スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←私、バイトします! 6 →空に太陽がある限り 32
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【私、バイトします! 6】へ
  • 【空に太陽がある限り 32】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
私、バイトします!

私、バイトします! 7

 ←私、バイトします! 6 →空に太陽がある限り 32
「オッパ、いきなり失礼ですよ。マスターさんが困ってます」
「困るわけないだろ。むしろ感謝されていいぐらいだ」
「でも……」
 ミニョはマスターを気にした。
 むすっとしたままマスターは二人を見ている。
「どうだ、マスター。いいだろ?」
「…………土・日だけでいいんだな?」
「え? ……あ、ああ、そうだ。土・日だけだ!」
「分かった。それならいいだろう」
「ホントか? よかったな、ミニョ!」
「え? あ、あの……本当にいいんですか?」
「ん? 嫌なんですか? 嫌なら……」
「いいえ! ありがとうございます」
 ミニョは深々と頭を下げた。
 正直、テギョンの条件の厳しさにミニョは半ばバイト探しを諦めていたのだ。そこに降って沸いたようなバイトの話しだ。
「と言うわけで、時間だが……」
「時間は朝九時から、夕方の四時までだ。休憩は十二時から一時間。ただし、店が混んだ場合は時間はずれる」
 テギョンが交渉に入る前にマスターが勝手に決めてしまった。
「ちょ、ちょっと待て! 時間は……」
「それから給金は一時間4500ウォンだ」
「4500ウォン!? 安すぎないか!?」
 さっきはいくらでも構わないと言っていたのに、時給を聞いて驚いた顔をした。
「平均的な値段だろ? 何だ? 4万ウォンとか出せと言いたいのか?」
「いや……そこまでは……。せめて1万ウォンは……」
「オッパ。私はそれで構いません」
「でも……!」
「それでお願いします!」
 テギョンが何か言い出す前にミニョはもう一度頭を下げた。
「よし決まりだな。じゃあ、今週末から働いてもらいましょう」
「はい!」
「今週末!? 大学に入学してからだ! 二月以降にしてくれ! いや、三月からの方がいいな」
「オッパ! もう、黙っててください!」
 交渉決裂となったら、今度こそ本当にバイトは諦めるしかない。ミニョも必死だ。
「でも!」
「働くのは私です! マスターさん、よろしくお願いします」
 ぺこりとミニョは頭を下げた。
「よろしく」
 マスターも頭を下げた。
「俺は、チョ・ナムジンだ」
「あ、申し遅れました。私は、コ・ミニョです」
 早速紹介し合う二人に、自分が見つけたバイトなのになぜかテギョンはむすっとしている。
(はやまったか?)
 時間も給金も交渉する前に勝手に決められ、ミニョはそれでいいと言う。
(俺は全然よくない!)

