スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←俺のそばにいて 9 →俺のそばにいて 11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【俺のそばにいて 9】へ
  • 【俺のそばにいて 11】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
俺のそばにいて

俺のそばにいて 10

 ←俺のそばにいて 9 →俺のそばにいて 11
 数日後、スケジュールの都合がつき、テギョンは午後から休みが取れた。
 今日は新居で使う家具や家電品、その他の物をミニョと選びにいくことにしている。
「ああ、俺だ。後、10分ほどで着くから、ロビーで待ってろ」
『え? でも、顔を見られたら騒ぎになるんじゃ?』
「もう、大丈夫だ。誰もお前の顔を見ても騒がない……こともないだろうが、好意的な目で見てくれる」
『分かりました。じゃあ、ロビーで待ってます』
 電話を切ると、ミニョは鏡の前でおかしくないかチェックすると、ロビーに降りた。
 ホテルは朝から人の出入りが激しい。
 広いロビーにあるソファに座ってテギョンを待っていると、
「あの、コ・ミニョさんですよね?」
 と女の子二人に声をかけられた。
「えっ? あ、はい……」
「きゃあっ! どうしよう、本物よ!」
「嬉しい!」
 二人は手を取り合ってきゃあきゃあ騒ぎ始めた。
「握手してもらってもいいですか?」
「えっ? 私と?」
「はい!!」
 ミニョはワケが分からないまま、二人と握手をした。
「ファン・テギョンさんとこれからデートですか?」
「えっ? あの……」
「ミニョ!」
 声をかけられて振り返ると、テギョンが歩いて来るのが見えた。
「オッパ!」
「きゃあああああああっ!!!! 今度はファン・テギョンよ!!!!!」
 二人はミニョに会った時以上に大声をあげた。
「待ったか?」
 テギョンは二人のことなどまったく気にする様子もなくミニョに訊いた。
「いえ、私も今、来たところですから」
「訊いた? 待ったか? ですって」
「いや~ん! 私も言われたい!!」
 テギョンとミニョの会話に二人の女の子は割り込んでくる。
「こいつらは?」
 小声でテギョンがミニョに訊いた。
「A.N.JELLのファンの方じゃないですか?」
 二人のひそひそ話などおかまいなしに、女の子二人はさらに割り込んでくる。
「会見の様子テレビで見ました! 今度は一緒に住むことになったんですよね? 私たち、テギョンさんの、彼女のためならやめます宣言に感動しました!」
 女の子たちの声の大きさにロビーにいた客が何ごとかと振り返り、だんだん人が集まってきた。
「オッパ。騒ぎになりますよ」
「もう、なってる」
 そう言うとテギョンはミニョの肩に手を回して、ミニョを抱き寄せ、
「ありがとう。じゃあ、失礼」
 と言うと、人込みをかき分けてホテルの入口に向かった。
 その仕草一つで周りから嘆声が漏れる。
 表に止めてあった車にミニョを乗せると、テギョンは追いかけてきた女の子や客たちに、いつもなら決して見せることのない、にっこり笑顔を振りまいて車に乗った。
 また「きゃあああああああああっ!!!!!」という歓声があがった。
 その声に見送られながら、テギョンはくくくっと笑うと車を発進させた。
「オッパ、やりすぎですよ」
 ミニョは苦笑しながら言った。
「あれぐらいのサービスはしないと。また好感度が落ちたら、大変だからな」
「オッパの好感度は落ちませんよ。たとえ、落ちたとして、ゼロになっても、私の好感度は100%です」
 にこっと笑ってミニョは言った。
 その言葉にテギョンの顔が思わずほころんだが、ふと思い出した。
(待てよ! そういえば前に、ファンクラブ入会テストをしたとき、こいつは好感度テストで5点とか言ってたな……)
 ちらっと見るとミニョはニコニコ顔でテギョンを見ている。
(まあいいか。前は前、今は今だ。今が100点なら、この先それが落ちることもないだろう)
 ふふんっと満足そうな笑みを浮かべてテギョンは、ミニョの手を握った。
「今の言葉、忘れるんじゃないぞ。お前の俺に対しての好感度は100のままだからな」
「はい!」
 テギョンは今日も幸せな気分になれた。
 ミニョといるだけで、世界はまさにバラ色だった。




最近、聴く曲と言えば韓国の歌ばかりで、日本の曲がまったく分かりません。
車に乗って聴いても「誰これ?」です。
「韓国バカ」とダンナに言われてますが、そのダンナも少女時代の「Gee」だけは
お気に入りで、いきなり昨夜、曲に合わせて踊り出したのには大爆笑。
そして、一緒になって踊り出すと言うバカ夫婦の妻がこれを書いてます。

良かったら1ぽちと1拍手をお願いします
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【俺のそばにいて 9】へ
  • 【俺のそばにいて 11】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ぴっぴ!!さん

私もホンギくんの日比谷の野外のをこの前やってたので、
録画して観てます。
イケメンを知ってからはまったFTIslandi-175
あとシヌのいるCNBLUE。
ホンギくんの何とも言えない声に嵌ってます。
グンソクの歌もいいですよね。
片っ端から聴きまくってます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

なつあおいさん

初めまして
毎日本当に楽しみにしてます。 

私がテギョンに「待ったか?」なんて言われたらどうなっちゃうだろう?
固まって動けなくなちゃうかなv-10

二人のv-238v-238を楽しみにしてますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ファイティンさん

こんにちは。本日もお越しいただきありがとうございます。

人生バラ色ってまさにこの二人のこと言うんじゃないかって
思うぐらいラブラブです。
でも、その陰でつらい思いをしてるシヌヒョンがいるのかと思うと、
書いてて切なくなります。

FTにすっかり嵌っちゃって、もう抜け出せません。下手したら自分の子供って
言ってもおかしくない年なのにi-229
実際、ホンギくんと同じ年のお子さんいる人知ってるだけに余計。
そんな、おばさんです。
ダンナは最初こそ韓国ドラマをバカにしてたのに、今じゃ、見はしないまでも、
アレコレと世話を焼いてくれます。
ただ、ダンスはマ室長のように上手くはなく、ただ失笑を誘うだけです。

Re:りりーさん

はじめまして、こんにちわ。
楽しんでいただいてるようで、嬉しいです。
書いてる私としては、楽しんでますって言ってもらえると、
それだけで、天にも昇る気分です。

テギョンを書いてると、すごく楽しいです。セリフ一つ一つに、
自分が言われてみたい願望(いや、欲望?)を混ぜながら書いてるので、
毎回、書きながらPCの前できゃあきゃあ言ってます。

また、いつでもお越しください。楽しみに待ってます。

Re: muyumuyuさん

こんにちわ!
今日も楽しいコメントありがとうござます。
もう、もう、PCの前で大爆笑してしまいました!!
ホント、いつか苦情がきちゃうかもv-410

私もいつも勝手に妄想激場を繰り広げております。ぐふふって笑いながら。
韓国ドラマを見るたびに泣いて笑って、良かった!って言う私に、
「単純だ。韓国ドラマの思うツボにまさにハマってる」って
ダンナに言われます。まさにそのとおりかもv-411
一度はまったらなかなか抜け出せません。

私は書くときはいつもOSTかもしくはK-POPを聴きながらなので、
しまいには歌いだして手が止まることもしばしば。
家事をするのにも聴いて歌ってるから、そのうち、そっち方面でも
苦情来るかもしれませんv-406
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【俺のそばにいて 9】へ
  • 【俺のそばにいて 11】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。