スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←かわいい彼女 8 →かわいい彼女 10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【かわいい彼女 8】へ
  • 【かわいい彼女 10】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
かわいい彼女

かわいい彼女 9

 ←かわいい彼女 8 →かわいい彼女 10
 仕事が終わり、帰ろうとしたテギョンに、マ室長がニヤニヤしながら近づいてきた。
「おい、テギョン。これ、俺からの引っ越し祝いだ」
 言いながら紙袋を差し出した。
「引っ越し祝い? 中身は?」
「そんなこと訊くなよ。開けてのお楽しみだ」
 またニヤニヤ笑う。
「何だ、気持ち悪いな? まさか、変なモノじゃないだろうな」
 じろっとテギョンに睨まれて、マ室長は慌てて頭を振った。
「バカ! そんなモノお前にやるか!」
「そんなモノってどんなモノだ?」
 目を細めながらテギョンは意地の悪い顔をした。
「と、とにかく、帰ってミニョさんと一緒に見ろ。じゃあな、お疲れさん」
 と言いながらぽんぽんっと肩を叩いて、事務所に戻って行った。
「何だ、一体?」
「ヒョン、マ室長に何もらったの?」
「ああ、引っ越し祝いだ」
「ふーん。何だろ」
 ジェルミも中身が気になるようだ。
「マ室長がくれる物だから、ロクなもんじゃないだろ」
 その日も帰る前にミニョに電話をかけた。
 案の定、家の前でミニョが待っている。
 車から降りてきたテギョンに、今日は笑顔で出迎えた。
「起きてなくていいって言っただろ。夜は危ないから、待ってるなら家の中で待ってろ」
「ごめんなさい。でも、お兄ちゃんたちの顔も見たくて」
 そう言われると、ダメだとは言えない。
「ミニョ、また明日も一緒にご飯食べようね」
 ジェルミが後ろの席から顔を見せて言う。
「はい。楽しみにしてます」
「早く帰れ!」
 犬を追い払うようにテギョンは手を振って、ドアを閉めた。
 そう言いながらも、ミニョと二人で車が見えなくなるまで見送った。
「オッパ、それ、何ですか?」
 玄関までのスロープを手を繋いで歩きながら、ミニョが訊いた。
「これか? マ室長が引っ越し祝いだとかいってくれたんだ」
「マ室長が? 何でしょう?」
「さあな、どうせロクなもんじゃないだろ」
 家の中に入ると、テギョンは紙袋をソファに放り投げた。
「開けないんですか?」
「興味がない。見たいなら、開けていいぞ」
 テギョンはキッチンに行くと、ミネラルウォーターを取り出した。
「じゃあ、見ますよ」
「ああ」
 ガサガサッと紙袋の音がしたと思うと、
「きゃあっ!!」
 ミニョの悲鳴が聞こえた。
 テギョンは飲んでいた水を思いっきり吹き出した。
(何だ? どうした? まさか、マ室長の奴、本当に変なモノをくれたんじゃ!)
 テギョンは急いでリビングに走った。
「ミニョ! 見るんじゃ……」
「オッパ、見て下さい!」
 ミニョが嬉しそうにテギョンに見せたのは、ペアのパジャマだった。
「……それは、何だ?」
 テギョンの顔が強張る。
「何って、パジャマですよ。可愛いですね。ペアですよ。ハートがいっぱい」
「ペア?」
 テギョンの頬がひくひくっと引き攣った。
 水色とピンクのペアのパジャマは大小のハートがちりばめられた、可愛いものだった。
「カードも入ってますよ」
「見せろ!」
 ミニョから奪うようにしてカードを見ると、
『ハートいっぱいのパジャマを着て、熱い夜を盛り上げてくれ! 赤ちゃんはまだダメだぞ!』
 と書かれている。
 テギョンは顔を真っ赤にして、ぐしゃっとカードを握り潰した。
「何て書いてあるんですか?」
「何も書いてない! マ室長の奴……!」
 どうりでニヤニヤしていると思った。
(こんなカード、ミニョに見せられるか!)
 くしゃくしゃのカードをポケットにねじ込んだ。
「可愛いパジャマですね。今夜から着ますか?」
「そんなもの着て寝るわけないだろ!」
 思わず怒鳴ってしまった。
 ビクッとミニョは肩を震わせた。
「あ、いや、その、悪かった。怒鳴るつもりはなかったんだが……」
「……そうですよね。このパジャマはオッパには似合いませんよね」
 言いながらミニョはパジャマを畳んで、袋に戻した。
「オッパはシャワーを浴びてください。明日も早いんですから」
 ミニョは紙袋を持って、キッチンに行った。
「…………」
 正直、死んでも着たくない。
 あんなパジャマを着たら悪夢を見かねない、とテギョンは思った。
 でも、ミニョのしょんぼりした顔を見ると、可哀相になってくる。
(ジェルミやシヌだったら、喜んで着るんだろうな……)
 自分が着ている姿を想像して、背筋が寒くなった。
(ダメだ! やっぱりミニョのためとは言え、あんなのは着れない!)
 ミニョには諦めてもらうしかなかった。
「ミニョ……。シャワーを浴びてくる」
 キッチンにいるミニョに声をかけてから、二階に上がった。




夜のお話なのに、朝に更新しちゃいました。昨日のうちに更新するつもりが、
バタバタしてて、今日になっちゃいました。

良かったら1ぽちと1拍手をお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【かわいい彼女 8】へ
  • 【かわいい彼女 10】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ぴっぴ!!さん

こんにちわ。
今回のお話は別のドラマを見てて思いつきました。
パジャマって重要みたいだからv-410

でも、書きながら「テギョンのパジャマ姿って想像できない!」
って思いました。
自分で書いててなんですが。
彼にはやっぱり鎖骨が見えるような、セクシーショット満載な
服で寝て欲しいです。

Re: ファイティンさん

こんにちわ。
今日も風邪が強くて、洗濯物が外に干せません。

マ室長の贈り物、何を想像されましたか? ドキドキ・・・・。
韓国ドラマはやたらとペアのパジャマで寝てるシーンが多いような気がして、
それでお話にしてみました。
さて、テギョンが果たしてパジャマを着るのか!
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【かわいい彼女 8】へ
  • 【かわいい彼女 10】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。