スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←嵐の予感 8 →嵐の予感 10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【嵐の予感 8】へ
  • 【嵐の予感 10】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
嵐の予感

嵐の予感 9

 ←嵐の予感 8 →嵐の予感 10
 ムン秘書はその足でミニョの元にも訪れた。
「この間は失礼いたしました。今日は、ファン・ヨンジャ女史の遣いとして参りました」
「……オッパは元気ですか?」
「このたびファン・ギョンセ氏がご帰国なさいます。つきましては――」
「オッパは元気なんですか!?」
 ミニョはもう一度同じことを訊いた。
「……私が今日参りましたのは、ファン・テギョンさまのご近況をお知らせするためではありません。ファン・ギョンセ氏の凱旋パーティーへのご招待をお伝えするためです」
「……オッパのお父さんの?」
「はい。コ・ミニョさんにもぜひご出席いただきたいと女史からの言伝でございます」
「私に? あの大おば様という方が?」
 ミニョは信じられなかった。この前、初対面でいきなり手切れ金の小切手を渡してきた人が、自分をパーティーに招待する。ありえないことだ。
「あの……」
「ぜひご出席ください。のちほど招待状を送らせていただきます。では、これで失礼いたします」
 機械的に一方的にしゃべって、ムン秘書は立ち上がると、
「ああ、言い忘れていました。A.Nエンターテイメントのみなさまもご招待しています」
「え? お兄ちゃんたちも?」
「では、これで」
 ますますおかしいと思った。帰っていくムン秘書に訊きたかった。
『何を企んでるんですか? 私とオッパを別れさせるためのパーティーですか?』
 でも訊いても答えてくれないだろう。
 ♪♪♪
 携帯が鳴ってミニョはテギョンからだと思った。
「はい、オッパ!」
『ミニョか? やっぱりまだテギョンは帰ってないのか?』
 電話はミナムからだった。
「お兄ちゃん。うん、まだ」
『お前のところにもあの秘書って奴、来たか?』
「うん。今帰ったところ」
『やっぱりな。おかしいと思わないか? 俺たちまで招待するなんて』
「うん、思うよ。でも、私出席する。オッパに会えるチャンスだもん。会ったら何も言わずにオッパと一緒に家に帰る」
『ミニョ……』
 電話の向こうでミニョがきゅっと唇を引き結んで、必死で涙を堪えているのが見えるようだった。
『ああ、そうだ。周りが引きとめたって、阻止したって俺らがついてる。テギョンを攫って帰っちゃえばいいんだ』
「うん。その時は協力してね」
『ああ、まかしとけ!』

「へー、テギョンさんのお父さんの帰国パーティーねぇ」
「オッパに会えるチャンスなんです。オッパを家にお持ち帰りできるチャンスで」
「あのね、ミニョ。お持ち帰りって表現はおかしいわよ。まあ、そんなことはどうでもいいけど、何であんたを呼んだんだろうね」
「やっぱりヘインもそう思う?」
「うん。しかも事務所の人まで招待だなんてさ。何かあるわよね」
「うん。でも、私頑張るつもりよ。もう泣いてばっかりじゃいられないもの!」
「あははは、その意気その意気!」
 楽しく話す二人に近づく影が――。
「おやおや。意気込むのもいいけど、悲しむことにならないといいけどね」
「教授!」
 ミン・ドンハがにやにや笑いながら立っていた。
「何か?」
 ミニョはあからさまに嫌な顔をした。
「そんな嫌そうな顔をするもんじゃないよ。俺は君にとって協力者にも敵対者にもなれるんだから」
「どういう意味ですか?」
「そういう意味だよ。だから俺にあんまりそんな態度は取らないほうがいいよ」
 二人の会話を聞いていたヘインが、
「教授もまさかこの凱旋パーティーとかに招待されてるんですか?」
 と試しに訊いてみた。
「……さあ、どうかな? それはお楽しみということにしておこうか」
「お楽しみって……招待されてるって言ってるようなものですが?」
「あははは! そうだな。うん。招待されてるよ」
 ミニョとヘインはびっくりして顔を見合わせた。
(どういう関係? ミニョ知ってる?)
(ううん。ファン家の関係者かな? それとも仕事関係の?)
 二人は目で話し合った。
「じゃ、まあ、そういうことだから、パーティーでまた会おう。コ・ミニョくん」
「は、はい」
「泣いてばかりいたら、勝てる相手にも勝てないよ」
「はい? どういう意味ですか?」
「さあね」
 ミニョはドンハの言う意味が分からずにいた。
(教授って一体、何者?)
 少なからずミニョの中で彼への恐怖心がなくなったということはなかった。

