スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←愛は誰にも止められない 5 →愛は誰にも止められない 7
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【愛は誰にも止められない 5】へ
  • 【愛は誰にも止められない 7】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
愛は誰にも止められない

愛は誰にも止められない 6

 ←愛は誰にも止められない 5 →愛は誰にも止められない 7
 その日の仕事も順調に終わり、テギョンはすぐにミニョに電話をかけた。
 二回コールした後、
「はい、オッパですか?」
 とミニョの可愛い声が聞こえてきた。
 テギョンはミニョの声を聞くだけで、心がホッとして、癒されると思った。
「お仕事終わりましたか?」
「ああ、今、終わったところだ」
「お疲れ様でした」
 電話の向こうで子供たちの騒ぐ声が聞こえる。
「おい、やけにうるさいな。子供は寝る時間じゃないのか?」
「はい。ちょうど寝かし付けていたところです」
「そうか。じゃあ、用件を手短に言うぞ」
「はい」
 ミニョは何だろうかと思った。
「お前、今週末に修道院を出て、ソウルに移れ」
「えっ!?」
 びっくりしたミニョの声がテギョンの耳に響いた。
「おい、うるさいぞ。もっと小さく驚け」
 無茶な注文をする。
「ソウルに移るって、あの、どういうことですか?」
「ごちゃごちゃ言わずに、俺の言う通りにしろ」
「理由を聞かないと、それは出来ません」
 思わぬミニョの反論にテギョンはとまどった。
「出来ないって……お前……」
「とにかく理由を言ってください。そうじゃないと私……」
「家を探すから、それまでお前はホテルで暮らすんだ」
「ええっ!?」
 またミニョはびっくりして大きな声を出した。
「いい加減、驚くのはやめろ」
「でも、ホテルって……家って、どういうことですか?」
「俺とお前が一緒に住む家だ。そこが見つかるまでお前は、ホテルで暮らすんだ」
「私とオッパが……住む家ですか?」
「そうだ。……何だ、まさか嫌なのか?」
 ミニョの反応が意外だったこともあり、テギョンはムッとした。
「あの、私……」
「……お前はこれ以上、俺と離れていても平気なのか?」
「えっ?」
「俺は嫌だ。半年以上、お前と離れていたんだ。これ以上は待てないし、これ以上は無理だ」
「オッパ……」
「お前はどうなんだ? 俺とこのまま離れて暮らしていても、我慢できるのか?」
 訊いてはみたものの、「はい」と言われたらどうしようかと、テギョンの心臓は早鐘を打ったようにバクバクしていた。
「私も……無理です」
 小さな声で恥ずかしそうにミニョが答えた。
 思わずテギョンの口元がニンマリとほころぶ。
「そ、そうか。そういうことなら、週末にはホテルに移るんだ。いいな?」
 嬉しい気持ちをミニョ悟られないように、早口でまくしたてた。
「はい」
 ミニョの照れたような返事が、テギョンの心をくすぐる。
「コ・ミニョ。愛してる」
 ためらうことなく、そう口にできた。
 ミニョからいい返事をもらえ、テギョンは宿舎に戻るまでの間ずっと笑い続けていた。



どうだったでしょうか? 
良かったよって思ってもらえたら、1ぽちと1拍手をお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【愛は誰にも止められない 5】へ
  • 【愛は誰にも止められない 7】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:ファイティンさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
ブログのチェックをしてもらって嬉しいです。
更新が早いのは、書き溜めていたってのもありますが、
みなさんに楽しかったって言ってもらうのが、
嬉しいからなんです。
喜んでもらえたら、それが嬉しいんで。
これからも、頑張って書きますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私も笑い続けます♪

アップ早くてコメントついていけなかったわ~悔しい~(笑)

私も『イケメン』でグンちゃんに撃墜され、過去のドラマと映画見まくりましたよi-237
あとは映画『赤ちゃんと僕』を見れば制覇ですi-228
若いグンちゃんは可愛いし若様のグンちゃんも綺麗だしヨダレものでした(笑)

テギョンが直球勝負にでて、ためらうことなく…サランヘ…思わずガッツポ-ズv-220でしたね♪
「もっと小さく驚け」って…プッと笑っちゃいましたけどi-277
こういう些細な台詞に共感しちゃうのかも~i-179
ふぁいてぃん(^.^)/~~~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: akeさん

こんにちは。いつも読んでいただきありがとうございます。
ドキドキワクワクしながら読んでもらってると思うと、
それだけで嬉しくなっちゃいます。
本人は書きながらそうなってるんですが、読んでくれるみなさんが、
どうだろうって考えると、ドキドキします。
これからも頑張って更新しますねv-398

Re: muyumuyuさん

こんにちわ。すみません、更新早くてv-356
みなさんに喜んでもらいたくて、急ぎすぎました。
若い頃のグンソクの顔ってかわいいですよね。
今は男らしくなって、なんか色気まであって、
もう魅了されてますi-233

Re: minamiさん

こんにちわ。お久しぶりです。
minamiさんからのコメントが来ないので
(ずうずうしくてずみません)心配してました。
でも、またお越しいただいて、嬉しくて、
名前見たとき、手を叩いて喜びました。
読んだあとに笑顔になってもらえる。
何よりも嬉しいです。
頑張って書こうって気になりますv-411
ありがとうございます。

まだ、浮気できません。

こんにちは。朝からアップしてくれてたんですね。見ていけたら今日はどんだけハッピーだったか・・・・。
テギョンに惚れて・・・・。というかファンジニに出てたあのかわいい男の子がこんなに大きくなって・・・と母親の気持ちで見入ったのがことの始まり。
なので、ファンジニと美男ですねしか見ていません。
ほかのを見るのはまだまだ私にはちょっと無理。
見たらみたで惚れ直すのはわかっていても私の頭の中は
テギョンとミニョの2人のこれからの世界でいっぱいなのです。
一応、ツタヤにいってはてにするんだけど・・・・・。戻します。
だから、だから? なつあおいさんの小説で頭と心が幸せになります。
これからも楽しみにしてますね。

そうそう、これってプロポーズよね?

Re: ゆいゆうのママさん

こんばんわ。私もドラマはイケメンですねが初めてでした。
他は映画が二本ほど。
ベーウィルは前から面白いとは聞いて知っていたんですが、
ゆいゆうのママさんと一緒で、他のを見るのはまだ無理だなって、
思ってました。
でも、欲望に負けちゃって見たら、ファン・テギョンとは違う男臭さに、
もう感動。笑顔もいいです。
でも、私の書く物を楽しみにしていてくれるので、すっごく
嬉しいです。

二人の関係はまだまだです。私的にはいますぐにもそうなって
ほしいところですが・・・・・v-410
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛は誰にも止められない 5】へ
  • 【愛は誰にも止められない 7】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。