スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←胸いっぱいにたまる君 1 →胸いっぱいにたまる君 3
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【胸いっぱいにたまる君 1】へ
  • 【胸いっぱいにたまる君 3】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
胸いっぱいにたまる君

胸いっぱいにたまる君 2

 ←胸いっぱいにたまる君 1 →胸いっぱいにたまる君 3
 五月になると、ミニョの通う大学でも学際が行われる。
 それぞれのサークルで出し物をして学際を盛り上げる。ミニョやヘイン、ソンギのいるボランティアサークルでも出し物をすることになっている。
「去年は募金活動したわね。その前は屋台を出したし……」
 あれこれと案を出し合って、今年はトッポギの屋台を出そうということになった。
「だったら、メイドの格好をして売りませんか?」
 ソンホがとんでもないことを言い出した。
「メイド!?」
 副部長のセリョンがどうしてそうなる? という顔でソンホを見た。
「だってたくさん屋台は出るんだし、少しでも目立たないと。それに女の子が四人もいるんですよ。華やかさをアピールして売り上げアップ大作戦!」
 ニコニコ笑顔のソンホにヘインはわざとらしいぐらい大きなため息をついた。
「ウ・ヘインさん、何か?」
「あの先輩。意気込んでらっしゃるところに水を差すようで申しわけありませんが、その“四人”の中に、このコ・ミニョも含まれてます?」
「え? もちろんだよ」
 また大げさにヘインはため息をついた。ますます意味が分からないという顔でソンホはヘインを見た。
「ミニョにメイドの格好をさせて売り子をさせるんですか? 命知らずですね。早死にしたいんですか?」
 ヘインに言われてソンホには思い当るふしがあった。
(ファン・テギョン!?)
「きゃ、きゃ、却下! 今のは却下します! 普通でいいです、普通で!」
 慌ててソンホはそう言った。
「じゃ、じゃあ、普通の格好でトッポギを売るわよ。学際は三日間だから、交代でしましょう」
 そこから材料のことや道具の調達のことをあれこれ話し合った。

「さっきのソンホ先輩の慌てぶり見た? まったく懲りないというかバカというか」
「バカだなんて失礼ですよ」
 帰り支度をしながら二人は笑い合った。
「コ・ミニョさん」
 声をかけられて振り返ると、数人の男女がそこにいた。
「はい」
「ちょっとお時間よろしいかしら?」
「え? あの……」
「ミニョに何か御用ですか?」
 すかさずヘインが間に入ってくれる。
「そんなに警戒心むき出しにしないでよ。たいしたことじゃないわ。ちょっとした頼みごとなのよ。ただ、ここでは話せないから場所を変えましょう」
 あなたも一緒にいらっしゃいと言われて、ヘインもついて来た。
 とある部屋の前まで来ると、
「ここは学際実行委員の部屋よ。さ、入って」
 と警戒を解くような言い方をした。
「話というのは他でもないの。今度の学際にA.N.JELLをゲストとして呼びたいのよ。それであなたに便宜を図ってもらいたくて」
「A.N.JELLをゲストですか?」
 ミニョとヘインは目を丸くして顔を見合わせた。
「ええ。うちの学際も他の大学の学際に劣らず毎年、芸能人をゲストに呼んでるのよ」
 実行委員長だというその女性はこれまでのゲストの名前をあげて言った。有名どころから、誰それ? という人まで……。
「A.N.JELLには毎年オファーを出してるんだけど、毎年断られてるのよ。今年こそは何としてでもって思ってて」
 ちらっと上目遣いでミニョを見る。
「それで……私にどうしろと?」
「あなた、ファン・テギョンさんの彼女よね? だったら彼に頼んでくれない? 彼女の頼みなら聞いてくれるんじゃない?」
 この女性の口調はあくまでも下手だが、「あなたもうちの学生なら、それぐらい貢献してくれてもいいでしょ?」というのがあからさまだった。
「申しわけありませんが、お断りします」
「はぁ?」
「お仕事のことについては私はオッパ……ファン・テギョンさんに何も言えないんです。もし、学際にお呼びしたいのであれば、事務所にご連絡して」
「もうしたわよ! 毎年断られてるって言ったでしょ! だからこうやってあなたに頼んでるんじゃない!」
 どうもこの女性は少しヒステリック気味のようだ。
「すみません。お役に立てなくて。ヘイン、失礼しましょう」
 ミニョの対応はいたって丁寧だった。それがまた癪に障るようだ。
 ミニョたちがいなくなると、実行委員のメンバーは困った顔をした。
「どうします? 最後の頼みの綱が切れちゃいましたよ」
「けっこう、冷たい子だな。見た目は可愛いのにさ」
「ホントね。彼女だからって威張ってるんじゃない?」
 口々にメンバーが言うのを遮るように委員長が叫んだ。
「今年こそ何が何でもA.N.JELLを呼ぶのよ!」
「それは分かってますが……。最後の綱が……」
「最後の綱がダメなら、もう直接直談判よ! 事務所に乗り込んででも承諾させるわ!」
「ええ? そこまでしなくても……。それにA.N.JELLを呼ぶだけのお金が……」
「うるさいうるさい! あんたたち、黙ってついてきなさい」
 そう言うと実行委員長は本当に事務所に乗り込んで行った……らしい。






