スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←かわいい彼女 2 →かわいい彼女 4
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【かわいい彼女 2】へ
  • 【かわいい彼女 4】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
かわいい彼女

かわいい彼女 3

 ←かわいい彼女 2 →かわいい彼女 4
『テギョンも男だってことさ』
 ミナムはあっさり言った。
『好きな女と一つ屋根の下に二人っきりで暮らせる。しかも同じ部屋でだ。その上、ベッドは一つ。テギョンなりにあれこれ考えたと思うよ。でも、あいつはミニョと少しでも一緒にいたいって思ったんだろ。だからベッドは一つにした』
「別に、二つでもいいんじゃないの?」
『ミニョ、あいつも男だぞ。好きな女と一つ部屋にいて、別のベッドは苦しいし、切ないだろ?』
 ミナムは笑いながら言った。
『お前には少し刺激が強すぎるかもしれないけど、男ってそういうもんだ。好きな女が側にいて、何も感じないなんてことはない。もし感じなかったら、それは好きじゃないってことだ』
「……ドキドキするってこと?」
『そうだな、そういうことかな。あいつもお前といるだけでドキドキしてるはずだ。お互いがドキドキしてるなら、何も怖がることはない。ただ、一緒に寝るだけだ。もし、テギョンが変なことでもしたら、顔を引っ叩けばいい』
「お兄ちゃんったら……」
『怖がらなくていい。あいつのことが好きなら、嫌がるな。そんなに嫌がられたら、同じ男として、あいつが可哀相になってくる』
 その言い方がおかしくて、ミニョは笑ってしまった。
「分かった。ありがとう、お兄ちゃん」
『大丈夫か?』
「うん。もう、大丈夫」
 電話を切ると、ミニョはテギョンを探しに外に出た。
 テギョンは庭にあるベンチに腰かけてまだ地面を蹴っていた。
「オッパ……」
 ミニョに呼ばれてテギョンは弾かれたように振り返った。
「さっきは、ごめんなさい。私、突然のことで動転しちゃって……」
「いや、俺が悪かった。ちょっと強引すぎたな。あの部屋はお前が使っていい。俺は下のゲストルームでも使うから」
「大丈夫です! オッパと同じ部屋で……大丈夫です!」
「……一緒のベッドでも?」
「……はい」
 消え入りそうな小さな声が恥じらいを含み、それがテギョンにはいじらしく思えた。
「ミニョ……」
 テギョンはミニョに近づくと、少し震えているミニョを優しく抱き締めた。
「悪かった。お前の気持ちも考えずに、先走りすぎたな。我慢しなくていいぞ」
「大丈夫です。オッパもドキドキしてるって分かったから……」
 テギョンの胸に耳を当てて、くすっとミニョは笑って言った。
「えっ?」
「何でもありません。私も、オッパと一緒にいたいです。いつもドキドキしてますから」
「ミニョ……」
 テギョンはミニョへの愛しさがますます募って、思わずぎゅうっと抱き締めた。
「愛してる」
「オッパ、私もです」
 恥ずかしそうにミニョが言うのを訊くか訊かないうちに、テギョンはミニョの唇をふさいでいた。

 その夜、初めて二人っきりで過ごす夜を迎えた。
 先にシャワーを浴びたミニョは、どこに座ったらいいか迷ったすえに、部屋に置いてあるソファに座った。
 そこにはまるで、そこが特等席だと言う様に、テジトッキのぬいぐるみが座っている。
「君は、ずっとオッパの側にいたのね。私がいなかったときも、オッパに可愛がってもらってたの? 羨ましいな……。でも、今日からは私も仲間に加えてね」
 ニコニコしながらテジトッキに話しかけているミニョを、バスルームから出て来たテギョンが嬉しそうに見つめている。
「そうだ。お前がいなかったときは、そいつがお前の代わりを務めてたぞ」
「オッパ! いつから見てたんですか?」
 ミニョは恥ずかしさのあまり、顔が真っ赤になっている。
「お前がそいつに話しかけているときからだ。羨ましいか、そいつが?」
「えっ!? あの……」
 ますます真っ赤になっていくミニョが可愛くて、テギョンの顔がほころぶ。
「じゃあ、寝るぞ」
「えっ? ……はい」
 ミニョは顔を真っ赤にしたままベッドに歩いてきた。
 ベッドは二人で寝ても充分の大きさのあるもので、狭くはない。
 もぞもぞっとミニョは端っこにもぐりこんだ。
「おい!」
「は、はい!」
「そんな端っこに寝たら、夜中に落ちるぞ」
「えっ、でも……」
 恥ずかしがるミニョを、テギョンは体ごとぐいっと自分の方に引き寄せた。
「!!!!!!!」
 ミニョの体がカチコチに固まった。
 顔を真っ赤にして目もぎゅっとつぶっているミニョがおかしくて、つい吹き出した。
「そこまで警戒しなくても、何もしない。だから、早く寝ろ!」
「は、はい!」
 ミニョはさらに目をぎゅっとつぶると、体をテギョンの腕の中に預けた。

 しばらくして、ミニョの穏やかな寝息が聞こえはじめた。
「何だ、あれほど緊張してたくせに、すぐに眠ったな」
 呆れながらも、ミニョの幸せそうな寝顔につい見入ってしまう。
(俺だけにしか見せない、こんな可愛い寝顔が見れるのも悪くないな)
 満足そうに微笑むと、ミニョを腕の中に抱き締めたまま、甘い匂いのするミニョの髪に顔を埋めながら、テギョンもいつしか眠りについていた。





ドキドキの最初の夜を迎えました。夜の次は朝です(当たり前ですが!)
ミニョにとっては夜だけじゃなく、朝もドキドキでしょうか?

