スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←希望の星 3 →希望の星 5
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【希望の星 3】へ
  • 【希望の星 5】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(結婚編)」
希望の星

希望の星 4

 ←希望の星 3 →希望の星 5
※すみません。映画のタイトルが間違っていました(汗) 教えてくれた「ファイティンさん」ありがとうございます!!!


 ミニョが妊娠したことは、まだファン家の屋敷のみでしか知らされていない。
「いいか、決して外には漏らすなよ!」
 テギョンが固く戒めたおかげで、マスコミにさえまだ知られていない。
 ミニョにとってもそれはそれでありがたいことだ。
「妊娠初期は流産しやすいらしい。大騒ぎされて、ストレスでもたまったら大変だ」
「でも、お義父さまやヒョナさん、それにお義母さまにはお知らせしたいです」
「うん。それもそうだな」
 ということで、すぐにテギョンはニューヨークにいる父のギョンセに電話をかけた。
「父さん? 俺です」
『テギョンか。おめでとう』
「え?」
『ミニョさんが妊娠したそうだな。よかったな。嬉しいよ』
「え? ちょ、ちょっと待って父さん。え? 何で知ってるの?」
『何でって、母さんがさっき電話してきたよ』
「おばあさまが!?」
 やられた……とテギョンは思った。
 この分じゃ、どこまで知れ渡っていることか……。
『テギョン? どうした?』
「いや、ありがとう。うん。ミニョに子供ができたんだ」
『はははは。母さんに一歩先を越されたな』
「ホントだよ」
 テギョンは苦笑した。
『ミニョさんはどうだ?』
「ああ。ただびっくりしてるよ」
 産婦人科でのミニョを思い出してテギョンはくすっと笑った。
『よかったな。これからが大変だ。大切にしてあげなさい』
「はい。……父さん」
『うん?』
「父さんもおじいちゃんだね」
『はははは。そうだな。嬉しいよ。ありがとう。――彼女には連絡したのか?』
 彼女――モ・ファランだ。
「まだです。ミニョと会いに行こうと思います」
『ああ、そうしておやり。喜ぶはずだ』
「はい。じゃあ、また」
『ああ。ミニョさんに体を労わるようにと伝えてくれ』
 テギョンは電話を切ると、すぐにジスクおばあさんの部屋に向かった。
「ああ、そうだよ。嫁のミニョがね、妊娠したのよ。まあ、嬉しくて嬉しくて」
 部屋の中からジスクおばあさんの嬉しそうな声が聞こえた。
(まったく、おばあさまは! 今度は誰に電話してるんだ?)
 文句を言おうと思ってドアノブに手をかけたら、その手にすっと手が重なった。
「ミニョ?」
 しーっと指を口に当てる。
「こっちにきてください」
「何だよ? おばあさまに誰でも彼でもしゃべるなって言わないと」
「いいですから、こっちにきてください」
 ミニョに腕を引っ張られて、部屋から少し離れたところに連れていかれた。
「おばあさまのこと怒らないであげてください」
「どうして? ミニョのことを考えたらしゃべるべきじゃないだろ」
「そうですけど、おばあさま、ホントに嬉しそうなんです。それを見てたら私、嬉しくなっちゃって。この子は望まれて、みんなに喜ばれてお腹に宿ってくれたんだって思うと、それだけでもういいんです。私さえ気をつければ大丈夫ですよ。だから、おばあさまを止めないでください」
「ミニョ」
「お願いします」
「分かったよ。俺とお前で気をつければいいんだな」
「オッパ。ありがとうございます」
 ミニョはにこっと笑うと、まだぺちゃんこのままのお腹を撫でた。
「よかったね。パパがあなたを守ってくれるよ」
 パパ……。
 じーんとテギョンの胸に何とも言えない気持ちが広がった。
「そ、そうとも! パ、パパが守ってやるからな」
 言いながらお腹を撫でる。
 新米パパと新米ママは新たにお腹の赤ちゃんに誓った。