おはようございます。今日も洗濯日和のいいお天気です。
この前、買い物にいったら、何処からか聞き覚えのある音が。
カラカラ、カラカラ。ん? 訊いたことのある音だなって思ったら、目の前から歩いてくる小学生の女の子の持っている鍵でした。
その鍵には私も持っている「チャン・グンソクガチャ」の景品キーホルダーが二個ついてるんです!!!
あれはまさしくグンソクくん! 思わずその子を見入っちゃいました(笑)
小学高学年ぐらいの女の子で、思わず知らず顔がニヤけてしまいました。こんな小さい子供にまで人気があるとは・・・。お目が高い女の子だと思っちゃいました。

今日も一日みなさんが楽しく過ごせますように。

いってらっしゃいといってきます。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【胸いっぱいにたまる君 1】へ
  • 【胸いっぱいにたまる君 3】へ

~ Comment ~

健気です。ミニョ。

まじめですね。ミニョ。
こんな子だからこそテギョンに愛されるんですよね。
でも、まぁテギョン君は、ひょっとしたら…お願いされた方が嬉しいし、無理してでも都合つけてくれそう?
そういう事もミニョはわかっているから公私の区別ははっきりとつけるんでしょうか。
そんなミニョもいじましくて好きです。

Re: こむぎこさん

こんばんわ。

真面目な性格だからこそ、公私の区別はちゃんとつけたいんでしょうね。
テギョンとしてみたら、少しぐらいならめちゃくちゃでもいいと思うでしょうが(笑)
テギョンがこのことを知ったら口惜しがりそうです。
「ゲストで呼ばれたい!」って言いそうですね。

今年は来る?(*^o^*)

去年までは無理でも、今年は喜んで来てくれるかも…(*^o^*)
テギョンも正々堂々とミニョがいる大学に来れますからね。
来てほしい…そして、私も見に行きたい(笑)
~どうなるか続きが楽しみです。

学際ですね^^

以前勤務していた大学は 6月が学際です。
メインストリートに びっしりと屋台が並びます
たまたま 目の前が 留学生のブースだったので
本当に国際色豊かな お店がズラーリ
カレーひとつでも インド、スリランカ、タイとさまざま
イタリアは 大鍋のパエリア
そして中国は 地方食が いろいろと
民族衣装を着て この日は お国の言葉で
留学生は イキイキと 日本の学際を 楽しんでいました♪

今年は 行ってもみようかな^^

Re: とりこさん

おはようございます。

もしオファーが来てること知ったら是が非でも
テギョンはその仕事を受けるでしょうね。
無償でもいいとかいいそうです(笑)
正々堂々と大学にいけるんですからね。

Re: らんちさん

おはようございます。

私の実家の近くにも大学があります。
ここの大学は11月が学際でした。子供の頃からいつも
11月になると嬉しくなったものです。
お姉さん・お兄さんたちが作る食べ物の匂いに釣られて、
ふらふら出かけていました。
ゲストはいませんが、軽音部みたいな人たちが演奏したり、沖縄出身の学生が民族衣装で、
楽器を持って街を練り歩いたりして楽しかったです。
もう随分行ってないので、また行きたいですね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【胸いっぱいにたまる君 1】へ
  • 【胸いっぱいにたまる君 3】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。