スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←とある騒動 5 →とある騒動 6
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【とある騒動 5】へ
  • 【とある騒動 6】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

空に太陽がある限り

空に太陽がある限り 27

 ←とある騒動 5 →とある騒動 6
 ……どんより…………。
 という音が聞こえそうなぐらいだった。
「おい、なんだジェルミの奴。朝からずーっとあんな感じで」
 テギョンがぼそぼそっとシヌに囁いた。
「朝どころか、俺が昨日、日本から帰ってずーっとあんな感じだ」
「え? マジかよ? 何かあったのか?」
「さあな」
「おいミナム。お前また何かしただろ?」
「はあ? 俺も昨日までヘイと北海道だったんだよ! 知るかよ」
 三人がぼそぼそ話してるのさえ、ジェルミの耳には聞こえていない。
 スティックを握りしめたまま、がっくりと項垂れている。
 ハヌルと気まずいまま別れてしまったことが悔やまれる。
(俺……何であんなこと言っちゃったんだろ……)
 何度も何度も後悔した。
(ちゃんと話せばよかったんだ。そうすればハヌルだって……)
 そう思いながら、ミニョのことは話せないことなど百も承知だった。
(ハヌルぅ…………)
 考えれば考えるほどドツボにはまり、落ち込んでいく。
 もう何度目か分からないため息をまた吐いた。
 シヌはジェルミの様子から何かを察したようで、テギョンが痺れを切らして「休憩だ! 休憩!」とスタジオをミナムと出て行ったあと、聞いてみた。
「あの子と何かあったのか?」
 お茶をひと口飲んで喉を湿らせた。
「………………え?」
 かなり間があってジェルミが言った。
「あの子……ハヌルちゃんだっけ? 何かあったのか?」
「……シヌヒョンには何でも分かっちゃうんだね」
 笑ったつもりなのか、ジェルミは今にも泣きそうな顔で言った。
「何があった? 帰って来て会ったんだろ?」
「うん。会った」
 ジェルミは椅子から立ち上がるととぼとぼと歩いてシヌの隣に座った。
「会ったんだけど……ハヌルを傷つけちゃった」
「どうして? 何した?」
 そこでシヌははっとした。
「まさかお前! 変なことしたんじゃないだろうな?」
「変なこと?」
 ジェルミもはっとして慌てて頭を振った!
「ち、ち、違うよ! してないよ! ……キスはしたけど」
 そこだけ妙に嬉しそうに顔を紅くするジェルミを可愛いとシヌは思った。
「で、でも、断じてそれ以上はしてないよ! 絶対に!」
「じゃあ、どうして傷つけたなんて」
「……ハヌルがさ、なんかミニョのこと気にしてて」
「え?」
「ミニョは俺にとってどんな人かって聞くから」
「それでお前は何て答えたんだ?」
「……心の拠り所みたいなこと言ったんだ」
「……バカ」
 シヌの呆れたようなひと言にジェルミがまた泣きそうな顔になった。
「だって! だって本当のことだろ? ミニョがいたから俺たちはひとつになれたっていうか、今みたいな関係が築けたじゃないか。だから、俺はそういう意味で言ったんだよ。でも、ハヌルにそれを分かってもらうのは難しくて。ミニョがミナムの替わりにA.N.JELLにいたなんて言えないし……」
「つまり、彼女に誤解されるようなこと言って怒らせたんだな?」
「うん。ハヌルには言えない秘密があるって言っちゃった」
「やっぱりバカだ」
 追い打ちかけるようなシヌの言葉に、ジェルミは堪えきれずにぽろぽろと涙をこぼした。
「シ、シ、シヌ……ヒョン、そこまで言うこと……うえっ……ないじゃんか……ううっ」
「泣くなよ」
「だって……だって……俺、もうどうしたらいいか、分からなくて……」
 子供が泣くようにジェルミは泣きじゃくる。
「ハヌルぅ……ハヌルぅ……」
 泣きながら名前を呼ぶ。
 シヌはジェルミが本当に可愛いと思った。メンバーの末っ子で甘えん坊で、いつでもテギョンや自分にくっついて回っていたジェルミ。
 そのジェルミが恋をしてその恋に悩んで泣いている。その姿にシヌは可哀相と思うより、愛しいと感じた。
「泣くな。男だろ」
「でも……ひっく……俺、どうしたらいいか……」
「分かった。分かったから。お前の気持ちをキチンと言うんだ」
「どういうこと?」
「彼女が好きなら、その気持ちをちゃんと言うんだ。どういう形であれ、彼女に伝えるんだ」
「どういう形でも?」
「お前が一番いいと思う方法で伝えたらどうだ? そしてちゃんと話せ」
「話せって……シヌヒョン?」
「お前が好きになった子だろ? じゃあ、信用してもいいんじゃないか?」
「ミニョのこと話すの?」
「俺はいいと思うぞ。まあ、あいつらはどうかな?」
 シヌは立ち上がるといきなりドアを開けた。
「うわっ!!!」
 不意をつかれたテギョンとミナムがなだれ込んできた。
「ええ!? ヒョン! ミナム!」
「立ち聞きはお得意だもんな」
 ニヤッとシヌが笑った。
「むっ! ま、まあ、なんだ。あれだな」
 テギョンがむすっとした顔で体勢を立て直しながら言った。
「お前が信頼できるなら、話してもいいぞ」
「でも……」
「俺もいいと思う。秘密はいつかはバレるもんなんだ。遅いか早いかの違いだけだろ?」
「ミナム。でも、ミニョは? ミニョが困るんじゃ?」
「あいつだって同じこと言うさ。ジェルミがいいと思うなら、私はいいですって」
「ヒョン……ありがとう。俺……俺……」
 また泣きじゃくるジェルミをみんなが笑いながら抱きしめてくれた。