 ミニョのバイトが決まったことはその日のうちにジェルミたちにも知れ渡った。
「よかったねえ、ミニョ」
「いいところがあったんだな」
「よくテギョンが許したな」
 そのテギョンが見つけてきたとは思いもしない。
「オッパが紹介してくれたんです」
「テギョンが!?」
 三人が同時にテギョンの顔を見た。
「何だよ? 俺が見つけたらおかしいか?」
「だって、あれだけ嫌がってたのに……」
「確かに……って、まさかお前!」
「何だよ?」
「また自分の付き人ってバイトにしたんじゃないだろうな?」
 三人の目が同時にまたテギョンを見た。
「するか! 違う!」
 むすっとしてテギョンは唇を尖らせた。
(っち! その手があったか!)
 後の祭りである……。
「違うよ、お兄ちゃん。この近くのカフェなの」
「カフェ??」
 三人は顔を見合わせた。
 カフェという響きに連想したのは、お洒落なお店、若い店員(男)、若い客(もちろん男)、イケメンの店長(しつこいがもちろん男)、誘惑……危険!!! というものだった。
 また三人はテギョンの顔を見た。三人の目が訴えている。
 よくそんなバイトを見つけてきたな! よくそんなバイトを許したな! ダメだ! 危険だ! アブナイ!!!!
「カフェじゃないだろ。喫茶店だ」
 テギョンが否定する。
「でも、カフェ、ですよ」
「あれはどこから見ても『喫茶店』だ。カフェなんて言ったら、カフェで働いてる奴らが暴動起こすぞ」
「……それもそうですね」
 くすっとミニョが笑った。
「え? 違うのか? カフェが暴動起こすような店ってどんな店だよ?」
 ミナムがじれったそうに訊く。
「あそこだよ」
「あそこ?」
「ミンドゥルレだ」
「………………」
 数秒の間を置いて、三人は「ええぇぇぇーーーーーーっ!!!!」と叫んだ。
「そ、それって、あのもっさりマスターの店だよね?」
「ああ、そうだ」
 三人はまた顔を見合わせた。
 やっぱりテギョンだ。抜け目がない。若い男も、イケメンのマスターもいないバイト先をちゃんと見つけた。あそこなら事務所から近いし、いつでもミニョの顔が見れる。これでテギョンも安心だ。
 そう言っているのがありありだ。
 コホン。
「とにかく、そういう事だ」
 ニコニコ笑顔のミニョに三人はもう言うことはなかった。





おはようございます。週末三連休はクリスマス寒波らしいですね。ホワイトクリスマスなんでしょうか?
昨日は病院でした。私の大キライな注射をされました。私は血管が見えにくいタチで、昨日はまったく見えてない状態(泣) ベテラン看護師さんだったから、一回で針が入ったんですが、「あら?」っていきなり言われちゃいました。
ドキッ!! 「痛い? おかしいわね?」 ドキドキッ!!!
案の定、途中で抜かれちゃいました(泣) 二回刺される羽目になって、泣きたい気分。
針の恐怖から気分は悪くなっちゃうし。←これもいつものことです(泣) 今日も、血管は見えてません(笑)

明日はちょっとお話をお休みさせてもらいます。すみません。

今日も一日頑張りましょう!

いってらっしゃいといってきます。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【私、バイトします! 6】へ
  • 【空に太陽がある限り 32】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 水夢さん

多分、用もないのにみんな来るでしょうね。
アン社長も来そうですよ、勧誘に(笑)

血管が見えないのはツライです(泣)
毎回注射が恐怖でしかたないです。

Re: うめちゃんさん

こんばんわ。

自分で見つけてきたのに、いざとなったらアレコレ決められちゃって、
ちょっと除け者状態でいやなんでしょうね。
ミニョがバイト始めたら、毎日みんなが入り浸りそうです。
テギョンは監視で(笑)

CMってたまたまテレビつけたときに見れたら、最高にラッキーって思いますね。
今回もそんなことあるかな?

Re: みうさん

もし、ミニョが付き人になったらそれはそれで
また問題かも(笑)
自分が見つけてきて、いつも見えるとこだと安心でしょうね。
でも、事務所のみんなが毎日来そうです。

Re: ファイティンさん

こんばんわ。

自分で見つけてきておいて、いざとなったらごにょごにょ
言うなんて(笑)
自分を除け者にしていろいろ決められちゃうのが嫌なんでしょうね(笑)
これでみんな毎日コーヒー三昧?
マスターから出入り禁止にならないことを祈ります。

コーヒーメーカー届いたんですね!
うーん、羨ましい。これで毎日好きなときにお手軽にコーヒー飲めますね。
想像しただけで、コーヒー飲みたくなっちゃいました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: とりこさん

こんばんわ。

あ、大丈夫ですよ。毎月病院通いしてるので、いつものことです。
体調は悪くないですよ。
しかし、そんな感染症が流行ってるんですか??
気をつけないといけませんね。とりこさんもお気をつけください。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【私、バイトします! 6】へ
  • 【空に太陽がある限り 32】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。