スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←入学しました 4 →入学しました 6
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【入学しました 4】へ
  • 【入学しました 6】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
入学しました

入学しました 5

 ←入学しました 4 →入学しました 6
 入学式は韓陽大学校の講堂で行なわれる。
 韓国の大学は正確には「大学校」と呼ばれその中に学部に相当する「大学」がある。入学式はその学部(大学)ごとで行なわれるのだ。
 ミニョが入学したのは「メディア・公演・映像大学」と呼ばれる学部の中の「演劇映像学科」。
 すでに会場には新入生やその家族で溢れかえっていた。そこにミニョとテギョンが現れたのだから、さらに盛り上がった。テレビカメラも今日のミニョの様子をカメラに納めようと駆けつけていたが、まさかテギョンが一緒に来るとまでは予想していなかったので、慌ててカメラを二人に向ける。
「おめでとうございます。コ・ミニョさん、今のご心境は?」
「今日はおめでとうございます。ファン・テギョンさんと一緒に会場入りですか?」
 あっという間に記者たちに囲まれた。その周りに野次馬が……。
 テギョンもミニョも無言のまま会場の講堂に向った。その後を記者たちがしつこく追いかけてくる。
 今年の韓陽大学校の入学生の中に芸能人はいない。芸能人とは呼べない卵たちは数名いるのだが、そんな彼らからしてみれば、芸能人でもないミニョに対するマスコミの扱いは羨望と嫉妬の的になった。
「なによ、あれ? ちょっとした芸能人じゃない」
「ファン・テギョンのおかげでちやほやされてるだけなのにさ」
「ムカつくったらないわ」
「まあまあ、落ち着けよ。それもある意味、好都合じゃねえ?」
「何がよ?」
「だって考えてみろよ。あの子にくっついていれば自然顔が売れるってもんだ。あの子はいわゆる宣伝塔みたいなもんだろ?」
 その子の言葉に他の子たちの顔色が変わる。
「そっか! それもそうよね。それにファン・テギョンとも近づける! A.N.JELLとも!」
 きゃあっと女の子たちは悲鳴をあげて喜ぶ。
「同級生になれて幸せよ、コ・ミニョさん」
 そんな考えを持った数名の子たちがいることなど知るよしもないミニョだった。

「すごい人ですね。どこを向いても人だらけです」
 きょろきょろとミニョは周りを見回した。
「おい、そんなにキョロキョロしてたらぶつかるぞ」
「大丈夫で……いたっ!」
 言ってる端から人にぶつかった。
「大丈夫か?」
「大丈夫ですか?」
 同時にミニョを気づかう言葉が聞えた。
 テギョンはミニョにぶつかった相手を見た。
 すらっとした長身に細面の顔。ちょっとタレ目だが、なかなかのイケメンだ。
「ごめんね」
 ぶつかって転んでしまったミニョにすっと手を差し出す。
「こちらこそ、すみません」
 無意識にその手を掴もうとしたミニョの手を、その男の子よりも先にテギョンが掴んだ。
「大丈夫か?」
 立たせながらもう一度訊いた。
「え? あ、はい」
 ミニョのスカートの汚れをはたきながら、テギョンは男の子を睨みつける。男の子もテギョンの顔を見てはっとし、ミニョの顔を見てまたはっとした。
「私は大丈夫です。すみません。ぼんやりしてて」
 ミニョがぺこりと頭を下げた。
「いや、こっちこそごめんね。じゃあ」
 男の子もペコリと頭を下げて、二人の前からいなくなった。
「何だあいつ。ぶつかったくせに」
「オッパ。私が悪いんです」
 さっそく問題を起しそうな勢いのテギョンにミニョは慌てた。
「ほら、オッパはあちらの特別席に座ってください。私は……こっちなので」
 入学生用に設けられた椅子を指さす。
 ぞくぞくと入学生が席についてゆく。もう少し側にいたかったがそうもいかずに仕方なくテギョンは特別席に座った。
 ふうっと一息つきながらミニョも入学生用の席に座った。
「ねえねえ、あなたコ・ミニョ?」
「え?」
 後ろを振り返ると、二重の大きな目をした女の子が声をかけてきた。派手な顔立ちをした子だ。
「あ……はい」
「やっぱり! じゃあ、さっきまで一緒にいたのってファン・テギョン?」
「え? ……はい」
「きゃあっ!!! やった!! 私、ウ・ヘインよ。よろしくね。あなたも演劇映画学科だったのね? 嬉しい!」
「あ……はあ……」
 ヘインのペースにすっかり飲み込まれ、ミニョは握手をしていた。いつの間にか隣に座っていて、あれこれと式が始まるまで話しかけてくる。
 ちょっとミーハーなところのある子ではあったが、悪い子ではなさそうだ。
「仲良くしようね」
「はあ」
 ミニョは友達一人目のウ・ヘインとこうして知り合った。





おはようございます。朝から寒いです。それもそのはず、いつものように旦那が蒲団を全部とってました。
「もう!!」って怒ったら、慌てて寝ぼけながらも蒲団をかけてくれましたが(笑)
先週の金曜日「ストロベリーナイト」というSPドラマがありました。そう、西島くんの出ているドラマです! 予約録画をしたんですが、始まったころに旦那が帰宅。
「あ! ありがとう。撮ってくれよんのやな」って嬉しそうに言うんです。「は?」 
旦那もこのドラマが見たかったのか、と思ったら、「金スマ録画しよんのやろ?」と・・・・。
え? あの~・・・違います。そう、金スマにはAKB48が・・・。
「大島優子は出てないからいいでしょ!」と何とかごまかしました。ぶつぶつ言いながら途中から見ていた旦那。ごめんね、今度は撮るからさ(笑)

今日も一日頑張りましょう!

いってらっしゃいといってきます。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【入学しました 4】へ
  • 【入学しました 6】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ミニョ、おめでとう☆

ミニョちゃん、入学おめでとうございます。
第一歩を踏み出しましたね。
ミニョに声をかけた、「ウ・ヘイン」さん。
いったいどんな人なのでしょうね。
素敵な友人に、巡り会ってほしいですね。
ん~流石、テギョン。
「ギン☆」って、思いっきり睨んでいる様子が、
目に浮かびそう☆うふふ☆

Re: dejitokki2009さん

おはようございます。
ドキドキとワクワクが入り交じった入学式になったでしょうね。
これから始まる大学生活。どうなるか分かりませんが、
四年間を大切に楽しく過ごして欲しいです。
我が家の録画戦争・・・・。とうとう旦那が自分用にチューナー(?)を買いました。
寝室にテレビがあるんですが、それを自分用にするっていって(笑)
でも・・・金スマはノーマークだったようです(笑)

Re: うめちゃんさん

おはようございます。

たとえ何を着ていこうが目立っちゃうテギョンです。
ミニョにとっては新しい生活のスタートですが、なにやら不穏な空気が・・・。
いい人ばかりと出会うとは限りませんね。

Re: ともるんさん

おはようございます。

ミニョの友達一人目となった「ウ・ヘイン」ですが、
いい人なのかどうなのか・・・。
ちょっとまだ分からない存在ですが、ミニョにとっては
大切なお友達になってくれるといいなって思います。
テギョンはこれから大変でしょうね・・・。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【入学しました 4】へ
  • 【入学しました 6】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。