スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←空に太陽がある限り 17 →欲しいもの
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【空に太陽がある限り 17】へ
  • 【欲しいもの】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
愛に狂う

愛に狂う 9

 ←空に太陽がある限り 17 →欲しいもの
 ミニョがいなくなって数日後、仕事を終えたA.N.JELLが帰国した。空港に迎えにきたマ室長とワンコーディの表情からミニョが見つかっていないことをテギョンは知った。
「マ室長! ミニョは? ミニョは見つかったの!?」
 ジェルミが飛びつくような勢いで聞く。
 マ室長とワンコーディは顔を見合わせ、何も言わずに頭をふるふるっと振った。
「どうすんだよ! ミニョはどこに行ったんだよ!!」
「とにかく、車に乗るんだ。ここで騒ぐのはマズイ」
 マ室長に言われるまでもなく、出迎えに訪れたファンが集まってきている。まだ何か言おうとするジェルミを促して駐車場に向かった。
 飛行機の中でも、空港でも、そして車の中でもテギョンはひと言も口をきかない。
 ミナム、シヌ、ジェルミはテギョンを伺いながら、三人も口をきかない。
「このまま事務所に戻るか? それとも……」
 テギョンを伺いながらマ室長が訊いた。
「………………事務所に行く」
 ぽつりとそれだけ呟いた。
「分かった」
 重苦しい空気が車内に流れた。
 テギョンはそれ以上何も言わない。ただ窓から外を眺めている。
(ミニョ……どこにいるんだ?)
 誰もいなければ叫び、窓ガラスを叩いて暴れるところだ。
 事務所に帰ってきたメンバーをアン社長は両手を広げて迎えた。
「おお、A.N.JELLボーイ! 今回のライブも大成功だったそうだな! グーッドグッド!! マ室長もよくやってくれた」
 メンバーより早くマ室長が帰ってきたことをアン社長は知らない。
「あ、はい……ありがとうございます」
「ん? どうした? 疲れてるのか? お前ら顔色がよくないぞ」
「え?」
 言われてマ室長は四人の顔を見た。確かにあまり顔色はよくない。
「そ、そんなことないですよ! あははは! なあ、お前たち」
 ぽんぽんっとジェルミの背中を叩いてマ室長は言った。
「え? あ、うん。大丈夫だよ、社長。あははは」
「俺は疲れたからちょっと休みたい」
 テギョンはそう言うと、スタジオに一人向かった。
「お、おい、テギョン?」
 とぼとぼと向かうテギョンの後ろ姿は暗い。
「ん? どうしたんだ、テギョンは? 相当疲れてるみたいだな。何かあったのか?」
「な、何もないですよ」
 また笑ってごまかした。

 何度も何度も携帯のボタンを押している。でも聞こえてくるのは「電源が入っておりません」のアナウンスだけ。
 それでも繋がるんじゃないかと根気よく試してみる。
「ミニョ……」
 手の中に握りしめているミニョから預かった指輪を見た。
 もう何回目のアナウンスだろうか? シンガポールにいる間も何百回と聞いた。
 そのたびに気が狂いそうになった。ミニョがいなくなった。俺の前から消えた。理由が分からず、どうしたらいいかも分からずにテギョンはこの数日間苦しんだ。
「どこだ? どこに行った?」
 ボタンを押す手が震えてきた。うまく押せずにイライラする。
『電源が』のアナウンスを聞いた瞬間、テギョンは携帯を壁に叩きつけて叫んだ。
「ああぁーーーーーーーーーーーー!!!!!!!」
 怒りで言葉にならない。テギョンはただ叫び続けた。手当たり次第そこにあるものに当たった。
「ヒョン!」
 後からやってきたジェルミたちは叫びながら物を壊しているテギョンにびっくりした。
「ちょ、ちょっと、落ち着いて! ヒョン!!」
 ジェルミやシヌ、ミナムが一斉に止めにはいった。
「いてっ!」テギョンの拳がミナムの顔に当たった。
「暴れるな! 落ち着け!」シヌとジェルミが両側から羽交い絞めにした。
 テギョンは喚きながらそれでもまだ暴れた。ようやく三人がかりで押さえ込んだ。
 はあ、はあとテギョンは息を荒くして小さくうめいた。
「……ニョ……ミニョォ……」
 ぽたぽたっとテギョンの目から涙がこぼれた。
「ヒョ、ヒョン……」
 ジェルミはおろおろしてシヌとミナムを交互に見た。
「テギョン! しっかりしろ! お前がそんなんでどうする!」
 ダンッとミナムが足を踏み鳴らした。
「ミニョがいなくなるには必ず理由があるはずだ! あいつは勝手にいなくなるような奴じゃない! だから、お前がしっかりしてあいつを捜すんだ!」
「そ、そうだよ、ヒョン! ミニョが俺たちに何も言わずにいなくなるはずないさ。きっと何か理由があったんだよ。」
「そうだ、テギョン。しっかりしろ!」
 三人に次々と言われて、テギョンは泣くのを止めた。見えないように涙を拭うと、キッと顔を上げた。
「……悪かった。俺がしっかりしなきゃならなかった」
「ヒョン……大丈夫だよ。ミニョは見つかるよ」
「……そうだな。絶対見つけてみせる」
「俺たちも手伝うよ」
 ジェルミがにこっと笑って言った。
「ありがとう……」
 もう一度、テギョンは指輪を握りしめた。

