スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ご心配おかけしています →バレンタイン企画  ロブロブ バレンタイン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【ご心配おかけしています】へ
  • 【バレンタイン企画  ロブロブ バレンタイン】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

短編

バレンタイン企画  ヘンボック・バレンタイン

 ←ご心配おかけしています →バレンタイン企画  ロブロブ バレンタイン
 二月十四日――
 この日が近づくと、世間はどこかウキウキして、連日のようにテレビでもその特集が組まれるようになる。
 特に芸能人ともなると、イベントごとに、
「今年は本命チョコあげますか?」
 とか、
「今年は本命チョコもらえそうですか?」
 とか言う質問があちこちで飛び交う。
 A.N.JELLのメンバーもその恒例行事に漏れることはない。
 とある映画の試写会にメンバーが招待されたのは二月の初めだった。現れた四人に、それっ! とばかりに記者が群がった。
 そしてご他聞に洩れずにこの質問だ。
「ファン・テギョンさんは今年も愛のこもったチョコをもらえそうですか?」
 カチン!
 記者の何気ないこの言葉にテギョンがキレた。
「もらえそうですかって何ですか? あんた、もらえないでしょって言いたいのか?」
「え? あの、そういう意味では……」
 質問した女性記者はへどもどした。
「じゃあ、どういう意味だよ? もらえるに決まってるだろ!」
「え? あ、はい。そうですよね」
「ヒョン! もう! すみません。うちのヒョンは彼女のことになると理性がぶっ飛んじゃうんで。あははは。ご勘弁を」
 ジェルミがその場を笑いで上手く取り繕った。
「理性なんか元々ないだろ」
 ボソッとミナムが呟いたことは、もちろん誰にも聞こえていない。
 この放送を見ながらミニョもクッションを抱きしめて、
「そうよ! あげるに決まってるでしょ!」
 とぷりぷり怒った。
 去年はバスケットいっぱいにチョコを詰めて贈った。
 ふと、今年はどうしようかと思った。
「また、バスケットに詰めちゃう?」
 バレンタインのことはまだ何も考えていなかった。
 大学の帰りに明洞でチョコを見てみようと思った。

 街は――若い女の子で溢れかえっていた。旧正月が終わればすぐにバレンタイン。そのせいか、この前までは閑散としていた街並みが今では華やかになっている。
 それぞれ手に手に大きなバスケットを持っている。
「やっぱり今年もバスケットかな?」
 そんなことを思いながらぶらぶらしていると、ふととある看板が眼についた。
 店舗の店先に山積みに置かれたチョコは日本メーカーのものらしい。看板にもハングル文字と一緒に日本語が書かれている。
『恋をまとって、愛を捧げる』
 ん~~……。
 ミニョは少し首を傾げた。
「どういう意味かな?」
「ねぇ、ちょっと見てよ! 意味深な言葉じゃない?」
「うわっ! ホントだ!」
 きゃあきゃあ言いながら女子高生たちがミニョの近くに来て、同じように看板を見ている。
(意味深? どこが?)
 思わずミニョは耳をダンボにして女子高生の会話に耳を傾けた。
「恋をまとって、愛を捧げるだって! ぷぷぷっ! ある意味自分を捧げろってことじゃない。ねぇ?」
「ホントホント。これ、日本のお菓子メーカーでしょ? 面白いこと考えるね」
 隣で聞いていたミニョの顔が一気に真っ赤になった。
(そそそそそういう意味なの??)
 慌ててもう一度看板を見上げた。言われて見れば、そう取れなくもない看板の文字。
(な、なんて大胆なの!?)
「こんなこと書くぐらいだから、媚薬チョコとか言うんじゃない?」
「まっさかぁ!」
 あははは、と女子高生は笑いながら行ってしまったが、ミニョは思わずチョコを手にしていた。
「媚薬?」
 成分表示を見てみれば、ただのチョコレートだった。思わずがっかりしている自分が恥ずかしくなってミニョは慌ててチョコを台にもどして、その場を去った。
 結局、去年と同じようにバスケットにいっぱいのチョコを詰め込んだものを買ったが、何か物足りなさを感じていた。
「……またかって思うかな?」
 昼間見た、あの看板の文字がやけに頭に思い浮かぶ。
 ぶんぶんっ!!
 思いっきり頭を振って『恋をまとって、愛を捧げる』という文字を消そうとしたが、どんどん大きくなるばかりでいっこうに消えてくれない。
 しまいには、手で頭の上を振り払ったり、うろうろ歩いてみたり、クッションで頭ごと覆ってみたりしたが、やっぱり消えない。
「……どうしよう」
 自分をどうぞ、なんて口が裂けても言えない。
「でも、何かした方がいいかな?」
 う~ん、う~んと悩んだが結局答えは見つからなかった。

