スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←刹那 11 →過去の真実 2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【刹那 11】へ
  • 【過去の真実 2】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
過去の真実

過去の真実 1

 ←刹那 11 →過去の真実 2
「え? ギョンセさんが私と一緒に顔を見せにいらっしゃいと? ホントですか、オッパ?」
「ホントもホントだ!」
 ミニョはテギョンから聞くなり顔を真っ赤にして、涙をぽろぽろこぼした。
「ホントに? ホントに……」
「泣くなよ」
「だって嬉しくて……」
 ジスクおばあさんに続き、テギョンの父ギョンセも二人のことを許してくれた。そう思うと信じられない気持ちが大きくなって涙が止まらない。
「週末にでも父さんに会いに行こう。あ、おばあさまにも」
「はい」
 二人が喜んでいることなど知らないファン家では、ギョンセがチョン執事に詰め寄っていた。
「チョン執事なら知っているはずです。伯母上が産んだ子は……」
「旦那さま! 滅多なことを仰せになられては困ります。御前様がお子様を産んだなどと……」
「産んだ……のでしょう? その子は……誰の子ですか? まさか……」
「旦那さま!」
 チョン執事の顔がますます蒼ざめて、唇がわなわなと震えている。
「……分かりました。あなたの口からは言えないということですね。それなら、当の本人に聞くまでです」
「旦那様!」
 部屋を出て行こうとしたギョンセをチョン執事が必死の形相で止めた。
「お待ちください。何をなさるおつもりですか?」
「伯母上に真実を聞くだけです」
「なりません! それだけはなりません!」
「これは! ファン家だけの問題ではない! テギョンの、私の大事な息子に関係することです!」
 ギョンセは激しく手を振り払った。
「旦那様!」
「何を騒いでおるのだ?」
「……お母さん」
 秘書に支えられながらそこにジスクおばあさんが立っていた。
「何を大声で騒いでおる」
「お母さんも……知っていたのですか?」
「何を?」
「伯母上のことです。伯母上の子供――」
「お黙り!」
 ぴしゃりとジスクおばあさんがギョンセの口を封じた。
「…………」
「そのようなことを大声でわあわあ騒ぎながら言うものではない」
「……ということは、やっぱり知っているのですね? 知っていて、私やテギョンには黙っていたのですか?」
「…………ついておいで」
 そう言うとそのまま自室に向かった。ギョンセはその後をついていった。

 まさかそんなことになっているとは知らない二人は、当日着て行く服をあーでもないこーでもないと言い合っていた。
「これはどうですか?」
「それは地味すぎないか?」
「でも、派手すぎるよりはいいですよ」
「だったらこっちだろ」
「え~、こっちのほうがいいですよ」
 二人の声が階下のユジュにも聞こえたようで、
「何をしてらっしゃいますの?」
 ひょいっと顔を覗かせた。
「週末に俺の家に二人で行くんだ」
 いつもだったらユジュなど無視するはずのテギョンが、今日ばかりは浮かれているのか、陽気な声で答えた。
「まあ、そうなんですか?」
 一瞬嬉しそうな顔をしたがすぐにユジュの顔が曇った。
「ユジュさん?」
「羨ましいです。私はヨンミンオッパから連絡もなくて……」
 ぐすっと鼻をすする。
「何かあったのかも分からないし。あなたたちはお許しがもらえたんですね。羨ましい……」
 最近のユジュは何かと言うと「羨ましい」と言う。
 ミニョとテギョンが仲良くしていると「羨ましい」
 一緒に料理を作っていると「羨ましい」
 一事が万事この調子だから、まったく気にしていないテギョンは別としても、ミニョとしてはどうしても気を使ってしまう。
「あ、あの……きっとお仕事で忙しいんですよ」
「でも、会いに来ることぐらいはできるわ」
「まあ、それはそうですが……」
「私も毎日ヨンミンオッパに会いたいわ。毎日一緒にいられるミニョさんが羨ましい」
 また同じことを繰り返す。
「お、お、お嬢様! 大変でございます!」
 バタバタッとばあやが階段を駆け上がってくる音がした。
「どうしたの?」
「あの子が……ヨ、ヨンミンが……」
 息を切らして次の言葉がなかなか出ないようだ。
「ヨンミンが? オッパがどうしたの?」
「大旦那様のお言いつけで、イギリス大使をしていらっしゃる旦那様のところへ行かされたそうです!」
「オッパがお父様のところに!?」
 聞いた瞬間、ユジュは気を失った。







おはようございます。今日は晴天です。
昨日はたくさんの励ましのコメありがとうございます。正直、この先どうなるか分かりません。
でもできることだけはしたいと思っています。旦那がデンと構えているので、私もそうなるよう頑張ります。
私はよく旦那とケンカすると「ちび・デブ・ハゲ」と言います(笑) ちびではないんですが、語呂合わせがいいので(笑)
最近は旦那も負けじと「ちゅるちゅるパーマ。ちゅるちゅる~」と私をからかってきます(笑)
今日も私の頭はちゅるちゅるです。

今日も暑くなるそうなので、熱中症にお気を付けください。

いってらっしゃいといってきます。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【刹那 11】へ
  • 【過去の真実 2】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: のあさん

こんにちわ。

コメなんか気にしなくていいですからね!
ミニョにとっては嬉しいことづくしですね。
ようやくお父さんにも認めてもらえて、涙涙です。
でも、やっぱり大人しく終わってはくれません(笑)
御前様の問題、ユジュの問題が勃発です。

ご近所さんとトラブルと、今後のことを考えちゃて、どうしたものかと
悩んじゃいます。
私としてはとにかく会いたくない! ってのが一番です。
会えば何か言われちゃうだろうし、言われなくても陰口言われそうで・・・。
事態が好転することだけを願ってます。

私のものあさんのこと好きですよ~。
またお互いがのんびりできるときにコラボしましょうね!

Re: うめちゃんさん

こんにちわ。

ミニョにとってはようやくの嬉しい報告ですね。
最後の難関とも言える父親が許してくれたんですから。
でも、まだまだ問題が残ってました。
二人に関係ないといいですが・・。

沖縄、残念でしたね。
代替地がお天気な場所だといいんですが・・・。

Re: みうさん

こんにちわ。

せっかくみんながいい方向に向かってるのに、
ファン家には新たな問題が起こってます。
テギョンやミニョに影響がなければいいんですが・・・。
御前様の問題・・・事態が大きくならなければいいですね。
最後はみんなが笑顔で終われるように頑張ります!
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【刹那 11】へ
  • 【過去の真実 2】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。