 翌日から、仕事の合間にミニョを捜すということが始まった。捜すと言っても手がかりは何もない。
 置手紙ひとつで姿を消したのだ。しかも、携帯も繋がらない。どこから始めたらいいか分からない。
「院長様は何か言ってなかったか?」
「何も。すごく落ち込んでて、寝込んでる状態だ。とても話を訊ける状態じゃない」
「そうか……」
 最後にミニョがいた修道院。ミニョが姿を消すようなことがあったとしたら、そこで何かがあったはず。
「俺、修道院に行って来る」
 居ても立ってもいられなかった。何か小さな手がかりでもいいからみつけたかった。
 車で向かう間も、ミニョが歩いているんじゃないかと思うと、つい歩道の方に目を向けてしまう。
(あいつには行くところなんかないのに。前だって修道院にいたぐらいなんだから)
 モ・ファランのことで沖縄で別れてしまったあと、ミニョはミナム以外には知らせずに修道院にいた。他に身寄りと言ったらミジャ伯母さんぐらい。
 そのミジャ伯母さんのところにもミニョは行っていないし、連絡もしていない。
(何でだ? 何でミナムに連絡してこない?)
 テギョンにはそれが不思議だった。自分に連絡をしてこないのが一番悲しい(いや、悔しい。いやいや、ムカつく)ことだが、兄のミナムにまでしてないことが分からなかった。
(つまりミナムにも連絡できないような事態ってことか? ……拉致監禁!?)
 真っ先に頭に浮かんだことだった。
(いやいや、ミニョを拉致ってなんの得がある? 違うな。じゃあ……)
 あれこれ考えたがどれも当てはまらない。ミニョが自分の意思で姿を隠したからだ。
(何かあったんだ。それも……修道院で)
 それしか考えられなかった。ミニョが院長様に挨拶もしないで、置手紙ひとつで姿を隠すとは考えられないことだ。
 そうしなければならない何かがあった。会う暇も、話す時間もないぐらい切羽詰まっていた?
(修道院に手がかりはあるはずだ!)
 アクセルをぐっと踏み込んだ。




おはようございます。今日は晴天です。昨日は福岡パルコに行ってきました。
あははは! 私、方向オンチでした。後から来た旦那の方が先に着いてましたから(笑)
開店1時間前に着いたんですが、すでに行列が。私は比較的前のほうでした。いなくなる予定だった旦那がずーっといてくれたおかげで助かりました。
グンソクの部屋。場所が小さいせいもあるかもしれませんが、意外に狭いなって思いました。
福岡限定メッセージもあって、「また会いましょう」の言葉に感動。
中では一人だったので、写真も一人で撮って、そこは淋しかったです。
でもでも、グンソク君をたっくさん堪能できたので、もう大満足です。
今度は福岡にも来てねー!!!! どうせなら、大分にも(笑)←これは無理?(笑)

「てのひらのお話」というすっごく短いお話を本編とは別に更新します。てのひらほどのお話って意味なので、ホント短いですが、いろんなテギョミニョやメンバー、周りの人を書きます。

今日も一日みなさんが笑顔でありますように。

いってらっしゃいといってきます。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【空に太陽がある限り 17】へ
  • 【欲しいもの】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ファイティンさん

こんばんわ、ファイティンさん。

ミニョが見つからないとテギョンは荒れちゃいますね。
いきなり消えたのはやっぱりマズかったですね。
今度からはそうならないように(笑) って、もういなくなることも
ないでしょうが。

昨日は楽しかったです。待ってる間は暑かったですが、それも楽しかったです。
旦那が逐一状況報告にやって来て。グッズも旦那がすべて買ってくれました(笑)
私はただ堪能しただけです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ミニョがどこにいってしまったのか
今日こそは見つかるんじゃないかと毎日はらはらしっぱなしです(笑)
毎朝、目覚ましよりも前に起きてチェックしちゃいます(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 誠デラックスさん

おはようございます、誠デラックスさん。

日曜日は楽しかったです。
ただ、意外に狭かったのが残念かな?
でも、私物やクッション見れて、幸せ~。
TBCのCM楽しみですね。
エステなんだから、グンソク君1人でいいのに(笑)

Re: うめちゃんさん

おはようございます、うめちゃんさん。

テギョンにとって、ミニョの存在って大きいから、
いないくなっただけで、空気切れみたいな感じになるでしょうね。
ミニョが早く帰ってきて、またラブラブになって欲しいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ミユキィさん

おはようございます、ミユキィさん。

ミニョはですね・・・安全な場所にいますよ。
最初は危険な場所にって思ったんですが、それじゃあお話が長くなっちゃうから(笑)
安全な場所にしました。
早く帰ってくるといいですね。

Re: ふーちゃんさん

おはようございます、ふーちゃんさん。

ミニョがいないだけで荒れちゃうテギョン。
つらすぎてどうしようもなくて泣き叫びたくなりますね。
もうすぐです。ちゃんとミニョ帰ってきますよ。

グンソクの部屋。やっぱり場所的には狭いのは当たり前なんでしょうか?
もう少し広いのをイメージしてたので・・・。
でも、クッションや部屋には感動でした。

Re:みうさん

おはようございます、みうさん。

いなくなったミニョを思えば思うほどつらくなりますね。
荒れ狂うのも無理ないです。
でも、そこはお兄ちゃんミナム!!
ちゃんとフォロー(?)しました。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【空に太陽がある限り 17】へ
  • 【欲しいもの】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。