 その頃テギョンは来る十四日に向けて、毎日カレンダーを見てはニヤニヤしていた。
 そんなテギョンを相変わらず遠巻きに見ている三人。
「まただよ」とジェルミ。
「また、だな」とシヌ。
「いつものことだろ」と気にしてないミナム。「バレンタインだろうが、夏祭りだろうが、クリスマスだろうが、誕生日だろうが、あいつはいっつもあんな感じだ。何も変わらない」
「でも、ニヤニヤして気持悪いよ」
「それもいつものことだろ。あいつがあんな顔してる時は機嫌がいいから、余計なことは言うなよ。こっちにまでとばっちりが来る」
「う、うん。そうだな」
 バレンタインまではこのまま静かにテギョンをニヤニヤ笑わせておこうと三人は思った。

 そして十四日のバレンタインの当日――。
 早めに仕事を切り上げて、シヌ以外の三人はそれぞれの場所にそれぞれウキウキした足取りで向かった。
「今年は俺一人かよ……」
 マ室長でも誘って飲みに行こうかと思ったが、そのマ室長もすでに家庭持ち。ワンコーディが「どうぞ」とあっさりマ室長を出してくれるわけがないと思って、一人寂しく宿舎に戻った。
 家に帰ってきたテギョンをミニョがいつものように出迎えてくれる。今日ばかりは大学も早めに終えて帰ってきた。ヘインに飲みに行こうと誘われたが、「お前はバカか? 無粋な奴だな」とソンギが助けの手を入れてくれて、無事帰れた。
 いつもと違ってバレンタイン使用の料理は豪華だった。テギョンの好きなものばかりが並べられ、ウキウキ感をさらに高めてくれる。
 ミニョの手料理に舌鼓を打ちながら、テギョンは今年も二人でバレンタインを迎えられたことを喜んでいた。
(来年も再来年も二人で迎えたいな。いやいや、もしかしたら三人ってことも……くふふ)
 料理を食べながら、ワインの酔いも手伝ってそんな妄想をしてみる。
「?」
 何を考えているんだろうとミニョは思った。さっきからテギョンはニヤニヤ笑いっぱなしだ。
(女の子が生まれたら、『パパはあたしのモノよ』とか言ってミニョと取り合いになるかな? そうしたら俺はどっちのチョコを最初にもらうべきなんだ?)
 笑っているかと思えば、ワインを飲みながら眉間に皺を寄せたりしている。
「??」
 ますますおかしいとミニョは思った。
(……まさか、何か期待してるのかな?)
 ふと、そんな思いが過ぎった。
(まさか! オッパもあのチョコの看板見たんじゃ? ううん、もしかしたら、私が明洞で見ていたのこっそり隠れて見ていたんじゃ!?)
 ありえないことなのに、ミニョはあの文字が頭から離れずにいたせいで、ついあらぬことを考えてしまう。
 ニヤニヤ笑うテギョンと対照的に顔を真っ赤にしているミニョ。

