スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←空に太陽がある限り 22 →苦悩 6
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【空に太陽がある限り 22】へ
  • 【苦悩 6】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
苦悩

苦悩 5

 ←空に太陽がある限り 22 →苦悩 6
 翌朝、ミニョはいつもよりスッキリした気分で目覚めた。
「ん~~。あれ? いつの間にベッドに?」
 服はそのままだがベッドで寝ている自分に驚いた。
「オッパ?」
 いつもならまだ隣で寝ているはずのテギョンがいない。
「もう起きたのかな?」
 急いでベッドから抜け出すと、一階に降りた。
 テギョンはリビングのソファに座って、雑誌を読んでいた。
「もう起きてたんですか? 今日は早いんですね。すぐにご飯の支度をしま」
「ミニョ。こっちに来い」
 少し厳しいテギョンの声にミニョは、はっとした。
「どうかしましたか?」
「そこに座れ」
 隣じゃなく真向かいのソファを指差した。
「はい」
 何か失敗したかな? とミニョはまだ回らない頭を一生懸命動かした。
「お前、俺に何か隠し事してないか?」
「え?」
「隠し事だ」
「私は別に……」
「じゃあ、これは何だ?」
 持っていた雑誌をミニョの目の前に突きつけた。
「あっ! それは……」
 途端にミニョの顔色が曇る。
「その……」
「何だ? 言い訳か?」
「いえ……その」
 テギョンが昨夜見つけた雑誌はアルバイト情報誌だった。
「お前、まさかアルバイトをするつもりか?」
「……はい」
「はい? 今、はいって言ったのか?」
 テギョンの顔が険しくなる。
「あの……ダメですか?」
「ダメッて! 当たり前だろ! そんな必要がどこにある!」
「あります。学費も稼がないといけないし、オッパに出してもらう費用もお返ししないと……」
「お前がカネのことで心配する必要はない!」
「オッパ!」
「お前のことはすべて俺が面倒を見る。そう決めてるんだ」
「それはおかしいです」
 思わぬミニョの反論にテギョンはムッとした。
「何がおかしい?」
「私は成人した女性です。子供じゃありません。自分のことは自分でどうにかできます」
「なっ! 俺がするからいいんだよ!」
「それじゃダメなんです!」
「ミニョ!」
「どうしてダメなんですか? 大学生になればバイトぐらい当たり前です」
「みんながみんなバイトするわけじゃない。お前はバイトするために大学に行きたいのか?」
「そうじゃありません! でも、これからは何かとお金が必要になりますから。それで……」
「必要なカネは俺が出す!」
 テギョンの言い方に少しミニョはムッとした。
「どうしてオッパはいつもダメだダメだって言うんですか?」
「危ないからに決まってるだろ!」
「何が危ないんですか?」
「それは……」
 まさか、バイト先で男がうようよいたらお前は可愛いからすぐに告白されて、危ないからだ、とは口が裂けても言いたくない。
「それは……お、お前は事故多発地帯だからだ! ドジばっかりしてるお前が働いてみろ。周りが迷惑だろ」
 心に思ってもないことが口をついて出た。
 途端にミニョの顔が泣きそうなほど口をへの字に曲げて、目も潤みはじめたが、テギョンは気づかない。
「だから、お前はバイトなんか考えないで大学に通うことだけ考え……」
「今回はオッパが何と言おうと私は引きませんから!」
 テギョンの言葉を遮ってミニョは怒鳴ると、二階に駆け上がった。
「おい! ミニョ!」
 険悪なまま、テギョンは仕事に出かけて行った。

 テギョンが仕事に出たあと、ミニョはそっと部屋から出てきた。
「オッパの分からず屋……」
 口に出して言ってみたものの、怒らせてケンカのようになったことを後悔した。
「どうしたら分かってもらえるのかな?」
 放り出されたままのアルバイト情報誌をミニョは恨めしい気持ちで見つめた。






おはようございます。すっかり寒くなってしまいました。
謎の雑誌はアルバイト情報誌でした。韓国にもあるんでしょうか?
昔、ゲーセンで名刺が作れる機械がありました。10枚200円って感じで。
当時の私はSOPHIAやGLAYにはまっていたこともあって、名刺は必要不可欠なものでした。
ライヴで知り合ったファンの方と交換してたんですね(笑)
ライヴネームが「なつ花」「あおい」でした。それが今の「なつあおい」につながっています(笑)
今も、そんなことしてる人っているのかな??

今日からまた一週間が始まりました。みなさんが今日も笑顔でありますように。

いってらっしゃいといってきます。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【空に太陽がある限り 22】へ
  • 【苦悩 6】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 水夢さん

バイトです。
ミニョも社会勉強のためにするのはいいことだと思います。
ついでに学費も稼げちゃうし(笑)
でも、テギョンは嫌でしょうね・・・。

昔はライヴ会場で交換してました。
今は携帯の赤外線ですよね。

Re: 銀のタルさん

確かに・・・ミニョの場合、バイトする云々の前に場所が問題ですよね。
顔は知れ渡ってるわけですから、顔見たさに人が押し寄せそうです。
変装でもさせようかな?

Re: 履歴書の書き方の見本さん

初めまして。

お越しいただきありがとうございます。
お話も読んでいただきありがとうございます。
お名前が分からなかったので、そのまま使わせてもらいましたが、
よろしかったらお名前を教えてください。

またいつでも遊びに来て下さいね。
お待ちしてます。

Re: うめちゃんさん

こんばんわ。

そう、バイトの雑誌でした。
ミニョにとってもバイトは大事なことだと思います。
何もかもテギョンに出してもらうのは嫌でしょうから。
でも、テギョンにしてみたら、頼られないのは悔しいでしょうから・・・。

NoTitle

なつあおいさん こんばんは。
ミニョがバイトか~心配だ!デギョンさんじゃないけど心配しますよね~(笑) 表にでるバイトはダメですよね…顔が(>_< )

Re: サルサさん

こんばんわ。

ミニョのバイト問題。
テギョンには心配ですよね。
男がいたら・・・爆発しちゃうかも?

NoTitle

すいません!書き忘れなんですが(笑)
私GLAYファンです。14年ほど♡
最近では名刺作ってないですけど、作ってましたよ!
今でも貰ったりしますし(≧▽≦)
いや~それだけ言いたかったんです(笑)

Re: サルサさん

おお!!!

そうなんですか? 
私がGLAYのファンだったのは、もう10年以上前です。
ライブに行っていたのは、99年前後ぐらいです。
あの頃、ライヴでお会いするお友達に名刺を配りまくっていました。
主に福岡でですが(笑) 懐かしいです。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【空に太陽がある限り 22】へ
  • 【苦悩 6】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。