スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←結婚狂騒曲~マ・フニの受難~ 6 →結婚狂騒曲~マ・フニの受難~ 8
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【結婚狂騒曲~マ・フニの受難~ 6】へ
  • 【結婚狂騒曲~マ・フニの受難~ 8】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
結婚狂騒曲~マ・フニの受難~

結婚狂騒曲~マ・フニの受難~ 7 

 ←結婚狂騒曲~マ・フニの受難~ 6 →結婚狂騒曲~マ・フニの受難~ 8
 完全にコトは終わったとマ室長はあの日以来、さらに落ち込んでしまい、お葬式を通り越して地獄に落とされたような顔をしている。
 さすがにテギョンも心配になって何とかしようと思ったが、相手があのお母ちゃんではどうしようもない。
「あの婆さん、強烈だったもんな」
「そんなにスゴイの?」
 ジェルミが訊く。
「ああ、スゴイなんてもんじゃない。地獄の閻魔大王だって尻尾を巻いて逃げ出すだろうな」
「それもスゴイ喩えだね」
「あの婆さんに弱味はないのか? 誰か、あの婆さんに意見できる人はいないのか?」
「マ室長のお父さんとかは?」
「ん? マ室長の父親?」
「お母さんがいるんなら、お父さんだっているでしょ?」
「それもそうだな……」
 テギョンはへたりこんで仕事をしないマ室長に聞いた。
「おい、マ室長。父親は健在か?」
「へ? お父ちゃん? なんでそんなこと? ああ、ピンピンしてるけど」
「田舎にいるのか? 母親と一緒に来てないのか?」
「さあ……家にはお母ちゃんだけが泊まってるけど。でも、何でだ?」
「母親に意見してもらうためだ」
「意見?」
 マ室長は小さな目をぱちくりとさせて、苦笑まじりに言った。
「無理だな。お父ちゃんはお母ちゃんに頭が上がらないから。尻に敷かれてるんだよ」
「まるで今のマ室長とワンコーディの構図みたいだな」
「え?」
「何でもない。そうか、父親はダメか。となると、あとは……」
 テギョンの知りえるところで意見できそうな人と言ったら、アン社長ぐらいだ。
「いやいや、社長には無理だな」
 あの母親に太刀打ちできるとは思えなかった。アン社長お得意の英語混じりにめちゃくちゃな言葉で諭したとしても、
「うるさいね! ちゃんとした韓国語で会話しな!」
 と一喝されて終わりだ。
「お母ちゃんに意見できる人なんていないよ。昔はいたんだけどね……」
「昔? 今はいないのか?」
「ああ、亡くなったんだ。もう五年前に。お母ちゃんの二番目のお姉さんだったんだけど、お母ちゃんはこの伯母さんだけには頭が上がらなくてさ。しょっちゅう怒られてたよ。俺を溺愛しすぎるって意見されてたこともあった……。はあ……。伯母ちゃんが生きてたらな……」
 また落ち込むマ室長はもう放っておくことにした。
「このままじゃマズイな。何とかしてあの母親を説得しないと、ワンコーディに居座られるぞ」
 ぶつぶつとテギョンは言った。
 ワンコーディが家にいるせいで、ミニョはいちゃいちゃさせてくれない。
「お姉さんが見てますから」
 と言ってはキスさえ拒まれる。実際、キスしようとしたらワンコーディがじーっとドアの隙間から見ていたこともある。
 正直、ミニョとのラブラブ不足でテギョンは身がもちそうにない。
 どうにかしようにも肝心のマ室長は腑抜け状態。ワンコーディも毎日泣き喚きながら「結婚なんかしないから!」と言う始末。
 渦中の二人がこの有様ではどうすることもできない。
「はあ……」
 テギョンの口からも深いため息がこぼれた。

