スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←胸いっぱいにたまる君 9 →嵐の予感 1
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【胸いっぱいにたまる君 9】へ
  • 【嵐の予感 1】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
胸いっぱいにたまる君

胸いっぱいにたまる君 10

 ←胸いっぱいにたまる君 9 →嵐の予感 1
 会場がテギョンの怒鳴り声でざわめき始めた。何だ? 何だとミニョの姿を探し始める。
『今、お前ミニョにキスしようとしただろ!!!!』
「………………ええーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!!」
 会場が一気にどよめいた。
「え? ち、ちが」
 一番驚いたのはミニョだ。テギョンが何を言ってるのか分からずにおろおろする。隣で平然としているソンギの姿が、さらにテギョンの怒りを煽る。
 マイクをいきなりステージに叩きつけ、飛び降りてソンギのところに向かうと、いきなり胸ぐらを摑んだ。
「何ですか、いきなり?」
 ソンギは平然としたままだ。
「何ですかじゃねえだろ。お前今」
「オッパ、やめてください!」
 ミニョがテギョンの手を摑んで放そうとするが、テギョンの怒りが収まるわけがない。
 慌ててシヌたちもステージから降りてきて止めに入る。
 しかし、時すでに遅し、だった。
 パシャッ、パシャッ、と無数のフラッシュがたかれた。
 マスコミもこの場にいたのだ。
 はっとしてみんなの表情が凍りつく。
「やめてください! 撮影はしないでください!」
「撮らないで! これは……よ、余興だから!」
 シヌやジェルミがカメラを遮るようにしたが、そんなことで追いつくわけがなかった。
「テギョン! 手を放せ! テギョン!!」
 ミナムが怒鳴ってテギョンの手を無理やり放した。
「すみません。中断させてください」
 呆然としている実行委員たちにシヌはそう言うと、ミナムたちとテギョンを引きずるようにして控え室に戻った。
「ミニョもおいで」
 はっとしてミニョも後を追いかけた。
 その場に残されたソンギにフラッシュの嵐が止まなかった。

「……ざけやがって!!!!」
 テギョンは怒りのまま、控え室の椅子を蹴飛ばした。あまりのテギョンの怒りに誰も何も言えない。
 ミニョは顔を蒼ざめさせてただ震えている。ここまで怒ったテギョンを見たのは初めてだ。
「……オ、オッ……」
 声をかけようとしたが言葉にならない。涙がぽろぽろとこぼれた。
「テギョン、落ち着け。まだライヴの途中だぞ。中止にはでき」
「中止だ! こんな仕事やってられるか! 俺は帰る!」
「テギョン!」
「おい! どういうことだ。何で中断なんかしてるんだ!」
 マ室長が顔を蒼ざめさせて戻ってきた。
「マネージャーのくせに今までどこにいた! 俺は帰る! 中止だ!」
「なっ! 何言ってんだ? 中止になんかできるわけないだろ!」
「中止って言ってるだろ!!」
 もうこうなったら何を言っても無駄だ。それにこの状態ではとても再開はできない。
「オッパ……怒らないで」
 ミニョが泣きながらテギョンの手を握ろうとしたが、テギョンはその手を激しく払いのけた。
 みんながはっとして固まる。
「俺は先に帰る」
 そう言うと荷物を持ってさっさと楽屋を出て行く。
「オッパ……」
 ミニョはその場に泣き崩れた。何がそんなにテギョンを怒らせたのか分からなかった。ソンギのことを怒っているにしても、テギョンのいうようなキスはしていない。誤解をしているなら解きたかったが、そんな間さえ与えてくれない。
「……っ……」
 泣きじゃくるミニョをミナムがそっと抱きしめた。
「大丈夫だ。お前は何も悪くない。ちょっと、あいつが誤解してるだけだ。な、ミニョ」
「……う……っく……」
「帰ろう」
 ミナムに言われて、ミニョはのろのろと立ち上がり歩き出した。
 その夜、テギョンは家に帰ってこなかった……。