 少しワインを飲みすぎたと思った。
 後片付けを済ませて、リビングに移動するとテギョンがソファに座ってテレビを見ていた。ちょうどドラマの合間のCMだったようで、次のCMに変わった瞬間、思わずミニョは絶句した。
『恋をまとって、愛を捧げる』
 某タレントが韓国語であの日本メーカーのチョコを片手にそう言っているのだ。
「ううっ!!」
 思わずミニョは言葉に詰まった。何という間の悪さ、タイミングの悪さ。
 今からチョコを渡そうと思っていたのに、このCMを見てしまっては、とても恥ずかしくてまともに顔を見れそうにない。
 バスケットを持った手が震えた。
(落ち着くのよ。落ち着くの)
 自分に言いきかせていると、
「すげぇCMだな。恋人を煽ってどうするんだよ」
 テギョンが笑いながら言った。ミニョがそこにいるとは知らないようだ。
(オッパにも意味が通じてる!! ああ……私のバカ!)
 実はあの後、ミニョはバスケットに詰めたチョコの中にあのCMのチョコも入れたのだ。なぜかそうせずにはいられなかった。しかも、一番目立つところに。
(バカバカバカ!! 私の大バカ!!)
 後悔してももう遅い。今さらチョコを取り出すことは不可能だ。綺麗にラッピングされたバスケットの中にある例のチョコ……。
 それを恨めしい気持で見つめながら、ミニョは意を決したようにテギョンにそのバスケットを差し出した。
「オッパ。バレンタインのチョコです」
「ありがとう」
 嬉しそうにテギョンはそれを受け取った。
「去年と同じでごめんなさい」
「いいよ。お前からもらうものなら、例え石っころでも嬉しいから」
「オッパ……」
 ガサガサと音をさせながらテギョンがラッピングをはずしていき、手が途中で止まった。
「……これって」
「え?」
 一番上に堂々とあるのは……さっきのCMでみたチョコ。
「あっ!」
 いい雰囲気に流されかけて忘れていた。いや、忘れたかったチョコ。
「あの、それは、その……何て言うか……」
 あわあわしているミニョのくちにぽいっとそのチョコを一つ放り込んだ。
「甘い」
 ミニョの口の中でゆっくり溶けていくチョコ。
 テギョンはぐいっとミニョの腰を引き寄せてキスをした。舌を口に中に滑り込ませて、ほどよく溶けたチョコをゆっくり味わう。
「うん。甘いな」
「もう、オッパったら!」
 またぽいっと口にチョコを放り込む。そしてキス。
 それを何度か繰り返しているうちに、ミニョの眼がとろんとしてきた。
 ワインの酔いだけじゃない、熱い眼。
 思わずキスをするテギョンがドキッとするほど、まばゆい眼。
「ミニョ……」
 唇が重なるごとにチョコがミニョの口の中で甘さを増していく。ミニョの熱とテギョンの熱に溶かされ、さらに絡みあった舌がチョコを溶かしていく……。
「……っふぅん」
 キスの合間にミニョが甘い声を漏らした。
「ミニョ……」
「オッパ……」
 熱く絡みあった視線が、バレンタインの夜を盛り上げていく――。

 翌朝、二人は甘い匂いに包まれて目が醒めたのは言うまでもなかった……。
「身体中がベタベタする!!!!!!」
 バスルームに二人して駆け込んだのは……まあ、またお熱くなるため?(笑)





おはようございます。寒いですが、晴れています。
先週は義父の入院でご心配いただきありがとうございます。また、たくさんのコメやメッセージをありがとうございます。嬉しかったです。
軽傷で済んだおかげで、近々退院できそうです。本当に、ありがとうございます。

今日のお話は本当なら、先週のバレンタインに更新する予定だったお話です。遅くなってすみません。
夜には、甘甘バレンタインも更新する予定です。こちらは、すみませんが限定記事となっています。
ちょっと今回は濃いかもしれないので、公開記事とはできませんでした(汗)
あ、もし読んで「濃くないじゃん!」って思っても文句は言わないでくださいね(笑)
読めない方、本当にすみません。ブロとも再開のほうを一度考えてみようと思っています。

今日からまた一週間が始まりました。元気に頑張りましょう!

いってらっしゃいといってきます。

スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【ご心配おかけしています】へ
  • 【バレンタイン企画  ロブロブ バレンタイン】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

シヌさん以外は?

