたらズキズキと痛みが走る。
「ほら」
 言いながらジェルミは腕を持って支えた。
「……ありがとうございます」
 ゆっくりとハヌルが痛くない程度の速度で歩いてくれる。
 ドキドキドキドキドキ…………。
 早まっていく胸の鼓動にハヌルはジェルミに聞こえたらどうしようかと考えた。
「はい、着いたよ」
「ありがとうございます」
 ぺこりと頭を下げてハヌルはトイレに入った。
 個室に入ると、ジェルミへのドキドキとソニョンへの恐ろしさが相まって、泣きたくなった。
「うっ……ふえ……ううっ……」
 涙が止まらない。
 ひとしきり泣くと、真っ赤になった目と鼻を気にしながらハヌルは出て来た。
「やっぱりだ」
「!!!!」
 外でジェルミが待っていた。
「また泣いてるだろうなって思ったんだ」
「あ、あの……」
「おいで」
 ジェルミはハヌルの手を掴むと、胸の中に引き寄せた。
「ジェルミさん!?」
「何だろ? 俺、おかしいんだ。キミが泣いてるって思ったら胸がぎゅうって締め付けられるんだ」
「えっ……」
「……どうしてだろう?」
「あ、あの……」
 ハヌルは困った。楽屋近くのトイレとは言え、誰に見られるか分からない。
「あ、あの、ジェルミさん、私……」
「行こう」
 そう言うと、ハヌルの脚をかばいながら歩き出した。
「あの、どこへ?」
「いいところ」
「いいところって、あの……」
 ジェルミは有無も言わせずにテレビ局の外に連れ出すと、タクシーを拾った。
「ジェルミさん、あの!」
「大丈夫。責任は俺が取るから」
 それだけ言うと、行き先を告げてしゃべらなくなった。

 連れて行かれたのは、とあるバス停だった。
「?」
 ワケが分からないハヌルに、ジェルミはにっこりと笑いかけた。
「嫌なことはその日のうちに忘れるんだ」
「…………」
「あ、来たな」
 やって来たバスにハヌルと一緒に乗り込んだ。
「このバスは?」
「……魔法のバスだよ」
「魔法の、バス?」
「うん。あ、ただの循環バスだけどね。でも、俺は魔法のバスって呼んでる。嫌なこととかツライことがあったらこのバスに乗るんだ。1時間かけて走る間にすべて忘れられるからね」
「すべて? 嫌なこととか、ツライこととか?」
「うん。すべてね。だから、キミも……ハヌルもただこの魔法のバスに身を委ねて乗ってればいいんだ。何も考えちゃダメだよ」
『ハヌル』と名前で呼ばれて、ドキッとした。
「……そうします」
 ハヌルはゆっくり目を閉じた。
 ただ走るバスの音だけが聞こえた。
 ジェルミは何も言わない。ただ隣に座っているだけ。
 それだけなのに、ハヌルの心はあったかくなり、落ち着いていく。
(……私、ジェルミさんが好き)
 ストンと、気持ちがすっきりした。
(好き……)





おはようございます。今日も何とか晴れています。
早く梅雨明けして欲しいですが、そうなるとますます暑くなりますね。
みなさん、海には泳ぎに行きますか?
私は毎年です。旦那の実家の裏手がすぐ海なので。と言っても一般に海水浴場とされてるところじゃなくて、なーんにもないただの海です。
だから、泳ぎに来るのは地元の人だけ。いつも、私と旦那の貸しきり状態(笑)
そこに買ってきたジュースを放り投げて冷やし、私は浮き輪でぷかぷかと(笑)
泳げないので、ただ涼むだけです。
水着なんて着ませんよ! 肉襦袢をさらすわけにはいかないので(笑) まあ、誰もいないんですが・・・。

今日も一日みなさんが笑顔でありますように。

いってらっしゃいといってきます。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【恋心と野心 3】へ
  • 【恋心と野心 4】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

可愛い&優しい

初めまして『とも』と言います。なつあおいさんのブログを、毎日楽しみにしています(*^-')b
ジェルミの優しい行動に、大人になっているのが、素敵ですね☆彡
可愛い2人の今後が楽しみです♪しかし、どこにでもいる『いじわる』さんたちも、かなり気になります(-_-;)
どうしても、応援したい気持ちを押さえられずにコメしてしまいましたm(__)m
更新を楽しみにしています!!

