スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←想い合う日々 7 →想い合う日々 8
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【想い合う日々 7】へ
  • 【想い合う日々 8】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

短編

国民の休日

 ←想い合う日々 7 →想い合う日々 8
 韓国のクリスマス。それは、キリスト教徒の多い韓国にとってはまさに大事な日。
 教会のミサに出席したり、歌や劇などのイベントに参加したり、テレビ番組もクリスマス一色となる。
「ねえねえ、ユグンくんはクリスマスはどうするの?」
 帰り支度をしていたファン・ユグンに隣の席の女の子が話しかけてきた。
「え? 別に」
 素っ気なく答えるユグンに女の子はなおも食い下がる。
「家族と過ごすの? あ、でも、ユグンくんのパパはお仕事かな? それとも盛大にパーティーをするの?」
 ユグンの家がいわゆる「金持ち」だと知っているこの女の子の口調は、羨ましさと憧れと、ちょっとだけ嫉妬もまじっているようだ。できれば「パーティーにお呼ばれしたい」ようでもある。
「何もしないよ。普通だよ」
「そうなの? クリスマスなのに?」
「うん。『ケビンと一緒に過ごすんだ』」
「はい?」
「じゃあね、また」
 ユグンはぽかんとしている女の子を置いてさっさと教室を出た。
 
 教室を出ても、次から次へと声をかけられる。
「ユグン君」
「ユグン先輩」
 下手をしたら学校を出るまでに通常なら10分ほどが、30分かかることもある。
 ファン・ユグン、15歳の冬――
 テギョンとミニョの愛息子ももう中学生。
 父親譲りの美貌に加え、母親譲りの優しい性格(たまに父親譲りの性格が顔を出すこともあります)で学校中の女生徒の憧れの的。
 まるでアイドル状態だが、本人はまったく気にしていないし、興味もなさそうだ。
「あいつ、付いてるもん付いてるんだろうな?」
 と美貌の父親が心配するほど。
 父親にちゃかされるたびに、白い目で唇を尖らせるユグンを母のミニョは嬉しそうな顔でいつも見ている。
「オッパにそっくりよね」
「またそれ? 似てないよ」
 クリスマスは子供なら誰でも楽しみにしている日。
 現にユグンの弟妹たちはこの日を楽しみにしている。
「ママ、サンタさんくるかな?」
「プレゼントくれるかな?」
 わいわいきゃあきゃあと大騒ぎだ。
「いい子にしてたらサンタさんくるわよ」
 わーいわーいとチビたちはおおはしゃぎ。
「ユグンは何て言って断ったんだよ」
 すぐ下の弟が生意気な口調でユグンに訊いた。
「またお前は俺のことをユグンって呼ぶ。お兄ちゃんっていい加減に言えよ」
 ムスッとするユグンに弟はおかまいなしだ。
「何て言ったんだよ」
「ケビンと一緒に過ごすって言ったんだよ」
「はあ? またかよ? それもう古いよ。今は『ハリーと一緒に過ごす』が定番だろ」
「定番なんてないんよ、バーカ」
「バカってなんだよ。お前の方がバカだろ。バーカ、バーカ」
 子供じみた言い合いをしばらくしてしまい、ユグンは情けなくなった。
 ユグンの言った『ケビンと一緒に過ごす』は、クリスマスになると韓国で一番有名になる子供のこと。これにはちゃんと意味があって、『クリスマスは家で一人で過ごす』ということなんです。
 その由来はというと……。
 皆さんもご存知の「ホーム・アローン」という1990年に上映された有名なコメディ映画に出てくる主人公のケビン少年。クリスマスに家族とはぐれてしまい、一人家でクリスマスを過ごしましたね。
 韓国でもクリスマスになるとクリスマスにちなんだ映画の特集があり、この「ホーム・アローン」はまさに代表格。この映画にちなんで、クリスマスに一人寂しくこの映画を観る人のことを「ケビンと一緒に過ごす」というようになったのです。
 しかし最近ではその人気も(?)「ハリー・ポッター」に奪われてしまい、今では「ハリーと過ごす」が定番とか……。
 ユグンの場合は家族と過ごすので、「ケビンと一緒に過ごす」はあくまでも断るための常套文句なのですが。

