スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←最高の恋人 5 →イケメン的昔話 桃太郎
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【最高の恋人 5】へ
  • 【イケメン的昔話 桃太郎】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「星に願いを 月に祈りを(恋人編)」
最高の恋人

最高の恋人 6

 ←最高の恋人 5 →イケメン的昔話 桃太郎
 クリスマスの朝、ミニョはいつものように早起きして、テギョンの朝食の用意をした。
 編んでいたマフラーと手袋も完成して、キレイにラッピングして隠してある。
「おはようございます、オッパ」
「ああ……」
 眠い目をこすりながらテギョンは起きてきた。
「はい、野菜ジュースだけでも飲んで下さい」
「うん」
 最近のテギョンは朝食をとる暇もないため、野菜ジュースだけ飲んで慌ただしく出かけて行く。
「ミニョ」
「はい?」
「今日、何の日か知ってるよな?」
「はい、クリスマスですよ」
「付き合って初めてだろ? だから、ホテルで過ごさないか?」
「えっ!? ホテルですか?」
 何を想像したのかミニョの顔が真っ赤になった。
「バカ! 変なこと想像するな! ただ二人で過ごすだけだ。家でってのも、味気ないから」
「ああ……そういう事ですか」
 ホッとしたようにミニョは言った。
(こいつも、少しは期待してるってことか?)
 ちょっとテギョンの中で期待が膨らむ。
「今日は撮影でちょっと郊外まで行かなきゃならないけど、間に合うようにはするから、先にNIXホテルに行って待ってろ。支配人には言ってある」
「分かりました。楽しみです」
「ああ、俺もだ」
 テギョンを見送ったミニョは隠しておいた、袋を取り出した。
「良かった、今さっき渡さなくて。ホテルで渡せるわね」
 嬉しくなったミニョは袋をぎゅっと抱き締めた。
 部屋に戻ったミニョは、ベッドに置かれた紙袋に気づいた。
「何かしら?」
 開けてみると、中には小花柄が可愛いベアワンピースが入っていた。ふんわりと広がるスカートにウエスト部分には大きなリボンがついている。背中部分はシャーリングになっていて、肩が大きく出ているタイプのもので、ミニョの透き通るような白い肌に似合う。
「これを来てこいってことかしら?」
 ミニョはくすっと笑った。
 直接言えばいいものを、恥ずかしかったのか、こうやってさりげなく置いているところが、テギョンらしいと思った。

 今日はソウル郊外で、テギョンとユナのシーンの撮影だった。
 しかし、先に現場に着いたテギョンたちにADが走ってきて、
「すいません。イ・ユナさんがまだ来られてなくて、もう少しお待ちください」
 と言う。
 テギョンは腹がたった。
(クソッ! 何してんだ! 待ってる時間がもったいないじゃないか!)
 イライラしていると、今度は、
「先のお仕事が押してるみたいで、イ・ユナさんは遅れるそうです」
 と言う。
「はあ? 冗談だろ? もう一時間も待ってるんだぞ! この上、まだ待たせる気か?」
 さすがにテギョンは文句を言った。
「すみません」
 ADはぺこぺこ頭を下げる。
「テギョン、仕方ないだろ。仕事が押すのも俺たちにもよくあることだ。まして彼女は売れっ子なんだから。あちこちからオファーが来て、連日テレビで彼女を見てるぐらいだ」
 テギョンは分かったような口を利くマ室長を睨みつけた。
「こんなことなら、朝、早く来る必要なんてなかったじゃないか!」
 結局、イ・ユナが来ないと撮影が始まらない状況になってしまい、仕方なく近くに借りている家に落ち着くことにした。
 時間は無情にも刻々と経っていく。
「はあ……。中止にならないのか?」
「そんな無茶言うな。今日を逃がしたら、次の撮影なんて無理だ!」
「そうかもしれないけど……」
 ミニョとした約束が気になる。
(何とか間に合わせたい! 今日だけは絶対に!)
 テギョンは、自分のカバンを見つめた。





