スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←嵐の予感 3 →嵐の予感 5
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【嵐の予感 3】へ
  • 【嵐の予感 5】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
嵐の予感

嵐の予感 4

 ←嵐の予感 3 →嵐の予感 5
「もう、そろそろ大学に行こうと思うんだ」
「そうだね。そろそろいいかも」
 ジュースを飲みながらヘインは頷いた。
 大学の帰りにこうしてヘインはミニョの様子を見るために寄ってくれる。
 本当なら、もう大学に行っているはずだが、結局家から出れる状態ではなかった。
「その……ソンギさんはどうしてる?」
 ミニョはテギョンのことを心配しながらも、やっぱりソンギのことも気になっていた。
 じっとヘインがミニョの顔を見る。
「な、何?」
「鈍感だなって思ったの。まさかミニョっていつもそうなの?」
「え?」
「いっつもそうやって『男友達』のこと心配してるの? 無意識? それとも意図があって?」
「え? ヘイン、どうしちゃったの? なんだか意地悪だよ」
 困ったようにミニョはコーヒーを飲んだ。
「そうよ。今日の私はちょっと意地悪だよ。ミニョにちょっとお説教したくなっちゃった」
「え? ええ?」
「ミニョは何でテギョンさんが怒ったか分かる?」
「それは……オッパがヤキモチ焼きだから」
「違うわね」
 あっさり否定された。
「ミニョが無防備だからよ。特に男に対して」
「え? どういう意味? 私、そんな……」
「ミニョって、誰に対しても同じだよね? 男でも女でも。確かにそれはいいことだよ。でも、それじゃダメな場合もあるのよ。それが『男友達』に対してよ。カン・ソンギはまさにあんたにとっては『男友達』よね?」
「うん。ソンギさんはお友達だよ」
 それの何が悪いんだという顔をミニョはした。
「ミニョってさ、さっきも言ったけど無防備なんだよね。言われたことない? 男が誤解しかねないのよ」
「誤解? どこが?」
「分からないかな? その笑顔だよ。その優しさだよ」
「笑顔? 優しさ?」
 ますます意味が分からない。この二つの何が悪いと言うのか。
「バカな男はそれでころりといっちゃう。バカじゃなくても、自分のことが好きなのかも、って誤解しちゃう。誤解までしなくても、いつの間にか恋しちゃう」
「そ、それは相手の勝手なんじゃ……」
「そうだよ。勝手よ。でも、結局はそれがテギョンさんを不快にさせたんでしょ? つまりは無防備になってるミニョのせいだよ」
「わ、私のせい?」
 言われてみればそうかもしれない。でも嫌いと言われたこととは違うような気がした。
「オッパは私のことが嫌いだって言ったのよ」
「嫌い? あのテギョンさんが!?」
 信じられないという顔をした。
 ミニョはテギョンに言われたことをそのままヘインに言った。
「そりゃ、そうも言いたくなるわよ。私だって言っちゃうかも」
「え? そうなの?」
 しゅんとミニョは頭を垂れた。
「だって甘えてこない女なんて可愛くないもん。ベタベタするって意味じゃないわよ。ある程度は甘えて頼って。それが女の特権でしょ? 男だって可愛い彼女に甘えられたり頼られたら嬉しいわよ。何でもかんでも頑なにしてたら……ちょっとねぇ」
 ますますミニョはしゅんとしてしまう。
「ミニョ。私はね、あんたみたいに頑張る女の子は大好きだよ。でも、テギョンさんはそれがちょっと寂しかったんだと思う。もう少し自分に甘えてほしい、自分を見て欲しい、自分にいろいろ話してほしい……ってね。ミニョはちょっとそれを怠っちゃってたね」
「……うん」
 ヘインの言う通りだった。
「テギョンさんは今、ちょっとだけ悩んでるんだと思うよ。でも、みなさんの言う通り、帰ってくるわよ。それまで待ってなさい」
「……うん。……うん」
 ミニョは俯いたままぽろぽろ涙をこぼした。
「もう、泣いちゃダメだよ」
 ヘインは優しくミニョを抱きしめた。そして、背中をさすった。
「大丈夫。大丈夫」
 ヘインの「大丈夫」という言葉がミニョにはつらかった。

