スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←歩み 2 →歩み 4
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【歩み 2】へ
  • 【歩み 4】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(結婚編)」
歩み

歩み 3

 ←歩み 2 →歩み 4
 そこはまるで戦場のような騒ぎだった。
 一体、ここで何がこれから行われようとしているのかというぐらいに、人・人・人……。
「マジかよ」
 テギョンが眉間に皺を寄せて言った。
「マジ、みたいだね」
 ジェルミがワクワクしているような口調で言った。
「これぞ、まさに芸能人の入隊! って感じだな」
 シヌは……呆れ顔だった。
 江原道春川市の春川102補充隊の前には一体どこからこんなに人が集まったんだ、というぐらいにファンやマスコミが駆けつけ、埋め尽くしている。
 その様子をテギョンたちは車の中から眺めている。とても、出て行ける雰囲気じゃない。
「ミナムは?」
「別の車で着替えを済ませてから、出てくるみたいだよ」
 入隊時間は午後の2時だ。
 その前に会見を済ませて、入隊報告をすることになっている。
「おい、お前ら車から降りろ」
 ドアが開いてマ室長が呼びに来た。
「この中に出て行くのか?」
「いいから、早くしろ」
 マ室長にせっつかれて、三人は恐々(芸能人なのに)車から降りた。
 途端にマスコミやファンに見つかって、一気に取り囲まれてしまった。しかし、そこは芸能人。にこやかな笑みを浮かべ、愛想を振りまきながら、所定の場所まで歩いて行く。
 ファンの女の子たちはもう狂喜乱舞状態。中には涙を流している子や、失神してしまう子までいる。
『あ、コ・ミナムさんが来られました。奥さまのユ・ヘイさんとご一緒です』
 レポーターが言うほうをカメラが追いかけると、画面にミナムとユ・ヘイが映し出された。
 用意された場所につくと、ミナムはぺこりと一礼した。坊主頭のミナム。
 見慣れない姿にファンの女の子たちは、本当に入隊することを実感しているようだ。
「今日は遠いところをわざわざお越しいただきありがとうございます」
『28歳での入隊となりますが、今のご心境は?』
「はい。ただ、国のために頑張ることしか考えていません」
『奥様とまだお小さいお子さんを残されての入隊ですが、迷いはなかったのでしょうか?』
「そうですね……。まったくなかったことはなく、迷いだらけでした。でも、韓国国民としてその義務を果たせるならと思い、決めました」
 子供のヒーローになりたかったからです、とは言わずに事務所が用意したコメントをさらりと言った。
 次々と質問がされ、ミナムは用意されたコメントを返した。
「ねえ、双子は?」
 ジェルミが辺りをキョロキョロと見回す。
「あっちの車の中でユ・ヘイの両親が見ているらしい」
「そうなんだ」
『では、最後にファンのみなさんに一言お願いします』
「今日は本当にありがとうございます。2年間、頑張ってきますので、残されるメンバーのことをお願いします。いってきます!」
 深々と挨拶をしてミナムの会見は終わりとなった。
 ミナムはテギョンたちのところに来ると、一人一人と抱き合った。
「いってくる。ミニョのこと頼む」
「ああ。頑張れよ」
 最後に固く握手を交わして、ミナムはユ・ヘイに別れを告げた。
「ミナム……」
「泣くなよ。カメラにブスに映るぞ」
「もう! 最後までちゃかさないで!」
「大丈夫か?」
「……大丈夫じゃないって言ったら、行くのやめる?」
「やめない」
「バカ」
 二人の姿をマスコミがカメラで追い続ける。
『コ・ミナムさんが奥さまのユ・ヘイさんと入隊前のお別れを惜しんでいます』
 マスコミは感動的なシーンを余すところなく映すつもりだ。
「最後にキスでもしとくか?」
「バカ!」
「ヘイ」
 急にしんみりとした口調に変わった。
「何?」
「俺のわがままを聞いてくれてありがとう。愛してるから」
「私もよ。待ってるから。2年、待ってるから」
 ポロリとユ・ヘイの瞳から涙が零れ落ちた。
「笑ってよ」
「え?」
「笑顔で見送ってくれ」
「うん……うん」
 泣きながらユ・ヘイは笑った。
「綺麗だ。ありがとう。いってきます」
「いってらっしゃい」
 離れようとした瞬間、ユ・ヘイの身体を引き寄せてミナムはキスをした。
 きゃあぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!
 悲鳴が上がり、フラッシュが一斉にたかれた。
「ああ……ミナムオッパ……」
 ファンクラブの旗を振っていたサ・ユリが大泣きしていた。
「会長……」
 慰める二人も涙・涙だ。
「あのバカ! 最後にやりやがった」
 テギョンは苦笑しながらミナムの入隊を見送った。
 泣き叫ぶファンやマスコミのフラッシュに見送られて、ミナムは笑顔で手を振りながら元気に入隊していった。








おはようございます。今日も朝から暑いです。
旦那の髪が伸び放題になりました。猫毛のせいで髪はやわらかいのですが、いかんせん少ない・・・(笑)
それでも、うっとおしいらしくヘアバンドをしてしのいでいたんですが、昨日、試しにゴムで結んでみました(笑)
いたく、それが気に入ったらしく、「これ、いいわ~」と言っていました。
しかし、今日、髪を切りにいくらしいです。私も行きたい・・・。
夏はショートがいいです。

今日も暑くなるので、熱中症にはお気をつけ下さい。

いってらっしゃい。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【歩み 2】へ
  • 【歩み 4】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: みうさん

こんばんわ。

ミナムが入隊しちゃいました。
芸能人らしく華々しく・・・。
芸能人の入隊もさまざまですね。静かにひっそり入隊する人もいれば、これぞ芸能人って感じで入隊する人もいますね。
テギョンのときは・・ひっそりがいいな。

Re:あかぴさん

こんばんわ。

一般人だと家族とか恋人だけのお見送りなんでしょうが、芸能人だとそうはいかないですね。
でも、ひっそりと入隊していくのもそれはそれでかっこいいです。
ミナムらしい入隊になりましたが、これに続くテギョンにはいい予行演習になったかな?
家の中もサウナのように暑くて、どこかに逃げ出したい心境です。

Re: うめちゃんさん

こんばんわ。

芸能人の入隊ってすごいですね。
暑い中にも関わらずファンが詰めかけ、マスコミが殺到する!
芸能人は大変だなっていろいろ調べて思いました。
静かに入隊したい人は、マスコミにも発表しないんでしょうね。

ピさんの除隊にもファンがすごかったですね!
芸能人は入隊も除隊も大変です。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【歩み 2】へ
  • 【歩み 4】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。