うちにはおばあちゃんのハムスターが一匹います。このハムスター、
私に対してはすごく凶暴でなつかないのに、なぜか、旦那が大好きです。
旦那が仕事に行くとしばらく哀しそうに鳴いてるし、旦那がメールで
「ウメコ(本当は小梅って名前です)のデブ。デブスター」なんて、
からかうと、いきなりガサガサって抗議の音を出したりします。
「うーたん、何しよんの?」なんて優しくメールしてくると、
ぷきゅぷきゅって可愛い声で鳴きます。私より、意志の疎通ができてる
二人(一人と一匹?)です

愛の1ぽちと1拍手をお願いします。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png ちんまり
もくじ  3kaku_s_L.png 中編
もくじ  3kaku_s_L.png 短編
もくじ  3kaku_s_L.png 99の恋のお話
もくじ  3kaku_s_L.png てのひらのお話
もくじ  3kaku_s_L.png 甘甘なお話
もくじ  3kaku_s_L.png コラボ企画
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 2012CRISHOW Ⅱ
もくじ  3kaku_s_L.png tinnmari
  • 【最高の恋人 5】へ
  • 【イケメン的昔話 桃太郎】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: みむさん

こんにちわ。

はい、完全なるユナの策略です。
何か、このユナって書いてるとだんだん、面白くなってきて、
どこまで嫌な女にしようかなって思っちゃいます。

ウメコさんは可愛いけど、凶暴です。
噛み付くの命!! みたいです。

Re: のあさん

こんにちわ。
もう、ご旅行に行かれたのかな?

う、羨ましい・・・・。
私も一度は行ってみたい、韓国。
でも、一人で行くのはいやだから、いつか家族旅行で
行けたらいいな。

お帰り待ってまーす。

Re: ぴっぴ!!さん

こんにちわ。

「鎖骨」って言葉に過剰に反応しちゃいました。
しかも上半身裸だなんてv-402
読んだだけで、顔が真っ赤になっちゃいました。

そんなずうずうしいことをお頼みしていいものかと、
悩んでおります。
ちょっと、考えさせてもらってもいいですか?
お言葉ありがとうございます。

テギョン・・・我慢だぞ。

ユナの策略じゃないすか!?
こないだのマ室長とのやりとりを聞かれちゃってましたからね・・。

こらえるのだぞ。テギョン!
すべては、ミニョちゃんのため。
切れたら、負けだ。

しっかし・・・、テギョンてば、さりげなくお洋服準備してたりして、
かわいい。

Re: yaoiさん

そろそろテギョンの我慢も限界に達しますかね。
ヤバイですね。
ユナは嫌な女なんで、何でも有りです。
いい子の仮面かぶった、悪役です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

うわぁユナ怖いですわぁきっとユナの策略?と勝手に思ってます

テギョン、イライラするとドツボに嵌まるから

頑張って撮影が終わって、ミニョとクリスマス過ごせますように

Re: muyumuyuさん

おはようございます。
コメントありがとうございます。
いいですね、お漬け物。この年になると、お漬け物がすっごく
おいしく感じられるようになりました。
昔はあまり好きじゃなかった明太子も好きになってi-179

今日はいよいよグンソク君が北海道上陸ですね。
きゃーーーーっv-402 同じ空気が吸える!!

とうとうイ・ユナが動き出しました。
これからいろいろな嫌なことをしますが、嫌にならずに読んでください。
きっと、二人にとっていいこともありますから。

Re: みうさん

怖い女・ユナです。
でも、不思議と彼女書いてるの楽しいです。
意地悪女って見てる分にはいらいらするのに、
書くと面白いです。
どんな意地悪女にしようかな、なんて。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【最高の恋人 5】へ
  • 【イケメン的昔話 桃太郎】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。