おはようございます。やっぱり雨です。朝からどんより気分。
私は大の注射キライです。毎月針刺されてるんですが、未だに慣れません。
この前、会社でインフルエンザの予防注射打ったんですが、打たれる前から顔から血の気が引いて、冷や汗がだらだら出て、今にもぶっ倒れるんじゃないかというぐらいヒドかったです。
毎回注射のたびに、恐ろしさから気分が悪くなります。
慣れたくないけど、いつかは慣れなきゃいけないのかな??

今日も一日頑張りましょう!

いってらっしゃいといってきます。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【とある騒動 5】へ
  • 【とある騒動 6】へ

~ Comment ~

可愛い恋ですね♪

なつあおいさん、
おはようございます。

ジェルミ君の可愛いこと可愛いこと(*^□^*)
純粋な子ですよね!

お兄さんたちの愛情に包まれながら、この恋きっと上手くいくね!
  • #12815 にこにこひまわり♪ 
  • URL 
  • 2011.11/19 08:41 
  •  ▲EntryTop 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: にこにこひまわり♪さん

ミニョに恋してたときも意外に純情だったジェルミ。
恋に対してけっこう大ざっぱかと思いましたが、
そうでなくてちゃんと向き合う姿勢に感動しました。
きっとハヌルに対しても真剣だからこそ、泣いちゃうしツライんでしょうね。

Re: 水夢さん

ハヌルならきっと事情を話しても分かってくれると思います。
最初は戸惑うでしょうけど。
別の女の子の話は・・・禁句ですね。
ガムポットが出るんですね! 写真見ました。
もう欲しくてたまりません! 楽しみです。

Re: ふーちゃんさん

末っ子ジェルミはどうしても甘えん坊でちょっともろいところもあるイメージです。
シヌが頼れるお兄さん的存在だから、何でも話せちゃうし甘えれちゃうんでしょうね。
自分の感情に素直で、ちょっと抜けてるところもあるけど、
そういうジェルミがかわいいです。
A.N.JELLとミニョの関係を説明するのって難しいでしょうね。
でも、ハヌルならきっと分かってくれると思います。

Re: りくさん

お話が少しでも明るい方向に向かってくれればって思ってます。
何でもお見通しのシヌヒョン。かわいい末っ子ジェルミの泣き顔には
ちょっといじらしさも感じたと思います。
恋してたら男も女もないですからね(笑)
今回はテギョンも盗み聞きしてました(笑) いつもはやられちゃう側なんで。
みんながジェルミを心配してるんですよね。それだけ愛されキャラなんです。

私、針みただけでふーって意識が遠のきます(笑)
採血は大嫌いです。いっつも目を瞑ったり、そらしてやり過ごしてます。
血管が見えにくいので、何度も刺されることもしばしば・・・・(泣)
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【とある騒動 5】へ
  • 【とある騒動 6】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。