スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←招かれざる客 10 →刹那 2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【招かれざる客 10】へ
  • 【刹那 2】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
刹那

刹那 1

 ←招かれざる客 10 →刹那 2
「あれ? マ室長は?」
 いつもなら迎えの車に乗っているはずのマ室長がいない。テギョンは不思議そうに訊いた。
「ああ、病院だ」
 シヌが何事もないように言った。
「病院!? マ室長、どこか悪いのか?? まさか、腐った物を拾い食いしたとか?」
「違うよ、ヒョン。生まれるんだよ」
「生まれる? 何が?」
「赤ちゃん」
「赤ちゃん? 赤ちゃんって……まさか、ワンコーディか?」
 テギョンはびっくりしてジェルミの顔を見た。
「うん。さっき電話があってさ、陣痛がきたって」
「マジかよ。うわっ! すごいな」
 一人はしゃぐテギョンに二人は、不思議そうな顔で見ている。
「何でヒョンが喜んでるの?」
「だって子供だぞ。楽しいじゃないか。あの、マ室長に似たら……ぐふふ、大笑いだな」
「ヒョン……悪趣味だよ」
「で、いつぐらい生まれるって?」
「さあ、初産は時間がかかるみたいだからね」
「ミニョに知らせてやろう」
 言うが早いか早速メールをしている。

「お姉さんに赤ちゃんが生まれちゃう!」
「え? ナニナニ? どうしたの?」
 ミニョと一緒になってヘインは携帯を覗き込んだ。
「お姉さんに赤ちゃんが生まれるの」
「お姉さん? ミニョって二人兄妹でしょ? お姉さんって……あ、ユ・ヘイさんのこと?」
「ううん。ワンさんっていう、私のお姉さんみたいな人がいるの。その人が赤ちゃん産むの」
「ふーん。いいじゃない」
「マ室長とお姉さんの子供だったら可愛いだろうな」
「マ室長?」
 ヘインも何度か会った事がある人だ。
 顔を思い出して、「可愛い子供」を想像してみたが……無理だった。
「ま、まあ、よかったんじゃない?」
「うん。楽しみだな」
「あれ? カン・ソンギじゃない? ソンギ! カン・ソンギ!!」
 ヘインが手を振って、向こうを歩いているソンギを呼んだ。
 二人に気付いたソンギが少し困ったような顔をしたが、ぎこちない笑みを浮かべて近づいてきた。
「よぉ」
「よぉ、じゃないわよ。ずっとサークルさぼってるくせに!」
「悪かったな。いろいろ忙しくてさ」
「ふーん」
 ソンギはミニョと目を合わそうとしない。
「じゃあな」
 素っ気ないほどミニョを無視してまた行ってしまった。
「…………」
 気まずそうにミニョは俯いた。
「あいつもケジメをつける時期になったね」
「え?」
「ううん。こっちの話。さ、講義に行こう」
「う、うん」

 テギョンが家に戻って来たことはソンギも知っていた。自分のせいで、テギョンを怒らせ、一時期二人が別れたこと、そのせいでミニョが落ち込んでいたことがソンギを苦しめていた。
 自分のせいでミニョが哀しんでいる。しかし、少なからずソンギにとってはチャンスでもあった。
 傷心のミニョの心に付け入る隙があれば、そこにするりと入り込んで自分のモノにできれば、と考えなかったわけではない。
 そうしなかったのは、やっぱりミニョの憔悴ぶりを見たからだった。すぐ近くでずっと見ていたソンギには、そんなことはできなかった。
 いつからかミニョを好きだと思うようになった。気になる存在が好きという気持に変わっていった。
 テギョンという存在がいてもかまわなかった。自分の方を振り向かせる自信もあった。でも、ミニョの心は一途にひたすらテギョンだけに向いていた。
 ソンギの入り込む隙間などどこにもなかった。
 それを痛感した時、片想いと経験したことのない苦悩に身を焦がすようになった。
 テギョンが家に戻って来たと聞いたときの、衝撃と苛立ち。ミニョに笑顔が戻って、以前のようにふっくらとした顔つきになっていくのを嬉しいと思いながら、切なかった。
(俺じゃダメなのか? あいつじゃなきゃ!)
 そう思えば思うほどつらくなった。
 諦めることができない自分が情けない。いっそのこと告白して、振られてしまえば気も楽になるかと思ったが、それさえできなかった。
 今の「友達」という関係さえ失いそうで怖かったからだ。
 ソンギの中で男女の友情は成立しないと思っている。それだけに告白して友情まで失いたくなかった。
 でも、ミニョの顔を見れば愛しいという心が募る。顔を見ることさえ苦痛になってきて、つい無視してしまう。
(俺はバカだな……)
 ふうっとため息をつきながら、講義に向かった。






おはようございます。今日は朝から雨です。涼しくなるかなって思ってます。
今日は旦那がちょっと遅く出ればいいので、のんびりと朝寝を楽しんでいたら、「お前、時間いいのか?」と旦那が訊いてきました。
「いいよ。十分間に合うし」って言ったら、「いや、そうじゃなくて、風呂掃除やろ、今日?」と・・・。
「え?」時計を見ればすでに6時半過ぎ!!!! 忘れてたぁ!!!!! って慌てて掃除に行きました。
なにもかも予定が狂ってしまい、慌てて掃除をして旦那の支度をして送り出しました。
危うく風呂掃除をしないまま仕事に行くところでした(汗)

今日も一日みなさんが笑顔でありますように。

いってらっしゃいといってきます。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【招かれざる客 10】へ
  • 【刹那 2】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: あられさん

こんばんわ。

ソンギにとってミニョは心から愛した女性だと思います。
だから余計に辛くなるんでしょうね。
ミニョの気持ちを優先したら、自分がつらくなるのに・・・。
でも、ちゃんとケジメをつけないと先には進めませんね。

Re: ぴっぴさん

こんばんわ。

諦めよう忘れようと思えば思うほど、気持ちは募りますね。
自分の気持ちにケリをつけるのって結構勇気いりますね。
ソンギが自分の気持ちにきちんと向き合える時、笑顔だといいです。

赤ちゃんは・・・どっち似でしょうか(笑)
女の子でマ室長似ってどうなんでしょうか?(笑)

Re: おかんさん

こんばんわ。

マ室長もいよいよお父さんになります。
新しい命の誕生が、みんなの喜びに繋がって、
テギョンとミニョの喜びにもなるといいです。

Re: ぼくちゃんのママさん

こんばんわ。

東京、いいですね!
今、行きたいところベスト3に入ります!
私はせいぜい福岡がいいところです。ヤフードームにソフトバンクの観戦によく行ってました。
今年の夏はどこにも行けません。旦那の休みがないからです(笑)
家で大人しくしています。

マ室長がパパさんになります。
女の子だったらメロメロのパパになりそうですね。でも、マ室長似だったら・・・(笑)
ミニョのおめでたもそう遠くないといいですね。

Re: りくさん

こんばんわ。

ワンコーディがめでたく出産です。
おめでたいことがあると心もウキウキしちゃいますね。
このウキウキがずーっと続くといいんですが・・・。
そうもいきそうにないですね(笑)
ソンギのミニョへの思いの決着をつけるときがきたようです。
きっちり決着をつけて、最後は笑顔だったらいいですね。

ピグの髪の毛はまだ大人しい法です(笑)
会う人見る人に必ず「すごいくるくるね」って言われます(笑)
もう、パーマかけた状態です。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【招かれざる客 10】へ
  • 【刹那 2】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。