 翌日の新聞やテレビはこのことで朝から持ち切りとなった。
『ファン・テギョン、学生にブチ切れ! 俺の彼女に何をした!?』
『彼女にキス!? 男子学生とファン・テギョンが大ゲンカ! 彼女の浮気発覚か!?』
 とんでもない見出しがあちこちで躍る。
 当然のように家にもマスコミが押しかけた。事務所には電話が鳴りっぱなしで、昨日からスタッフは対応に追われっぱなし。
「テギョンはどこだ! どこに行ったんだ!!!!!」
 アン社長の血管が浮き出て、目が血走っている。
 一般人相手にケンカをしたのだから、下手をすれば訴えられかねない。
「マ室長! お前の管理が甘いからこうなったんだぞ! テギョンは見つかったのか?」
「いえ、それがまだ」
「まだぁ!? さっさと探せ! あーーーーー!!!!」
 鳴りっ放しの電話にアン社長でなくても叫びたくなる。

 ミニョは一晩中泣いていた。宿舎に来るといいと言われたが、テギョンが帰るはずだからと言ってミニョは家に戻ってきた。
 しかし、テギョンは帰ってこなかった。
 不安で胸が押し潰されそうだった。テギョンが帰って来ない。
 インターホンは昨夜から鳴りっぱなしで、表にはマスコミが大勢詰め掛けている。
 下手に誰も動ける状態ではなかった。当然、大学にも行けない。
 表がひと際大きくざわめいたと思った。しばらくして「ファン・テギョンさん! お話を聞かせてください」とか「テギョンさん、昨日のことはどういうことですか?」とマスコミの声が聞こえた。
「……オッパ?」
 ミニョは涙を手で拭うと、慌てて玄関に駆け出した。ドアを開けると目の前にテギョンが立っていた。
「オッパ!」
 ミニョは嬉しくて抱きついた。
 後ろ手にドアを閉めると、テギョンはすっとミニョから離れてリビングに向かった。
「オッパ? オッパ!」
 急いでミニョも後を追う。
「オッパ、昨日のことは誤解です! キスなんて」
「お前、あいつのことどう思ってるんだ?」
「え?」
 突然の質問にミニョは戸惑いの表情を見せた。
「あいつが好きなのか?」
「え? ち、違います! そんなことないです」
「そんなことないわりには、仲がいいな」
「そ、それは友達だからです。サークル仲間でもありますし」
「それにしたって、あいつはいつもお前の側にいるじゃないか? 俺はお前があいつと一緒にいるなんて一言も聞いてないぞ。お前は……」
 そこでテギョンは言葉に詰まって、ミニョから目を逸らした。
「……お前は……俺には何も言わないんだな」
「オッパ……」
「あいつのことも、友達のことも、大学のことも……。何かあってもお前はいつも俺には何も言わない」
「…………」
「お前は……俺が必要じゃないのか?」
「そんなことありません!」
「いいや、そうなんだ! お前は俺に甘えない。いつだって自分で何でも片付けてしまう。俺は……俺は……お前のそういうところが嫌いだ」
「!!」
 ショックだった。テギョンにそんなふうに思われていたのかと、ミニョは全身が凍りつく思いがした。
「俺は」
 ♪♪♪
 テギョンの携帯が鳴った。着信履歴を見たテギョンの顔色が変わった。
 出ようかどうしようか迷っていたが、通話ボタンを押した。
「……もしもし」
 相手は何かしゃべっているのだろうが、ミニョには何も聞こえない。
「……ああ、分かってる。――でも、今は――ああ――それで、大おば様は何と? ――え? ――分かった。すぐに戻る」
 電話を切ると、ふうっと一息ついて、ミニョを見た。
「……しばらく俺は戻らない」
「……え?」
「俺たち、しばらく距離を置こう」
 それだけ言うと呆然としたままのミニョを悲しげに見てから、テギョンは家を出て行った――






おはようございます。今日も晴れです。今日からGWですね。
みなさんはどこかに行かれますか? 私は仕事が終わったら「韓流フェア」に行ってきます!!
旦那は「あんまり期待するなよ」と言いますが、期待しちゃいますよ(笑)
新大久保からショップまで初上陸しちゃうんですから。今からドキドキワクワクです。
GWには妹一家も帰省するので、甥っ子たちに会えるのが楽しみです。兄のところの甥っ子はお笑いが好きなので、ぜひ「スギちゃん」の「ワイルドだぜぇ~」をやってみたいと思っています。
只今、我が家での密かなブームです(笑)
もしかしたら月曜日はお話をお休みするかもしれません。その時は、ごめんなさい。

今日も一日頑張りましょう!

