スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←大切なこと 3 →ブログのお休みとお願いごと
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【大切なこと 3】へ
  • 【ブログのお休みとお願いごと】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(結婚編)」
大切なこと

大切なこと 4

 ←大切なこと 3 →ブログのお休みとお願いごと
 その日、いつものように大学に出かけたミニョは、講堂近くでスンアを見かけた。
 声をかけようとしたが、年配の女性と一緒にいたため、ミニョはその場を過ぎ去った。
「母さん、いい加減にしてよ」
「そう言わないで、スンア。今日だけ、今日だけだから」
「もうその言葉、聞き飽きたわよ」
「スンア、お願いよ」
「母さん……」
 チョン・スンアの母――キム・ミンジョンは悲しそうな顔で娘を見つめた。皺の深い顔。しかし、化粧が濃く、滑稽にさえ見える顔だ。
 服装も年の割りに華やかで、今日は大きな花柄のワンピースを着ている。
 スンアは大きくため息をつくと、肩からかけているカバンの中から財布を取り出して数枚のお金をミンジョンに渡した。
「スンア、ありがとう。大好きよ」
 娘の頬にちゅっとキスをして、ミンジョンはうきうきとした足取りで正門に向かった。
 はあ……。
 母の後姿を見送りながら、スンアは大きくため息をついた。
 母、ミンジョンの浪費癖はひどかった。
 子供を二人抱えていながら、生活費を全部使い込んでしまうことも当たり前だった。今でこそ、姉のスンヒが働き、妹のスンアが大学生という生活をしているが、それもすべてスンヒの稼ぎで賄われている。
 スンアより七つ年上の姉スンヒの夢は大学に通って、映画監督になるのが夢だった。
 しかし、父のいない家庭は生活に逼迫していた。母はろくに働かないのに、浪費だけはひどかった。
 スンアはいつも父がいれば、と思っていた。
 スンヒが大学進学を諦めて働きにでたおかげで、スンアが大学に進学できたのだ。スンヒは自分の夢を妹の託したのだ。
 大学に入学してから、スンアはバイトを増やした。そうしなければ、生活できなかったかったし、姉を助けたかった。
 母は相変わらずだ。バイト代が入ると必ずスンアにお金をねだりにやってくる。スンヒでは断られるからだ。
 スンアの父は、とあるアイドルのマネージャーをしていた。面倒見のいい男性で、家庭人であり、スンアたち姉妹にも優しい父親だった。
 しかし、そのアイドルとこともあろうに駆け落ちをして日本に逃げてしまったのだ。当時は大スキャンダルとして、世間を賑わせた。
 あれから10年。父と母は離婚し、親権は母のミンジョンが持った。あれ以来、スンアたちは父とは会っていないし、どうしているかも知らない。
 だから――スンアは芸能人が嫌いだ。父を奪った芸能人が嫌いになった。
 父と離婚してから、父に捨てられてから母のミンジョンは人が狂ったように浪費をするようになった。
 そんな母も嫌いだった。でも、母だ。捨てられない。可哀相だとも思う。
 だから、こうやってお金を渡している。
 はあ……。
 もう一度、大きくため息をつくとスンアは歩き出した。
「スンアさ~~ん!」
 ミニョが手を振って走ってきた。今は、このミニョがスンアの心の平安かもしれない。
「おはようございます」
「おはよう」
 ミニョの笑顔の横で少しぶすっとした表情のウ・ヘインが、スンアは苦手だ。なぜ、自分を見る時こんなに嫌そうな顔をするのか?
「スンアさん、さっき誰かと一緒でしたね」
「え?」
 ミニョに見られていたのかと、少し恥ずかしくなった。
「あ……学部を聞かれてたのよ。学生の母親だったみたいよ」
「そうなんですか。さ、講義に行きましょう」
「うん」
 すっとミニョがスンアの手を握った。そのさりげなさにスンアの心が和む。
 しかし、悔しそうな顔のヘインを見たとき、スンアにはなぜ自分を嫌うのか分かった気がした。
 ――嫉妬。
 それは誰もが持ち合わせている感情だろう。
 スンアはその感情を最も身近な家族でいつも見ている。
 母のミンジョンだ。父を奪い、家庭を壊したアイドルの女性へのひどい嫉妬。幸せそうな家族への嫉妬。自分よりも裕福な生活をしている女性への嫉妬。
 母はいろんな嫉妬を子供だったスンアに見せてくれた。
 だから、スンアは冷めた子供になり、そのまま大人になった。誰も信じず、誰も受け付けないようにした。
 裏切られるのも、悲しい思いをするのももうたくさんだったから。
(かったるいな……)
 ヘインの嫉妬心が正直うざかった。
 こういうのがあるからスンアは友達をこれまで作らなかった。
 ミニョだけはそういうのとはまったく関わりのないところで暮らしている。だから、ミニョと友達になれると思った。
「ミニョ、ヘイン」
 講義室に行くとすでにカン・ソンギが席を取って待っていた。
「こっちこっち。お! 今日は、チョン・スンアも一緒か」
「おはようございます」
「おはよう」
 自然にスンアはソンギの隣に座った。
 二人が揃うと話はそうしても映画の話しになる。
「この前観た、あの映画よかったよ。やっぱり、あの監督の作品はいいよな」
「やっぱりそう思った? あの映像美はあの監督独特のものだから」
 二人の話しについていけないミニョとヘインはただ、聞いているだけ。
 そんな時ですら、ヘインからのひと際違う空気を感じる。
 恋や愛にも興味がないスンアは、またかという顔をした。
(母さんといい、この子といい、女って面倒くさい)
 自身も「女」でありながら、スンアはそんなことを思って、またため息をついていた。







