スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ユグンのトルチャンチ 3 →ユグンのトルチャンチ 4
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【ユグンのトルチャンチ 3】へ
  • 【ユグンのトルチャンチ 4】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

短編

聖ヴァレンティヌスのお話

 ←ユグンのトルチャンチ 3 →ユグンのトルチャンチ 4
 2月14日は言わずと知れたバレンタイン・デーです。この日は女性から男性へ愛を贈る日です。とはいえ、相手がいる場合のお話ですが……。
 このバレンタイン・デーがなぜ愛の誓いの日となったかご存じでしょうか? ちゃーんと由来があるんですよ。
 そこには悲しくも勇敢な一人の男性が存在します。
 彼の名はヴァレンティヌス(英語名ではバレンタイン)。キリスト教の司祭でした。
 時はローマ帝国時代にまで遡ります。ここからは「イケメンですね」のメンバーでお話を進めていきたいと思います。

 当時のローマ帝国の皇帝はクラウディウス2世。軍人皇帝と呼ばれるほど、多くの戦を経験した人でした。
 ローマ帝国は2月14日を女神・ユノの祝日としていました。ユノはすべての神の女王であり、家庭と結婚を司る神でもありました。
 翌日の15日は、豊年を祈願するルベルカリア祭であり、若い男女にとっては恋を語れる日でもありました。
 ここに一組の若い男女がいました。男の名はテギョン。女の名はミニョ。
 当時の男女の生活の場は別だったこともあり、男女が顔を合わせることはめったにありません。
 男は兵士として戦場に赴かねばならず、恋だの愛だの言っている暇などなかったのです。
 しかし、この15日ばかりはそれも許されています。
 若い娘たちは、自分の名を書いた札を祭の前日に桶の中に入れます。祭当日に、男は桶の中から一枚だけ紙を引きます。
 くじ引きみたいなものです。そこに誰の名前が書かれているかは運次第。意中の相手ならばラッキー。
 そうでなければ……ご愁傷様。
 テギョンはドキドキしながら仲間たちと桶の中から紙を一枚引きました。
「誰だ?」
「誰だよ?」
 仲間にせっつかれ、ドキドキしながら紙を開くとそこには――
「げげっ!!!」
 テギョンの顔が一気に青ざめます。
「何だよ? 誰だよ?」
 仲間のミナムがひょいっと紙を奪うと――
「うそだろ!?」
 なぜかミナムまで青ざめてしまいました。
 紙に書かれていた名前は――ユ・ヘイ。
「あの女かよ?」
「え~~、マジで?」
 仲間のシヌとジェルミまで困ったような顔でテギョンを見る始末。
 というのも、ヘイというこの女性、すこぶるつきで評判がよくないのです。男の前に出ると、ぶりっこ(死後?)丸出しで媚を振りまくのに、自分が気に入らない相手には鬼の形相になるのです。
 若い男たちの間では――パートナーとしたくない相手です。
 なぜならば、祭りの期間中は札を引いた男と、札に書かれた名前の女性はパートナーとしていっしょに過ごすのが定めになっているのです。そのため多くの男女が恋に落ち、そのまま結婚することが多かったのです。
 その頃ミニョはというと――ドキドキしながら待っていました。
「誰かな? あの人だったらいいな」
 時々みかけるとある男性に思いを寄せていたのです。でも、これもまた運次第。
 ドキドキしながら待っているミニョの元にやってきたのは――シヌでした。
「やあ。俺が引き当てたんだ」
「あ……そうなんですか」
 ミニョはあからさまにがっかりした様子でした。
「ごめんね。イヤだった?」
「え? イヤだなんて。光栄です」
 ミニョはにっこり笑って言いました。シヌもテギョンと張り合うぐらいの美男子で、若い女性の憧れの的。
 祭の期間中は常に一緒にいる二人。
 顔を青ざめさせたテギョンも、ぶつくさ言いながらヘイの元へ。
「あら、引き当てたの、あんたなの? まあ、いいわ」
「まあ、いいわだと? ふざけるな! 誰がお前なんかと!」
「なんですって! こっちだってイヤなのよ!」
 顔を合わせるなり早々に喧嘩です。
 こうしてイヤイヤながらもカップルが成立し、期間中一緒に過ごすことになりました。
 ちなみにミナムにもジェルミにもそれぞれまあ無難な相手ができました。

