スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←愛は誰にも止められない 3 →愛は誰にも止められない 5
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【愛は誰にも止められない 3】へ
  • 【愛は誰にも止められない 5】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
愛は誰にも止められない

愛は誰にも止められない 4

 ←愛は誰にも止められない 3 →愛は誰にも止められない 5
 ミニョを修道院まで送る間、テギョンはずっと片手でミニョの手を握っていた。
 何度もミニョに、
「危ないですから、離したほうがいいです」
 と言われるのに、離そうとはしない。
 まるで自分の気持ちを伝えようとするかのように、ぎゅっと握り締める手に力をこめた。
 注意を口にしながらも、ミニョは嬉しくて、思わず手を握り返した。
 ミニョの行動に気づいたテギョンがニヤッと笑うと、また握り返す。
 ミニョもそれに応えるように握り返して、お互いの手が熱くなるぐらい握り合った。
 修道院に着いて、テギョンは手を離すのをためらった。
 次はいつ会えるか分からない。ソウルから修道院までは遠い。
「オッパ、ありがとうございました」
 そう言ってミニョは手を離すと、車から降りた。
「また、電話するから、絶対出ろよ」
「はい。何時でも待っています」
 にこっと笑うミニョの顔が可愛くて、このまま離れてしまうのがつらい。
「ミニョ」
 コイコイと中指を立てて、ミニョを呼んだ。
「何ですか?」
 テギョンは近づいたミニョの頭をグイッと引き寄せると、軽く唇にキスをした。
「!!!!!!!」
 恥ずかしさで顔を真っ赤にしたミニョの顔がまた可愛くて、思わずこのまま連れて帰りたくなってしまう。
「オ、オッパ……」
ミニョが何か言おうとしたとき、孤児院から子供たちが駆け出してきた。
「ジェンマ先生、お帰りなさい!」
「ジェンマ先生、会いたかったよぉ!」
 子供たちは一斉にミニョを取り囲む。とても、話ができる状況じゃない。
「ただいま。みんな元気にしてましたか?」
「はーい!」
 子供たちに囲まれて嬉しそうなミニョを見たテギョンは、何も言わずにそのまま帰って行った。
「あ、オッパ……」
 別れもそこそこだったとミニョは思ったが、おかまいなしに子供たちはミニョにまとわりついて来る。
「ジェンマ先生。アフリカのお話ししてよ」
「えっ? ああ、そうね。でも、その前に院長様にご挨拶してくるわね」
 テギョンには夜にでも謝ろうと思い、ミニョは院長のもとに向かった。
「ジェンマ! ジェンマではありませんか……」
 顔を見せたミニョに院長は嬉しそうに出迎えてくれた。
「院長様……。お久しぶりです」
「ミナムから帰ってくることは聞いていましたよ」
「申し訳ありません。本当は昨日、こちらに来る予定だったのですが……」
「いいのですよ。こうしてあなたの無事な顔を見れたのですから。ジェンマのお星様にはもう会ったのですか?」
「……はい」
 ミニョは恥ずかしそうにこくんと頷いた。
「そう、それは良かったこと。これからのことは、ここでゆっくりと考えればいいですからね。ひとまずはゆっくりなさい」
「ありがとうございます、院長様」
 アフリカに行く前に使わせてもらっていた部屋にひとまず落ち着いたが、やっぱりテギョンのことが気になった。
「電話してみようかな……」
 携帯を取り出して、かけようとしたら、
「ジェンマ先生、お話して~」
 また子供たちに邪魔されてしまった。
「分かったわ。今、お話してあげるね」
 苦笑しながらミニョは携帯をベッドの上に置いて部屋を出て行った。



どうだったでしょうか? 良かったら1ぽちと1拍手をお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【愛は誰にも止められない 3】へ
  • 【愛は誰にも止められない 5】へ

~ Comment ~

No title

恋する二人って、
たいがいなんでもないことですれ違って
もやもや、はらはらするのよね・・・(笑)
それを見て、
どきどきするのが私達(笑)

なつあおいさんの文章の魅力は、
いい意味でさっぱりしている甘さ。
最近トレンドのスゥィーツみたい★
私の晩ドラ。 応援してマース。

Re: yaoiさん

こんばんわ。
そうですよね、恋してるときってちょっとのことでも
擦れ違いますよね。
自分で書いてて、じれったいなってぼやいてますv-389

嬉しいお褒めの言葉をいただいて、ますます
頑張ろうって気になります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: muyumuyuさん

こんばんわ。いつもいつもコメントありがとうございますv-411
読むたびに嬉しくなって、ああ、書いててよかったなって、
PCの前で喜んでます。

最近、寝ると必ずみなさんからいただくコメントの夢を見るように
なりました。
朝、起きたらドキドキワクワクしてます。
正夢で、また楽しかったですってコメント来てたらいいなって。
だから、コメントいただくと、もう、それだけで、
朝からテンション上がりっぱなしですv-218
楽しいお話をお届けしようって思います。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛は誰にも止められない 3】へ
  • 【愛は誰にも止められない 5】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。