スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←彼女は知らない 4  →彼女は知らない 6
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【彼女は知らない 4 】へ
  • 【彼女は知らない 6】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
彼女は知らない

彼女は知らない 5

 ←彼女は知らない 4  →彼女は知らない 6
 軽いカクテルだったこともあり、ソンホは次ぎ次ぎとミニョに勧めた。
「先輩。もうそれぐらいにしてください。ミニョ、大丈夫?」
「え? なんれすか?」
 だいぶん怪しくなってきたロレツにヘインは、「まったく。強くないなら飲まないのよ」と注意した。
「らいじょうぶれすよ」
 と言いながらグラスに手を伸ばす。
「もう、だーめ! もうお終いよ。へべれけになって帰るつもり?」
 グラスを取り上げて、テーブルの端に置いた。
「そうれすね。オッパに怒られちゃいます」
 自分で言ってうんうんと頷いている。
「じゃあ、そろそろ私たちは帰りましょうよ」
 ヘインがそう言うとソンホがつまらなそうに顔をして言った。
「えーーーーっ! まだ早いよ」
「先輩。もう九時ですよ。お子ちゃまは帰って寝る時間です」
 ミニョを見ながら言った。
 ヘインの言葉に慌てたのは三人だ。
「ちょ、ちょっと! まだいいじゃないの」
「よくないわよ。ミニョ、立てる?」
 すでにぐったりしているミニョに聞いた。
「……無理……れす」
 そう言うと、くたっとテーブルに突っ伏してしまった。
「マズイわね」
 この状態のミニョを見たら……テギョンの怒りが怖い。
「ちょっとお水をもらってくるわ。ミニョ、じっとしててよ」
 ヘインがいなくなると三人はすぐにミニョの隣に座った。
「大丈夫? コ・ミニョさん?」
「飲みすぎちゃったのね」
「可哀相~」
 三人がミニョを囲むようにして口々に言う。言いながらスカーレットはミニョのカバンを探っている。
 お目当てはミニョの携帯だ。すぐにそれを見つけると、
「私たちちょっとお化粧直しにいってきま~す」
 さっさとトイレに向かった。三人の目的は最初からミニョの携帯だった。
 履歴からテギョンの携帯番号はすぐに分かった。何と言っても「オッパ」からしかほとんどかかっていないからだ。

 その頃、テギョンは帰りの車の中だった。
 ミニョがお友達と食事をする、というのはマ室長から訊いていた。
「お友達って、この前のあの女か?」
 それ以外に「友達」を知らない。まあ、いいかと思いながら家に向かった。
 ♪♪♪♪
 携帯が鳴り、着信名はミニョだった。
「はい。どうした、迎えに来てほしいのか?」
 うきうきした声で言うと、返ってきた声は、
『あ、ファン・テギョンさんですか~?』
 という甘ったるい声。
「……誰だ? この携帯はコ・ミニョのものだぞ」
『え? あ、そうですよ。私、ミニョさんのお友達なんです~』
「友達?」
 ヘインと声の感じが違うと思った。
「あんた、誰だ?」
『私は、スカーレット・キムです』
「………………はい?」
 テギョンが聞こえていなかったと思ったスカーレットは、少し大きな声で、
『スカーレット・キムです!』
 と言った。
「…………あんた、韓国人じゃないのか?」
『え? 国籍は韓国です。でも、私、自分の名前が気に入らな』
「グダグダ言ってねえで、名前を言え!」
 テギョンはイラッとして怒鳴った。
『は、はい! キム・ミンジです!』
「で、そのキム・ミンジさんが何でミニョの携帯を持ってるんだ?」
『それはですね、ミニョさんがちょっと酔ったみたいで、動けないんですよ。それで迎えに来て欲しいって』
「ミニョが? 分かった。場所は?」
 スカーレットの教えてくれたカフェバーに向かう間、テギョンがお酒を飲んだミニョを怒りたい気分だった。
(あいつは……酔うとヤバイ!)
 それを知っているテギョンはまさか近くに男がいるとは知る由もなかった……。