いってらっしゃいといってきます。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【胸いっぱいにたまる君 9】へ
  • 【嵐の予感 1】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ひぇ~!

おはようございます。

なんだか、怪しい雰囲気になってきちゃいましたね(ーー;)

ファン家の大おばさまとは?
あー、ちゃんと仲直りって、テギョンのやきもちなんだけど、そうさせた、ミニョも悪いかなぁ。いくら、気づかないといっても、他の男といたらだれだっていやだよね~

大丈夫ですよね?あー、心配…

スギちゃん、ワイルドだぜぃ

この語尾、私と娘のメールのやりとりで流行ってます(笑)
  • #13910 にこにこひまわり♪♪ 
  • URL 
  • 2012.04/28 08:48 
  •  ▲EntryTop 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

私アメリカに住んでいるので(しかも、南部のため日本の物に枯渇してます)日本のドラマも韓国ドラマもなかなか見ることはできません。
そんな中、こちらのお話を読ませていただくようになって、夕方(新しいお話がアップされるのはアメリカ時間だと夕方6時くらいなんです)が来るのがとっても楽しみになりました。ありがとうございます。
お忙しくて大変なこともあると思いますが、今後もがんばってください。応援してます。

熱いなぁ

テギョン君…きれましたね。
我慢も限界?ワイルドだなぁ。
ミニョの何も言わずに頑張る所も好きなんじゃないのか?ほんとはw
置いていかれたミニョは相当ショック受けたでしょうね。
続きが気になって仕方が無いです(^^ゞ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

うわぁ!ど,どうなるん?

なつあおいさん,こんにちは。

テギョン君,ぶちきれちゃいましたねぇ。
ミニョ,一筋ですからねぇ。
男の人って,熱中すると一筋になりますよね。

うちの旦那様も,恋愛中は,日参し,
も~しかしたら,私に夢中?と・・・。
今じゃぁ,本当に同一人物か?と,妻に無関心なヤツ。
まっ,いいんですけれど。
心おきなく,グンちゃん一筋になれますから(笑)

ミニョの不安,かわいそうです。
私もつらいです。
きっと,テギョン君,冷静に今後の二人について考えて,
幸せな一件落着にしてくれるかな?

なつあおいさん,楽しいGWを!!
続き,お待ちしています。
  • #13916 ROSE・KISS 
  • URL 
  • 2012.04/28 11:15 
  •  ▲EntryTop 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ん~(-_-;)

あ~テギョン,ぶちぎれてしまいましたね。
でも,自分の立ち入れない場所で,他の男性と仲良くしているってね。
テギョンには,悲しい事ですよね。自分ではどうもできないしね。
ミニョも,「鈍感」と言えばそうなのかもしれないけど,
ちょっと,気付かなすぎ?
ミニョも,テギョンに他の女性がベタベタしてたら嫌じゃないかなぁ~
お互い様な事なのにね。

あ~ミニョ、とうとう「距離を…」って言われて置いていかれてしまったなぁ
昔の小さい頃の記憶と重なるようで,辛いなぁ。
早く,二人の気持ちが重なりあいますように。
私も,辛くなってしまう…関係ないのに…

Re: りらりらさん

おはようございます。

今回のテギョンはかなり怒ってます。
たまりにたまった怒りが爆発したって感じですね。
今は冷静にミニョの話を訊くことはできないでしょうね。
無理もないですが、落ち着いたら後悔しそうな気もします(笑)

GWは我が家も毎年、家です(笑)
旅行にいきたいですが、私の休みがまちまちなので、無理です。

Re: nonomomoさん

おはようございます。

いつもならこんな誤解は日常茶飯事みたいなものですね(笑)
でも今回はちょっと違うみたいです。
いつも一緒にいるかと思っちゃうと怒りが爆発したんでしょうね。
ファン家の大おば様も出て来て、何かあると思います。
試練がまたあるかも・・・です。