 テギョンは寒さで目が覚めた。
 疲れてそのままドアの前で寝てしまったのだ。
 ゆっくり起き上がって、ドアに耳を付けた。夜中なのか、屋敷の中はしんとして物音一つ聞こえない。
 試しにドアノブを回してみた。
 カチャッという音と共に、すんなりとドアが開いた。
「!?」
 そっとドアを開けて、廊下に顔を出してみる。薄明りの廊下には誰もいない。
(何だ? どうしてだ?)
 何かのワナかと思った。あの御前さまが簡単に自分を外に出すはずがないと。
 コトン。
 ドアの縁に、何かが当って下を見てみると、テギョンの携帯が置かれてある。
「俺のだ……」
 ますます怪しいと思っていると、携帯が鳴った。
「!!!!」
 びっくりして慌てて携帯を取った。メールが受信され、
『御前さまはお出かけでございます。明日の十時にはお帰りになられますので、それまでには必ずお戻り下さい。 チョン』
 という文章が書かれてあった。
「チョン執事……ありがとうございます」
 戻ってこいというところには引っかかったが、自分が戻らなければチョン執事に迷惑がかかることになる。このまま逃げるつもりはテギョンにもなかった。
 携帯を握り締めると、走って屋敷を飛び出した。車の鍵も取り上げられていたから、表でタクシーを拾って、家まで走らせた。
(ミニョ! 今、帰るからな!)
 夜の街の景色を眺めながら心はミニョの元へ一足先に戻っていた。

 ♪♪♪
 ぼんやりと夜空を眺めていたミニョは携帯が鳴ったことに最初気づかなかった。
 ♪♪♪
 鳴り続ける携帯に気づくと、慌てて通話ボタンを押した。
『ミニョか!?』
 聞こえてきたのは、愛しい人の声。
「…………」
『もしもし? ミニョじゃないのか? おい?』
「……オ、ッパ?」
 ぐすぐすと携帯を通して聞こえるミニョの泣き声。
 やっぱり泣いていた。そう思うと胸が締め付けられた。
『泣くなよ。お前が泣くと俺まで泣きたくなる』
「……っく。でも……うれ……しくて」
『今から帰るから』
「……! ホント、ですか?」
『ああ。もうすぐ着く。ミニョ』
「……はい」
『表で、待っててくれるか?』
「はい……はい」
 ミニョはそのまま何も考えずに外に飛び出した。
 事件から一週間以上経って、マスコミもテギョンがここにいないことを知ったのか、姿が見えなかった。
 目の前にタクシーが着いて、中からテギョンが降りてきた。
「ミニョ」
「オッパ……」
 それ以上は何も言わなくてもよかった。
 二人はお互いの温もりを確かめるように抱き合った。





おはようございます。今日は朝から寒いです。
昨日、妹一家が帰省していたので会いに行きました。甥っ子二人はすっかり大きくなって、見違えるほどでした。
3歳の甥っ子は人見知りすることなく、とにかく愛想がいい。ただ、かなりの泣き虫です。
ちょっと怒ったら「うえーん」(笑) いきなり何もしてないのに泣かれた時は怪我でもしたのかとびっくりしました。そうしたら、「蚊」が飛んできて怖かった、だから泣いたみたいです(笑)
もうみんなで大爆笑。妹に本家の「美男ですね」は見た? と訊いたら、見たけど、日本版の方がよかったと。がっかりです。
妹はシヌが一番かっこいいいと言ってました。テギョンには一度だけ墜ちかけたけど、なんか無理って(笑)
姉妹でも好みはかなり違うんだと改めて実感です(笑)

GWですね。お休みの方、お仕事の方、楽しく過ごしましょう!

いってらっしゃいといってきますとごゆっくり。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【嵐の予感 3】へ
  • 【嵐の予感 5】へ

~ Comment ~

毎日の更新ありがとうございます。

ミニョとテギョンの気持ちを考えると、私まで胸が締め付けられます。苦しいです。
でも、取り合えず二人が会えたので、ちょっと安心しました。

やっと本気で家事ができそうです…なんて…ゴールデンウィーク満喫中の私ですが、なつあおいさんに感謝しています。パソコンを開く毎朝がとっても楽しみなんです。
  • #13962 まごまごピンク 
  • URL 
  • 2012.05/04 08:30 
  •  ▲EntryTop 

よかった~

久々のコメですが・・・
毎朝、1日の始まりは「なつあおい様」からです(笑)

ここ数日は、切ない展開に「読みたい」のに「読むのは・・・」って「どっちなんぢゃい」状態・・・
・・・って、結局1番に読んぢゃうんですけどね・・・(笑)