おはようございます。今日は朝からめっさ寒いです。風が強くて、家がガタガタいってます(笑)
うちの父は、職人気質の超怖い人です(笑) 孫に対してもニコリとも笑わないので、母ばかりになつきます。
それでも、父なりに孫は可愛いようで、お菓子をあげたりしてるんですが、どうも顔が怖い(笑)
一番上の孫(12)のみは、子供の頃から父を恐れずに、結構やりたい放題でした。ある日、暴れまくった孫を父が思いっきり顔を叩いたみたいで、頬が真っ赤になったそうです。
そこまでされても、この孫、恐ることなく実家に遊びに行ってます。先日、父が「ちょと家に来い」と電話をしたら、孫はこう言ったらしいです。
「小突くんかい?」 もう、大爆笑しちゃいました。祖父と孫の関係がおかしかったです。

今日もみなさんが笑顔でありますように。

いってらっしゃいといってきます。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【大切なこと 3】へ
  • 【ブログのお休みとお願いごと】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

こんにちは。こちらも風がふいていて寒いです。 スンアが芸能人を嫌うのには、そういう理由があったんですね。 ヘインの嫉妬もわかるけど、皆が仲良くなるにはまだ時間が必要のようですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

なつあおい様 こんばんは☆

スンアちゃんのサバサバというか、シニカル系キャラの背景には
こ~んな事情があったんですね~
ミニョの「ほってはおけません!!!網」に引っ掛かりそう・・・・



NoTitle

こんばんは
またまた気になるお話が始まる予感が・・・
ソンギ、スンア、ヘインの三人、基本善い人ばかりなので今からもう少し心配しています。
気が早いでしょうか?
お話の続き楽しみにしています。
それとなつさんの日常話も実はいつも楽しませていただいてます♪

Re: あかぴさん

こんばんわ。

スンアの過去にもいろいろあったみたいです。
こんな母親を持ったら、女がめんどくさいと思うのも無理ないかも。
でも、ミニョと出会ったことで少しはその思いが変わるといいですね。

Re: kimukimuさん

こんばんわ。

相手の内面を見て仲良くなるって難しいですね。
スンアの場合は母親がああいう人なので、どこかでひねくれてたんだと思います。
ミニョの内面を見て、友達になれてよかったです。

いいじいさま。そうかもしれません。
この孫だけは「じいちゃん、じいちゃん」てなついてますから。
でも、たまに「このハゲ!」って毒吐きますが(笑)

Re: エルさん

こんばんわ。

人には何かしら過去があります。
それがツライものであればあるほど、人に優しくできないときもありますね。
スンアの場合はいっぺんにいろいろありすぎて、子供の頃から苦労が多かったんだと思います。
その心の隙間にミニョが入ってきたんでしょうね。
ヘインとは分かり合える仲になれたらいいですね。

Re: kouさん

こんばんわ。

女の嫉妬は根が深いですからね・・・。
ヘインがスンアを友達として認めてくれたらいいんですが・・・。
スンアにはスンアの問題もありますし。

Re: うめちゃんさん

こんばんわ。

心から笑える日がこれまでスンアにはなかったと思います。
ミニョと出会って、心を開ける友達に出会えたかな?
スンアの心の平安にミニョがなれたのはいいことですね。

Re: ファイティンさん

こんばんわ。

そうそう。いつも韓ドラ見て思うのが、よくこんな親から、こんないい子が産まれたなあってことです(笑)
あれは不思議です。
スンアもまさにそれを地でいってるような子です(笑)

うちの父の顔を見た友達は「お父さん、怖いね」って言いました(笑)
顔も態度も(笑) そして、その父に瓜二つだと言われる私って・・・・(笑)
性格は父そのものです(笑)

OSTがほしいです!

Re: chibikinさん

こんばんわ。

スンアの皮肉な顔を裏には家庭の事情がありました。
こんな親のもとじゃひねくれたくもなりますね。
親は捨てられないし・・・。
ミニョがこの事情知ったら、「ほっとけません!」ってホントいいそうですね。

Re: takataro さん

こんばんわ。

この三人はミニョにとって大切な友達だから、変なことにならないといいですね。
みんなが仲良くできたらいいです。
それにはミニョの活躍が必要でしょうか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 魅杏さん

おはようございます。

スンアにはスンアの家庭の事情がありました。
母親がそうだと子供は苦労しますね。
それでも、ミニョと出会えたことがスンアにとってはいい方向に向かってるので、よかったです。
この母親が何もしでかさないことをただ祈ります。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【大切なこと 3】へ
  • 【ブログのお休みとお願いごと】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。