「ミニョ。ミニョ、しっかりしてよ」
 すっかり酔って眠ってしまったミニョをヘインが揺さぶっている。
「あら、ヘインさん。そのままにしててあげなさいよ」
 戻ってきたスカーレットたちがニヤニヤ笑いながら言う。
「連れて帰るからいいわ。ほら、ミニョ、起きて」
「眠たそうじゃないの。いいでしょ、このままで」
 テギョンが来るまで、帰られては大変だ。
 スカーレットはジェシカとサラに目配せした。
「ヘインさん、ちょっとお話があるのよ」
「え?」
「いいからいいから。ちょっとこっちにいいかしら?」
 言いながらヘインを二人が連れて行ってしまう。
 スカーレットはニヤッと笑って眠っているミニョと、のん気に飲んでいるソンホを見た。




おはようございます。今日は朝からめっさ寒いです。冬に逆戻り!? 週末からは春の陽気になるそうですが・・・。
昨日、旦那と「中津」に出かけました。福沢諭吉の出身地です。城巡りが好きな私のために「中津城」に連れて行ってくれたんですが、ここにも今話題のゆるキャラが・・・・。
その名も「おっくん」 平安時代の衣裳を来た男の子です(笑)
さらにお城に入って思わず吹き出しちゃったのが「逆玉守り」というお守りです。
このお城の初代藩主の奥さんが徳川家康の長女だったんです。その娘を奥さんにしたおかげで、奥平家は出世したので、この「逆玉守り」ができたんでしょうね(笑)
買う人いるんでしょうか? もし、中津に行かれることがあったらぜひ中津城に行って見てください。

今日も一日みなさんが笑顔でありますように。

いってらっしゃいといってきます。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【彼女は知らない 4 】へ
  • 【彼女は知らない 6】へ

~ Comment ~

NoTitle

きゃあ~~
テギョンが怒ったら恐いよ~~
合コンのメンバーは、無事に帰れるだろうか?
テギョンさん、悪い奴はやっつけてね!

愛知県は家康・秀吉・信長の生誕の地ですから、お祭りもあります。徳川美術館なる物もあり、面白いですよ。なつあおいさんも名古屋へお越しの節はどうぞ。あは、遠いね!!
  • #13734 まごまごピンク 
  • URL 
  • 2012.03/26 17:04 
  •  ▲EntryTop 

やっと…

はじめまして、スピリッツと申します。初めてコメントさせてもらっています。
ランキングから、なつあおいさんのお話しを知り、土曜日夜から2010年10月7日11時07分掲載分から読み始めて、今やっとここまで辿り着きました…(嬉涙)

本当に本当に本当に。お話しに引き込まれます。
しかも、痒いところに手が届く感じの、
『そうっ!そうなんだょ~!!』
っていう話の流れが多く、テギョンのミニョに対して囁く、ラブラブな言葉に年甲斐も無くトキメキ、身悶えております…
(^з^)


更に、今回の男子が居るのに酔っぱらってしまったミニョをテギョンはどうするのでしょうか…

今までは過去のお話しを読み狂っていたから、すぐに続きが読めたけれど、今日は現在進行中…

き…気になる…
(; ̄Д ̄)

朝まで待てそうも無いです。

しかし、土曜日夜から読み狂っていたために睡眠時間は合わせて2時間位…
更にお話しを読みながらの落ち寝の為に、夢にもお話しが続いて出る状態でした。

今やっとここまで辿り着いた感動と安心感もあるために、続きも最強に気になっていますが、眠さにもやっと気が付いたので、なつあおいさんが更新していただけるまでは、寝てしま

Re: まごまごピンク さん

こんばんわ。

テギョンの恐ろしさを知らないようなこの三人。
怒ったテギョンは怖いですよ。
特に男が絡むと(笑)
ソンホは無事に帰れるんでしょうか?

きゃあーーーーー!!! 
徳川美術館!!! 私が一番行ってみたい美術館です。
名古屋が近ければ・・・。

Re: スピリッツさん

こんばんわ、初めまして、スピリッツさん。

お越しいただきありがとうございます。
お話も読んでいただきありがとうございます。
すっごくうれしいコメントで読みながら画面に向かってぺこぺこ頭下げてました(笑)
もう今頃は夢の中でしょうか? ぐっすり休まれてください。
私は夢の中といわずいつでもテギョミニョが動いています。
ただ夢で見たことは朝メモれても、仕事中に妄想したらメモれないのが痛いです(笑)
あとトイレの中(笑) ご飯中だったらごめんなさい(笑)
こんなおバカなことしか書かない人ですが、今後ともよろしくお願いします。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【彼女は知らない 4 】へ
  • 【彼女は知らない 6】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。