スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←空に太陽がある限り 20 →再会 5
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【空に太陽がある限り 20】へ
  • 【再会 5】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
再会

再会 4

 ←空に太陽がある限り 20 →再会 5
 ミナムの交際会見から三日後、A.N.JELLアジアツアーの最終公演となる日本へ向けて、メンバーとミニョは旅立った。
 飛行機の中、人目を気にしてミニョはワンコーディやマ室長と座った。
 テギョンは自分たちと同じ席に座るように何度も言ったが、ミニョはこれがケジメだと言って譲らない。
 空港についたテギョンたちを日本のファンが出迎える中、ミニョはこっそりと抜け出して先に車に乗り込んだ。
「スゴイ数の出迎えだったわね。今までのツアーの中で最高じゃない?」
 ワンコーディが少し興奮気味に言う。
「ああ、最終公演とあってアジア中から集まってるらしい。スゴイことだよな」
 マ室長も鼻高々のようだ。
 用意された車は二台。ミニョたちが乗っている車にテギョンが乗り込んだ。
「疲れたでしょ、ミニョさん。今からホテルですから」
「はい」
 ホテルに向かうちょっと間、テギョンはミニョの肩にもたれて眠った。
 ミニョが一緒だとこんなに落ち着いていられる。幸せを感じられる。
 前の二人(と運転手)がいなければ、今すぐにもキスをしてイチャイチャしたいところだが、それは後のお楽しみだと思わず夢の中でニヤけた。
「オッパったら、何かいい夢でも見てるんですか?」
 嬉しそうな寝顔にミニョも笑顔になる。

 ホテルに到着しても、テギョンたちにゆっくりしている時間はない。
「一時間後に集合だ。会場入りして、リハーサルを行うからな」
 最終チェックなどでいろいろと忙しい。
 二人分の荷物を抱えてテギョンはミニョと部屋に向かった。
 部屋はスイートルームで、二人で泊まるには充分すぎるぐらい広すぎる。
「今日はお前も来るんだろ?」
「はい。マ室長が会場に席を用意してくれています」
 それはテギョンが頼んだことだった。会場のど真ん中。テギョンから一番見える席を用意させたのだ。
「最後のライヴだ。最高のものにしてみせるからな」
「はい。楽しみです」
 たった一時間しかない二人っきりの時間だが、今の二人には充分だった。

 部屋の電話が鳴って集合時間を知らせる。
「じゃあ、先に行ってる。お前は後から来い。迎えの車を寄越すからな」
「はい。頑張ってください」
 ニコッと笑ってテギョンは下へ降りていった。
 部屋から東京の街が一望できる。
 ミニョは一度、この街に来たことがある。沖縄でテギョンとつらい別れをした後、ミニョは院長様の知り合いのシスターを訪ねて東京にやって来た。
 初めて見る景色にミニョは驚くばかりだった。ぼんやり突っ立っていると道行く人にどんどんぶつかられた。
 そのたびに、「ゴメンナサイ」とカタコトの日本語で謝る。でも、誰もそんなミニョを気にしない。
「東京ってそんな街だったよね」
 街を見下ろしながらミニョはそう呟いた。

 ライヴの開演時間は十八時。
 ミニョはその二時間前に会場入りした。
「ミニョ、こっちよ!」
 控え室の近くでワンコーディが声をかけた。
「お姉さん!」
 ミニョは両手に荷物を抱えて走った。
「あんた、何よその大荷物は?」
「あ、差し入れです」
「差し入れって」
 思わずワンコーディは笑った。
「まあいいわ。テギョンがお待ちかねよ」
 控え室に行くと、少し苛立った様子のテギョンが鏡越しにミニョが入って来たのを確認して立ち上がった。
「遅かったじゃないか」
「すみません。これを買ってたものですから」
 言いながら両手の差し入れを見せる。
「何だそれ?」
「アイスにシュークリームに、ケーキとあとはドラヤキです」
「ドラヤキ? 何だそれ?」
「おいしそうだったので、つい買っちゃいました」
「買っちゃいましたって、もうすぐライヴが始まるんだぞ。こんなに大量に食えるわけ……」
 言ってる側からジェルミとミナムは箱を開けて食べている。
「うん、美味しいよミニョ」
「ああ、このドラヤキとかいうのも美味いな」
 どんどん二人の胃袋に消えていくのをシヌは少し気持ち悪そうに見ている。
「お、お前ら、何食ってんだよ!」
「だって、ミニョの差し入れでしょ? みんなのものだよ、ヒョン」
「バカ! 俺のモノに決まってるだろ! それ以上食うな! これは俺の分だ! 寄越せ!」
「ヒドイよヒョン! まだ半分も食べてないのに」
「それだけ食えば充分だ!」
 テギョンまで参戦してしまい、三人が差し入れを巡ってバトルを始めた。
 ミニョはその様子を嬉しそうに見ている。
「さあさあ! お子ちゃまたち! 差し入れはそれぐらいにして、準備に入りなさい!」
 パンパンっとワンコーディが手を叩いて促した。
 ワンコーディの手でライヴのための四人が作られていく。その様子をミニョはそっと見ていた。
 これまでの四人とは違う顔になっていく。
(オッパが一番ステキだな)
 そんなことを考えながら、ミニョは日本に来てよかったと思った。




おはようございます。連休中はずーっと雨でした(泣) どこにも行かず、ヒマなので大掃除を(笑)
季節はずれですが、こんな時じゃないと旦那もしないので。
台風がここにも最接近中です。ホント、イヤになりますね。
土曜日にレンタル屋に行ったとき、二十代前半のお姉ちゃんが韓国ドラマのコーナーにいました。
なにやらお友達と話してるのを聞いてたら、「やっぱり美男ですねが一番やな」って聞こえて、思わず心の中でガッツポーズしちゃいました(笑)
さすがは美男ですね! 嬉しくなっちゃいました。もっとたくさんの人に見て、共感してもらいたいです。

今日も一日笑顔でみなさんが過ごせますように。

いってらっしゃいといってきます。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【空に太陽がある限り 20】へ
  • 【再会 5】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 水夢さん

こんばんわ、水夢さん。

ミニョの席は特等席だから、きっとよく見えるでしょうね。
そこでどんなことが起きるのか・・・・。

アリーナに行かれるんですね?
いいですね。当日は快晴だといいですね。
こっちは明日も雨のようです。

Re: たくみままさん

こんばんわ、たくみままさん。

ミニョがそこにいるだけで、みんなが笑顔になって、幸せな気分になれちゃう。
差し入れひとつでもこうなので、テギョンはますますヤキモチ焼きになっちゃうかも。
再会は・・・・東京ではなく別の場所です。

Re: 三姉妹ママさん

こんばんわ、三姉妹ママさん。

コメのことは気にしないで下さいね。
読んでくださるだけで嬉しいので。

ミニョのすごいところは、いるだけでみんなを幸せにしちゃうところですね。
縁結びの神様なのかも(笑)
笑顔のミニョは可愛いのでみんなが好きなんでしょうね。

台風・・・怖いです。こっちは明日までがピークみたいです。

Re: うめちゃんさん

こんばんわ、うめちゃんさん。

好きな人と過ごす時間はどんなことでも幸せですよね。
ましてテギョンみたいなイケメンの側にいるんだから、
幸せは倍増です(笑)
ライヴ前とライヴ後の二人・・・ラブラブですよ(笑)

こちらは明日までがピークのようです。大きな被害がないといいんですが・・・。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【空に太陽がある限り 20】へ
  • 【再会 5】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。