スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←愛は誰にも止められない 9 →ただ見守っていて 1
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【愛は誰にも止められない 9】へ
  • 【ただ見守っていて 1】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
愛は誰にも止められない

愛は誰にも止められない 10

 ←愛は誰にも止められない 9 →ただ見守っていて 1
「ミニョ、本当なのか?」
 部屋に戻ったミナムはすぐにミニョに電話をかけた。
「ごめんなさい、相談もしないで勝手に決めて……」
 しゅんとしたミニョの声が聞こえる。
「ミニョは、本当にあいつと暮らしたいのか? 強要されたんじゃないのか?」
 つい兄として心配してそう思ってしまう。
「ち、違うわ、お兄ちゃん。私が自分で決めたことよ」
 ミニョは慌てて否定した。
「でも、ひと言相談してくれてもいいだろ? 俺はそんなに頼りにならないのか?」
「お兄ちゃん、そんなことないよ。ただ、私、オッパの側にいてあげたいの……」
「あいつの側にいて、お前は幸せになれるのか?」
 一旦はテギョンのことを認め、ミニョとのことも許しながら、やっぱりテギョンと付き合うことには不安が残る。
(あいつは、決して出来た人間じゃない。ミニョが苦労するのは目に見えてる)
 自分のことは棚に上げて、ミナムは妹のこととなると、人が変わったように心配性になる。
「私、幸せになれるよ」
 ミニョははっきりと言った。
「お兄ちゃん、私ね、オッパに出会って初めて人を愛するってことを知ったの。人を愛するとこんなにも切なくてつらいってことや、それでも、その人のことを思うだけで、胸がドキドキしたり、嬉しくなったりすることも」
「……うん」
「オッパは私にいろいろ教えてくれた。世間知らずで、ダメな私のいつも側にいて支えてくれるの。……オッパは私にとっては、お兄ちゃんと同じくらいに大切な人なの」
「……俺よりも、だろ?」
 ミナムは少し寂しそうな声で笑いながら言った。
「お兄ちゃんったら」
 電話の向こうでミニョが照れているのが目に浮かぶ。
 テギョンのことを話すときのミニョはいつもこうだ。
 嬉しそうに目を輝かせて、声のトーンまで違う。
(恋する女はこうも変わるものなのか?)
 ミナムは改めてそう思い知らされた。
「ミニョ、幸せか?」
 そう訊かずにはいられなかった。
「うん、すごく幸せよ」
 その一言がすべてだった。
「……分かった。もう、俺は何も言うことはないよ。ホントに今度こそ、ミニョを守るのはあいつに譲るよ」
「お兄ちゃん、ごめんね……。ありがとう」
「ありがとうなんって言わなくていいよ。俺はいつでもお前の味方だからな」
「うん、うん……」
 ミニョのすすり泣きが聞こえた。
(可愛いミニョ。可愛い俺の妹。お前の幸せを俺はいつも側で祈ってるからな……)
 電話を切ってすぐに、部屋のドアがノックされた。
「ミナム、起きてるか? 俺だ」
 多分来るだろうとは思っていた。
 ドアを開けると、テギョンがそこに立っている。
「さっきのことだが、もう一度ちゃんと、お前と話そうと……」
「許すよ」
「えっ?」
「許すって言ったんだ。じゃあな」
 テギョンの目の前でドアが静かに閉められた。
「えっ? 何だ? どういうことだ? あ……おい」
 閉じたドアに向かってテギョンは訊き直したが、ミナムの返事はなかった。
 テギョンは、頭の中で何度もミナムの言葉を反芻しながら部屋に戻った。
 パタンとドアを閉めると同時に、テギョンはニンマリと満面の笑顔を浮かべると、ガッツポーズをして声にならない悦びを体で思いっきり表現した。

 次の日から、さっそくテギョンの家探しが始まった――。





映画「大奥」を観に行って、今、帰ったところです。
寝る前に更新します。眠いです・・・・。

決着がつきましたが、どうだったでしょうか?
良かったら1ぽちと1拍手をお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【愛は誰にも止められない 9】へ
  • 【ただ見守っていて 1】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: muyumuyuさん

おはようございます。
ホント、褒めすぎですv-402
でも、正直嬉しいです。
今回も喜んでもらえた、楽しんでもらえたって思うと、
それだけで、朝からニマニマです。
muyumuyuさんのコメント、いつも楽しく
読ませてもらってます。
次のお話も喜んでもらえるといいな。

P.S 大奥は良かったです。漫画も全巻持ってるほど好きですが、
映画は忠実に描かれていて、感動しました。
時代劇ファン(特に江戸時代好きです)の私には最高でした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

おはようございます。
読ませていただきました。
ミニョの愛する人のそばに一緒にいたいという気持ち
せつない。苦しい。ドキドキする。すべての感情、感覚が愛する人のためにだけに集中して、そのすべてが幸せに感じてうれしくなる。
って気持ちがとってもわかります。わかるから・・・
ミナムが心配して、でもミニョの話で許してくれてよかったです。
テギョンはその2人の思いわかってくれたかなー?
ちょっとそこが心配。

と、書きながら、古い人間なので違うことが心配。

でも、もちろんこのつづきもありますよね。
私もミニョと同じ気持ち?で、なつあおいさんからの小説楽しみにしてますね。

これから、娘と出歩いてきます。
車では昨日届いた「美男ですね」のOSTガンガンかけながら
行っちゃいます。

Re: ファイティンさん

おはようございます。
二人の同居が許されるまでに漕ぎつけて、
ほっとしてます。
書いてて我ながら、ミニョって羨ましいなって思いましたv-410
イケメン四人にそれぞれ愛されて・・・・。
続きも頑張ります!

Re: ゆいゆうのママさん

おはようございます。
もうお出かけになったかな? 気をつけてくださいね。

テギョンは人の感情なんておかまいなしの人だったから、
これからミニョと一緒にいろんなことを学んでいけばいいと思います。

書くときはいつもOST聴きながら書いてます。

GOOD JOB!!

いやあ、良かった。
ミナムの潔い答え方、おにいちゃんだね。
子供の時から、ずっと守ってきた妹を他の男に
手渡すって、ほとんど親代わりだっただからね。

テギョンのガッツポーズで終わるってのも、
(笑・笑)映像が浮かぶだけに・・・。ふふふ。

ごちそうさまです。テギョンのでれでれ笑顔。

Re: yaoiさん

こんばんわ。
良かったって言葉にホッとさせられます。
更新するたびにいつもドキドキなんで。

ミナムってミニョのことがすっごい大事だと
思ったんで、こういう風なお話にしてみました。
書きながら、テギョンのニンマリ顔が浮かんで、
思わず私までニンマリでした。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛は誰にも止められない 9】へ
  • 【ただ見守っていて 1】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。