 テギョンが本邸に改めて戻って来て数日後――。
 携帯も取りあげられ、どこにも連絡が取れないままだった。
 別に監禁状態ではなかったが、今、テギョンがこの屋敷を出て行けば、自分たちにとって不利になることは明らかだった。
(あの大おば様がミニョのことをすんなり認めるはずがない。絶対、何かを企んでいるはずだ)
 それを確かめないことには行動に移せない。
 チョン執事に訊けばいいことなのだが、ファン家に忠実に仕えている老執事が簡単に口を割るとは思えない。
(それにこれ以上、チョン執事に迷惑はかけられない……)
 御前さまという人は、たとえ永年忠実に自分に仕えた人間でも、ちょっとしたことで簡単に切ってしまえるような人だ。
 チョン執事も例外ではないだろう。
(今は大人しくしていることだ……)
 その日が来るまでは……。






おはようございます。今日はちょっと肌寒い朝です。
私は見たもの、聞いたものにすぐ影響されるタイプです。人が持っている物、食べている物、聞いている物などなどあらゆる面で影響されやすいです。
ドラマなんか見ているとすぐに「あ、これいいな」って思って似たようなお話を思いつくんですが、すぐに飽きちゃって挫折しちゃいます。
今は「パパドル」を見ながら、「テギョンでこれやったら」とか「シヌの恋愛相手が子持ちだったら」とかすぐに考えちゃうんですが、すぐに挫折します。
面白い内容ですが、いきなり子持ちじゃね(笑) シヌファンに怒られそうです。
逆に「リーガルハイ」の堺雅人みたいな役の弁護士はテギョンにぴったりですね(笑)
な~んてことを考えながら、今日も何かに影響されてます。

今日も一日みなさんが笑顔でありますように。

いってらっしゃいといってきます。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【嵐の予感 8】へ
  • 【嵐の予感 10】へ

~ Comment ~

No title

おはようございますm(_ _)m

あきらかに何かあるようですね~。ニブニブなミニョちゃんでもきづいているくらいに。
でも、ミニョは強くなりましたね。
大人になったというか成長したような…
この先、どんな事があろうと乗り越えていける気がしますね。

敵か味方かわからない人物がこの先、どう関わってくるのか興味深々です。
  • #14004 にこにこひまわり♪♪ 
  • URL 
  • 2012.05/11 08:42 
  •  ▲EntryTop 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: にこにこひまわり♪♪ さん

こんばんわ。

きっとミニョはテギョンのためならどこまでも強くなれると思います。
いろんな人がさらにこの先関わってくると思います。
敵・味方入り乱れるかな?

Re: ぴっぴさん

こんばんわ。

決戦は金曜日じゃなくて(笑)パーティーになりそうです(笑)
花男もそんな感じでしたね。
ジュンピョのお母さんも怖かったですが、こちらの方々も一筋縄じゃいかないかも。

いつもありがとうございます。
覚えていてくれることがすごく嬉しいです。
本人はまったく気づいてません(笑)
言われて、あ、そうだったって(笑)
これからも教えてください(笑)

はなマル・・・最高です!!

Re:うめちゃんさん

こんばんわ。

これまでファン家からのご招待なんてなかったから、
みんなおかしいって思いますよね(アン社長以外は)。
何があっても仲間の結束は固いです!
ミニョとテギョンの絆も!

Re: ぽぽさん

こんばんわ。

お話、楽しんでいただけてますか?
それだけがちょっと不安です(笑)
他の方の書くお話を私は基本読まないので、
おかしな点があるかもしれませんが、気にしないでくださいね(笑)
私の書くテギョンは私自身を反映してめっさヤキモチです(笑)
なので、これからもきっとヤキモチです(笑)
いつでも遊びにきてくださいね。待ってまーす。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:ぽぽさん

おはようございます。

ジェルミのお話なんですね。
ドラマのジェルミってシヌ以上に悲しい恋をしましたね。
だから、せめて私の書くお話では幸せな恋を・・・って思ったのに、
なぜか怪しい方向に(笑)
でも、最後はやっぱり幸せに。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【嵐の予感 8】へ
  • 【嵐の予感 10】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。