スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←パーティーの夜 2 →パーティーの夜 4
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【パーティーの夜 2】へ
  • 【パーティーの夜 4】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
パーティーの夜

パーティーの夜 3

 ←パーティーの夜 2 →パーティーの夜 4
「どうぞ」
 チョン執事がミニョを迎えにきた。車のドアを開けてくれ、ミニョは緊張した顔で乗り込んだ。
「よくお似合いでございますよ」
「……え?」
「そのドレスでございます」
 にこっとチョン執事が笑ってくれ、ミニョの緊張がほぐれた。
「ありがとうございます」
「ご本邸に着くまでごゆっくりなさってください」
「はい」
 ミニョは夕暮れの街並みに目を向けた。日が少し長くなってはいたが、そろそろ夜の街へと変わろうとしていた。
(オッパ。もう少しですね)
 テギョンに会えることが今のミニョには何よりも嬉しかった。

「テギョンさま、そろそろお時間です。お支度を」
「ああ、分かった」
 ぞろぞろっとメイドが部屋に入ってきて、支度を手伝う。
(昔はこれが当たり前だったのにな)
 今では自分で何でもするのが当たり前になった。
(ミニョ、もうすぐ会えるぞ)
 ふっと嬉しそうに笑ったテギョンにメイドたちは首を傾げた。

「ミニョ様、着きました」
「あ、はい」
 一気にミニョの体がまた緊張した。震える足でゆっくりと車から降りた。
「……ぅわぁ……」
 ミニョは思わず小さく驚きの声をもらした。
 目の前に聳え立つ本邸はまさに豪邸そのもの。自分たちが暮らす家よりもはるかに大きく、はるかに豪華だ。
「お越しなさいませ」
 玄関にずらりと使用人たちが並んで出迎えてくれた。
「あ、はい。ありがとうございます」
 ミニョはカチコチになりながら一歩ずつ本邸に入って行った。
「どうぞ、こちらに」
 案内されるままにミニョは歩き出した。表もすごいが、中はもっとすごかった。
(オッパって……お坊ちゃんだったの!?)
 改めて知らされるテギョンの育ち。
「ミニョ!」
 通された部屋に、ミナムたちが先に来て待っていた。
「お兄ちゃん。ジェルミ、シヌさん!」
 みんなの顔を見てミニョはホッとした。
「よかった。すごく怖かったの」
「俺たちもだよ。テギョンってお坊ちゃんなんだな」
 同じ感想をミナムが口にして、ミニョは笑った。
「あの性格はこういうところで育つと形成されるのか?」
「お兄ちゃんったら」
 笑う余裕が少し出た。
「ミニョ。大丈夫か? ご飯、ちゃんと食べてる?」
 心配そうにジェルミがミニョの顔を覗き込む。
「ジェルミ、ありがとう。大丈夫よ」
「ホントに?」
「うん」
「今日はたくさん美味しいものを食べたらいいよ」
 シヌがぽんっと頭を叩いて言った。
「はい。ありがと――」
「おいおいおい! スゴイぞ! ここのトイレは俺のアパートの部屋が丸々入るぐらいの広さがあるぞ。それにすっごく豪勢――あ、ミニョさん! 来てたんですね」
 緊張感を打ち破るマ室長の緊張感のない声に、みんなはあきれながらも笑った。
「失礼いたします」
 チョン執事が部屋に入って来た。
「ミニョ様。テギョン様がお呼びでございます」
「オッパが?」
 はっとしてみんなの顔を見た。
「行って来いよ。会いたかったんだろ」
「う、うん」
「どうぞ」
 チョン執事が案内したのは本邸の中でも奥まった一室だった。
「テギョン様、お連れいたしました」
「ありがとう、チョン執事」
 懐かしい声だった。ミニョはその声を聞いただけで、涙がこぼれた。
 ゆっくりと部屋に入った。
 窓のところにタキシード姿のテギョンが立っていた。すらっとした肢体にそのタキシードは似合っていた。
「……オッパ――」
 と言った瞬間、ミニョはテギョンの胸の中にいた。
「会いたかった」
 その言葉が聞けただけでよかった。テギョンも自分と同じ気持でいてくれた。それだけで嬉しかった。
「私も……です」
 テギョンはミニョの顔を両手で挟むと、上を向かせた。
「少し、痩せたんじゃないか? メシはちゃんと食ってるのか? 大学は? ちゃんと眠れているか?」
「……はい……はい」
「ミニョっ!!」
 何も言わずに唇を重ねた。もう言葉はいらなかった。







おはようございます。今日も晴れて暑くなりそうです。
旦那はタバコを吸う人です。私は吸わないので、部屋の中、車の中で吸われるのがすっごくイヤです。
今の車を買う時の条件が「車では吸わないこと」でした。でも、守ってくれたのは最初の一カ月だけ。
家の中でもぱかぱか吸われています。私には自分の部屋というものがないので(旦那にはあります)、居間のようなところにいつもいます。
旦那はそこでも平然とぱかぱか吸います。でも、私があれこれとグンソクくん関連のものをそこに置いていき、「煙草で汚されたくないから、ここで吸うのは禁止!」って宣言したら、それ以来まったく吸わなくなりました(笑)
旦那なりに気を遣ってくれてるようです。おかげで私はちょっと幸せです(笑)

今日も一日笑顔で頑張りましょう。

いってらっしゃいといってきます。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【パーティーの夜 2】へ
  • 【パーティーの夜 4】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: りくさん

こんばんわ。

パーティーはあんまりいいことないですね(笑)
いやーな人の集まりみたいなところがあります。
きっと招かざる客もたくさん来ると思います。
ギョンセがミニョを気に入ってくれるといいですが・・。
ミニョの両親のことを知ったら複雑でしょうね。
でも、それにも負けない二人の愛情の強さがあれば、
困難も乗り越えられます!

私はブルーベリーに振り回されています(笑)
島主は・・・やっぱり振り回されてます(笑)
映画は楽しめましたか? 嫌なことがあった日は、すかっとしたいですね。
私はカラオケに行って思いっきり歌いたいです。

Re: りらりらさん

こんばんわ。

まだまだ波乱があると思います。
大おば様がすんなり二人を帰してくれるはずないですよね。
何か企んでるのは確かです。

煙草をやめてくれるなんて、すばらしい旦那様ですね。
うちは・・・言っても聞きません。病気にでもなったらやめてくれるかな?
なんて思ってる悪妻です(笑)

Re: こむぎこさん

こんばんわ。

テギョンとミニョがまた会えて、二人にとっては最高の夜になってますが、
問題はまだ終わってません。
この後が大変でしょうね。

ですよね~。煙草って臭いもいやですが、何より部屋が黄色くなるのが
いやなんです。
車の中も見事なものです(泣)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ぽぽさん

おはようございます。

優しい素敵なお父さんですね。
うちの旦那にも見習ってほしいです。
タバコが値上げされるたびに「やめる」と言いながら、
未だに吸ってるので(笑)
もう習慣みたいなものなので、やめれないでしょうね(笑)
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【パーティーの夜 2】へ
  • 【パーティーの夜 4】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。