「あの、すみません」
「はい、何でしょうか?」
 受付に一人の老人がやってきた。
「こちらに、マ・フニはおりますでしょうか?」
 ニコニコと笑顔を浮かべる老人は少々くたびれたスーツに同じ色の帽子をかぶっている。こちらは新品らしいのか、きっちりとしている。その不似合いさに受付嬢は小さく笑った。
「はい、マ・フニはこちらに在籍しておりますが、室長のマでよろしいでしょうか?」
「さあ……ちょっとそこまでは……。ああ、年の頃は三十過ぎで、こうちんまりした男でしてな、ちょっと太っとりますな」
 ふふふと老人は嬉しそうに笑った。
 釣られて受付嬢も笑う。「それでしたら、マ室長でございますね」
 失礼な言い方をされたのに、老人はニコニコ笑っている。
「しばらくお待ちください。今、お呼びいたします。あ、失礼ですがお名前は」
「わしですか? わしは……」
「おじさん!」
 ちょうど受付に降りてきたワンコーディが老人を見て嬉しそうな顔で走って来た。
「おお、スウンじゃないか」
「お久しぶりです! 来られたんですか?」
「ああ、フニに会いにな。それと孫の母親の顔も見たくてな」
「おじさんったら。ああ、この方はマ室長のお父様よ。すぐにマ室長を呼んで」
 受付嬢に指示を出してから、老人――マ室長の父親を手近な椅子に座らせた。
「おじさん、お元気そうでよかったです」
「あんたも元気そうじゃな。よかったよかった。孫も元気かい?」
「え? はい」
 お腹の子のことを“孫”と呼ばれたことにワンコーディは嬉しそうに頷いた。
「そりゃなによりじゃ。大事にしてくれよ。わしやばあさんにとっては初孫じゃ」
「おじさん……」
「ばあさんが先に来てるようじゃが、もちろんあんたも孫も大事にしてくれてるじゃろ?」
「え? あの……」
 まさか、結婚は認めません! と言われているとは言えない。
「わしらはフニを授かるまでに二十年近くかかった。フニを授かったときのばあさんの喜びようは今でも思い出せるほどじゃ。孫は子よりも可愛いと世間でも言うからな。ばあさん喜んどるじゃろ?」
「あ……はい」
 目の前のニコニコ笑う老人を哀しませたくなかった。
「とてもおばさんには大事にしてもらってます。この子のことも……喜んでくれて」
 今にも泣きそうな顔でワンコーディはそう言った。





おはようございます。今日は朝から雨です。すっごく寒いです。
私、知らなかったんですが、ファミマに美男ですねのカードボックスが売られてるんですね。
5枚入りだとか。教えていただいて、早速調べたら、正直お値段にビックリ・・・・。
あら・・・そんなにするの?(笑)
でも、欲しい! せめて一つだけでも!!!!! 旦那にはナイショで買おうかと思っています。
って、歩いて行ける範囲にファミマがなーーーーーーい!!!!
旦那と一緒だと絶対「ダメ!」って言われちゃうし(泣) こうなったら・・・・頼み込んじゃう(笑)

今日も一日みなさんが笑顔でありますように。

いってらっしゃいといってきます。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【結婚狂騒曲~マ・フニの受難~ 6】へ
  • 【結婚狂騒曲~マ・フニの受難~ 8】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

救いの神現る?

おやぁ?これは、神様が見ていらっしゃったみたいですね。
フニパパ登場!
これが、問題解決の突破口になるのかも。
いや、なってもらいたい!
ワン・コーディーとマ室長、幸せになってほしいなぁ☆

Re: 銀のタルさん

このお母ちゃんにこのお父ちゃん(笑)
夫婦は長年連れ添ってみないと分かりませんからね・・・。
このお父ちゃんが救世主となってくれるといいですが・・・。

Re: ともるんさん

ここまでこじれちゃった二人をみかねた神様がよこしてくれた
救いの神かもしれませんね。
普段大人しい人は怒ると怖いと言いますし・・・・。
マ室長がどうにもできないお母ちゃんをお父ちゃんならどうにかできる!
・・・・かも?
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【結婚狂騒曲~マ・フニの受難~ 6】へ
  • 【結婚狂騒曲~マ・フニの受難~ 8】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。