スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←愚か者 3 →ホンギお誕生日企画  願う
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【愚か者 3】へ
  • 【ホンギお誕生日企画  願う】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
愚か者

愚か者 4

 ←愚か者 3 →ホンギお誕生日企画  願う
 カメラが回り始めた。院長へのインタビューやここで働く人たちへのインタビューをしながら、カメラは一人の人を映し出す。
 子供たちと遊ぶミニョの姿――。
 そして、それに寄り添うようにしながら子供たちの相手をするヘイン。
 ミニョの側にいることがカメラに映るチャンスだ。そのことを知っているヘインは、さっきまでとは打って変わって愛想よく、子供たちに接している。
 女優だけあって表情を作るのはお手の物。どこかぎこちなく子供たちと接するようになったメンバーとは対照的だった。
「お姉ちゃん。絵本読んで」
 女の子がミニョにそう言った。
「うん。いいよ。じゃあ、あっちの椅子に座ろうか」
 部屋の隅に置かれている椅子を指さした。カメラになるべく映りたくはない。さっきからレンズが自分ばかりに向けられているように感じてミニョは、それから逃れたかった。
「ミニョ、ここで読んだらいいじゃない。そんな部屋の隅なんて寒いわよ」
 ヘインが慌てて言った。ミニョが移動すれば自分まで移動しなければいけない。なるべく部屋の中心にいて、メンバーとも付かず離れずの距離を保っておきたい。
 放送されたときに、自分ばかりが映っていたら問題になるからだ。
「でも……」
「いいから、いいから。ほら貸して。私が読んであげる」
 いきなり愛想のよくなったヘインに女の子は首を傾げている。
「こっちのお姉ちゃんがいい」
 女の子はミニョを指さした。
 ムッとしてヘインは女の子を睨みつけた。びくっとしたように女の子は目を大きくして、急いでミニョにしがみついた。
「どうしたの?」
「あのお姉ちゃん怖い」
 泣きそうな顔で言う。
「え?」
 ヘインははっとして、慌てて笑顔を作った。「ごめんね。でも、お姉ちゃんも読むの上手いんだよ」
 でも女の子はイヤイヤと頭を振るばかり。
(っち! ガキのくせに。でも、ここでカメラから離れるなんてできないわ)
 なだめすかしてようやくミニョの膝の上に座ることで解決した。しかし、この状態だとミニョは身動きが取れず、どうしてもカメラに納まってしまう。
 ヘインが絵本を読み始めると、女の子は楽しそうにミニョの膝の上で聞いている。
「どう、面白かった?」
「うん。お姉ちゃん、読むのうまいね」
「でしょう?」
 女の子は無邪気に笑った。笑うとすきっ歯が目立ったが、それもこの子には可愛いと思えた。
 釣られてヘインも笑顔になる。
「ちょっとお姉ちゃんと遊んでてくれるかな?」
 ミニョは女の子を膝からおろすと、部屋を出て行こうとした。
「どこに行くの?」
「ちょっと……」
 そう言ってミニョは部屋から出て行く。
(ダメよ! ここにいなきゃ意味ないじゃない!)
 ヘインは慌ててミニョの腕を摑んだ。
「ヘインさん?」
「あの……すぐに戻って来るわよね?」
「?」
 怪訝な顔でミニョはヘインを見た。
「あの、だから、ほら、この子が寂しがるでしょ?」
「すぐに戻ります」
 部屋から出て行くミニョをカメラが追い続ける。その視線にミニョは嫌な予感がしていた。

「ねえ、ちょっと! コ・ミニョさん!」
 呼ばれて振り返るとディレクターが追いかけて来る。
「……何でしょうか?」
 警戒心をむき出しにしてミニョは訊いた。
「この後、君たちにもインタビューしたいんだけど、どうかな?」
「それ、どういうことですか?」
「孤児院の取材でしょ? 君たちはボランティアで来てるんだから、その実態とか詳しいでしょ?」
「……あの、そういうことは私ではなく部長さんに言ってください」
「それはそうなんだけど、まずは君からインタビューさせてほしいんだよね」
「私から? なぜですか?」
「なぜっていわれると困るけど、君の話を聞きたいと言うか」
「私は個人で今日来てるわけじゃありません。サークルの一メンバーとして来てるので、そういうことを言われても困ります。それでは」
 そのまま行こうとするミニョにディレクターはそれ以上深追いしなかった。
 ミニョの嫌な予感がどんどん大きく膨らんでいく。
(もしかして……この取材って、仕組まれてるの?)





こんにちわ。す・すみません。朝、更新したつもりで仕事に行っちゃいました。
今、帰ってみたらビックリ! 更新されてなかった!!
どうやら、更新した「つもり」でいたようです(汗) もし、気づかなかったら、明日その次のお話を更新していたところでした。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【愚か者 3】へ
  • 【ホンギお誕生日企画  願う】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: しなもんみるくさん

こんばんわ。

ミニョが早く気づくといんですが。
気づいたら気づいたで、やっぱりショックでしょうね。
友達に裏切られる、利用されるのはツライです。
私も昔、利用されたことがあって、友情はそこで終わりました。
ヘインとミニョがそうならないといいんですが・・・。

Re: うめちゃんさん

こんばんわ。

怪しい雲行きになってきました(笑)
このままミニョは大人しく取材されちゃうのか?
ヘインが思い直してくれるといいですが・・・。

Re: とりこさん

こんばんわ。

子供の無邪気な笑顔に改心してくれるといいですが・・・。
そんな性格ではなさそうです(笑)
人を利用することしか考えていないと後で自分が痛い目に遭うのになあ・・・。
しっぺ返しは怖いですよね。

テニプリは知りません。かなりの人気のある作品だとは知ってるんですが。
なぜか戦隊ものの敵役にテニプリの舞台出身者が多くて、イケメン漫画なんだろうなって
思ってます。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愚か者 3】へ
  • 【ホンギお誕生日企画  願う】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。