おはようございます。こちらは朝から雪がちらついてます。 

シヌさん以外は(?)タイトルと同様に幸せなバレンタインだったのかな?( ´艸`)

昨年のバレンタインも2人で同じ甘さを味わってましたが、今年はそれにプラスして本当に纏ってしまったようですね♪(笑)

とっても甘~いラブラブなお話で私も幸せです!!!

ありがとうございました!!!(●´ω`●)



NoTitle

待ってましたとばかり、携帯から読み、みつけた瞬間超興奮(笑)して笑ってしまいました♪♪
本当に、お疲れ様でした♪♪これだけでも十分きゅんきゅんなのに・・夜、また楽しみに頑張ってきます~~~♪♪

なかなかコメント出来なくてゴメンなさい<(_ _)>
お義父様、近々退院って事で良かったですね!
テギョン&ミニョのバレンタイン何だか可愛いくて微笑ましいです!!
お疲れの中、お話の更新ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お話の更新ありがとうございました!

今朝は、パソコンのまわりをウロウロしました。更新して下さって本当に嬉しかったです。

しかも、二人のラブラブが微笑ましくて、幸せな気分になりました。ありがとうございました❤
  • #13522 まごまごピンク 
  • URL 
  • 2012.02/20 13:40 
  •  ▲EntryTop 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは。

またまた、お久しぶりです。
韓国からの帰国後、ブログを拝見して義父様のことを知りました。お大事になさってください。

私が、旅行に行ったとき、ちょうどバレンタインでした。
ペアルックのカップルが本当にいっぱいで、超ラブラブ♥
母と2人で行った私は、羨ましいな~と思う反面、日本ではちょっと勇気がいるなぁって思って見てました。
テギョンとミニョも全身ペアルックで街を歩くことがあるのかな??

もちろん、街のいたるところに、グンちゃんがいっぱい♥幸せでした。
美男ですねのチョコレートを買ってさらにハッピーな旅行でした。

限定記事・・・、すごくすごく読みたいです。でも、このお話だけでも十分幸せな気分になったので、
気長に待ってます!!


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: もちもちさん

こんばんわ。

いつでもどこでもラブラブな二人です。
別にバレンタインじゃなくても、きっとこうでしょうね。

義父は無事に退院できそうです。ありがとうございます。
朝から山のような雪とは、雪かきですか?
雪がまったく積もらないこちらでは、想像もできないことです。

Re: たくみままさん

こんばんわ。

ありがとうございます。一安心です。

我が家もバレンタインと言っても、「ふーん」で済ませます(笑)
両家の父にはチョコを欠かしませんが・・・。
旦那は今年は一個だけもらってきて、それを私に半分くれました(笑)
こんな風なラブラブなバレンタインは・・・・ないです。

Re: Kou さん

こんばんわ。

シヌ以外のみんなは幸せなバレンタインだったと思います。
それぞれにラブラブで(笑)
今年はそれに輪をかけてラブラブですね。
我が家は・・・スルーでした(笑)

Re: のあさん

こんばんわ。

バレンタインのお話し書いてたらいつの間にか、雰囲気が
甘甘になっちゃって(笑)
当初書く予定のなかった甘甘書いちゃいました(笑)
来年こそ、四人全員ラブラブにしてあげたいです。

Re: みーママさん

こんばんわ。

ありがとうございます。義父のことも落ち着いてほっと一安心です。
今年のバレンタインのお話はあれこれ悩んじゃいました。
いろいろ調べたら、なんだか失敗のお話しばっかりで(笑)
でもラブラブじゃないと楽しくないですよね。

Re: あみさん

こんばんわ、初めまして、あみさん。

お越しいただきありがとうございます。
お話も読んでいただきありがとうございます。
バレンタインはやっぱりラブラブじゃなきゃだめですよね。
最初はケンカのお話にしようかと思ったんですが、年に一度のことなので
やっぱりラブラブに・・・。

Re: ねしこさん

こんばんわ。

この二人には甘~いバレンタイン以外は似合いませんね(笑)
この先もずーっとラブラブで。
昔のテギョンだったら「バレンタイン? くだらない!」とか言ってそうです。
でも、今は・・・ただのデレデレさん(笑)

