スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←私、バイトします! 8 →私、バイトします! 10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【私、バイトします! 8】へ
  • 【私、バイトします! 10】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
私、バイトします!

私、バイトします! 9

 ←私、バイトします! 8 →私、バイトします! 10
「おはようございます」
 開店前のドアを開けてミニョが店に入って来た。
「おはよう」
 マスターはカウンターからひょいと顔を覗かせて、苦笑した。ミニョの後ろにテギョンがいたからだ。
「初出勤早々から彼氏がお供か?」
「え? あ、すみません。どうしてもって言って訊いてくれなくて……」
「俺は客だぞ! コーヒーを飲みにきたんだ!」
 言いながら椅子に座ろうとするのへ、マスターはメニュー表を指で叩いた。
「?」
「ここだよ、ここ」
 指さすところを見れば、「営業時間は九時~二十二時」となっている。
 テギョンは時計を見た。まだ、三十分前だ。
「た、たかが三十分前だろ! それぐらい……!」
「規則は規則だ。文句があるなら出入り禁止にして」
「帰る! あとで、ミニョに事務所にコーヒーを配達させてくれ!」
 慌ててテギョンは店を出て行った。出入り禁止にされては困るからだ。
「すみません……」
 ミニョが困ったような顔で頭を下げた。
「あははは。いいですよ。じゃあ、このエプロンをつけて」
「はい。あ、それからマスター。私に敬語はやめてください」
「え? あ、ああ」
 なぜかミニョに対してだけは敬語になってしまう自分をおかしいと思っていた。だいたい、こんな若い子と接する機会がない。
 常連客はテギョンたち以外、年配ばかりだからだ。
「じゃあ、まず店の掃除からだ」
「はい!」
 黒のシンプルなエプロンを付けながらミニョはにこっと笑った。

 九時に店の電気がついて、表の「閉店」の文字が「開店」に変わる。
 早速一人目の客がやってきた。
「う~寒いね、マスター」
 五十ぐらいのスーツ姿のおじさんだ。
「おや? この子は?」
 水を運んできたミニョを見ておじさんは不思議そうな顔をしている。
「まさか……マスターの彼女?」
 笑いながら言うのへ、ミニョが顔を真っ赤にしてぶんぶんと大きく頭を左右に振った。
「あれれ? まさか本当に?」
「からかうんじゃないよ。この子は今日からうちでバイトしてもらうミニョさんだ」
「え? バイト?」
 おじさんは目をぱちぱちさせてマスターとミニョを交互に見た。
「初めまして、コ・ミニョです」
「初めまして。ここに毎日来てる、コンです」
 お互い頭をぺこりと下げ合う。
 マスターはそんな二人に苦笑しながら、豆を挽いた。
 コーヒーを飲みながらおじさんは働いているミニョを観察している。
「あんまりジロジロ見るもんじゃない」
 マスターに注意されても、観察をやめない。
「どういう風の吹き回し? あんな若い子を雇うなんてさ」
「別に」
「もしかして彼女の知り合いか何か?」
 おじさんの言葉にマスターの顔がさっと変わった。じろっとおじさんを睨みつける。
「あ、ごめん」
 おじさんは肩をすくめて、コーヒーをガブ飲みし、「あちち!」と顔を顰めた。
「じゃあ、また来るからね」
 会計を済ませて帰っていくとき、おじさんはもう一度ミニョを見た。
 首を軽く傾げながら店を出る。
「ミニョさん」
「はい?」
「今のうちにさっきのやっかいなお客の注文を済ませたらどうだ?」
「やっかいなお客、ですか?」
 店の中に客はいない。さっきのおじさんは帰ってしまった。
「あんたの彼氏だよ」
「あっ!」
 すっかりコーヒーの配達を忘れていた。
「はい、すみません。すぐに行ってきます」
 ミニョはマスターが用意したステンレスポットに入ったコーヒーとセットを持って店を出た。
 事務所までは目と鼻の先。
「あ、ミニョだよ! ミニョ~!!!!」
 どういうことか事務所の前で、この寒さの中、ジェルミたちが待っていた。
「どうしたんですか?」
 走って来たミニョの頬は寒さで少し赤くなっている。
「だって、ヒョンが後でミニョがコーヒーを配達してくるって言うから、待ってたんだよ」
「ええ? ここでですか?」
「うん。ヒョンだけは中でだけどね」
「重いだろ。俺が持ってやるよ」
「いいわよ、お兄ちゃん。これは私の仕事だから」
「いいから遠慮するな」
「もう! お兄ちゃんもジェルミもシヌさんも心配しすぎよ! 私にだってこれぐらい出来るんだから!」
「それは分かってるけど……」
「じゃあ、こんなとこで待ってないでよ。子供のお使いじゃないんだから」
 さすがのミニョもちょっとおかんむりだ。
 ここまで心配されると逆にイヤになる。
「ごめん。じゃあ、持たないから入ろう。早くあったかいコーヒーが飲みたい」
「うん」
 事務所の中はほどよく暖かい。
 みんなに囲まれながら入って来るミニョの姿は事務所の受付嬢も見慣れているから、別になんとも思わないようだ。
 ミニョはとことこっと受付に向った。
「あの」
「はい、何でしょうか?」
 さっとミニョは受付の台に、小さなメニュー表の紙を置いた。
「コーヒーの配達をしますので、いつでもお入用にときはお電話ください」
「あ……はい」
 呆気にとられている受付嬢をあとにして、テギョンの待つ部屋に向った。






