スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←もしも、あなたに届くなら 2 →もしも、あなたに届くなら 4
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【もしも、あなたに届くなら 2】へ
  • 【もしも、あなたに届くなら 4】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
もしも、あなたに届くなら

もしも、あなたに届くなら 3

 ←もしも、あなたに届くなら 2 →もしも、あなたに届くなら 4
 テギョンとイム・ユジュの婚約発表が行われる、ということをモ・ファランは事前に耳にした。
「テギョンが婚約?」
 最初聞いたとき、てっきりミニョとの婚約だと思った。しかし、秘書の話では別人だと聞いて、不審に思った。
「別人とは? 相手は誰なの?」
「イム・トンジェ議員の孫娘だそうです」
「イム議員?」
 テギョンとどういう繋がりがあるのか、しばらく分からなかった。
「彼女は? コ・ミニョさんはどうなったの?」
「さあ……。ただファン家で行われたパーティーで簡単なお披露目があったそうです。その後、テギョンさんはファン家におられるそうですが……」
「家に戻っていないの?」
「はい」
 何かがおかしいと思った。我が息子ながらテギョンのミニョへの深い愛情を時には恥ずかしくもあり、時には微笑ましくも思っていた。
 そのテギョンがミニョ以外の女性と結婚する。ありえない。
 すぐにテギョンの携帯に連絡したが、電源を切られていて繋がらない。
 ミニョに事情を聞こうかと思ったが、母である自分がそこまでしていいものかと一瞬迷った。
 そして、迷いながら浮かんだのが、ギョンセのことだった。
(あの人なら、事情を知っているはずだわ)
 モ・ファランは秘書に命じてギョンセと連絡を取った。
 数日後、ギョンセの指定した郊外のレストランにモ・ファランはやって来た。
 そこはソウルでも有名なレストランで会員制なこともあり、秘密の話をするにはもってこいの場所だった。
 先に着いたのはモ・ファランだった。
 支配人の案内で個室に通された。しばらく待っているとギョンセも現れた。
 お互い二十数年ぶりの再会だ。言葉にならない思いが二人の間によぎった。
「久しぶりだな。元気そうでなによりだ」
「ええ。あなたも」
 モ・ファランの真向かいの席に座ると、注文をして二人はお互いを見つめた。
「そんなにジロジロ見ないでください。年をとったのが分かってしまいます」
「あ……悪かった。今日は――話とは何だ?」
「テギョンことです」
 単刀直入に言った。
「あの子が婚約するとは本当ですか? しかもお相手はイム議員のお孫さんだとか? どういうことでしょうか?」
「どういうこと? そんなことを聞いてどうするんだ?」
「あの子にはコ・ミニョさんという恋人がいるんですよ。なのに、どうして……」
「彼女とは別れたそうだ」
「別れた? どういうことですか? 私は何も聞いてません」
「君に言う理由があるのか? 君はあの子の母親であることを放棄したはずだが?」
 さっとモ・ファランの顔が怒りで真っ赤に染まった。
「わ、私は……」
「君は、あの子を捨てたんだ。あの子だけじゃない。私のことも」
「それは違います! 捨てたんじゃありません!」
「あの男に走ったじゃないか!」
 激昂したギョンセが怒鳴った。
「あ、あなた……?」
「私のことをそう呼ばないでくれ」
「ごめんなさい、ギョンセさん。確かにギョンセさんの言うとおりかもしれないわ。でも――私だけが悪いの? ギョンセさんがはっきり私との結婚をファン家の方々に表明してくれていれば」
「それは言い訳だ。あとからなら何とでも言える。君は私とテギョンを捨てて、他の男に走ったんだ。それは事実だ。あんな男に……!」
 モ・ファランは、はっとした。
「まさか……ミニョさんのことご存じなの? 彼の娘だと?」
「ああ、知っている。伯母から聞いて愕然としたよ。よりにもよって君の浮気相手の娘とはね! お笑いだよ」
「浮気相手じゃないわ! 見下した言い方をするのはやめて!」
「じゃあ、何だ? 息子を捨ててまであの男に走ったくせに」
「ギョンセさん。まさか、ミニョさんとのことを反対したの?」
「当然だ。君の浮気相手の娘などをテギョンの嫁になどできるわけがない」
「何てことを……。私は浮気なんかしていません。いいえ、あなたがそう思うのも無理ないかもしれない。でも、彼は――私のことなんか相手にもしなかった。彼の心にはミニョさんの母親しかいなかったのよ」
 口惜しそうに唇を噛み締めた。
「私のことではテギョンとミニョさんには嫌な思いをたくさんさせたわ。でも二人は私を許してくれた。私は二人には幸せになってほしいと思ってます」
「君は相変わらず勝手だな。一方的だし、自分のことしか考えていない。私の気持ちはどうなる?」
「…………」
「あの子をテギョンの嫁に迎えるなど反対だ。話は済んだから帰るよ」
 すっとギョンセは立ち上がった。
「待って! 待ってください! あの子たちのことを許してあげてください。ギョンセさんまで……あなたまで反対したら、テギョンが可哀想です。あなた!」
「いい加減にしてくれ。もう話すことはない」
「あなたが……あなたは私と同じ思いをテギョンにさせて平気なんですか?」
「――何だと?」
「かつて私はファン家の圧力によって、あなたと結婚できなかった。あなたが……ファン家を捨てる覚悟さえ持ってくれたら私は……」
 モ・ファランは涙をはらはらと流した。
「何をいまさら。他の男に逃げた君がそれを言えた義理なのか?」
「あなたさえ! あなたさえ、ファン家でなく私を選んでくれたら、私は逃げたりしませんでした。私は……愛して欲しかった。あなたに選んでほしかっただけです。でも、あなたは私ではなくファン家を選んだ。それが口惜しくて……私は逃げたんです!」
「…………」
「私と同じ過ちをあの子にはしてほしくない。本当に愛する人と一緒にならなければ、幸せにはなれないんですから。ですから、あなたも……」
「失礼する」
 ギョンセは逃げるようにモ・ファランの前から立ち去った。
 残されたモ・ファランはただ泣くしかなかった。