Re: メイナママさん

こんばんわ。

ありがとうございます。義父も元気になってほっとしています。
私も元気にしています。

お話を読みにわざわざ来てくれる。それだけで嬉しいですよ。
すっごい書き手さんがいるのに、来てくれるってことは、私のお話を
楽しいと思ってくれてるからだってことだと思っています。
いつでも無理せず遊びにきてください。

Re: しなもんみるくさん

こんばんわ。

ありがとうございます。身内の入院はやっぱりツライですね。
今回はそこまでひどくなかったので、ホッとしています。

一週間遅れのバレンタインになっちゃいました。
この二人だったらどんなに遅れたとしても、遅れ分を取り返すぐらい
ラブラブしそうです(笑)

Re: まごまごピンクさん

こんばんわ。

朝からラブラブさせちゃいました(笑)
この二人のラブラブ書いてると幸せです。
我が家もこれぐらいラブラブなら充実してるんですが・・・(笑)

Re: 三人姉妹ママさん

こんばんわ。

バレンタイン・・・もう遠い昔の話です(笑)
あ、グンソクくんにならチョコあげたいですけど(笑)
娘さんがお誕生日だったんですね。おめでとうございます。
甘~いお誕生日になりそうですね。

Re: ぼくちゃんのママさん

こんばんわ。

この二人にとって365日毎日がバレンタインのようなもの?(笑)
いつだってラブラブですから。
チョコは手作りなんですね。すごいです!
友チョコもあるなんて、羨ましい(笑)
私だったら、喜んでもらいますね。

Re: みかさん

こんばんわ。

おかえりなさい。韓国旅行は楽しかったようですね。
それにしてもペアルックで街中歩いてるんですか??
うーん・・・それ、面白いかも(笑)
テギョミニョカップルがペアルック着てたら、きっとその服バカ売れでしょうね。
しかも、美男ですねのチョコレートまであるなんて!
まあまあまあ! なんて天国なんでしょう!

Re: うめちゃんさん

こんばんわ。

あははは! あちらのお話を読んでこっちのお話読むとさらに
ラブラブに見えるでしょうね(笑)
二人がラブラブしてるだけで幸せです。

Re: とりこさん

こんばんわ。

ありがとうございます。家族みんな元気です。
義母もしっかりしてて、早速義父を怒ってました(笑)

バレンタインと言えば、恋人だったらどうしてもラブラブになっちゃいますね。
私も昔は・・・・この二人のようでした(笑)
今は「愛」をあげるって言っても、必死で押し返されますから(笑)
もらってほしいのに。

Re: りらりらさん

こんばんわ。

ありがとうございます。義父が軽症ですんだおかげでみんなホッとしています。
旦那は「病院には長くいたくない」ってお見舞に行くたびに言ってます(笑)

バレンタインが来ると今年はどんなのをあげようかって悩みますよね。
毎年同じだと代わり映えしないし、かと言ってゴテゴテしたのも考え物だし。
テギョンだったら、ミニョがくれるものなら何でも喜んでくれそうです。
私は昔手作りしたことあるんですが、兄に「これ食いもん?」って訊かれたほど、
見た目が悪かったです(笑)
それ以来、手作りはしません(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: イッチーさん

こんばんわ。

そうなんですね。スマフォからコメをしたことがないんですが、ちょっと使いづらいですね。
メールするのもめんどくて、ついついPCからとかにしちゃいます(笑)
義父の怪我も順調に治っています。ありがとうございます。

バレンタインのお話しですが、この二人だとついついラブラブになっちゃいますね。
多分、十年後もこんな感じかな? 我が家は・・・冷めてます。
旦那がいただいてきたチョコを毎年私が全部食べちゃうという(笑)
今年は半分こしました(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: bunbunさん

こんばんわ、初めまして、bunbunさん。

お越しいただきありがとうございます。
お話を読んでいただきありがとうございます。

ブロともの方は現在再開を検討中です。
どうなるかは分かりませんので、あんまり期待されないほうがいいかと(笑)
すみません。はっきり言えなくて。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ご心配おかけしています】へ
  • 【バレンタイン企画  ロブロブ バレンタイン】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。