スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ちんまり 1 →再会まで 2
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【ちんまり 1】へ
  • 【再会まで 2】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(結婚編)」
再会まで

再会まで 1

 ←ちんまり 1 →再会まで 2
「じゃあ、いってくるよ」
 シヌは笑顔だった。坊主頭のシヌが新鮮すぎて、ミニョは笑って見送ろうと思ったのに――笑えなかった。
「シヌさん……」
「泣くなよ、ミニョ。笑顔で見送る約束だろ」
「はい……そうなんですが」
 ううっとミニョは言葉を詰まらせた。母に抱かれたユグンが不思議そうにミニョを見ている。
「ユグンのママは泣き虫さんだな。ユグン、ママのこと大切にするんだぞ」
「シヌヒョン! 俺にも何か言ってよ!」
 ぐすんぐすん泣きながらジェルミが言う。
「お前は泣くにはまだ早いだろ。訓練所までついてくるくせに」
 苦笑しながらジェルミの頭を軽く叩いた。
「だって……だって、ミニョが泣いてるから……つ、釣られちゃって」
「バカだなあ。今生の別れじゃないんだぞ」
「わ、わがってるよ。でも、でも……」
 事務所の前。今日、入隊するシヌをミニョとユグンはここで見送る。マ室長とジェルミは訓練所まで付いていく予定だ。
 アン社長は、というと別れが寂しいからと言って、社長室に挨拶に行ったシヌにぐっと涙をこらえて「頑張ってこい」とエールを送った。
「ミニョ、ユグン、またな」
 ぐりぐりっとユグンの頭を優しく撫で、ぽんぽんとミニョの頭を優しく叩いて、シヌは車に乗り込んだ。
「シ、シヌさん!!!!」
 窓が開いてシヌが笑顔で二人に手を振った。
「シヌさん! 頑張って、頑張ってくださいね! 元気で、帰ってくるの待ってますから!」
 ミニョは大声で泣きながら言った。
「行って来る! ミニョ、元気にしてろよ!」
「シヌさん……シヌさん!」
 ミニョは空いている手を大きく振った。車が見えなくなるまでずーっと降り続けた。
「いってらっしゃい、シヌさん」

 ユグンのトルチャンチの一ヵ月後、シヌはジェルミや大勢のファンに見送られて、入隊した。
 マスコミも多くかけつけ、盛大な入隊となったことをミニョは翌日の新聞やニュースで知った。
「シヌさんも行っちゃった」
 新聞を読みながらミニョは寂しそうに呟いた。
「私も頑張らなきゃ! ね、ユグン」
 朝からご機嫌なユグンは、オリニチプに行く用意をガンヒとしていた。

 シヌが入隊して、A.N.JELLのメンバーとしてただ一人残ったジェルミは――やっぱり不安そうだった。
「マ室長……俺、大丈夫かな? やれるかな?」
 スケジュール確認中のマ室長に恐る恐る訊いてみる。
「あ? ああ、大丈夫だろ」
「ちょっとちょっと! ホントにそう思ってる? 心こもってないよ」
「え? ああ、大丈夫だろ」
「マ室長!!!!」
 ジェルミが不安になるのも無理は無い。一人で何かをするということはこれまであまりなかったのだ。バラエティ番組は一人でもこなせたが、音楽番組となるとそうはいかない。
 ソロ活動をするのは初めてだ。
「俺はやれる。俺は大丈夫」
 ぶつぶつ独り言を言うジェルミを、マ室長は苦笑しながら見ていた。
シヌが入隊したことで、事務所側としても主力メンバーを三人も欠く状態となってしまい、A.N.JELLにとってかわる(言葉は悪いが)若手を売り出すことになった。
 とは言っても事務所の看板アイドルはやっぱりA.N.JELLだ。その存在を脅かすことなく、二枚看板、三枚看板として事務所を支ええるアイドルを育てることも重要だった。
「まずはこいつらだな。だいぶん、国内では名前が浸透してきたからな。次は日本進出だな」
 満足そうに書類に目を通しながらアン社長は頷いた。
「ああ、私だ。キム室長を呼んでくれ」
 内線で秘書にそう言うと、ついでにコーヒーも頼んだ。
「ああ、そうだ。ミンドゥルレのコーヒーにしてくれ」
 ミニョがバイトをしていた店のコーヒーを注文した。ユグンを妊娠・出産したことで、バイトは自然と辞める形になってしまったが、事務所との繋がりは今でも続いている。
 すぐに呼ばれたキム室長が社長室にやってきた。
「お呼びでしょうか?」
 三十代半ばの眼鏡をかけた真面目そうな男性だ。ひょろりと背が高いところがマ室長と正反対で、性格も正反対。
「ああ、かけてくれ。あいつらは順調か?」
 アン社長のいう「あいつら」とは、A.N.JELLの弟分と目されている「Fascination」のことだ。
 最初こそ華々しくデビューしたが、ひと悶着ふた悶着あり、デビュー後はひっそりしていた。A.N.JELLが不在となった今、彼らを一気に売り出すのも一つの手だった。
「はい、彼らはとても頑張っています」
「そうか。じゃ、今後は雑誌や音楽番組の出演と仕事を増やしてくれ。調整は頼んだぞ」
「はい。お任せください」
 彼らのマネージャーを務めるようになってまだ一年ちょっとのキム室長ははりきっているようだ。
「うまく事が運べば、ジェルミと絡ませてもいいな。期間限定でユニットを組ませてもいい」
「はい! ありがとうございます」
 我がことのようにキム室長は何度も頭を下げて礼を言った。