 翌日、テギョンはとある場所にミニョと一緒に向かった。しかし昨夜、二人は大学のことで、小さなケンカをした。
 ミニョは安全を考慮しながら出産までは大学に通いたいという。
 テギョンは安定期に入るまでは、大学は休学しろという。
「これからが一番大事な時期だってモノの本にも書いてあるぞ。一番流産しやすい時期らしい。そんな時に、大学になんか行って、もみくちゃにされたらどうする?」
「されないように気をつけます! オッパは、心配しすぎですよ」
「心配しすぎてどこが悪い。心配して心配して、それでも足りないぐらいだ!」
「妊娠は病気じゃないって、モノの本にも書いてあります!」
 二人とも一歩も譲らない。
「どうしても大学に行くつもりか?」
「はい」
 この先、マスコミに知られるのもそう遠くはない。そうなれば、大学にもマスコミは押しかけ、学生も知ることになる。当然、大騒ぎになることは確実だ。
 だが、ミニョにそれを言っても現実を知らないから分からないだろう。
 分からないからこそ、その時のことを考えるとテギョンは――怖い。
「――そこまでミニョが言うなら、もう俺は反対しない」
「オッパ。ありがとうございます」
「ただし! 一度でも何かあったら――お腹の俺たちの子供が危険にさらされるようなことがあったら、その時は休学しろ。これは約束してくれ」
「はい。大丈夫ですよ。心配しないでください」
 ミニョのその笑顔がテギョンには不安だったのだが……。
 今日、大学を休ませて向かう所は、モ・ファランの常駐のホテルだ。ミニョの妊娠報告のためだ。
「お義母さま、喜んでくれるでしょうか?」
「そりゃ喜ぶさ」
 二人は手を繋いで、エレベーターに乗った。
 その二人をたまたま別のことでこのホテルに来ていたキム記者が見つけた。
「おや? あれはファン・テギョンと……妻のコ・ミニョじゃないか? 何でここに?」
 そこは記者。何かビビビッとくるものがあったのだろう。
 二人が降りた階を確認すると、すぐに自分も同じ階へとエレベーターで上がっていった。







おはようございます。今日はちょっと暖かいです。
我が家の旦那は映画で泣きます。これ、ホント意外だったんですが、昔「秘密」という広末涼子の映画を見に行ったとき、ラストシーンでいきなり泣き出したんです。
それも鼻をすするほどの号泣。私は・・・といえば、しらーっとしてました(笑)
結構満員だたため、隣にいた人が旦那をジロジロ見るんですね。おかしいでしょうね。男が号泣して、女がしらっとしてるんですから(笑)
終いには、可哀想だからって私にしがみつくようにして泣きだしちゃって(笑)
周りも泣いて。旦那も泣いてる。私は・・・・(笑)

今日がみなさんにとって素晴らしい一日となりますように。

いってらっしゃいといってきます。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【希望の星 3】へ
  • 【希望の星 5】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: あかぴさん

おはようございます。

ジスクおばあさん、もう嬉しくて嬉しくてしょうがなかったんでしょうね(笑)
とにかくみんなに言いたい!
多分、一番最初に御前様に言ったはずです(笑)
キム記者がちらっと最後に出てきました。
この人が出てくるといいことないですから・・・。

旦那にすがられたときは「はあ!? ちょ、泣かないでよ!」って思いました(笑)
おいおい泣くから周りが見るんですよね。
そして「お前は何で泣かないの?」って聞かれる始末でした。

NoTitle

おはようございます。今日も晴れそうですが、寒いです。 ジスクおばあさん、嬉しくてたまらないんですね♪きっと御前様にも報告してますよね!?(笑) 早くミニョが安定期に入ればいいですが、早速キム記者がテギョンやミニョに近づいてきましたね。(´Д`) 出来ればそっとしておいてもらえるとありがたいけど、彼もそれが仕事ですものね‥続きが気になります!

