スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←もしも、あなたに届くなら 6 →もしも、あなたに届くなら 8
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【もしも、あなたに届くなら 6】へ
  • 【もしも、あなたに届くなら 8】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
もしも、あなたに届くなら

もしも、あなたに届くなら 7

 ←もしも、あなたに届くなら 6 →もしも、あなたに届くなら 8
 その日、テギョンはギョンセの許しを得て、外出をした。
 ギョンセはあの日以来、考え顔でヒョナやテギョンが何を言っても上の空だ。
「出かけるのなら、チョン執事を連れておいき」
 御前様がそう言ったため、“監視役”のチョン執事と出かけることになった。
「どちらにお越しですか?」
「……チェチョンに行ってください」
「チェチョン、ですか?」
 チョン執事は少し考えていたが、すぐに運転手に向かうように言った。
 テギョンはそれ以上何も言わずに、窓の外に目を向けた。

 同じ頃、ミニョは電車を乗り継いでチェチョンに向かっていた。
 母のお墓参りのためだ。
 ついさっきまでミナムが自分もついていくと言ってうるさかった。
 ジェルミとシヌがミナムを羽交い絞めにしてくれたおかげでミニョは一人で出かけることができた。
 電車に揺られながらミニョは窓の外を眺めていた。
(母さん……私、どうしたらいい?)
 大丈夫、心配しないで、と言ったものの、不安は残っていた。
 これからの自分とテギョンの未来を思うと、暗闇の中を手探りで歩くようなものだ。
 テギョンがなぜ、別れを言ったのか。その理由さえ分からないまま。
(オッパ……オッパに会って話したいです)
 会えば何かが分かるかもしれない。何かが変わるかもしれない。
(母さんに会ったら、オッパに会いに行ってみよう)
 そう思うと、心が少し晴れた気がした。会えるかどうかなんて考えないことにした。

 テギョンはイ・スジン――ミニョとミナムの母親のお墓の前に立っていた。
 持ってきた花束を墓前に手向ける。手を合わせて、テギョンは何も考えずにいた。
 目をゆっくりと開け、そのままお墓に目を向けたまま。
 夏のむっとするような風がさーっと吹き抜けた。
「……イ・スジンさん。――すみません」
 小さな声だった。か細く、かすれた声。
「ミニョを幸せにしますと誓いながら、あいつを泣かせてしまいました。俺には、あいつを幸せにする資格がないのかもしれません。あいつを――ミニョを守ることぐらいしか……」
 初めてここに来たのは、ミニョがアフリカから帰国した日だった。
 半年ぶりの再会を喜び、ここでミニョとミナムと一緒に手を合わせた。
 二回目は、母モ・ファランとの和解をした後だった。あれから、そろそろ一年が経とうとしている。
「あの時、ミニョを幸せにすると誓ったのに……俺は……」
 悔しさと怒りがこみ上げてきた。
「くそっ! くそっ!!」
 地面を拳で叩きつけた。
 
あの日――テギョンは本気でファン家の名を捨てるつもりだった。
「俺には名誉も地位も家名もいらない。ミニョさえいればいいんです」
 父ギョンセにそう言った。
 どこかホッとしたような表情を見せたギョンセは、
「そうか」
 と短く言っただけだった。
『許さない』とも『ダメだ』とも言わなかった父。
 ギョンセと母モ・ファランがなぜ結婚しなかったのか理由を知らないテギョンだったが、父の表情から少しは事情を察した。
(父さんも俺と同じ思いを――選択を強いられたんだ)
 そう思うと、何も言わずに許してくれた父に感謝した。
「ファン家の名を捨てるということは、何もかもを捨てるということだ。お前がそれでいいと思い、そうしたいならもう何も言わない。――後悔だけはするな」
 ギョンセがかけてくれた言葉だった。
「はい。後悔なんて絶対しません」
 でも、そのすぐ後に状況が変わった。
 ――御前様に呼び出されたのだ。
「お前は、ここを出て行くそうじゃな」
 なぜそれを知っているのかと思った。今、ギョンセと話したばかりだ。
 はっとして部屋の隅に控えているムン秘書の顔を見た。無表情で、何を考えているのかその顔からは読み取れないが、彼が常にテギョンを監視していたようだ。
 っち!
 テギョンは腹の中で舌打ちした。
「はい。俺は出ていきます」
「ほう……。勇ましいことじゃな。ここを出るということがどういうことか分かって言っておるのか?」
 まるで楽しい話でもしているかのような御前様の口調。
「分かっています。俺はファン家の名を捨てます。ただの男として、愛する女と向き合って生きていきたいんです」
「ほうほう。――くだらぬ夢は捨てよ」
 がらりと口調を変えて御前様は言った。
「くだらないかどうかは俺が決めることです」
「いいや。私が決めることだ。お前は所詮、駒でしかないのだからな」
「駒?」
「そうじゃ。ファン家という盤上で私によって動かされる、駒だ」
「!!!」
 テギョンの顔色がさっと変わった。
「お前は大人しく私に従っていればよいのだ。そのほうがお前のためであり、あの小娘のタメでもある」
「……ミニョのためとは?」
「それは……」

「オッパ?」
 ふいっと懐かしい呼び方をされてテギョンは我に返って振り返った。







おはようございます。さっきからいきなり雨がざーざー降ってます。
昨日の計画停電は・・・なかったです。ドキドキしてたのに、肩透かしくった気分です(笑)
するならしてくれた方がこっちも気分的にすっきりします。これから毎日こんな風なのかと思うと、嫌だなって・・・。
しかも、職場で計画停電の通知が来たのは我が家だけ!! ほかの人は誰も「え? あるの?」って感じです。
同じ市内でもこうも違うのかと実感中です。
昨日、MJを見ました。もう、何て可愛いの! 一緒にスリラー踊りたい!!!
グンちゃんの「ワタシが?」の「ワタシ」って言い方が可愛くて終始ニヤけっぱなし。
やっぱり可愛いなと実感しました・・・・。

今日も一日みなさんが楽しく過ごせますように。

いってらっしゃいといってきます。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【もしも、あなたに届くなら 6】へ
  • 【もしも、あなたに届くなら 8】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私もMJ見ました!