テギョンさんとミニョ・・・会えて良かったです!!
それと、最初は「イヤな娘」だったヘイン・・・今はとっても心強いミニョの味方☆
なんだかこの先、暗雲立ち込めてる感もありますが・・・
うまくいってほしいなぁ~・・・。

連休中、ダンナは「全仕事」・・・つまらん・・・
娘と2人で、ひっそりすごしています。どっか行きたいよ~!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まずは,よかった。

なつあおいさん,おはようございます。

GW,いいですね。
普段は,朝は出勤して,仕事。
帰宅して家事後のこちらへのお邪魔でしたが,
朝から気になる続きを読ませていただけますもの。

二人,やっと会えてとりあえずよかった,よかった。
まだまだ,ファン家の問題がいろいろと障害になりそうですが,
二人の絆がより強くなっていれば,こわくない。

我が家のGWは,県外に出ている息子も帰省し,
久しぶりの家族そろっての夕食に,小さく喜んでいる母の私。
明日は,娘とショッピングの予定です。
 ・・・夜は,「俺だけを見ろ~!」のプリンスの指令に
  従って,グンソク祭りのうなぎ生活してます。(笑)・・・
  • #13965 ROSE・KISS 
  • URL 
  • 2012.05/04 11:10 
  •  ▲EntryTop 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

よかった~

まだ、切ない感じかな。。。ともう少しまってラブラブになっているだろう頃にまとめて読ませてもらおうかなと思ったのですが、やっぱり待てなくて読んじゃいましたw

よかった~、ヘインの言うとおり!
まだまだ、別の問題がありそうですが、2人の気持ちさえ確かなら、乗り越えられますよね!

これからも、楽しみにしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: まごまごピンクさん

こんばんわ。

ようやく会えた二人なんで、しばらくはこのままで・・・とは
いかないかもしれませんね。
でも一緒にいられる間だけでもお互いを思ってほしいです。

Re: ままじさん

こんばんわ。

ちょっと今回はツライお話になってます。
なんだか韓国ドラマっぽい展開になってるような(笑)
ツライことが多いと思いますが、ミニョにはヘインっていう
友達も出来たし、みんなもいるし、きっと大丈夫です!
泣いてばかりのミニョじゃないかな。

Re: メイナママさん

こんばんわ。

一人より二人ですね。
甥っ子も言ってました。3人寄れば文殊の知恵って(笑)
二人には頼もしい仲間がたくさんいるから、みんなが協力してくれると
思います。
でも今は二人だけの幸せな時間を味わってほしいです。

Re: ROSE・KISSさん

こんばんわ。

二人だけの時間がようやく来ました。
このままずーっと一緒にいられたらいいですが、
まだまだ障害は多そうです。
でも二人ならきっと乗り越えてくれると思います。

GWは仕事が間に挟まっちゃって、中途半端でした(笑)

Re: ぴっぴさん

こんばんわ。

必ず一人はいる救世主!
今回はチョン執事さんのようです。
束の間の外出だから、仲直りしてラブラブしてほしいですね。

人口密度が増えちゃうんですか?
うちはずーっと同じです(笑)
実家はぎっしり密度が詰まってました(笑)

Re: あかぴさん

こんばんわ。

やっと会えた二人ですが、そう長くは一緒にいられないと思います。
このまま逃げちゃうって手もあるでしょうが、それはそれで
逃してくれたチョン執事さんに迷惑かかっちゃいますね。
テギョンは戻ると思いますが、今は二人だけの時間を大切にしてほしいです。

Re: zuiさん

こんばんわ。

ちょっと、今回はツライお話になってます。
まだまだ続いちゃうかな?
私はこういう感じの書き出しちゃうとなかなか止まらないので(笑)
間にちょこちょこと楽しいお話を挟めたらいいかな?(笑)

Re: うめちゃんさん

こんばんわ。

ミニョにお説教しちゃうヘイン。
ようやく心からいろんなことを話せる友達になったと思います。
いろいろ相談できたらいいですね。

GWといわず外食大好きな私(笑)
当然のように今回も外食オンリーだと思っていたら、
ずーっと作ってました(笑)
た、たまにはいいかな?(笑)

Re: とりこさん

こんばんわ。

こういうふうにちゃんと言ってくれる友達っていいですね。
それをちゃんと受け止めて、ミニョもテギョンの気持ちが分かったと思います。
ソンギとは・・・距離を置くかな?
変な関係じゃないけど、今の状態ではそうするしかないですね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【嵐の予感 3】へ
  • 【嵐の予感 5】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。