Re: ファイティンさん

おはようございます。

孫は可愛いっていいますよね。ひ孫ならなおさら?
誰にだって言いたいですよね。
昨日、母に会ったら最近孫が来ないって文句言ってたよ(笑)
ミニョは少しマスコミを甘く見てるようですね。
これが禍にならないといいですが・・・。

あはははは! そうです! 「秘密」です!
恥ずかしい!!!!! 
旦那、広末涼子が好きだったの。だから、泣いたのかも(笑)
教えてくれてありがとうございます。

気分は親戚のおばさん?

おはようございます
おめでた話わくわくしながら読ませていただいてます
幸せな空気が二人のまわりを何重にも取り囲んでいる様子が・・・・
本当に本当に嬉しかったです♪
とっても心配性のテギョンとのんびり楽観的なミニョ、いつもどうりですが、何かが起こりそうで少しだけはらはらです
もうしっかり親戚のおばさん?
私自身はとってもお気楽なマタニティーライフだったんですが(すごーく昔です)
優しい優しい超新米パパママ、応援しています

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

こんにちは。こちらは雨が降っていてとても寒いです。
ミニョ、事故多発地帯なのに大学に通うなんて、大丈夫?心配性のテギョン同様、私も心配です。安定期に入るまで休んだ方がいいような気がする。さらにキム記者にしつこくされたら…
続きが気になるところです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:kouさん

こんばんわ。

ジスクおばあさんの喜びは分かります。
御前様に一番に電話したはずです(笑) それも鼻高々に(笑)
ミニョの周りに現れたキム記者。この人が現れるといやーな感じですね。

Re: takataroさん

こんばんわ。

おめでたムードでみんなが幸せ気分です。
特にジスクおばあさんは浮かれてますね(笑)
このままマスコミにまで電話しないといいですが(笑)
ミニョはまだ自分の立場がよく分かってませんね。
テギョンの心配が的中しないといいですが・・。

Re: 三姉妹ママさん

こんばんわ。

旦那は普段テレビの感動ものを見ても泣かないのに、あの映画だけは泣きました。
鼻水すすりながら(笑)
逆に私はタイタニックを何度見ても号泣します。
旦那は・・・しらーっとしてます(笑)

Re: モモチ★ さん

こんばんわ。

ミニョの性格上、何か絶対起こりそうですね。
ただでは済まないような・・・。
テギョンにはそれが分かるからこそ心配なんですよね。

Re: りくさん

こんばんわ。

テギョンの立場を考えたら、大学に行こう!ってことにはならないんですが(笑)
また、ジスクおばあさんも孫の人気度を知っていたら(知らないの!?)電話しまくりませんよね(笑)
御前様ぐらいだったらいいんですが、そのほかの親戚だったらあっさりマスコミに喋っちゃいそうです。
このまま無事に済みそうにはないですよね。
なんといっても、キム記者が出てきちゃったし(笑)
大学・・通わせてあげたいけど、心配。
でも、ミニョ行きたがってるし・・・。テギョンは心配つきないですね。

「綱ひいちゃった」観たんですね。
いや~何か嬉しいです。地元が舞台っていうだけで、嬉しくなっちゃいます。
みんな頑張っちょった?(笑)大分弁がひろまるといいな(笑)

でたっ!!!!!

なつあおい様 こんばんは☆

で~た~な~!!!キム記者め!!!!!
いますよね~運がいい奴っていうか、感がいいっていうか・・・
鼻がきく奴・・・・

今度は何が臭ったのかぁ~

Re: chibikin さん

おはようございます。

いますね、こういう人。
たまたま、なのにそこにいて、運がよかった!
鼻がきくんでしょうね。
多分・・・幸せいっぱいの匂いがしたんだと思います。
こういう人って敏感そうだから。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 魅杏さん

おはようございます。

ミニョの妊娠はみんなを幸せにしてますね。
特におばあさまには大喜びしてもらえてよかったです。
テギョンの心配に「大げさだな」って思ってるみたいですが、
テギョンにしてみたら、「大げさなんかじゃない!」ですね。
キム記者まで出てきちゃったから・・・怖いです。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【希望の星 3】へ
  • 【希望の星 5】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。