おはようございます。今日も朝から寒いです。日本中寒波ですね。こちらは時折、雪が降りますが、すぐやんじゃって積もりません。
みなさんはいつが「仕事納め」ですか? 我が家は旦那が明日のお昼まで、私は31日のお昼です。
あ~みっちり仕事だぁ(泣) 
たまには1週間ぐらい休んでみたいと思いながら、無理なので仕事に頑張ってきます。
寒いので風邪など引かないように気をつけてくださいね。

今日も元気に頑張りましょう。

いってらっしゃいといってきます。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【私、バイトします! 8】へ
  • 【私、バイトします! 10】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

始まりましたね。

「出入り禁止にするぞ!」
テギョンが従ったところが、可愛かったです。
ミニョが受付嬢に、配達のことを伝えましたね。
「テギョンの彼女」に、頼めるのかなぁ?
ちょっと、ドキドキするなぁ。
でも、ミニョが嬉しそうでよかったなぁ☆

Re: 銀のタルさん

おはようございます。

このマスターにもワケあり? 
今回の心配症はジェルミたちでした。まあ、中で待ってるテギョンは
それ以上でしょうが(笑)
お店の宣伝をかかさないミニョもけっこうしっかりしてます。

今日は寒さが緩むそうですが、それでも寒いので(笑)
旦那が休みで嬉しいことは送り迎えをしてもらえることです(笑)
それ以外は・・・ただ「メシ!」のうるさい旦那なので・・・(笑)

Re: うめちゃんさん

おはようございます。

テギョン以上に心配症になってる三人です。
無理もないけど、ミニョだって案外しっかりしてますよね。
三人以上に心配症なテギョンがまだ残っていますが・・・。

Re: とりこさん

おはようございます。

ミニョがバイトに入ったら、それこそお客が殺到しそうですね。
でも、当分は大丈夫かな?
大学に入ったらまた違うかもしれませんね。
みんな心配症だから、お店に通いそうです。

大掃除・・・毎年、ちゃんとやるぞ! って言いながら、年が明けてしまいます。
旦那さまが帰国するんですね。よかったですね。
家族一緒のお正月はなによりの幸せですね。

Re: ともるんさん

おはようございます。

「出入り禁止」になっちゃったら一番困るのはテギョンです。
コーヒーの配達。テギョンたちにとっては嬉しいことですが、
事務所の方がそれを頼めるでしょうか?(笑)
「俺の彼女をこき使うな!」って雷が落ちそうです。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【私、バイトします! 8】へ
  • 【私、バイトします! 10】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。