 こうして祭の期間中を一緒に過ごした若い男女の多くが愛を育み、結婚したいと思うようになりました。
 しかし、皇帝クラウディウス2世は、若い兵士が愛する人を故郷に残したまま戦場に行くと、士気がさがると考え、兵士たちの婚姻を禁止しました。
 せっかくお互いが盛り上がり、さあ結婚だ! となったのに、皇帝の出した禁止令で若いカップルは結婚できません。
 これを知ったキリスト教司祭のヴァレンティヌスは若い男女を哀れみました。
「何てことだ。このままではローマ帝国は子孫を残すことができず絶えてしまうぞ」
 と言ったかどうかは知りませんが、ここではそういうことにしておきます。
「せめて秘密裏に結婚させてやりたいものだ」
 人のいいヴァレンティヌスは悩みに悩み、こっそりと若い男女の婚姻を許可したのです。こうして何組もの男女が夫婦となりました。
 テギョンも本来ならばここに来て結婚するはずなんですが――相手がヘイではそんな気が起きません。
 ぶちぶち言いながら、意中の女性は――と見れば、自分の仲間のシヌと仲よくしています。
「まさか、あいつら結婚するつもりじゃ」
 気が気でないテギョンはヴァレンティヌスのところに行きました。
「ああ、迷える子羊よ。あなたも結婚をしたいのですか?」
「違う。そうじゃない。あの、シヌとミニョはここに来たのか?」
「シヌ? ミニョ? いえ、まだ来てないですよ」
「そっか。よかった」
 ほっと胸を撫で下ろすテギョンに、ヴァレンティヌスは、
「ところで迷える子羊は結婚しないのですか? 私が協力しますよ」
 と余計な(?)おせっかいを焼きます。
「結構だ」
「そんなことを言わずに。今ならサービスまでついてお得ですよ」
 何かの勧誘まがいなセリフを言います(本当のヴァレンティヌスは絶対言いません!)。
「うるせえな! 俺のことはいいから、シヌとミニョが来たら結婚させるなよ」
 無茶苦茶なことを言います。
「分かってんのか?」
「は、はい」
 眼鏡をかけてちょっと小太りなヴァレンティヌスはこくこくと頷きました。(多分、実際は違うと思います)
「結婚させたら――地獄見ることになるからな」
 凄味を利かせて帰っていきました。
「やれやれ。いつの時代でもやっかいなヤツだな」
 ヴァレンティヌスがぼやくのむ無理はありませんでした。

 ヴァレンティヌスは相変わらず秘密に若者たちを結婚させていましたが、皇帝クラウディウスにそのことがバレてしまいました。
 怒った皇帝はヴァレンティヌスを捕らえさせ、処刑することにしました。
「まったく役立たずなくせに、でしゃばりおって! オーマイガッ! 自分の仕事もまともにできないくせに、人の世話ばっかり焼きやがって!!」
 皇帝クラウディウス2世はちょっと変わったお方のようです。
 ヴァレンティヌスの処刑の日は、2月14日ユノの祝日が敢えて選ばれました。翌日のルペルかリア祭に捧げる生贄にされるためです。そのため、キリスト教徒にとって、この日は祭日となり、恋人の日とされたのです。
 絞首刑を言い渡されたヴァレンティヌスの元には、多くの若者たちが集まりました。
「おいおいおい。俺はどうなるんだよ? 一生このまま独身か? いやいや、あの女と結婚するぐらいなら、その方がマシかもな。それにシヌとミニョも結婚しないし」
 テギョンの心は複雑です。
 ミニョもシヌと一緒にこの光景を見守ります。
「どうなるんでしょうか? 司祭様はこのまま……」
 ミニョはわっと泣き出しシヌの胸でなきじゃくります。
「おいおいおい。そこ、くっついてんじゃないよ。離れろ! 離れろ!」
 もうヴァレンティヌスの処刑などどうでもよくなってきたテギョン(まったく失礼なひとです)。
「司祭様。お願いします! 私たちの結婚を許してください!」
 シヌが高らかに叫びました。
「えええっ!!!!」
 テギョンはびっくりして、口をぱくぱく。
「私からもお願いします! 彼と結婚させてください」
 ミニョも泣きながら叫びました。
「えええええ!!!!!」
 そこにさらにミナムまでが叫びました。
「マ室長……じゃないや、司祭様、俺たちの結婚も許してください!!!」
「許してください。彼と結婚させて!!!」
 相手の女性は――ユ・ヘイでした。
「おうううううっ!!!!!」
 ミニョだけでなく、自分のパートナー(一応そのつもり)のヘイにまで裏切られ、テギョンは泡を吹いてその場にぶっ倒れました。
「あなたたちの勇気に感謝します。結婚をゆる――」