良かったら1ぽちと1拍手をお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【かわいい彼女 2】へ
  • 【かわいい彼女 4】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちはー(^^) 昨日一気読みして、続きがあるかもってドキドキして来てみました。なかなかじれったいところが、”イケメンワールド”の、かわいらしさでもあり~…またまた妄想&情景想像しながら読んじゃいました。更新、大変だと思いますが頑張ってくださいね!

P.S 図々しくも、私もテギョンの腕で眠りたいです!…きっとドキドキして眠れないと思いますけど。

いつもほんとに楽しく
みてます(^^)

にやけどまっくす!

ちひろもオッパの横で
寝たい(´;ω;`)(笑)

Re: はるくんのオンマさん

おはようございます。
コメントありがとうございます。

お願いされたことですが、今の私にはまだちょっと無理です。
何度かチャレンジしてみましたが、書いてて吹き出しちゃいました。

もし、この先、書いてみよう! って気になれたら、
その時は書けるかもしれませんが、今は、ごめんなさい。

でも、ちょっと、書いてみたいなって、気にはなってます。

Re: muyumuyuさん

おはようございます。
瞬きしてください!i-201 目薬で足りましたか?

ミナムの何とか説得(?)でミニョとテギョンの第一夜を迎えられました。
書きながら、この二人どうなるんだろ? って自分で思っちゃいました。
テジトッキのぬいぐるみは大好きなんで、これからも要所要所で共演させたいと
思います。

コメントが長くないですよって言ってもらったので、またまた長くなってます。
何か友達と話してるみたいで楽しいです。周りにイケメンの話が出来る人がいないから、
コメントもらえると、アレも話したいこれもって思っちゃいます。

まさにイケメンの輪!

ぐっすり眠った二人の朝がいよいよ明けます。むふふ・・・。

Re: ゆきままさん

おはようございます。コメントありがとうございます。

ホント、じれったいですよね。書いてる私が言うのも何ですが・・・。
でも、このじれったさが二人らしくて、可愛くて好きです。

テギョンの隣ですやすや寝れるミニョってある意味すごいと思います。
私も隣でなんか、しかも腕の中で寝たら、もうギンギンに目が冴えちゃって、
鼻息も荒くなっちゃいます。
とても、いつものようになんて寝れません!

Re: ちぃさん

おはようございます。コメントありがとうございます。

ニヤけましたか? 私はいつもニヤけてます。
書きながらニヤニヤして、ヘラヘラ笑ってます。
ただの怪しい書き手です。

テギョンの隣で寝れるなら、朝まで私は起きてます!
ってか、寝られません! 興奮しちゃってi-233

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ジョンホさん

おはようございます。コメントありがとうございます。
お名前の由来はワンちゃんからなんですか?
うちも実家で犬を飼ってました。「キク」って言う名前でした。

テギョンは金持ちなんで大丈夫でしょう! なんか、ローンでって言ってる
テギョンが想像できなかったので、そうしちゃいました。
ミニョはそっち方面は疎そうなんで、テギョンの困る顔を想像しながら、
ニマニマと書いてます。

また、いつでもお越し下さい。

Re: ファイティンさん

おはようございます。
二人の気まずい空気をミナムが吹き払ってくれました。
さすが、お兄ちゃん!

二人の関係は少しずつ進展していけばいいかなって思ってます。
いきなり、ガバッてテギョンが襲っちゃう(?)のも、なんだか、
それはそれで、どSのテギョンさんにはお似合い(?)かもしれませんが、
相手がミニョですから、それはやめました。
天然ミニョに振り回されつつ、二人で成長していけたらいいなって。

私もネットってすごいなって思います。遠くに住んでるみなさんと、共通の趣味を・
楽しみを通して身近に感じられるって。
十代の頃だったら、文通ですよv-410
こうやっていろんな県の人とお知り合いになれて、幸せです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ハルさん

こんにちわ、はじめまして。
読んでくれる人が増えるのは嬉しいです。
それだけ、イケメン好きが多いってことなので。

テギョンの朝からはだけた胸元と鎖骨にミニョならずとも、
私もドラマを観ていてドキドキしました。
ああ、こんな姿で目の前にいられたら、もう鼻血吹いちゃうよってv-10

実際今回のお話書いてて、ニマニマしてました。
もう妄想止まりません!!
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【かわいい彼女 2】へ
  • 【かわいい彼女 4】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。