スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←空に太陽がある限り 18 →真実 4
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【空に太陽がある限り 18】へ
  • 【真実 4】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
真実

真実 3

 ←空に太陽がある限り 18 →真実 4
「ヒョン! ジェルミヒョン!」
 休憩時間、ジェルミはのんびり差し入れのアイスを食べていた。スタジオにはジェルミしかいない。
「ん?」
 振り返ったジェルミはそこにキソプが立っているのに気づいて、食べていた手を止めた。
「な、何?」
 警戒の色を表情に浮かべる。
「あれ? 他のみなさんはいないんですか?」
「ん? ああ、休憩時間だからね。で、何か用?」
「用ってほどじゃないんです。ただ、ジェルミヒョンと話がしたくて」
「ヒョ、ヒョン?」
 途端にジェルミの顔がにやける。
「お邪魔じゃなければ……」
「邪魔なんかじゃないよ。俺も暇してたから」
 ここに座れよと空いてる椅子を指さす。
「ありがとうございます」
 ちょこんと座ったキソプは本当にまだあどけない顔をしている。でも中身は同じ年頃の子たちよりもずーっと成熟している。彼の生い立ちが関係しているが、そんなことをジェルミは知らない。
「僕、ずーっとジェルミヒョンと話してみたいなって思ってたんです。だって、僕って末っ子でしょ? だから、なんかジェルミヒョンに親しみ持っちゃって。って、すみません、勝手なこと言って」
「いやいや、いいよ。嬉しいよ。俺もA.N.JELLでは末っ子だろ? だから弟ができたみたいで嬉しいよ」
「ホントですか? うわあ、よかった」
「これ、食べる?」
「いただきます!」
 和気藹々といった感じで二人は話が弾んだ。
「そう言えば、最近、コ・ミニョさんが来ませんね」
「え?」
 スプーンを口にくわえたままジェルミはじっとキソプの顔を見た。
(あれれ? こいつらってミニョがいなくなったの知ってるんじゃないの??)
「どうかしたんですか?」
「あ……ああ、ミニョね。うん、いろいろと忙しいみたいでさ」
「そうなんですか」
 キソプもジェルミもお互いの心の内を探っている。
「……僕、ヘンな噂、聞いたんですが……」
「ヘンな噂? 何それ?」
 キョロキョロッとキソプは周りを見回して、小さな声で言った。
「コ・ミニョさんが急にいなくなったってホントですか?」
「え? ええっ??」
 ジェルミの困ったような顔と内心を無視して、小声で続ける。
「それも、実はファン・テギョンさんが隠したって聞いたんですが……」
「!! ……ヒョンが!?」
 突然、ジェルミが大声で叫んだ。
「しーっ!! ジェルミヒョン、声が大きいです!」
「あっ! でも、その噂おかしいぞ。何でヒョンがミニョを隠す必要があるんだよ! 二人は付き合ってるんだぞ」
「だから、これは噂ですから! でも、僕が聞いた噂じゃ、その、なんていうか……」
 急にキソプが口ごもる。言いにくいことのようだ。
「何だよ? 気になるから言えよ」
「あの……これはあくまでも噂ですから。その、ジェルミヒョンやシヌさんが……コ・ミニョさんに好意をもっていて、ちょっかいをだしたとかなんとか……」
 このシナリオはヒチョルが考えたものだった。シヌと恋人だったという『噂』のあることを利用したのだ。
 ジェルミの顔が途端に引き攣って青ざめた。
「な、な、何だよそれ? あははは……まったく、当てになんない噂だな。はははは」
 ジェルミの表情からキソプはおかしいと感じた。
(まさか、図星!?)
「お、俺たちはそんなことないし、ましてヒョンがミニョを隠すこともないさ。うん、そうだよ。そうに決まってる」
 自分に言い聞かせるようにしているジェルミにキソプの目が光る。
(A.N.JELLとコ・ミニョには何かある!)
「そうですよね! あははは! ホント、くっだらない噂ですね」
「おい、練習始める……お前、ここで何してるんだ?」
 戻ってきたテギョンがキソプを見て険しい顔をした。
「あ、すみません。ちょっとジェルミヒョンとお話してました。練習の邪魔になるので、僕はこれで。じゃあ、また」
 ぺこりと頭を下げてキソプはスタジオを出て行った。
「なんだ、あいつ。……おい、ジェルミ?」
「………………えっ?」
「大丈夫か? 何か顔色が悪いけど」
「あ……ああっ! 大丈夫、大丈夫だよ!」
 キソプの言葉にかなり動揺しているジェルミだった。





おはようございます。長かった台風もようやくこっちは過ぎ去りました。今は紀州方面がすごいようですが、みなさんのところは大丈夫ですか? でしたか?
何事もないといいですが。
私は毎週日曜日、「ゴーカイジャー」を見ています(笑) 言わずと知れた戦隊ものです。
この「ゴーカイジャー」今までの戦隊物と一味違って、これまでの戦隊シリーズのヒーローが毎回出てくるんです。
「じゃあ、もしかして、ブラックコンドルも!?」あ、アメブロのお話をお読みの方はご存知でしょうが、私は「ジェットマン」が大好きです。その中でも特に、ブラックコンドルこと結城凱が好きです。
今回はなんとその「結城凱」でした。もう涙涙です。昔と変わらず女好き。でも、メンバーを大事に思う心は死んでも変わらず・・・。ううっ・・・。戦隊物で泣いたのは初めてでした。
その後のメンバーたちの状況も少し垣間見えて、私にとっては楽しいお話でした。
次は誰かな? ってワクワク中です。

今日も一日みなさんが笑顔でありますように。

いってらっしゃいといってきます。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【空に太陽がある限り 18】へ
  • 【真実 4】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: めぐみさん

おはようございます、めぐみさん。

いろいろやってきますね。
あの人の正体もそろそろ判りますよ。

Re: ふーちゃんさん

おはようございます、ふーちゃんさん。

キソプの揺さぶり作戦。
核心をついてるからちょっとジェルミも動揺?
そんなこと言われちゃうと気になりますよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: シンジャさん

おはようござます、シンジャさん。

「真実」がはっきりしたら、あっけないかも(笑)
ジェルミが信じちゃうと他のメンバーにも影響出ちゃうかも。
ミニョが早く帰って来て、また元の生活に戻してあげたいです。

ゴーカイジャー・・・はまってます(笑)
レンジャーキーって一個ずつうってるんですか?? 知らなかった・・。
ジェットマンのレンジャーキーだけ買おうかしら(笑)
しかも、そんなCD出てるなんて!! それは買わなきゃ!!
「ジェット、ジェット、ジェットマ~ン」です。
あれ聴いちゃうともう体がうずうずしちゃう。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【空に太陽がある限り 18】へ
  • 【真実 4】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。