スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←刹那 8 →刹那 10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【刹那 8】へ
  • 【刹那 10】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
刹那

刹那 9

 ←刹那 8 →刹那 10
「私、ミニョさんが羨ましいです」
 大学の講義が午後からだったその日、一緒にお茶をしながらユジュが寂しそうにそう言った。
「どうしてですか? ユジュさんは恵まれてるじゃないですか? 私のことを羨ましいだなんて、おかしいですよ」
「だって……羨ましいんですもの」
 そう言って一つため息をつく。
「何が、羨ましいんですか?」
「…………テギョンさんのこと、『オッパ』って呼んでるでしょ?」
「はい」
「それが羨ましくて……」
「え? ……ええ??」
 ミニョはユジュの言葉から彼女がテギョンを好きなのかと思った。
「え? あの、ユジュさんはヨンミンさんが……」
「私も、ヨンミンのことを『オッパ』って呼びたいの」
「え? ああ、そういうことですか」
 ホッとして、自分の早とちりに苦笑した。
「でも、私がヨンミンをそう呼ぶと、みんなが嫌な顔をするのよ」
 その時のことを思い出したのか、ユジュは少し頬を膨らませた。
「ばあやも『いけません』って怒るの。おかしいでしょ? ヨンミンは私の恋人なのよ。それなのに……」
「秘密の恋って苦しいですね」
「ええ。本当に。だから、あなたが羨ましい」
 カップに目線を落としてユジュはまたため息をついた。
 5年以上秘密の交際を続けている二人のことを思うと、ミニョも悲しくなった。
「呼んだらいいじゃないですか」
「え?」
「ここにいる間はオッパって呼んだらいいじゃないですか」
「でも、ヨンミンはもう来ないわ」
 あんな、ひどいこと言っちゃったし、とユジュはますます落ち込む。
「きっとまた来ますよ。ユジュさんのことが本気で好きなら、きっと来ます」
「ホントにそう思う?」
「ええ」
「ありがとう」
 にこっと笑ったユジュは本当にキレイだ。
 そしてその顔が誰かに似ているような気がした。
(誰かな? この感じとこの顔立ち……)
 じっとユジュの顔を見て考えたが、分からなかった。

 その夜、まるでミニョの言葉が当たったかのようにヨンミンが家にやって来た。
「ヨンミン!」
「ユジュ」
 二人は会うなり抱き合った。
 見ていたばあやは、もう止めることはしなかった。
 テギョンは仕事のため帰りが遅く、その場にいなかったが、きっとこの光景を見たら言うはずだ。
「自分の家でやれ!」と……。
「ユジュ。僕は覚悟を決めたよ。君と結婚したいと先生に申し込むよ」
「ヨンミン……」
「何年かかるか分からない。もしかしたらお許しは出ないかもしれない。それでも、僕はユジュと結婚するためなら頑張るよ」
「ヨンミン……私、嬉しい」
「ユジュ。オッパって呼んでくれないか? ユジュの口から聞きたいよ」
「……オッパ。ヨンミンオッパ」
「ユジュ!」
 また二人は抱き合った。
「………………あの」
 たまらずにミニョが口を挟んだ。
 この二人、気持ちが高揚しているのか側にミニョがいることを忘れているらしい。
「私はお邪魔なようなので、これで失礼します」
「え? あ、すみません! 僕としたことが!!!!!」
 慌ててユジュから離れてヨンミンはぺこぺこ頭を下げた。
「いえ、お気になさらずに」
 ミニョが部屋に戻っても階下ではミニョたちに劣らぬラブラブ劇場が繰り広げられていたようで、帰ってきたテギョンが呆れたように、
「何だあいつらは? ここを何だとおもってるんだ!?」
 とちょっと憤慨気味だった。
「いいじゃないですか。ようやくお互いの気持ちがひとつになったんですから」
「だからって、人の家であんなに……ったく! ばあさんもあきれ返ってたぞ」
「でも、きっと喜んでるはずですよ」
 顔はしかめっ面だが、内心は喜んでいるであろうばあやの顔が浮かんだ。
「ふーん。まあ、道程は険しいだろうけどな。で、いつ駆け落ちするって言ってた?」
「…………はい?」
 ちょっと気の早いテギョンだった。








おはようございます。朝から雷を伴った土砂降りでしたが、今はやんでます。
この前、広末涼子の「マジで恋する5秒前」を歌ってました。それを側で聞いてた旦那が「音ずれちょん」と・・。
「え? どこが?」「全部が」「・・・・」
旦那が歌い直すと、確かにずれてました(笑) その後、AKBを歌っても「ずれちょんよ」と・・・。
「お前ってオンチ?」って言われてしまう始末。どうも生歌(?)だとずれまくるようです。
ちなみに、私は車に乗るとよく寝ます。そうすると何とか起こそうとする旦那がかける曲は・・・・FTISLANDなんです(笑) 曲がかかった瞬間パッチリ目を開けて一緒に歌います(笑)

まだまだ猛暑が続くようですが、熱中症にはお気を付けください。

いってらっしゃいといってきます。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【刹那 8】へ
  • 【刹那 10】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【刹那 8】へ
  • 【刹那 10】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。