こんにちは

おぉ~魔法のバス!教えちゃいましたね♪
悲しい思い出が素敵な思い出に上書きされますように



海に行くだけで大渋滞!行ったらすごい人で
浮き輪で埋め尽くされている海・・・ 貸切海水浴を楽しめるなんて羨ましいです(^^;)


暑くなりましたので体調を崩されませんように

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 水夢さん

おはようございます、水夢さん。

ジェルミとハヌルってこれからどうなるか
まだ分かりません。
ジェルミが早く気持ちに気づいたらいいなって思ってます。

魚人とは羨ましい! 私は浮き輪ないと泳げないので。
潜るなんて絶対出来ません!
水着は着てなくて、普通の服です(笑)

Re: ともさん

おはようございます、初めまして、ともさん。

お越しいただきありがとうございます。
お話をいつも読んでいただきありがとうございます。

ジェルミのお話、そろそろ自分の気持ちに気づいてもいいかなって
思いながら書いてます。
ハヌルは気づいたし、後はジェルミがそうなったら、
テギョン・ミニョみたいにラブラブさせたいです。

Re: もぐもぐらさん

おはようございます、もぐもぐらさん。

魔法のバスってジェルミにとったら大事なものですね。
ミニョに教えたとき、ジェルミはミニョが好きだって気づきました。
ハヌルのときもそうかな?

旦那の実家の近くには普通に海水浴場あります。
でも、私たちは誰もいないところに・・・・。
お金もかかりませんし(笑)

Re: はなたさん

おはようございます、はなたさん。

魔法のバスを教えるってことはジェルミにとっては、
その相手が大事ってことだと思います。
ミニョにも教えたとき、ジェルミは自分の気持ちに気づいたし。
この二人の恋ってどんなでしょうか?
ジェルミが甘えそうかな?

貸しきり状態の海ですが、シャワーがないので、実家まで
浮き輪持ったまま帰ります(笑)

Re: みほさん

おはようございます、みほさん。

ジェルミの魔法のバス。一度は乗ってみたいです。
ジェルミが教えたのはミニョとハヌルだけ。
きっとジェルミももうすぐ自分の気持ちに気づきます。
ラブラブジェルミが書きたい!!

弟さんのお子さんのお宮参り、おめでとうございます。
お天気はあいにくだったようですが、幸せですね。

Re: うめちゃんさん

おはようございます、うめちゃんさん。

魔法のバスを教えるってことはそういうことです。
ジェルミの気持ちもそろそろかな?
男らしいジェルミ、好きです。

Re: ふーちゃんさん

おはようございます、ふーちゃんさん。

そこにいるだけで落ち着く存在。
めぐり合うのって意外と難しいかも。
でも、ハヌルはジェルミに安らぎを感じたし、
きっとジェルミもそうだと思います。

Re: せりなさん

おはようございます、せりなさん。

これまでジェルミが魔法のバスに一緒にのったのは
ミニョだけでしたね。
ハヌルに教えたのはきっとミニョに対する気持ちと同じだと
思います。
それに気づいたら、もう止まんないかも?

私も海大好きです。ぼーっと眺めてるだけでいいです。
旦那といろんな海を見にいってます。同じようで違うんですよね。

Re: ちぃちゃんさん

おはようございます、ちぃちゃんさん。

ジェルミの恋がうまくいったら、きっとラブラブになるでしょうね。
甘えん坊だけど、ハヌルにも甘えちゃうかな?

Re: みうさん

おはようございます、みうさん。

無意識にハヌルを気にしちゃう。
魔法のバスを教えたのもきっとそうだと思います。
心のどこかにハヌルへの気持ちが芽生えてるでしょうね。
ジェルミが気づいたら、ラブラブ一直線?

プールが近くにないんです。あっても、入場料がお高くて(笑)
それに水着を着れるような体型をしてないから、
ここはタダで服のまま入れちゃう海のほうに・・・(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: notangelloveさん

こんばんわ、notangelloveさん。

アメブロのほうに申請してくださったそうですが、
確認したら、申請されていませんでした。
もしかしたらアメブロの不具合かもしれないので、
再度申請しなおしてもらえたらありがたいです。

Re: めぐみさん

こんばんわ、めぐみさん。

お元気でしたか?
今、ジェルミは恋をしようとしています(笑)
女の子にとって、ツライときに側にいてくれる人って
すごく慰められますね。
ジェルミがそんな存在になってくれたらいいです。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【恋心と野心 3】へ
  • 【恋心と野心 4】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。