スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←誓いの種 10 →胸いっぱいにたまる君 2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【誓いの種 10】へ
  • 【胸いっぱいにたまる君 2】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
胸いっぱいにたまる君

胸いっぱいにたまる君 1

 ←誓いの種 10 →胸いっぱいにたまる君 2
 その日、ミニョは朝から忙しかった。
「オッパ、どっちがいいでしょうか?」
 二つのドレスを見せながら、こっちかな、あっちかなっと言っている。
「こっちのほうがいいだろう」
 テギョンが指さしたのは淡いピンクのワンピースで、胸元を黒い薔薇が華やかに飾る可愛らしいものだった。
「コートは春用のがあっただろ?」
「はい」
「あれでいい。そろそろ出る時間だぞ」
 時計を見てテギョンは言った。「着替えて来い」

 今日は、とある映画の試写会にメンバーとミニョが招待されている。監督がアン社長の古い友人なのだ。
 試写会にはほかにもユ・ヘイや有名人が多数招待されていた。
 主演の俳優が監督と一緒にインタビューを受けている。
「たくさん人がいますね」
「ああ、監督は有名な作品ばかりを作っているからな。今回の作品もかなり評判がいいらしいぞ」
 A.N.JELLの登場に会場にいたマスコミが一斉に取り囲む。この前のミナムの結婚発表もあって、記者たちは食いつきがいい。しかも、今日はミニョまでいる。
「今日は恋人のコ・ミニョさんをエスコートされてますね」
「ええ。彼女も招待されていますので」
「それは素晴らしいですね」
 この時ばかりはマスコミも気合いをいれてミニョの撮影に臨む。
「コ・ミニョさん。大学生活はどうですか?」
「サークルに入られたそうですが、楽しいですか?」
「お友達は出来ましたか? どうですか?」
 ここぞとばかりに普段取材できない大学のことを訊いて来る。
「あの……」
「すみません。今日は試写会に来ているので、関係のない話はお断りします」
 すっとテギョンが間に入って阻止する。
「そうだよ。俺たちのことももっと訊いてほしいなあ」
「そうですよ。なんなら俺とヘイのラブラブ話でもしましょうか?」
 ジェルミとミナムも加勢してうまくかわしてくれる。
「そろそろ中に入ろうか?」
 マ室長がタイミングを見計らってくれて、五人を促した。
「監督に挨拶をしたほうがいいだろう」
 ということで、記者や芸能人に囲まれている監督の元へ行くとミニョはそこに知った顔を見つけた。
「あ」
「どうした?」
「いえ……カン・ソンギさんが」
「カン・ソンギ? 誰だそれ?」
 ミニョの口から男の名前が出てテギョンはムッとした。
「ほら、大学のサークル仲間ですよ」
 言われて監督と親しげに話している若い男性を見た。
 確かに一度会った事のあるソンギだった。今日はいつものラフな格好とは違い、シックなスーツ姿だ。そうしてみると、周りにいる芸能人とヒケをとらないイケメンぶりだと思った。
「何だ、あいつ? 監督の知り合いか? あいつ、何か芸能関係なのか?」
「さあ……? 詳しくは訊いたことないので。今度会ったら訊いておきましょうか?」
「え? いや、訊かなくていい」
 テギョンはあっさり否定した。ミニョが男のことで余計なことを知る必要はないからだ。
「ソンギさんは映画監督志望なんですよ」
 ぽつりとミニョが言った。
「え?」
「前にそう言ってました。だから、映画が好きなんでしょうね」
「え? ええ??」
 ミニョが意外にもソンギのことをちょっと知っていることが気に入らない。
「そんな話をあいつとしたのか?」
「え? あ、前にちょっとだけ」
「前にちょっとねえ」
 テギョンはジロッとソンギを睨んだ。
(やっぱりこいつは危険度MAX男だ!)
「まったく……。たかだか大学のサークル仲間じゃないかよ」
「ホントホント。これじゃあ、猫の仔一匹寄ってきても、ヒョンはヤキモチ焼きそうだよ」
「そのうちハゲるぞ」
「あははは! それ言いすぎだろ」
 暇をしている後ろの二人――ミナムとジェルミ――が、聞えないように(しゃべっているつもり)言った。
「何だと!?」
 ジロッと今度は後ろを振り返った。
「オッパ! みなさん見てますよ」
 ミニョに言われて、ちょっと怖い顔を静めて、いつもの顔に戻した。
「やあ、これはこれは」
 監督がA.N.JELLの登場に満面の笑みを浮かべた。
「アン社長にはいつもお世話になってるよ」
「こちらこそいつもありがとうございます」
「今日は彼女連れだね」
「はい。ご招待ありがとうございます」
「楽しんでいってくれたまえ」
「はい」
「彼女もね」
「はい。ありがとうございます」
 監督と緊張した面持で話しているミニョを、少し離れた場所からソンギは見ていた。
 今日ミニョが来ると知って、ソンギは試写会に来ることを決めた。親の付き合いの関係で招待状はもらっていたのだが、あまり乗り気ではなかったのだ。
 A.N.JELLも来ると聞いて、問い合わせてみるとミニョも招待しているという。
 普段、大学でしか知らないミニョをこんな場所で見れるならと思って、今日は来てみた。
 テギョンの隣で幸せそうな笑顔を見せるミニョに、胸がきゅっと痛んだ。
(お前はそんな顔で笑うんだな)
 自分の前では見せないような笑顔。
 ふっと笑ってソンギは館内に入って行った。





おはようございます。今日は晴れています。ちょっと暑くなるかな?
私の旦那はとにかくカタカナに弱いです。あと英語にも(笑)
夫婦揃ってピグライフに嵌っていますが、「シンシャク植えてて」「ボビーの白植えてて」とメールがくると笑っちゃいます。
ボビーって・・・ボビー・オロゴンを植えるの? って(笑)
シンシャク→シャクヤク ボビー→ポピーです。 こんな間違いは多々あります。
英語なら頭にDがついて最後がMなら「DREAM」としか読みません。もうそれしかないと思っているんです。
正直、おいおい、マジで? って思っちゃいますが、それも可愛いと思っちゃうバカ嫁です(笑)

今日も一日みなさんが笑顔でありますように。

いってらっしゃいといってきます。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【誓いの種 10】へ
  • 【胸いっぱいにたまる君 2】へ

~ Comment ~

(´∀`*)ウフフ

テギョンの「ミニョ・レーダー」が,ピコンピコン☆彡
流石!いち早く,ソンギに反応していますね。
しかし,ミニョのドレスアップされている姿~
きっとヘアメイクもされているから,華やかでしょうね。
ピンク・黒い薔薇のワンピース。
テギョンの隣で,輝いているでしょうね☆彡

Re: ともるんさん

こんばんわ。

テギョンって鬼太郎みたいに「危険男アンテナ」持ってるんじゃないでしょうか?(笑)
それもミニョ専用の。
それがいつも反応してるんですよ(笑)
髪の毛の一部が立ってたらそれはアンテナです(笑)
ドラマの中でも試写会に招待されてましたね。
あのときのミニョはミナムだったのでスーツ姿でしたが。
本来の女の子にもどれば、可愛いですもんね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【誓いの種 10】へ
  • 【胸いっぱいにたまる君 2】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。