Re:名無しさん

おはようございます。初めまして。

お越しいただきありがとうございます。
お話を読んでいただきありがとうございます。
お名前がなかったので、「名無しさん」とさせていただきました。
お名前を教えてもらえると嬉しいです。
アメリカでも読んでもらえてるなんて、ドキドキしちゃいました(笑)
夕方更新っていうのは、時差があるからでしょうか?
これからも、楽しんでもらえるようなお話を書きますので、
また遊びにきてください。

Re: こむぎこさん

おはようございます。

我慢の限界に到達しちゃったんでしょうね。
ミニョがいろいろ自分でしちゃうのは元々だから仕方がないけど、
やっぱりちょっと寂しかったのかも。
テギョンに距離を置こうって言われたミニョはショックでしょうね。

Re: ミニグンさん

おはようございます。初めまして、ミニグンさん。

お越しいただきありがとうございます。
お話を読んでいただきありがとうございます。
あははは! 確かに我が家のテギョンはかなりのヤキモチ焼きですね。
ヤキモチが爆発しちゃうと、もう周りが見えなくなる。
仕事も投げ出しちゃう! のは悪いことですね(笑)
今のテギョンは冷静を欠いちゃってるから、しばらく頭を冷やしたらすぐにも
帰ると思います。
テギョンがすごいヤキモチ焼きなのは、私自身が反映されてる部分もあります。
私は旦那も呆れるぐらいのヤキモチなので(笑)

Re: 三姉妹ママさん

おはようございます。

お久しぶりです。学校行事って子供さんだけじゃなく親御さんも忙しいですよね。
お話を読んでいただけるだけで嬉しいので、気にしないでくださいね。
ミニョが悪いわけじゃない。それはテギョンも分かってると思います。
それでも怒っちゃいますね。
今のテギョンの気持ち、私もよく分かります(笑)
でもミニョはショックでしょうから、早く仲直りを・・。

Re: ROSE・KISSさん

おはようございます。

ぶち切れちゃったテギョン。今までとは違うからミニョはショックでしょうね。
ミニョと離れることすらできないテギョンが「距離を置こう」だなんて。
今は冷静になれないと思います。
ヤキモチも時にはいいんですが、爆発しちゃうと手がつけられませんから。
私はいまだにヤキモチがひどいです(笑)
旦那も昔はそれを喜んでくれてましたが、今では「うざい」と言います(笑)
ヒドイですよね。
昔はよかったよね~を口癖にしてます(笑)

Re: 柚子さん

おはようございます。

今回のテギョンはかなり怒ってます。
無理もないかな? って思います。
これまでもいろいろと我慢をしてきたこともあったでしょうから。
でも、ミニョはそんなこと知らないから、怒った理由が分からないと思います。
だから「距離を置こう」なんていわれたらショックが大きすぎると思います。
無垢で何も知らないミニョ。このまま何も知らないのもダメですよね。
大人の対応(?)みたいなものを少しでも学んでくれたらいいと思います。
テギョンも今回は仕事を投げ出す、というしてはいけないことをしちゃったから、
それなりのペナルティがあると思います。
まだまだ大変そうです。二人が早く仲直りして、乗り越えていってほしいです。

柚子さんもよい休暇をお過ごし下さいね。

Re: あかぴさん

おはようございます。

テギョンのこれまで溜ってたものが一気に爆発しちゃったんでしょうね。
その気持分からなくもないです。
でも、きっとすぐに後悔すると思いますよ。
ミニョのことを考えたら、いても立ってもいられないはずです。

Re: 銀のタルさん

おはようございます。

何でもかんでも自分でやっちゃうのはいいことだと思います。
でも、時には頼ったり甘えたりすることも絆を深めることでも
ありますよね。
ミニョはその店、甘えなさすぎなので・・・。

Re: ともるんさん

おはようございます。

大学という自分とは違う世界で楽しそうにしているミニョ。
テギョンにはちょっと寂しいかったかもしれません。
ソンギっていう気になる存在もいるから余計ですね。
ミニョがテギョンの性格を把握してて、男友達を作らない、
男と仲良くしないってしてたら案外うまくいってたのかも・・・。
ミニョには今回のことはいい経験になったはずです。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【胸いっぱいにたまる君 9】へ
  • 【嵐の予感 1】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。