「ユグンくん、お迎えが来ましたよ」
 今日も積み木で遊んでいたユグンは、ミニョの姿を見つけると、嬉しそうに急いではいはいしてきた。
「ユグン。ただいま。いい子にしてた?」
 大学の帰り。こうしてユグンを迎えにくるのも日常茶飯事になってきた。
「逢いたかったよ~」
 ミニョはユグンを抱き上げると、柔らかいほっぺに、
「これはママの分」
 ちゅっとキスをすると、「これはパパの分」と言ってまたキスをする。
 そんな光景を先生たちは苦笑しながら見ている。
「今日もありがとうございました。ユグン、先生にバイバイして」
 ひらひらっとユグンが手を振ると先生だけじゃなく、お迎えにきていた他のママたちまで振り返してくる。
 ファン・テギョンの奥さんと息子。それが分かると、周りのママさんたちはミニョと仲良くなろうと必死だった。娘を息子をユグンの友達にしようと躍起になった。
 ミニョは深く関わることはしなかった。自分の立場を分かっているからだ。「ママ友」がほしくないわけではないが、考えてもしまう。
 自分の行動一つが大事になると……。
「でも、ユグンはたくさんお友達を作っていいからね~」
 愛おしそうにユグンにキスをして、ミニョは家路を急いだ。








おはようございます。今日は朝から雨です。お久しぶりになってしまい、すみません。
最近、私がハマっているのが、「猫mix幻奇譚とらじ」という漫画です。主人公はとらじという「長靴はいた猫」みたいな仔猫なんですが、この子が可愛い!
主人(?)と旅をしながらいろいろ成長していくお話しなんですが、とらじの可愛さに癒やされています。
あ、あと、ハムスターが新聞記者として出ているのも可愛くていいです。

今日もみなさんが楽しく過ごせますように。

いってらっしゃいといってきます。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【ちんまり 1】へ
  • 【再会まで 2】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

シヌさんまでも行ってしまいましたね。ジェルミも不安ですよね。
頑張れ、ジェルミ‼ A.N.JELLをお願いします。 でも商売上手(?)の社長がちょっとだけ心配です。

なつあおい様 おはようございます。更新ありがとうございました。
こうしてミニョとユグンに会える事が凄く嬉しいです。ミニョの生活が落ち着いてきたので安心です。イヤ、安心していいのかしらん。
  • #19463 まごまごピンク 
  • URL 
  • 2014.06/27 09:51 
  •  ▲EntryTop 

Re: あかぴさん

こんばんわ。

お返事が遅くなってしまいごめんなさい。
シヌもとうとう入隊です。ジェルミにとっては寂しいでしょうが、ここはしっかりしてもらって、A.N.JELLを一人でも頑張ってほしいです。
ユグンはオリニチプを愉しんでいるようです。ママ友問題はむずかしいところですね。

Re: りくさん

こんばんわ。

お返事が遅くなってしまいごめんなさい。
とうとうシヌも入隊しちゃいました。
泣きながら見送るミニョ。シヌもつらいでしょうね。
笑顔で見送ってほしいと思うのも無理ないです。
でも、りくさんのおっしゃるように、泣きながら見送るミニョを見たら、テギョン、口がひんまがるでしょうね。
ここにテギョンがいなくてよかったです(笑)

Re:まごまごピンクさん

こんばんわ。

お返事が遅くなってしまいごめんなさい。
シヌまで入隊をしてしまい、一人残されたジェルミが不安になるのも無理はないですね。
A.N.JELLとしてジェルミにはぜひ頑張ってほしいところです。
確かに、商売上手のアン社長が不安なタネではありますが・・・。

連絡するだけで生活が楽になりました。

もう我慢できなくて、こうして告白させてください。
これまでの私の人生は、お金がなくて、苦しくことばかりでした。
ある人が、私に楽になる方法を教えてくれたんです。
ただであんなにお金をもらうことができるなんて、今でも信じられません。
借金を一括で全額返済できるんです。
本気で知りたいという人は連絡してください。
もし知りたい人は、emi_himitu@yahoo.co.jpまでメールしてください。
すぐに返事出しますね。

恥ずかしい話かもしれないですけど。

突然私がかいたので驚いているかもしれません。
無職で収入がない人生を今まで続けてきました。
ある人から、お金をもらう方法を教えてもらいました。
おそるおそる連絡をしただけで、本当にお金が振り込まれたんです!
借金を一括で全額返済できるんです。
本当に知りたいという人だけに教えます。
知りたい人は、emi_himitu@yahoo.co.jpにメールしてください。
驚愕の秘密を連絡してくれた人だけに教えます。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ちんまり 1】へ
  • 【再会まで 2】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。