おはようございます。今日も朝から雨です。もう梅雨の晴れ間なんてないんじゃに? ってぐらいに(笑)
こんな嫌な気分でも、いいことはあるものです。
待ち望んだ、福岡のツアーチケットが当選しました!!!!!! きゃあああああああ!!!!
当選メールに思わず二度見。「え? ええ?? マジ? 間違いじゃない??」
旦那は落選でした。もう、浮かれてます。ハイテンションです。
生の・・・生のグンソクくん・・・いいえ、今日からは「グンちゃん」と呼ばせていただきます。練習しとかなきゃ(笑) 10月に会えると思うと、それだけで生きていけます(笑)
ああ・・・書いてる端からテンションが上がってて、打ち間違いばっかりしてます(笑)
初生グンちゃんに会える日を楽しみに、ツライ仕事も頑張ります!!!!

今日もみなさんが笑顔でありますように。

いってらっしゃいといってきます。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【もしも、あなたに届くなら 2】へ
  • 【もしも、あなたに届くなら 4】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おめでとうございます

おはようございます、なつあおいさん。

良かったですねぇ。(^w^)体調管理をして 万全の体調で生グンちゃんを楽しめるようにしてくださいね。(o^∀^o)


モ・ファラン 動いてくれましたね。でもギョンセは誤解しているようで…。(-_-#)
この先 どうなっていくのか。
何がテギョンにとって本当の幸せなのか。
やっぱり両親であるこの二人がキーマンなんでしょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: おかんさん

こんばんわ。

二人じゃどうにもできない状況にいます。
周りが少しずつ動いてくれたら、それでいい方向に向かったら
二人にとっては最高ですね。
両親が和解して、二人を助けてくれるといいんですが・・・。
今回、モ・ファランさんなりに頑張ってます。

スッキリ、こちらではやってないので、みれませんでした(泣)
でもでも、福岡があります!!

Re: たくみままさん

こんばんわ。

今回も半ば諦めてました。
旦那には落選メールが来たのに、私には来ない!
ちょっと焦って調べたら、当選!
旦那は落選するだろうと思ってたようです(笑)
まだまだ先ですが、福岡楽しんできます!