「許すなーーーーーーーーーー!!!!!!!!」
 ガバッとテギョンは起き上がりました。
「はい?」
 回りに居た同士たちがびっくりした顔をしてテギョンを見ます。
「テギョンさん?」
「え? あれ? ここローマ?」
「何ボケてんですか? ここは韓国ですよ」
 あはははとみんなが笑う。テギョンも夢だったと分かって笑うしかなかった。

 その頃、マ室長はと言うと――
「変な夢を見ちゃったよ。俺が坊さんでさ。なんか偉い人だったんだ」
「へー。どんな夢?」
「それがさ――」
 夢の内容を話すマ室長はテギョンの夢の中に出てきたヴァレンティヌスにそっくりでした。

 本当のヴァレンティヌスはこの後、恋人たちの守護聖人として信仰されることになります。
 愛を語らう日。愛しい人に愛を告白する日。
 みなさんにとっても素晴らしいバレンタインとなりますように……。

 
※このお話はヴァレンティヌスの生涯をベースにしたフィクションです。








おはようございます。今日のこちらは雪の朝となりました。昨日からみぞれになり、少しだけ積もっている状態です。
私はひどくなる前に帰宅したんですが、旦那は・・・夕方のラッシュ時に普通に帰宅したら、5時間かかって帰ってきました。
通常は1時間半ぐらいの帰宅時間なんですが・・・。無事に帰って来れてよかったです。
で、今は・・・寝てます。今日はお休みするみたいです。本人大喜びです(笑)
私は嬉しくないです。仕事に行かなきゃならないので(泣) 凍結してないことを願います。
みなさんも気をつけて出勤・登校してくださいね!

今日がみなさんにとって素敵な一日となりますように。

いってらっしゃいといってきます。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【ユグンのトルチャンチ 3】へ
  • 【ユグンのトルチャンチ 4】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして!

三年ぶりに美男ですね韓国版を見返したところ再びだだハマりし、最終回後も熱を消化しきれぬところにこのブログと出会いました。
長く続けておられて主様の美男ですね愛がひしひしと伝わって来ます。これからの活躍応援しております^_^

Re: りくさん

こんばんわ。

お返事がおそくなってすみません。
バレンタインにもちゃんとお話があるんですね。
しかし、くじ引きで相手が決まるってのもすごいですね。
意中の相手ならいいですが、まったくそうじゃなかったら、たまりません(笑)
今回のテギョンは踏んだり蹴ったりです。
いつもはラブラブなので、来年はラブラブにしてあげたいな(笑)

雪はすごかったですね。こちらの被害は少なかったんですが、温泉で有名な湯布院などは孤立した世帯もあって、やっぱり山間部はすごいなって思いました。

Re: あかぴさん

こんばんわ。

お返事が遅くなってすみません。
テギョンって変な夢ばかり見てますね(笑)
でも今回のはちょっとつらかったはずです。
ユ・ヘイにまで裏切られ、さらにはミニョにまで・・・。
おまけにマ室長が司祭様って・・・・。

雪は大丈夫でしたか?
こちらはたいしたことなく無事に済みました。
ちょっとした雪でも立ち往生しちゃうので、これぐらいですんでよかったです。

Re: ともるんさん

こんばんわ。

お返事が遅くなってしまいすみません。
バレンタインにもちゃんと意味があったんだと知りました。
しかしくじ引きで相手を決めるってのはイヤですね(笑)
テギョンにとっては夢でよかったですね。

こちらは朝にはちょっと積もっていた雪もすぐに溶けちゃいました。
でも山間部はすごかったみたいで、孤立した世帯もあったぐらいです。
ようやく落ち着いてきてよかったです。

Re:youさん

こんばんわ、はじめまして。

お越しいただきありがとうございます。
お話を読んでいただきありがとうございます。
美男ですねって久しぶりに見ても、毎日観てもやっぱりいいですよね。
ツライ時、笑いたいとき、ドキドキしたいときには美男ですねが一番です!
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ユグンのトルチャンチ 3】へ
  • 【ユグンのトルチャンチ 4】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。