 クリスマス当日、韓国は祝日。
 イエスキリストの誕生日を誰もが祝う大事な日。
 この日、ファン家はクリスマスの恒例となっている教会のミサに参加した。母のミニョはもともとシスターになるのが夢だったため、この日はミニョにとっては特別な日。
「院長様!」
 子供たちを連れて教会を訪れたミニョを変わらぬ笑顔で院長様が出迎えてくれる。
「ジェンマ。よく来ましたね。まあ、ユグンも大きくなって」
「はい、院長様もお変わりなく」
「ありがとう。白髪は増えましたがまだまだ元気ですよ」
 下の子供たちも口々に挨拶をする。
「今日はファンさんは?」
「オッパは後から駆けつける予定です。仕事が忙しいらしくて、昨日も事務所に寝泊りしたんですよ」
「まあまあ」
 さ、寒いから中にお入りなさいと言われ、家族は教会の中に入った。
 中にはすでに多くの信者が集まっている。
「今年もみんなでこうしてクリスマスを迎えられたわね」
「父さんはいないけどね」
「ユグンったら。オッパもすぐに来ますよ」
 ユグンは毎年思う。クリスマスが近くなると父テギョンの仕事は忙しさがMAXで、家に帰らない日も多い。それでも母ミニョはいつもニコニコ笑っている。
「母さんは寂しくないの?」
 年がら年中ベタベタしている両親を小さい頃から見ているユグンには、クリスマスが近くなると不思議になるのだ。
 ちょっとでも離れているだけで、酸素不足になった宇宙飛行士みたいに苦しむ父がクリスマスの忙しさのせいか、「ミニョ~~」と叫ばない(笑)
 じゃあ、いつもにこにこ笑っている母のミニョは?
 やっぱりニコニコわらっている。で、この質問疑問だ。
「それは……寂しいわよ。でもね」
「でも、何?」
「でも……」
 ふふっと笑って、ユグンがいつも見ているあの幸せでたまらないという顔で、
「いつも心が寄り添っているから大丈夫なのよ」
 と言った。
「え?」
 どういう意味かとユグンは母の顔を見た。
 少女のように可愛くて、人を幸せにする笑顔。この笑顔がユグンは大好きだ。
「たとえ離れていてもいつでも側にいるのよ。愛している人とはね」
「そうなの?」
「そうよ。ユグンもそろそろ分かる頃かな?」
 いたずらっぽい目でミニョは息子を見た。
「え? 俺に? やめてくれよ」
「そうね。ユグンにはまだまだママの可愛いユグンでいてほしいわ」
 言いながらミニョは息子を抱きしめた。
「やめろよ。恥ずかしいだろ」
 口ではそう言いながらユグンは嬉しそうだ。
「いつまでもママの大事なユグンでいてね」
 
「オッパ、星が今年も綺麗ですね」
 結局、夜中になってテギョンは帰ってきた。夫婦二人で過ごすクリスマスの夜。
「ああ、綺麗だな。またあの頃のように星を取ってやろうか?」
「え? 大丈夫です。オッパの星はここにあります」
 ミニョの胸元で変わる事のない輝きを放つペンダント。
「愛してるよ、ミニョ」
「私も愛してます」
 星空の元、二人のラブラブな夜は終わらなかった。

 クリスマス――
『ケビンと一緒に過ごす』ことなく皆さんが幸せでありますように……









おはようございます。今日はクリスマスです。
私は休みですが、旦那は普通に仕事です(笑) なので、昨日ケーキを食べて、ちょっとだけクリスマス気分を味わいました。
しかも、ケーキは2種類(笑) ショートケーキとチーズケーキです。
チーズケーキはワンホールなので、切らずにそのまま旦那と食べあいました(笑) 残りはすべて私のお腹に・・・。

サンタさんが今年もたくさんの幸せをみなさんに届けてくれますように。

いってらっしゃい。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【想い合う日々 7】へ
  • 【想い合う日々 8】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

なつあおい様 メリークリスマス!
クリスマスプレゼントありがとうございます。

本当にミニョとテギョンの家族は幸せですね。やっぱり両親が愛し合っている事が一番いいですね。
ユグンに会ってみたいです。イケメンで性格が優しいって最高でしょ!!!
ユグンの恋も楽しみです。これからも楽しみにお話を待っています!
  • #19156 まごまごピンク 
  • URL 
  • 2013.12/25 18:56 
  •  ▲EntryTop 

NoTitle

なつあおいさま メリークリスマス☆☆

先週末は熊本のドモホ○ンリンク○で有名な会社のイルミ☆
昨日は仕事終わりで車かっとばして博多のイルミ巡り・・・
今夜は・・・ケビンと過ごしとります・・・(笑)

ユグン・・・反抗期の匂い漂うお年頃になったんですねぇ・・
声変わりもして、アッパそっくりなんでしょ~か

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: みうさん

こんばんわ。

ユグンもお年頃ですね。
この先、初恋とかあるんでしょうね。ってもうしてたりして。
それともパパ似で初恋相手が結婚相手になるのかな?
ミニョのいつまでも可愛い息子でいてほしいって気持ちは母親なら誰でも思うんでしょうね。
クリスマスに家族で過ごせないのは寂しいですが、夫婦だけで過ごすのもいいですよね。
いつまでもラブラブで・・・。

Re: うめちゃんさん

こんばんわ。

ユグンが中学生のお話。
まだ初恋はないようですが・・・。
そのうちパパのように素敵な女性に出会うんでしょうね。
そして何年経ってもラブラブな両親。
幸せな両親の姿を見てたら、初恋も遅いかな?(笑)

Re: まごまごピンクさん

こんばんわ。

両親がラブラブなことがこの家族には幸せなことかもしれません。
ユグンにはちょっと刺激強いかもしれませんが(笑)
ユグンってどんな感じの男の子かな?
グンちゃんの少年時代って感じでしょうか。

Re: chibikinさん

こんばんわ。

そんなにイルミを見たんですか?
羨ましい! 私も見に行きたいです。
私は・・・一応旦那と過ごしました(笑)
ケビンと一緒ではなかったです。

ただいまのユグンは声変わりの最中でしょうか?
いずれパパのような美声になって歌を歌うんでしょうか?

Re: とりこさん

こんばんわ。

15年経っても二人のラブラブは変わりないです。
家族の前でもラブラブ。子供たちは・・・チビちゃんたちは嬉しいでしょうが、お年頃のユグンには刺激強すぎかも。
テギョンに似て女の子に今のところは興味ないようですが・・・。
いずれ両親のようにラブラブな彼女ができるんでしょうね。
ミニョもおちおちしてられないかも(笑)
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【想い合う日々 7】へ
  • 【想い合う日々 8】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。