スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←苦悩 1 →苦悩 3
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【苦悩 1】へ
  • 【苦悩 3】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
苦悩

苦悩 2

 ←苦悩 1 →苦悩 3
「そう言えば、あのことはミナムに言ったのか?」
「え?」
「その……母さんのことだ」
 モ・ファランのことを「母さん」と呼ぶのはまだ少し躊躇うようだ。
「ああ、そのことですか。はい、お兄ちゃんには帰ってからすぐに話しました」
「……何て言ってた?」
「それは……」

「モ・ファランに会った?」
 ミナムは驚いて、声を張り上げた。
「うん。ごめんね、相談もしないで」
「何でだ? どうしてそんなことに……」
「オッパが日本でモ・ファランさんと会うのに付き合ったの。……お兄ちゃん、怒ってる?」
「怒ってるって……。何とも言えないよ。複雑だ」
「ごめんなさい。勝手しちゃって……」
 しゅんとした妹の頭をミナムは優しく撫でた。
「ミニョが謝らなくていい。それで、お前はどうしたんだ」
「……すべてを許したよ。モ・ファランさんも謝ってくれたの」
「……そうか」
「こっちに戻ってすぐに母さんと父さんのお墓にオッパと報告しに行ったの。きっと……」
「きっと、何だ?」
「二人も許してくれたと思うよ」
 ミナムはじっと妹の顔を見た。
(モ・ファランは俺にとっては許しがたい存在だ。それはミニョにとっても同じはず。でも、ミニョはテギョンを愛してる テギョンはモ・ファランの息子だ……。だから、許したのか?)
 もやもやっとしたものがミナムの中に広がった。
「それでね、モ・ファランさんがお兄ちゃんにも会いたいそうなの。もうすぐ韓国に帰国するそうだから……」
 ちらっと兄の顔を窺った。
「…………ミニョ」
「ん?」
「……今は、まだ俺には無理だ。もう少し時間をくれないか」
「お兄ちゃん……」
「俺の気持ちが落ち着いたら、そうしたら、会うよ」
「うん、分かった」
 ミナムの表情が硬いことにミニョは、モ・ファランへの拭いきれない思いを感じ取った。

「……ニョ? ミニョ」
「えっ? あ、はい!」
「どうした、ボーっとして。ミナムは何て言ったんだ?」
「あ……お兄ちゃんはもう少し時間が欲しいって」
「そうか。そうだろうな。簡単に会える問題じゃないからな」
「すみません」
「お前が謝ることはない」
 しゅんとなったミニョの手をぎゅっと握った。
「はい……」
 そのまま車は明洞に向かった。久しぶりのデートだった。

 その頃、ミナムは一人車の中で考え込んでいた。
 午後からの取材は個人個人のもので、シヌもジェルミも別々に取材を受けている。
 ミナムの取材は女性誌からのもので、つい最近、ユ・ヘイと交際宣言をしたことが主な取材内容だった。
 おまけのような形で妹のミニョとテギョンのことも聞かれたが、ミナムは深くは答えなかった。
 取材を終えて車に戻ったミナムは、ミニョから聞いたモ・ファランのことを考えていた。
(テギョンのことは許せても、あの人だけはどうしても許せない! 母さんを死に追いやったあの人を!)
 そう思いながら、ミニョのことを考えると許すのがいいことなのも分かっていた。
(母さん……俺はどうしたらいい? ミニョのために許すべきなのかな?)
 ここ数日ずっともやもやは去らなかった。
(会えばきっと俺は罵倒してしまうはずだ)
 一人で会うのが怖かった。
(ミニョを連れて行くか? でも……)
 怒りに任せてモ・ファランを罵るであろう自分を、妹には見せたくなかった。
(母さん……俺はどうしたら……)
 このまま会わずにいるという選択もあった。
 でも、ミニョのことを考えるとそれはしたくなかった。
(テギョンを愛しているミニョにとって、モ・ファランは他人じゃなくなる。そうなれば、俺がしこりを残したままはマズイ……。でも、でも……!)
 考えれば考えるほどに、もやもやは深くなるし、底知れない暗闇に墜ちていく気がした。
(何も知らずに憎んだままでいたかった!)
 ♪♪♪♪
 はっとしてポケットに入れていた携帯を取り出した。
 着信はユ・ヘイからだった。
「もしもし?」






おはようございます。今日も晴天です。洗濯日和だわ。
苦悩その1はミナムです。いろいろ彼の中でも葛藤する部分があるでしょうね。
ミナムがどういう答えを出すかは・・・分かりません。
話は変わりますが、みなさん、駄菓子好きですか?? 私、大好きなんです(笑)
どこに行っても駄菓子屋みつけちゃうと、「入っていい?」って旦那に聞いちゃいます。
「たくさん買わんので!」って釘をさされるのは、いつものこと(笑)
特に好きなのが、林檎せんべい(岩手屋さん)! でも、これって滅多に見つけられません。しかも秋から冬限定らしくて、見つけちゃうと大量購入!(笑)
ほのかなりんごの甘味と黒ごまが合ってて食べ出したら止まりません。
どうも、通販もあるらしいので、旦那にナイショで買おうか悩んでます(笑)

今日もみなさんが笑顔でありますように。

いってらっしゃいといってきます。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【苦悩 1】へ
  • 【苦悩 3】へ

~ Comment ~

なつあおいさん、おはようございます。

ミナムの思いはなかなか、拭いきれるものではないかもしれませんね…でも、なんとか、すっきりさせてあげたいものです。
ヘイが助けてくれるかと…

私はね、クッキータイプのピーナッツのせんべいとイカがついてるせんべいがすき。たまに、職場で通販で買うんです。アイデア色々な南部せんべいがありますよね♪
  • #12526 にこにこひまわり♪ 
  • URL 
  • 2011.10/12 08:25 
  •  ▲EntryTop 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ごぶさたしてます(*^^*) 忙しさにかまけて、読み逃げばかりでございました

心の機敏…葛藤…表現の一番難しいテーマですね。

なつあおいさんのミナムがどんな答えを導きだすのか、楽しみにしています

Re: にこにこひまわり♪ さん

こんばんわ。

ミナムにとってモ・ファランの存在って憎むべきですよね?
でも、ミニョとテギョンのことを思うと、許すのが一番いいのは
わかってる筈です。
でも、それができないからまた苦しんじゃう。
ユ・ヘイがいい方向にミナムを導いてくれますように。

そう、南部せんべいなんです! もう林檎せんべいにはまっちゃって。
ピーナッツのもいいですよね。コーヒーと飲むと最高です(笑)

Re: あられさん

こんばんわ。

確かにミナムの心情を考えると、苦しくなりますね。
ミニョでもあれだけ苦しんで悩んだんですから。
でも、最後にはテギョンへの愛が勝ちましたね。
そう思うと、ミナムも妹への愛から、モ・ファランを許せるかな?

あられ・・・おいしいですよね。今はいろんな味のがありますね。
私も大好きです。

Re: 水夢さん

今のミナムにとって、一番乗り越えなきゃならない問題だと思います。
いつかは・・・なんでしょうが、今がいいかもしれません。

林檎せんべいはいいですよ。おすすめです。
まさに岩手のお菓子ってかんじですよね。
みそかつ味のお菓子ってどんなんだろ??

Re: むぎょるさん

大丈夫ですよ~。

ミナムの心の葛藤は本人にしか分かりませんよね。
ミニョが同じように苦しんだように、ミナムも今そうだと思います。
許す・許さないにしても、いつかは時が来たらミニョのように
許せる日がくるかもしれません。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【苦悩 1】へ
  • 【苦悩 3】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。