Re: あかぴさん

こんばんわ。

チケットが当たってこんなに嬉しいことはないです。
思わずチケットにキスしちゃいました(笑)

お話のほうはギョンセの思いとモ・ファランの思いがそれぞれちぐはぐなので、
今後、和解して二人を助けて欲しいです。
ギョンセは父親なんですからね! 御前さまに意見したっていいんです!

Re: みかんママさん

こんばんわ。

ありがとうございます。
まだまだ先の話ですが、正直舞い上がってます(笑)
早く来い来い10月!

モ・ファランが自分の思いとテギョンのことを訴えましたが、
ギョンセの心に響いたでしょうか?
ミニョの父親に走ってしまったことは事実ですが、
その理由を知って少しは考えてくれたらいいですが・・・。

Re: あられさん

こんばんわ。

親の問題を子供にまで持ち込むなって感じですが、
どうしても持ち込まれちゃいますね。
特にギョンセにとっては苦い経験だったはず。
ミニョの性格を知って、ミニョをもっと知ってもらえたら、
きっとギョンセも分かってくれるはずです。

Re: りらりらさん

こんばんわ。

ただいまです。ありがとうございます。
体調が良くなって、チケットも当たって・・・いうことなしです。

ミニョの気持ちはきっとテギョンに届いてるはずです。
もっともっとたくさん届いたらいいなって思います。
実際、声に出して届けてあげたい。

Re: りぃちゃんさん

こんばんわ。

お体は大丈夫ですか?
体調が良くないと心まで沈んじゃうので、どうかゆっくり休んでくださいね。

両親の不和(?)がテギョンにとっては重荷だったと思います。
この二人が和解して、少しでもテギョンのためになってくれたらと思っています。
テギョンが家を捨てられない理由。確かに家名なんかなくても十分やっていけますね。
むしろ捨てたほうがスッキリするかも?
真相が分かったらがっかりするかも?

Re: ケロちゃんさん

こんばんわ。

ありがとうございますーーーー!!!
やりましたよ! 一緒にマリンメッセで応援しましょうね。
近くに異様にうるさい女がいたらきっと私です(笑)

今回はモ・ファランが頑張ってくれました。
テギョンの母としての自覚が芽生えたのかな?
ミニョへの思いもあるでしょうね。
ギョンセにその気持ちが伝わるといいんですが・・・。

Re: ファイティンさん

こんばんわ。

ありがとう!!!!
もう嬉しくて嬉しくて、毎日えへら、えへらと笑ってます。
キツイ仕事もなんとかやれてるよ(笑)

男ってバカだね(笑)
何で「お前が一番だよ」って言えないのかな?
その場限りでも女は安心するのに、家が、親がってなるでしょ?
韓国の男性は総じて「マザコン」らしいから、無理ないんだろうけど、
女の気持ちを分かってほしいよね。
「愛」ですよ、「愛」
自分の立場と息子の立場を同じに考えてるギョンセさんは間違ってますね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ROSE・KISSさん

こんばんわ。

ありがとうございます。今の私はニマニマ状態です。
テンション高いですよ(笑)
ROSE・KISSさんもマリンメッセに行かれるんですね。
私は6日のチケットをゲットしました。
行けるものなら二日とも行きたかったです(泣)
独身だったら確実に行ってました。
旦那に呆れられそうなので、一日だけ・・・・。

お話のほうはモ・ファランさんが動いてくれました。
愛する息子のために自分の過去と同じ過ちをしてほしくなかったんでしょうね。
このモ・ファランさんの気持ちがギョンセに伝わればいいですが・・・。

Re: みうさん

こんばんわ。

ただいまです。ありがとうございます。
みうさんは横浜に行かれるんですね。
楽しんできてくださいね! ぜひご報告待ってます。

今回、モ・ファランさんを出したのは、いつかはギョンセとケリをつけないといけないと思ったからです。
自分たちの過去の過ちをそのまま子供たちに背負わせるのは酷ですよね。
親の過ちは自分たちで正してもらって、子供たちは子供達の人生を・・・。
モ・ファランさんには母親として頑張って欲しいです。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【もしも、あなたに届くなら 2】へ
  • 【もしも、あなたに届くなら 4】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。