スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←入学しました 2 →入学しました 4
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【入学しました 2】へ
  • 【入学しました 4】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
入学しました

入学しました 3

 ←入学しました 2 →入学しました 4
 テギョンが向った先はミニョのバイトしている店だ。
 息を切らせて駆け込んで来たテギョンにミニョはびっくりしたが、マスターは「また来たか」という呆れ顔をしただけ。
「オッパ、どうしました?」
「ミ、ミ、ミニョ」
「はい?」
「ミニョさん。お客さんだろ? 席に案内してあげたら」
「あ、はい。どうぞ」
 窓側の席にテギョンを案内した。
「ご注文は?」
 にこっと笑って言う。その何とも型どおりの言葉にテギョンの顔がますます蒼ざめる。
(こいつ、やっぱりアブナイ! この笑顔を大学で振りまいたら……)

『アイラブユーミニョ! 何て君は』
「うるさいうるさい! 消えろ!」
 テギョンは頭の上に浮かんだ妄想を手で思いっきり払った。
「オッパ?」
「入学式は二日後だよな?」
「はい。そうですよ」
「その日は……」
 テギョンは一回深呼吸した。
「その日は、俺も一緒についていく」
「はい?」
 一呼吸、二呼吸、三呼吸しようとしたら「ええーーーーーーーーっ!!」とミニョが叫んだ。
「い、一緒に? 一緒にって、あのそれ、どういう意味ですか?」
「そういう意味だ。出席するんだよ」
「え? あの、どうしてですか?」
「どうして? どうしてって何だよ? 俺が出席したら嫌なのか?」
 むっとして唇を尖らせた。
「いえ、嫌とかじゃなくて……。ただ……」
「ただ、何だ?」
「オッパが入学式に来ると、大騒ぎになっちゃいます」
「なんだ、そういうことか」
 ほっとしてテギョンは笑った。
「安心しろ。目立たないような格好で行くから」
「どんな格好をしても目立つと思います……」
「とにかく、俺は行くからな!」
 それだけ言うとコーヒーも飲まずに事務所に戻った。
 はあ……。
 ミニョの口からため息がこぼれる。
「大変だね」
 マスターが苦笑気味に言った。
「……はい」
「思われてることと、過保護は違うからね」
「……ホントですね」
 今から入学式が思いやられるミニョだった。

 バイトが終わる頃、テギョンが迎えに来た。
「お仕事は?」
「終わりだ。シヌが今日、サークルの下見に行くとかで、抜けたんだ」
「シヌさんもサークル活動するんですか?」
 ミニョが途端に嬉しそうな顔をした。
「何だ? 何が嬉しい?」
「サークルについてシヌさんにお話聞きたいと思ってたんです。どこに入るのかな?」
 にこにこ笑顔にミニョにテギョンの顔がひきつる。
「サークルの話が聞きたい? っていうことは、お前、サークルに入るつもりか?」
「まだ、そこまでは考えてませんが。お友達もたくさん作りたいし。できればどこかに入りたいなって」
「ミニョ。お前、もうちょっとバイトしたいって言ってたよな?」
「え? あ、はい」
「考えてやってもいいぞ。サークルに入らないなら」
 じーっとミニョはテギョンの顔を見た。
「何だよ?」
「バイトも大事ですが、大学も大事なので、今はバイトはいいです。そのうちマスターとお話して考えます」
「俺抜きで!?」
「オッパはバイトとも大学とも関係ないじゃないですか。これは私の問題です。さ、帰りましょう」
「……関係ない? 関係……ない?」
 よっぽどショックだったのか、テギョンは帰りの車の中でも、夕食中も、ベッドの中でもかなり落ち込んでいた。
「関係ない……関係ない……」
 ぶつぶつ言い続けるテギョンにミニョは言いすぎたかと反省した。
(あんまりにもオッパが過保護なこというから、ちょっと意地悪してみたくなったけど、やりすぎたかな?)
 となりで背を向けて眠るテギョンに申し訳なく思った。
(明日、キチンと謝ろう……)
 そう思いながらミニョは眠りについた。





おはようございます。晴れてますが空気が冷たいです。
私の子供の頃の夢は「漫画家」でした。小学校の卒業文集にもそう書いてあります。
ノートに自作の漫画を書いては楽しんでました。旦那は絵がかなり下手です。
よくお互いで「キャンディキャンディ」とか「ドラえもん」「アンパンマン」って感じでお題を出し合って書くんですが、旦那の書いた絵は「誰それ?」状態。
特徴があるようでないんです。特に人物はめちゃくちゃです。妹に見せたら大爆笑したことがあります。
むしろ、8歳になる甥っ子のほうが上手いかも?

今日も元気に頑張りましょう。

いってらっしゃいといってきます。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【入学しました 2】へ
  • 【入学しました 4】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あおいさんおはようございます。

私の地元も新幹線通らないド田舎ですよ。


仲のいいスタッフさんがゲーセンにたくさん居るので美男グッズもっと増やして貰うよう店長にもお願いしました。

今はメモ帳に貯金箱、オルゴール、ブタウサギのぬいぐるみです。

近々また新しいグッズ入荷予定みたいなので出費が怖いです…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

退屈しませんね。

今度は「サークル」ですか。
本当に、ミニョに関するテギョンの悩みって、尽きることがないのでしょうね。
「バイト」が落ち着いたかなぁって、思ったら次が。うふふ☆
「思われること」と「過保護」の違い。
これが、テギョンの課題となりそうですね。
「関係ない」って言われたテギョン、壊れそうで怖いです。

NoTitle

明けましておめでとうございます。今年もなつあおいさんのお話楽しみに読ませていただきます。

しばらくお邪魔していないうちにミニョが大学生になっていました(笑)テギョンの心配事が増えて、テギョンは眠れない夜が来ちゃいそうですね。

Re: 水夢さん

私はテギョンみたいなタイプです(笑)
だから、テギョンの性格がこんなのかも(笑)
あれこれ考えちゃうんですよね。
もしかしたら、こうかも。もしかしたら、ああかもって。
でも、ウザイですよね。

私なんて「四捨五入したら・・・」なんていつも言われてますよ。
うるさいっちゅうの!(笑)

Re: まいまいさん

こんばんわ。

いや~すっごく羨ましい。
近所のゲーセンにも頑張って欲しいです(笑)
もっと美男グッズいれてーーー!

Re: ままじさん

あははは! わかります。
書く絵によってはそれぞれこだわりがあるんですよね(笑)
私は「セーラームーン」書くときは必ず全身書きます(笑)
旦那は「知らないよ!」って言って拒否しますが。

我が家は他にドライブ中に眠気が来たら、
「しりとり」します。
必ず負けるのは私です・・・。

Re: ともるんさん

大学に入ったら、これからまだまだ課題があるでしょうね。
サークルはまだ序の口?
テギョンにとっては自分からちょっと離れていくミニョが
心配でしょうが、時には手放すのも大事なことですね。
できるかな?

Re: みほさん

あけましておめでとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。

あははは。いつの間にかミニョが大学生に(笑)
テギョンの心配事はこれからもっと増えると思います。
大丈夫かな?
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【入学しました 2】へ
  • 【入学しました 4】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。