あ~~、やっとテギョンとミニョが話し合える時が来ますね。やさしいチョン執事が一緒だし、期待できますね。今後が楽しみです!!

やっとMJ見ました。日本語の上達ぶりにビックリしました。素に近いグンちゃんが好きです。なつあおい様のテギョンだったらどんなリアクションかなと考えました!
  • #14418 まごまごピンク 
  • URL 
  • 2012.07/03 08:32 
  •  ▲EntryTop 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

やっと逢えた

亡き母の墓前で会えるなんて
やっぱりふたりは運命の二人なんです。
テギョンはスジンさんにお詫びをいいにきたのかもしれないけど スジンさんが二人を呼んでくれたんですよね。
離れちゃいけないと・・・・
諦めないでと・・・・

ギョンセさんもファランさんの言った言葉でテギョンの幸せを一番に考えてくれ始めたのかな・??そうだといいな~

******
今日はそちらは大雨のようですが大丈夫でしたか???
もう雨ばかりでいやんなります・・・
プリンスに癒してもらうしかありません・・・
CRAZY CRAZY CRAZY~♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ミニョ…ですよね…

ミニョだよね…
お母さんが,テギョンとミニョを会わせてくれたのでは…
「ミニョの為…」っていう御前様の言葉が気になります。

MJみましたぁ~録画して!そう繰り返し~
綺麗なお顔ですわぁ☆&仕草や言葉使いが可愛い☆

Re: kimukimu さん

こんばんわ。

分かります。もし、こんなばあさんが目の前にいたら
同じことを思います。
こういう人には類を呼ぶ、じゃないですが、そういう人しか
付かないんでしょうね・・・。

計画停電に早くも振り回されてます。
この先、まだ2ヶ月もあるのに、今からこれじゃあ、何だか
嫌になります(笑)

Re: まごまごピンクさん

こんばんわ。

ようやく再会できた二人です。
うーん・・・・明日からの展開にみなさんが納得してくれることを
ひたすら祈ってます(汗)

MJでのグンちゃんの日本語の上達ぶりにはびっくりしました。
どれだけ頑張ったんだろうって思うと、泣けちゃいます。

Re: ぴっぴさん

こんばんわ。

テギョンがファン家を選んだ理由。
ちょっと今、ワタシ、大丈夫?? 状態です。
みなさんにがっかりさせないかなって不安です・・・。
でも、ちゃんとラブラブになりますからね!!

計画停電って経験してみないとその苦労が分かりませんね。
実際、しますよって言われて、え? 大変だってなっても、
おっしゃるように「今日はありません」ってなっても、何それ? 状態で・・・。
仕事場は絶対電気が消えないところなので、計画停電してても分かりません(笑)
電気って大切なんですね。今になってつくづくそう思います。
この夏をうまく乗り切れるように頑張ります。

Re: おかんさん

こんばんわ。

ようやく再会しました。
どんな気持ちでしょうね。
テギョンが別れを切り出さなきゃならなかった理由。
今後の展開にがっかりしないでくださいね。

Re: 銀のタルさん

こんばんわ。

運命の人とは何があっても繋がってるそうです。
糸が切れたとしても、また繋がると・・・。
テギョンとミニョはきっとそうだと思います。
もしも、この先10年会えなかったとしても、きっと二人なら
また再会して、恋をするでしょうね。
あ、もしもですから(笑)
二人のラブラブの鍵を握るのは・・・・。

MJ・・・うちは毎週見てます。旦那が(笑)
ええ、AKB見たさに(笑)

Re: あられさん

こんばんわ。

二人の再会はきっと天国のお母さんが結んでくれたんでしょうね。
ミニョの幸せを誰よりも望んでるはずなので。
このまま逃げちゃえ! と書きながら思った私です。

「幸」・・まさに一本足すだけですね!

Re: ケロちゃんさん

こんばんわ。

泣き母親のお導きなんでしょうね。
亡くなっても娘を想う心は変わりません。
この再会が二人にとっていい方向に働くといいんですが・・・。

今日はすごい雨でした。
もうそれこそバケツの水を一気にひっくり返したような。
もうびしょ濡れです(笑)

Re: りくさん

こんばんわ。

お仕事お疲れ様です。
ようやく再会できた二人です。
こんな時、何を思うんでしょうね。
こみあげるものがたくさんあると思います。
ミニョにしてみたら、テギョンが別れを告げた理由を知りたいはずです。
何も知らないままだったら嫌ですもんね。
テギョンもそれをちゃんと言えたらいいんですが・・・。
お互い会っちゃうと言いたいことも言えないかな?

グンちゃんの「ワタシ」にただただ可愛いを連発して、巻戻してはそこだけ
見てました(笑)
日本語がすごくうまくて、ホントにびっくりです。
いっぱい勉強したんでしょうね。私も見習って韓国語を・・・・。

Re: ともるんさん

こんばんわ。

ミニョ・・・・です(笑)
一瞬、幻覚? って思っちゃうかも?
天国のお母さんが二人を引き合わせてくれたんでしょうね。
ただ、今後の展開にがっかりされないか心配です・・・。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【もしも、あなたに届くなら 6】へ
  • 【もしも、あなたに届くなら 8】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。