スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←歩み 9 →家族旅行 1
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【歩み 9】へ
  • 【家族旅行 1】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(結婚編)」
歩み

歩み 10

 ←歩み 9 →家族旅行 1
「おい、マ室長! 子供と一緒だなんて聞いてないぞ!」
 スタジオの隅にマ室長を引っ張っていって小声で怒鳴りつけた。
「き、聞いてないって、当然だろ。ミルクのCMだぞ。赤ちゃんが主役のようなものだろ」
「主役って! じゃあ、俺は何だ!?」
「お前は……準主役?」
「ふざけるな!」
「ファン・テギョンさーん。リハいきまーす。テギョンさーん」
 さっきのADが大声で呼ぶものだからそれ以上マ室長を問いつめることができなかった。
「はーい」
 仕方なく返事をして、戻って行くと、若い女性に抱かれた一歳ぐらいの赤ちゃんが……。
「うっ……」
 思わずあとずさりしそうになった。
「今日、テギョンさんと一緒にCM撮影をするシン・ドンユンくんです。えーっと、いくつでしたっけ?」
「はい。十ヵ月です」
「そういうことなので、よろしくお願いします」
「は、はあ。よろしく」
 母親に抱かれた赤ちゃん――ドンユンくんは目の大きな可愛い赤ちゃんだ。赤ちゃんモデルとして多方面で引っ張りダコということもあってか、大勢の大人に囲まれても大人しい。
「じゃあ、リハいきまーす」
 コンセプトはママのいない休日、パパが悪戦苦闘しながら赤ちゃんにミルクを飲ませる、というなんともほのぼのした光景のものだ。
 のんびりとソファで新聞を読んでいるパパ役のテギョン。そこにお昼寝から醒めた赤ちゃんドンユン君がママを求めて泣き出します。
 求めているのはママというよりミルク。
「ここでテギョンさんが、キッチンでミルクを作ります」
「はい」
 そう言われてもミルクを作ったことはない。ユグンは母乳で育っているし、ミニョがいないときは搾乳したものを飲ませている。
 だがそこは完璧主義者のテギョン。何でも完璧じゃないとすまない。
「ミルクの分量はこれぐらいで、お湯はこれぐらいで……」
 ふむふむと説明を受け、いざやってみるが、小さな哺乳瓶の口にうまくミルクの粉が入らない。
「ああ」
 と小さくスタジオに声が漏れる。
 何度か挑戦したが、これがなかなかうまくいかない。
「なんだよ、ったく!」
 思わず舌打ちしたくなった。
 しかも、相手のドンユンくんは何が気に入らないのか、テギョンが抱っこしようとすると大泣きしてしまう。
 リハーサルとは言うものの、相手は赤ちゃんだ。ぐずることもあり、そのたびに撮影は中断。
 思った以上に赤ちゃん相手というのは大変なものだと思った。
「テギョン。お前、意外とこういうことは不器用なんだな」
 鬼の首でも取ったような顔でマ室長が言った。
「え?」
「いや。ユグンくんのお世話をしてるから上手いのかと思ったけど」
「マ室長。それ以上口を開いたら、殴るぞ」
「ひっ!!!!」
「撮影再開しまーす」
 何回目かのトライでようやくおいしそうなミルクが出来上がり、泣きじゃくるドンユンくんを抱っこしてミルクを飲ませることができた。
 その時のテギョンの顔はなんとも言えず――父親の顔だった。
 我が子を見つめるようなその優しい眼差し。我が子を抱くようなそのしっかりした大きな手。我が子に笑いかけるようなその蕩けるような笑顔。
 一つ一つがカメラを通しても充分に伝わった。
 女性スタッフは思わずほうっ……と熱いため息を洩らすほど。
 ドンユン君もさすがは赤ちゃんモデルだけあって、カメラ目線を弁えていた。
 本当の親子のようなその映像美に監督はもちろん、スポンサーも大絶賛。
「カーット!!! OK! 終了でーす!」
「終了でーす。お疲れ様でした」
 無事にCMの撮影は終了し、テギョンはほっとした。
「ありがとうございました」
 母親は何度もテギョンに頭を下げた。
「こちらこそ、ありがとうございます。いい思い出ができました。ドンユン、バイバイ」
 母親に抱かれたドンユンくんの小さな手を握った。
 にこっと満面の笑顔でドンユンくんが笑い、テギョンの心の中で子供に対する思いが大きく変わっていることに気づかされた。
(昔はあんなに子供が嫌いだったのに、今は……可愛いと普通に思えるな)
 ユグンの顔が頭に浮かんだ。
(でも、やっぱりユグンが一番可愛いけどな)
 親バカぶりを垣間見せながら、約束のCM撮影は終わった。

「おかえりなさい」
 今日はユグンも起きていて一緒のお出迎えだ。
「ただいま、ミニョ。ユグン」
 我が子を抱き上げると、やっぱり愛しさが一段と増した気分がした。
「ユグンが一番だな」
「え?」
「何でもない。ミニョ、約束の休暇だぞ」
「はい。お疲れ様です」
「四月の半ばにもらえたから、おばあさまも一緒に行こう」
「はい。でも、どこに行くんですか?」
「それは――」
 ミニョの耳許でこっそり囁いた。
「え? ホントにですか?」
 ビックリ、嬉しそうな顔になった。

 さて、テギョンが行こうとしている先は――?







おはようございます。今日も朝からむしむししてます。雨降らないかな・・・・。
先日、旦那とドライヴに行きました。私たちは会話に詰まったり、眠たくなったりすると「しりとり」をします(笑)
この前も、しりとりをしていたら、「ず」という言葉になったとき、旦那の答は「ずかんにのってる虫」でした(笑)
それだったら何でもいけますよね。「ずかんのうさぎ」とか(笑)
その後も、「り」という言葉になったときは「りんじんの田中さん」ですから。結局「ん」で終わってるからそこで終わりでしたが・・・。
久しぶりに面白いしりとりでした。

今日も一日みなさんが笑顔でいられますように。

いってらっしゃい。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【歩み 9】へ
  • 【家族旅行 1】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

おはようございます。今日は曇り空で雨が降るかもの予報です。 テギョンと赤ちゃんのCM撮影、面白かったです♪グンちゃんの『赤ちゃんと僕』?の映画が浮かびました☆あの赤ちゃん☆メイスン君、可愛かったなぁ~♪ 休暇の行き先はどこでしょう??続きも楽しみです!!! 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: みうさん

こんばんわ。

我が子が一番! って思ってても、同じ歳ぐらいの赤ちゃんにはそれなりに可愛いという感情がわくんでしょうね。
これはこれで入隊前のいい思い出ができたと思います。

Re: Kouさん

こんばんわ。

赤ちゃんとのCM。書きながら思い出したのは、「赤ちゃんと僕」でした。
あの中でも悪戦苦闘しながらミルク作ってましたね(笑)
メイスン君可愛いですよね。弟二人もモデルデビューしてて、この二人もお兄ちゃん似でかわいいです。

Re: うめちゃんさん

こんばんわ。

やっぱりテギョンもパパです。
我が子じゃないのが残念なところですが、何かのきっかけでユグンとCM共演とかになったらいいですね。
旅行先は二人の思い出の地です。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【歩み 9】へ
  • 【家族旅行 1】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。